AUTISM(自閉症)の子供と母親の関係 アメリカ 犬連れ 国際結婚

AUTISM(自閉症)の子供と母親の関係 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> テレビで観たこと > AUTISM(自閉症)の子供と母親の関係

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

AUTISM(自閉症)の子供と母親の関係

週末に、偶然、HBOの特別映画『Temple Grandin』(テンプル・グランディン)を観た。

AUTISM(自閉症)の女性が子供の時から、そのために、いろいろと苦しむが、やがては認められ、尊敬される女性に成ると言う実在のコロラド大学の動物学博士のTemple Grandin(テンプル・グランディン)をモデルにしたストーリーで、

       temple grandin 60

              (実在のテンプル・グランディン

クレア・デーンの演技も素晴らしかったが、何よりもテンプル・グランディンが自閉症と向き合って成長して行く姿に感動したのも、つかの間、

昨日は2つほど、自閉症の子供を持つ母親にとっては嬉しくないだろうと思われるようなニュースがあった。

1つは、アメリカ自閉症の子供は、圧倒的に母親が40才を過ぎて妊娠した子供が多く、40歳を過ぎて妊娠した場合、50%は、自閉症の子供に成ると言う結果が発表された。

50%と言う事は、2人に1人の確率だから、かなり高い確率と言う事に成る。

20代で妊娠した人でも20%位の確率で自閉症の子供を産み、25歳を過ぎてからは、自閉症の子供が生まれるのが、どんどん増える一方となる。

最近は、女性が結婚するのも出産するのも医学の発展と共に遅くなっているから、40代出産する女性は多くなっている。

それと同時に、自閉症の子供達が増え続けている。


もう1つは、自閉症の9歳に成る息子を持つ、とてもお金持ちの女性が、数日前に、ニューヨークの高級ホテルの部屋で、息子に多くの薬を呑ませ殺し、自分も自殺しようとしたが、病院に運ばれたニュースだった。

彼女は命を取り留めたようだが、息子殺しとしての罪は免れられないだろう。

聴くところによると、彼女は、とても裕福で、子供の自閉症の治療にかかる費用や生活に全く不自由する事の無い状況であった事から、多くの人達はショックを受けている。

彼女は49歳と言う事だから、息子を40歳で出産した事になる。

夫と最近、離婚した事も原因の1つであるかもしれないが、金銭的には何も心配する必要の無い状況だった。


HBOのテンプル・グランディンの映画を観たら、自閉症の子供を持つ母親達は、どんなに励まされ希望を持てるだろうと思ったのも、つかの間、こんな悲しいニュースを耳にするとは思ってもいなかった。

男女が、いくら平等に近づいても、子供を産むのは女性・・・・子供を持つことは喜びも多いだろうけれど、女性の自由の束縛にもなり、子供を産むのが遅くなればなるほど、医学的な危険性が高くなる。

だからと言って、産んだ後で、このニュースのように、子供を殺し自分も死ぬと言うのは悲し過ぎるし、勝手だと思う。

自閉症の子供を産んだからには親として愛を持って受け止め、共に生きていかなければならない。

他人と違うからと言う理由で、投げ出したり、決してあきらめたりしてはいけない。

そして、自閉症は、ハンディキャップではなくて、多くの人達とは違った特別な才能を持っている事を忘れてはいけない。

              temple grandin book.70

多くの人達には見えないものが見え、感じないことが感じられる・・・・テンプル・グランディンの事を知ったら、自閉症の子供を持つ親達も、自閉症の人達も、そして、周りの人達も、自閉症を理解し、もっと暖かく見守る事ができると思う。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


2010年02月10日 トラックバック(0) コメント(1)

このコメントは管理者の承認待ちです

2010年02月10日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。