母親が息子に与えた罰 アメリカ 犬連れ 国際結婚

母親が息子に与えた罰 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> テレビで観たこと > 母親が息子に与えた罰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

母親が息子に与えた罰

こちらは、雨続きのせいでか、私は、昨日から、喉が痛くなり始め、筋肉痛や頭痛に悩まされていて、ハズに八つ当たりもしてしまったけれど・・・・後で謝ったら、うん、うん、わかっていると許してくれた。

こうして、ワガママに振る舞っても、わかってくれるハズ、だから、余計に甘えてしまうのかもしれない。

私は、良いような悪いような、そんなかんじの週末を過ごしている。


昨日のニュースで、アメリカ、ジョージア州の母と息子の間で起こった私にとっては信じられないニュースがあった。

そのニュースとは・・・・

12歳の少年が、学校で悪い成績をもらって、それに対して母親が腹をたてた。

そして、母親は、少年に彼が可愛がっていたペットのハムスターをハンマーで叩いて殺すように命令して殺させた。

その少年は、その事を学校の先生に言って、学校の先生は警察に連絡した。

母親は動物虐待の罪で逮捕された。

どのぐらいの罰が母親に与えられるかはわからないが、多くの人達が、彼女を刑務所に入れるべきだと言っている。

その理由には、動物虐待ばかりでなく、息子に、そのような残酷な事を無理矢理やらせたからだ。

その少年にしてみたら、母親が彼女の手で彼のペットのハムスターを殺したとしたら、一生、それを忘れず母親を許せないかもしれない。

しかしながら、たとえ、母親の命令と言えど、彼が彼の手でペットのハムスターを殺したわけだから、彼自身を責め続ける可能性が多いにある。

母親だからこそ、生きているものの命の大切さを子供に教えなければいけないのに、そうして、生き物を残虐な方法で殺すと言う考えが思いつくと言う事態、怖ろしいと思う。

動物虐待から人間虐待へと進むケースが多いから、彼女のした事を容易に受け止めて欲しくない。

12歳とあれば、善と悪の違いが充分わかる年齢だから、学校の先生に相談したのだと思う。

もしかしたら、彼は、それ以前にも、母親から、あらゆる虐待を受けて来ているかもしれない。

家庭だけの問題にせず、外に助けを求めた彼は正しかったと思う。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


2010年01月24日 トラックバック(0) コメント(2)

怖いね。
息子さんどんな気持ちだったか??
考えるととっても切なくなってくるわ。

2010年01月25日 nanarin URL 編集

> 怖いね。 息子さんどんな気持ちだったか?? 考えるととっても切なくなってくるわ。

そうよね~・・・私も、そう思うと切なかった。
子供は親を選べないものね。

2010年01月26日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。