奇跡の母子犬 アメリカ 犬連れ 国際結婚

奇跡の母子犬 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> > 奇跡の母子犬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

奇跡の母子犬

サンフランシスコで盗まれた犬JOJO(ジョージョー)について前回のブログで書いて、

『マイクロチップ』のタグ検索で、岡山動物愛護会のブログに遭遇した。

そして、読んでいたら、ホームぺージのサイドにあった

kisekinoboshiken.jpg(クリックしても観られません)

が目に入ってクリックしてみたら、

 『奇跡の母子犬』のナレーション付きのビデオ 
(クリックしたら観られます)

になって観た。



そして、そして~~、




思いっ切り泣いた。

これほど泣いたのは、『リトル・ブラッキー』以来だった。


母犬が必死になって子犬達を守ろうとする姿に感動した。

そして、日本語のナレーションが、何とも言えなくジ~~ンと来て、涙が溢れて止められなかった。

そんな私を心配そうにジーーッと見ていたブブの目に気が付いて、

すぐに駆け寄って行って、ブブの体を包むようにして抱いた。

それでも、涙が止まらなくて、ブブは、耳をピーーンと立てて静かに私が立てる音を聞いているようだった。


「ブブ~! どの犬も幸せになるべきだよね~! どこにいても!」


そう言うと、ブブは、私を見つめた。

ブブはわかっている!

私の言う事をちゃんと理解している!


今、日本はペットブームで、子供の数より多いとか?!

そして、子供を捨てたら犯罪になるけれど、犬は捨てても良いと思って簡単に物のように捨ててしまう人達が多くなっている事を知って、本当に残念で仕方ない。


 『奇跡の母子犬』 (クリックしたら観られます)

を出来るだけ多くの人に見てもらいたい、

そして、

今一度、考えて欲しい。

それが、日本を離れて、日本で捨てられた犬達のために何も出来ない私の願いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


2010年01月22日 トラックバック(0) コメント(4)

Pickyさん、私も泣きました!
これから、私と同じ気持ちを持っているブログをやっている友人に知らせます。
もし、友人がブログ発信すれば私以外の人も知ります。
Pickyさん、ありがとうね!

2010年01月22日 Achoooo ! URL 編集

> Pickyさん、私も泣きました!

やっぱり~!

> これから、私と同じ気持ちを持っているブログをやっている友人に知らせます。

知らせて!

> もし、友人がブログ発信すれば私以外の人も知ります。

こうして、どんどん知る人が増えて行く! 

> Pickyさん、ありがとうね!

こちらこそ、ありがとう~です!

2010年01月22日 ぴきぴきPicky URL 編集

ぴきぴきPickyさん

はじめまして。

本当に、何とかなりませんかね。。。。

我が家には3頭いるのですが(ラブ、ジャック、ヨーキー)

そのうち1頭(ヨーキー)は

ペットショップを閉めるために処分されかけた犬で、

その話しを聞いたときに「運命だ」と思い、3頭目を飼うことを決意しました。

最初の数ヶ月は家にいても、大きな音にはびびりまくる、人にはなれない、

別の2頭と交わらない。

散歩に行っても歩かない。。。。

どんな扱いを受けてたんだと。。。。まだ1歳半ほどの年齢ですよ。

が、随分ココロを開いてくれて、散歩にも普通に行けるようになり

他の2頭を圧倒する元気になってくれています。

無責任な飼い主の教育もそうですが、

ペットショップのあり方や、日本の社会の構造を変えないと

いけないですよね。

ラブ、ジャックはペットショップで買いましたが、

もし今後飼う機会があるならば、別の方法でと

決めています。

ご存知だと思いますが、

ドイツでは、国、企業理念が成熟していて、ケンネルの資金や

飼えなくなった犬を面倒見る施設に対して

ほぼ、寄付でまかなわれているようですね。

日本でも熊本だったかな?

行政が「処分を減らそう」という行動でかなりへったらしいです。

PS アメリカ人の旦那様との会話や思想の違いをつづられているのも興味深く拝読させていただきました。私も仕事上、米国人とCommunicateすることがあるのですが、良い部分、悪い部分に対して「そーかもしれない」と同感な部分もありました。

長くなっちゃいましたが、今後ともよろしくお願いします。




2010年01月23日 bs72 URL 編集

はじめまして~!

そちらのコメントにそって返答していたのだけれど、なぜだか、返答が出来ない状態なので、まとめて書かせていただく。

ペットショップから救ったヨーキーの話はペットショップに怒りを感じたけれど、救われて本当に良かったと思った。

アメリカも、まだまだ、動物愛護に関しては、いろいろと暗くて深い問題があるけれど、日本も、かなり酷い状況だと知ってショックだった。

私が知っている日本人達は、動物好きで、優しい人達ばかりだと思っていたから。

ワンちゃん達とお幸せに~!

2010年01月26日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。