父の日に刑務所に行く子供達 アメリカ 犬連れ 国際結婚

父の日に刑務所に行く子供達 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> テレビで観たこと > 父の日に刑務所に行く子供達

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

父の日に刑務所に行く子供達

今日は、こちらは父の日だったわけで、マーケットに行っても『父の日スペシャル』と書かれて売られているものがあったりした。


私達には子供がいないから、ハズに


「父の日、おめでとう!」


と言うのは、


可笑しいかなぁ?


と思いつつ、


ブブは犬だけど、私達の子供みたいなものだから、ブブの父親として、


やっぱり、そう言った方がいいかなぁ?


と思って、テレビのニュース・キャスターが、


「ハッピー ファーザーズ デェイ!」


と言ったすぐ後で、横にいたハズに、同じように言ったけれど、


全く気付いている風がなかった。


自分に言っていると思っていないのかなぁ~?

人間の子供がいないから、当たり前と言えば、そうだけど・・・・


そんな風に思って、ハズには聞こえたかどうかは問い質さなかった。


昨夜のニュースで、サンフランシスコ北部にあるサン・クエンティン州立刑務所の1日早い父の日が映っていて、囚人を父親に持つ子供達が父親に会うために来ていた。


サン・クエンティン刑務所と言えば、殺人などの重い罪を犯した犯罪者達が集まる所で、そこに滞在するだけでも、かなり厳しいとして知られている。


いわゆる生き地獄のような場所だと聞いているとハズも言っていた。


息子や娘達に会い、涙目に成っている囚人の男性は、自分がそばにいないのに、清く正しく立派に育っている子供達を誇りに思うと言っていた。


彼の6歳ぐらいの娘は、


「父親が亡くなって会えない子供達が一杯いるけれど、私は、こうして、お父さんに会えるから幸せだと思う」


と天使のような顔をして言っていて、私の目から涙が溢れ出た。


父親が刑務所にいたら、その子だって、その子の母親だって、他人から差別も受けるだろうし、とても苦労が多いと思うし、辛い時も多くあると思う。


それなのに、父親が生きていてくれることに、そうして感謝する彼女には、大人の私でも持ち得ない寛大な優しさがあった。


彼女なら大丈夫!

立派な大人に成ってくれる!


そう思えた。


ハズが、私が感動して涙していた時に、ニュースに耳を傾けながら、


「カリフォルニアだけでも、現在、父親か母親が刑務所にいる子供達が約20万人もいるそうだ。と言っても、女より男の方が刑務所にはずっと多いわけだから、父の日に父親が刑務所にいる子供達が、それ近くいるってことだよなぁ~」


そう言っていた。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月20日 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。