人と犬の出会い、交通事故、車椅子 アメリカ 犬連れ 国際結婚

人と犬の出会い、交通事故、車椅子 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> > 人と犬の出会い、交通事故、車椅子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

人と犬の出会い、交通事故、車椅子

人と犬の出会いや生活にも、それぞれのエピソードがあるものだけど・・・、


昨日のニュースで、犬がらみの驚く窃盗事件があって、

それによって、また1つ、私の知る人と犬とのエピソードが加えられた。


場所は、マサチューセッツ州のウエスト・ロックスベリーだったと思うけれど、

そこで63歳の飼い主と幸せに暮らしていた12歳のベルジャン・マリノア犬のラッキーは、後ろ足、両足が使えないので、去年の夏から、犬用の車椅子を使っていた。


       lucky wheelchair


最近の日曜日、ラッキーが外で遊んで家に入る時に、いつものように飼い主の男性は、車椅子をラッキーから外し、玄関の外側に置いた。


そして、また一緒に外に出かけようと思った時には、ラッキーの車椅子はそこから消えていた。


盗まれたとしか思えなかったので、男性は、すぐに窃盗事件として警察に電話した。


男性が、その盗まれたラッキー用の車椅子を買った時は、400~500ドル払ったそうだ。

その金額は、収入のあまりない彼にとっては、とても大きな買い物だったが、今も、新しい車椅子を買える状態ではない。


そして、そのために、ラッキーは、動けない状態に成ってしまった。


そのニュースを知った犬の車椅子などを売る会社の1つは、すぐに、緊急用の車椅子をラッキーに無料で使ってもらい、その後、ラッキー専用の車椅子を作って寄付した。


それにしても、誰が、何の目的で、ラッキーの車椅子を盗んだのだろうか?


しかしながら、ラッキーは、また、外に出かけたりプレイしたり出来るようになって本当に良かった。


ラッキーと飼い主の男性の話はこれで終わりのようだが、2人(1人と1匹)の間には、もっと興味深い歴史があった。


ラッキーの飼い主の男性は、同州のボストンのホームレスの家庭に生まれ、育ち、アーミーに入隊するまで、貧しい生活を強いられた。


その後、コロンビアで人道支援活動の仕事をしていた時に、車に轢かれて道路の真ん中で動けないで横たわっているラッキーに会った。


それが、彼とラッキーの初めての出会いだった。


近くにいた地元の男性(多分、ラッキーのその時の飼い主)が、轢かれたラッキーを処分する人が来るから、そのままにしておけばいいと言ったのに逆らって、彼は、ラッキーを獣医の所に連れて行って助けて欲しいと懇願した。


多くの獣医達はラッキーは助からないと言って診てくれなかったが、1人だけ、やっと診てくれる獣医に会い、診てもらうが、その時は、ラッキーは多くの血を失っていて助かる希望はほとんど無かった。


ところが、奇跡的に、ラッキーは助かった。


その後、彼は、ラッキーの以前の飼い主に会って話をしたところ、ラッキーは癌になり助かった過去があり、その彼の前の飼い主から虐待されていたことを知った。


ラッキーと彼は、彼の仕事の関係で、一緒にガテマラやメキシコにも行って住み、

そこで、ラッキーは多くの不幸な子供達に会い、笑いと喜びを起こさせた。


その時までは、ラッキーは、交通事故の後遺症のために、足を引きずりながら、どうにか歩いたり走ったりしていた。


彼のラッキーに対する願いは、


生きてさえいてくれれば、それでいいんだ!


だった。


そして、一緒に、アメリカに来て住んで、ラッキーの両方の後ろ足は全く動かなくなり、去年の夏から、ラッキーは犬用の車椅子を使い出したそうだ。


彼は、不幸な過去を持つラッキーに自分の過去の人生を照らし合わせたのかもしれない。


そして、飼い主に虐待されても、癌になっても、車に轢かれても、生きたい気持ちで一杯のラッキーに、彼は励まされただろうと思う。


彼は、ラッキーの事を、『自分の人生の光』だと言っていて、


私も、ブブの事をそう思っているので、思わず目が潤んだ。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月09日 トラックバック(-) コメント(1)

eravel さん、

> 盗んだ人にもきっと動けない犬が居たんですね。

私も、そうだったのかなぁ?と思ったのだけど・・・、アメリカって盗んだ物を使うと足がつくから売ると言うパターンが多いから、やっぱり金儲けのためかな?と思うと残念な気持ちに成るの。

ラッキーは強い運を持った犬だと思うの。これからも、名前の通り、ラッキー!と思えるライフを送って欲しい~~!!

2011年06月11日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。