AWAY WE GO (2009)(USA) アメリカ 犬連れ 国際結婚

AWAY WE GO (2009)(USA) アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> DVD > AWAY WE GO (2009)(USA)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

AWAY WE GO (2009)(USA)

『AWAY WE GO』は、去年のクリスマス前に観た映画だから最近と言えるかわからないけれど、私にとっては、まだ、記憶に新しいような気がする。

              Away_we_go.jpg

監督は、Sam Mendes(サム・メンデス)で、

脚本は、カップルの男女によって書かれた。

ストーリーは、30代前半の結婚していないが一緒に住んでいる男女のカップルがメイン。

最近、アメリカでも映画出演が多くなり顔が知られて来ているJohn Krasinski(ジョン・クラシンスキー)演じるBurt(バート)とアメリカでは、サタデェイ・ナイト・ライブのホストの1人だった事で知られるコメディアンのMaya Rudolph(マヤ・ルドルフ)演じるVerona(ヴェローナ)は、法的には結婚はしていないが、ボーイフレンドとガールフレンドとして一緒に暮らしている。

そんなある日、ヴェローナが妊娠している事にバートが気が付き、ヴェローナは信じなかったが、

次のシーンでは、ヴェローナが大きなお腹をしていて、妊娠している事が明らかにわかる。

決して経済的にも安定した生活ではないが、バートの両親が近くにいるのだけが、子供を持ってからの事を考えても何かと大きな救いだった。

ところが、バートの両親は、彼らの夢だったベルギーのアントワープに彼女の出産予定日の1ヶ月前に移り、それから2年間はそちらで生活する事を彼らに目を輝かせながら報告する。

孫が生まれるというのに、それも見ず、自分達の夢を追いかけていなくなってしまう彼らに、バートもヴェローナも勝手だと思い頭に来るが、

バートの両親がいなくなるなら、その近くに住んでいる意味はなくなると気が付き、知人達がいるアリゾナ州やウィスコンシン州、フロリダ州、そして、カナダモントリオールにまで足を延ばして、どこに自分達が住むべきかを決定しようとするが・・・・・・・


個人的に以前に知っていた人達も、子供を持つ事によって変り、それぞれに問題がある知人達を子供の親達として観てしまうバートとヴェローナが、これから子供を持つ上で、いろいろ考えさせられ不安や疑問を持つ姿は、賢明に見えた。

そして、自分達にとっても、生まれて来る子供にとっても、いつも、親戚や知人の近くに住むのが困った時にも助けてもらえるし何かと都合が良いと思っていた彼らが、果たして、そうなのだろうか・・・・と疑問を持ち始め、2人中心に考え始め、彼らのロードトリップは無駄ではなく、彼らの自立の始まりを見る時、

彼らなら大丈夫、良い両親になると思え、その時には、ハズも私も自然に微笑んでいた。


「スイートなカップルね~! 愛し合う2人が子供を持つ時、何があっても自分達で子供を幸せにしようと思う気持ちが1番大切だと思うもの!」


そう言うと、ハズも、うなずきながらスマイルした。

それに、この映画に出て来るカップル達を観て、カップルにも、いろいろ、子供の育て方も、いろいろと、つくづく思えて、私達のまわりにも似たようなカップル達がいるなぁと思ったりした。

アメリカの批評家達で、この映画をじれったいとか他の理由で嫌っている人達も多いと聞いたが、

私達にとっては、気に入った映画だった。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


2010年01月16日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。