61歳の女性が出産 アメリカ 犬連れ 国際結婚

61歳の女性が出産 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> テレビで観たこと > 61歳の女性が出産

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

61歳の女性が出産

数日前のテレビのトーク・ショーで、ちょっと驚くような実際にあった出来事がトピックになっていた。


アメリカに住むアメリカ人カップルは、ず~っとベイビーに恵まれなかった。


女性は37歳で不妊治療に励み、いろいろな方法で妊娠を試み、やっと双子を妊娠したと思ったら死産に終わり、それから、また妊娠するには、少なくとも8ヵ月は待たなければならないと言われた。


そして、双子の死産のために、肉体的にも精神的にも打撃を受けた彼女には、妊娠するにも、出産するにも無理があると心配された。


ベイビーが欲しくて欲しくてたまらないのに出来なくて、カップルは絶望の気持ちで一杯だった。


そのカップルをみていて可哀想に思っていた娘の61歳の母親が、何とかして、2人にベイビーが授かって欲しいと思い、カップルと話して決断した事は、


閉経してから10年後の彼女の子宮で、娘の夫の精子と娘の卵子を受精させたもの(エンブリオ)を育て出産することだった。


そして、彼女は、娘夫婦のために、健康な男の子の孫を無事に出産した。


出産したことからベイビーの母親と考えると、もっとも年上の母親となるとか。


彼女は、とても元気な様子で、その年になっても、役に立つ事が出来て、そして、娘夫婦に喜んでもらえて嬉しいと、


そして、彼女がしたのは産むだけで、他の母親のように、夜中にベイビーのために起きる必要も無いから、ずっと楽だと言っていた。


2人目のベイビーを頼まれたら、また出産するつもりかと訊かれて、そのベイビーでさえ、自分が産むだろうとは思っていなかったのに結局は産んだのだから、2人目も絶対に無いとは言えないと笑いながら言っていた。


夜に成って、ハズと2人で、顔を向き合って寝転がりながら、その話をして、




「ねぇ、あなたのお母さんに、同じようにして私達のベイビーを産んでもらおうか~? 彼女、私達の顔を見る度に、ベイビー、ベイビー、孫の顔が早く見たいって言っていたから、産んでくれるかもよ! それに、そうしたら、あの人達と私達の関係も一気に良くなりそうじゃない?」




そう言ったら、ハズは、目を、一瞬、大きくしてから、私を静かに見つめた。


何も言わなかったけれど、それだけで、ハズの答はわかったので、


もうそれについては言わない事にしようと思った。


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2011年04月22日 トラックバック(-) コメント(7)

 こんにちは
 今週はじまったドラマで日本の設定で似たようなお話があります。NHKなんだけど、そちらで見られるかしら?

 http://www.nhk.or.jp/drama/madonna/
番組のホームページ

 私は自然にして子ども二人を出産したんだけど、できないとなったら大騒ぎに夫の関係者の顔ぶれから想像できます。生まれれば、健康な体だけでいいという要求からエスカレートしていくんだけど。

 どうしてもわが子が欲しいという気持ちもわかるけど出産のリスクも高いし、金銭がかからなければいいという問題でもないし、本当にいろんな点で問題があると思う。

 ご夫婦で不妊で出産をあきらめて施設からお子さんを引き取った人を知りました。「パパとママも他人で結婚して、僕も他人、でも家族なんだよね」と養子のお子さんが明るくいうから大丈夫ですとその人はいってました。

 一言で話題にできない話題ですよね。 

2011年04月22日 みみ URL 編集

難しい問題ですね。
やはり身体の負担も大きいし…
でもその娘さん夫婦の気持ちを考えると、
母ちゃんは強し…だなぁと。

養子を迎えるというのも、手はあるけど
それはそれで色々と難しい面もある。

2011年04月23日 ふわころ本舗 URL 編集

私の次男も欲しくても出来ないんでけど
ついこの前、娘が私の子宮を貸してあげたいわ
って言ってたのを思い出しました。

娘には夫が居るから許しっこないけど、母親
なら出来るかもね。
私?年齢が上過ぎちゃうの。

2011年04月24日 たまころ11 URL 編集

みみ さん、

こんにちは~!

うちではNHK観れないの。だけど、日本でも、いくらフィクションでも、このような話がドラマになるとは思っていなかった。

ハズの両親と私達の間にある問題は、私達に子供がいないからなのではないのだけど、子供がいたら、向こうも、私達にナイスに成らざるおえないだろうと思うのね。それでなければ孫の顔が見れないから。(笑)

「パパとママも他人で結婚して、僕も他人、でも家族なんだよね」本当に、そうだと思うわ。だから、私も、養子縁組に関しては、ほとんど全く抵抗がないの。ハズは、ハッキリとは言わないけれど、それまでして子供を持つ必要は無いと思っているみたい。

2011年04月26日 ぴきぴきPicky URL 編集

ふわころ本舗 さん、

アメリカって、社会的に子供を持つことが、かな~~り大切みたいなところがあると思うの。それと同時に、離婚も子供の虐待も、けっこう多いのが矛盾していたりする。

養子縁組も多いとは思うけれど、何が何でも自分と血の繋がった子供が欲しいと言う人達も多い。

私達は、出来ればそれで良し、出来なくても、それで良しみたいなかんじで、多くのアメリカ人達とはかなり違うような気がする。

2011年04月26日 ぴきぴきPicky URL 編集

たまころ11 さん、

> 虐待もあるのにね。

そうなのよね~! 子供への虐待は、信じられないぐらい、けっこう多かったりする!

私は、自然に子供が出来ればそれで良いと思っているけれど、ドクターなんかでも、あらゆる方法を使って子供を産め産め!と薦める人が多かったりする。ハズは、ドクターの金儲けのためだと言っているけどね(笑)

ハズの母親に産んでもらえば、彼女もハッピーなのではないかと、そして、私達の間にある長期の冷たい戦争も一気に終わるだろうなぁって安易に思ったりしたけれど、ハズは、子供は自然に生まれるべきだと思っているから、このアイデアには完全反対みたい。

2011年04月26日 ぴきぴきPicky URL 編集

参考になりました。
ありがとうございます。

2011年08月10日 セシル URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。