犬用の薬まで使ってハイに成りたい人達 アメリカ 犬連れ 国際結婚

犬用の薬まで使ってハイに成りたい人達 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アメリカ人 > 犬用の薬まで使ってハイに成りたい人達

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

犬用の薬まで使ってハイに成りたい人達

何の気なしに、ドクター達が出ているテレビ番組をつけて観ずに聞いていたら、犬用の痛み止めについての話はコマーシャルの後にと言ったので、


動物についての話、ましてや、犬についてのドクターからの話なら役立つ事もあるだろうと興味を持って、その話に成るまで待っていた。


そして、1人のドクターが、犬の話だと言うのに、ちょっと真剣な顔に成って、


「実は、最近、ペットの犬用の痛み止めを乱用している人間達が増えているらしいんだ。そして、中毒状態に成ったりしていて危険な状態に成っている」


犬用の痛み止めを使用する飼い主は、肉体的に痛みがあるから、ペットの薬を盗んで呑んでいるのではなく、いわゆる、ハイに成りたいとかのドラッグ効果を期待して呑んでいるらしい。


そして、ハイになると、それを、ニュー・ドラッグとして密かに使って、中毒になっていると言う事だった。


人間用の痛み止めの乱用の危険性は、近年、しつこく言われていたけれど、そのために、以前よりは、痛み止めも簡単に手に入らなくなったと思うが、


まさか、犬用の薬まで使って、ハイに成りたい人達がいるとは思っていなかったので、ビックリした。


獣医に処方された痛み止めであれば、ペットの犬がそれを呑まなければ、痛みに苦しまなければ成らないのに、それを飼い主が利用して盗んで呑むなんて、動物虐待だと言えると思う。


そこにいた他のドクターは、人間用の薬がある場所とペット用の薬がある場所を一緒にすると、そう言う間違いが起こるのではないかと、


そして、


ある日、間違いで、ペットの犬用の痛み止めを呑んで、ハイになって気分が良くなって、


これは、イケル~!


みたいに魔法の薬を新発見した気持ちになって、中毒に成って行くのではないだろうかと言っていたけれど、


これは、信じがたい。


私なんかは、アメリカに住むようになってから、人間用の薬でも、むしろ、薬恐怖症みたいになっていて、市販のアレルギーや痛み止めや風邪薬なんかでも、できるだけ呑まないようにしている。


もし、どぅ~~~~しても呑まなければ成らない時は、指定された量の半分を呑む事にしている。


だから、いわゆる、私は、薬に関しては、12歳以下の少女のふりをしている。(笑)


結局、薬の1人1人の適当な量は、年齢で考えるより体重などで考えた方が良いと思っているからだ。


アメリカだと、私サイズ、あるいは、私より体の大きい12歳の少女達なんかは、たくさんいると思う。


それなのに、その子達は1錠でいいのに、私が大人であるために2錠呑まなければ成らないと言うのが、私には、どうしても納得がいかない。


以前は、薬の箱に書かれた量を呑んでいたけれど、気分が悪くなったりして、強すぎるのではないかと思い出した。


そして、量を半分に減らしても、充分、効き目があったし、副作用も弱まった。


犬用の薬を間違って呑んでしまったと言うのは理解できる。


私は、ブブ用の薬を呑んでしまったと言う事は無いけれど、それは、自分用にしても、ブブ用にしても、薬を呑む前に、そして、呑ませる前に、シッカリと箱や容器を確認しているからだけど、


そんな私も、1度だけ、薬ではないけれど、ブブの関節炎予防の犬用のビタミン剤を口に入れてしまって、




あれ~っ?




と思って、すぐに手のひらにプッと出して見たことがあった。


それは、私が呑むビタミン剤の隣に置かれていたからだと思うのだけれど、自分に自分が驚いた一瞬だった。


気がつくと、


ブブが、




見たわよ~~!




と言う感じの、なんだか私を軽蔑するような、そんな目で見ていて、恥ずかしくなった。


犬だから他人には言えないけれど、



犬用の物を人間が盗んじゃいけない!



って、犬は、ちゃんとわかっているのだから、

飼い主は、そう言う事はしてはいけない!


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリックして頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2011年04月15日 トラックバック(-) コメント(4)

初めまして。ご訪問ありがとうございました。
アメリカの薬の量は多いですよね。
薬学専門の友人の話ですが、新薬のテストを人体でする際には、大きな男性たちが試験台になっているのだそうです。女性は参加していません。ので、必然的に、一般的に小柄な日本人には「多めの」処方になる、副作用も出易くなる、と云う事のようです。
注意しないといけないアメリカ生活の部分ですね。

2011年04月16日 yokoblueplanet URL 編集

yokoblueplanet  さん、

初めまして~! こちらこそ、遊びに来て頂いて、ありがとう!

やっぱり~そうだったんだ~! 大きな男性達と私が同じ量の薬を呑んだら、私が大きなダメージを受けるのは当然と言っていいものね。市販された薬で中毒状態に成ってしまう人達が多いのも、それが原因の1つかもしれない。

2011年04月18日 ぴきぴきPicky URL 編集

初めまして。
題名を見て、「こんなことってアリ?!」と思って見に来ました。
アメリカはすごいですねえ。
犬はジーッと見てますよね、人間のやることを、話している事を。
「天知る地知る我知る犬知る』じゃないかと思っています。

2011年05月22日 万見仙千代 URL 編集

万見仙千代 さん、

初めまして~!

アメリカのドラッグ問題は深くて広いって感じね。それだけ、需要も供給も多いと言う事だからだと思う。

そう、そう、犬は言葉に出して言わなくても見ているのよね~。

2011年05月24日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。