アメリカの不安 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカの不安 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アメリカ生活 > アメリカの不安

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

アメリカの不安

ニュースで、日本の水や牛乳やほうれんそうなどの食べ物が、多量のレベルの放射能を含んでいることがわかってから、アメリカでは、日本からアメリカに輸入されている食べ物への不安が増しているようだ。


日本食やお寿司なども危険と思っている人達もいるようだが、アメリカで食べれる日本からの魚は約10%に過ぎないし、


日本からの食べ物で、アメリカで食べれるのは、全食品の約4%に過ぎないそうで、心配する必要は無いとのことだった。


地震があって間もない頃には、日本から輸入される日本車なども放射能を浴びているのではないかと思った人達もいて、そのために、プリウスなどの日本車を買う予約をしたけれどキャンセルしたいと申し出て来る人達もいたそうだ。


これに関しては、全く放射能汚染の問題は無いとニュースで言われていた。


この日本の大災害で、日本だけが打撃を受けると思ったけれど、このように考えると、アメリカにある日本の食品を売るマーケットや日本食のレストランも商売があやしくなる可能性もある。


サンフランシスコの日本食のレストランEBISU(エビス)では、今月か来月一杯まで、売り上げの10%を日本に寄付すると宣伝していて、そのためにか、けっこう客が入っていると聞いたが、他に、そうして、宣伝している日本食のレストランは聞かない。


地震があってから、いつもなら、けっこう客が入っている日本食のレストランの前を通って、中をのぞいて見たけれど、全く客が入っていなかった。


その時は、日本にいる多くの人達が厳しい状況にある時に、外食なんてするべきではないと思っている人達が多いのかもと思った。


そう言えば、日本からアメリカに来た人達の洋服や持ち物が放射能汚染されていて、それらがアメリカを汚染するのではないかと言う声もあった。


それもあって、毎日、日本についてのニュースを、


今日は、どんな不安が?


希望を持っているはずなのに、そう思いながら観てしまう。


横須賀に滞在しているミリタリー・ファミリーが不安の中にいると聞いた。


多くのアメリカ人達がゾクゾクと日本からアメリカに帰って来ているのもあるから、そう思うのも無理も無いような気がする。


英語教師として、地震があった時に東北にいたアメリカ人女性の死体が見つかり、彼女がこの地震で亡くなった初のアメリカ人と成った。


今日は、シアトルで、日本からの放射線が微量ながら検出されたそうだ。


今では、日本は、私だけでなく、アメリカにいる人達にとっても、


遠いようで近いところ、


そう成りつつあるのかもしれない。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2011年03月22日 トラックバック(-) コメント(2)

はじめまして。アメリカでの現況、大変価値のある情報として読ませていただいております。

ところで、「多量のレベルの放射能」の「多量」とは、アメリカで放送された情報に由来しているのでしょうか?

こういった話題は正確に伝わりにくい、ある程度exaggerateされてしまうというのは、いたしかたない部分もありますが・・・

私がネット等で調べたところ(調べきれていないかもしれませんが)、国や県など自治体などが発表している情報において、「多量」としている報告はないはずです。

一部日本のメディアでも過剰にパブリッシュしているところもあるようですが・・・

21日には、「ホウレンソウの放射能を検査した結果、いずれも国の暫定規制値を下回ったと発表した。今後も検査を継続する。」と発表されています。

安全である筈なのに国が農家・酪農家に出荷自粛と自主回収を要請しているので、これが問題になっています。福島県や茨城県、群馬県などの農家や酪農家が大打撃を受けるだろうと言われています。

この野菜や牛乳などへの影響以外にも、現在日本では、風評被害の問題が大きな話題となっています。

あるところでは、避難勧告・屋内退避勧告が出ていない地域であるにも関わらず、物資を調達する会社などが近づかなくなってしまったため、生活に必要なものが届かなくなって、住民たちにとって死活問題となっています。水道・電気等のインフラ設備の復旧もままならない状況に加えてです。ガソリンがないため脱出したくてもできず、地域住人は「見捨てないで!」と悲鳴をあげています。ゴーストタウン化している町が増えつつあるようです。

もちろんこうういった状況を改善していくには国が介入していかないといけないでしょうが、私たち一般人がこういった話題、特に現在世界中の人が神経質になっている放射能という話題をあげられる際は、より冷静になって、気を付けるべきだと思います。

脱線、長文失礼しました。

一日でも早い復興を願って。

2011年03月22日 NH URL 編集

NH さん、

はじめまして~!

「多量のレベルの放射能」のそのレベルとは、アメリカのニュースでは、通常よりミルクが30倍以上、ほうれん草が350倍以上とかの放射能が検出されたとのことで、それゆえに、食べるには危ないと言われていた。

日本の検出量とは違うみたいだけど。

一部のニュースでは、日本政府は国民達に真実を言わないようだから、どこまで信用できるかわからないとも言われていた。

今日のニュースでは、ブロッコリーや他の野菜にも異常値が出て、アメリカでは、しばらく日本から食べ物を輸入しないと言っていたと思う。

私も、1日でも早い復興を願っている!

2011年03月23日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。