男のために犬を捨てる女性 アメリカ 犬連れ 国際結婚

男のために犬を捨てる女性 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アメリカ人 > 男のために犬を捨てる女性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

男のために犬を捨てる女性

ブブが病気に成ってから、私達は、ブブを1人(1匹)でペットホテルなどにあずかって2人で旅行することを止めることにした。


だから、ブブは、いつも私達と一緒か、私達のどちらかと一緒にいる事に成る。


結婚してから今まで、いつも日本へは2人で行っていたけれど、これからは、私1人で行く事に成るから、その間、ハズがブブの世話を全てしなければならない。


そう考えたら、ハズの会社の近くに移った方が良いのではと思い、私達は、その辺りで良さそうなところを探している。


今週末も、いくつか雑種の大型犬でも住めるアパートを見に行った。


その1つのアパートの女性のマネージャーが、ブブをチェックしたいと言ったので見せると、驚いた顔をして、


「この犬、レスキューしたの~?」


と訊いて来た。


私が、


「そうだけど~! なぜ、レスキューしたって思ったの?」


そう彼女に訊くと、彼女は、ちょっと笑って、


「雑種の大型犬だから・・・・それに、アジア人ってピュア・ブリードが好きみたいじゃない? アジア人で雑種を飼っている人に会ったこと無いもの」


そう言った。


私は、一瞬、


そう言うものかなぁ~?


と考えて、


確かに、私も、アジア人で雑種を飼っている人に、ほとんど会ったこと無いなぁ~・・・・


そんな風に思った。


「私も、犬好きよ~!」


彼女がそう言ったので、


「犬を飼っているの?」


そう訊くと、彼女は、


「今は、猫だけ飼っているけれど、犬を飼っていたことがあるわ、雑種の小型犬」


そこのアパートをいくつか見せてもらって、彼女のオフィスに戻った時に、何を切っ掛けにしてか、また、ペットの話に成り、彼女が、


「あなた達、ペットと住める所だけを探しているなんて大変でしょう? 私も、小型雑種犬を飼っていたけれど、住もうと決めたアパートが猫は良いけれど犬はダメだったから、かわいかったけど、その犬を手放したわ」


そう言った。


私は、


こう言う人、残念ながら、けっこういたりするんだよな~・・・・


そう思った。


ハズは、急に怒った顔をして、


「手放した? 犬も住めるアパートをどうして探さなかったんだ?」


と彼女に言った。


彼女は、ハズをビックリした顔をして見て、


「・・・だって、ボーイフレンドと一緒に住みたくて・・・その彼が決めた所だったから仕方なかったのよ」


そう言った。


ハズは椅子から立ち上がって、


「ペットは家族じゃないか? 物じゃない!」


そう彼女に言って、そこを出てから、すぐに、私に、


「ここには絶対に住みたくない! ペットの犬を捨てたヤツがいるアパートは好きじゃない! 俺はアイツを許せない!」


そう言った。


猫だけを選んだと言うのも酷いと思ったけれど、残念ながら、男のために、犬の世話をしなくなったり、捨てちゃう女性って、けっこういると聞いた。


それにしても、なぜ、彼女は、そんな話を私達にしたのだろうか?


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2011年03月06日 トラックバック(-) コメント(2)

こんにちは~

覚えてくれてるかしら?
柴犬の老犬が亡くなって淋しい思いをしてましたが・・・
良いご縁があって生年月日不明(十才以上)
心疾患ありの、ロングコートチワワが我が家に
やってきました。
繁殖犬の末路です。子供を産んで、取り上げられて
又生んで・・・
産めなくなったら殺処分の保健所行きでした。
たった1匹しか私は助けてあげられないけど
「不幸な犬・猫がなくなりますように」って
祈る毎日です。
ハズちゃん、男らしいわ~
私の夫もそんな感じだったわよ。


2011年03月07日 たまころ11 URL 編集

たまころ11 さん、

こんにちは~!

もちろん、覚えている~!

柴犬ちゃんと猫ちゃんが亡くなって、老犬チワワちゃんの里親に成られたとは~! やっぱり、私の知っているたまころさんだと思った~! 老いて行くブブを見ながら、たまころさんと柴犬ちゃんを想い出すこともよくある。あの頃のたまころさんのブログを読んで、これから必ず直面するブブの介護に心の準備と覚悟が出来たように思うの。

こうして、また、繋がりが出来たことが嬉しい~!

コメント、ありがとう!

2011年03月08日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。