ブブは長生きしたいと思っている アメリカ 犬連れ 国際結婚

ブブは長生きしたいと思っている アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> > ブブは長生きしたいと思っている

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ブブは長生きしたいと思っている

『2.決断は1つだけ』をブログに載せて以来、ブブのことは書いていなかったけれど、私達の生活は、かなりブブ中心になっている。


獣医に手作り食もスナックも与えず、獣医からしか買えないスペシャル・ダイエットのドッグフードを与える事を言われて、ハズは、私に、


「そのドッグフード、ネットで調べて、犬に与えている人達のコメントを読んだけど、みんな犬が食べたがらなくて困っていた。凄くマズイらしいんだ~・・・ブブ、結構、味にうるさいじゃないか? 可哀想だよなぁ~、まずい物を無理矢理、食べなくちゃならないなんてさ~・・・俺達がブブに病気のためだから仕方ないんだと言っても、ブブには理解できないだろう? まずい物を急に与えたら、俺達が意地悪していると思うかもしれないじゃないか? 俺、悩むよ~・・、毎日、美味しくない物を食べて長生きするのと、早死にしても美味しいものを食べさせるべきなのか」


そんな感じで言って、渋い顔をしていた。


私も、それを聞いて辛かったけれど、


「ブブの楽しみは食べる事ばかりじゃないじゃない? とにかく、外に行く事が大好きじゃない? 一緒に車に乗って出かけるのも好きだよね~。そして、私達と一緒にいることが好き。 美味しいものを食べても、体の具合が悪くなったりしたら、そう言った事も出来なくなる。そう考えたら、ここで心を鬼にして!って思わなければいけないと思うの。とにかく、食べるかどうか試すだけでも試してみようよ! それがダメだったら・・・、他に方法は無いか考える事にして!」


そう言った。


獣医は、ブブには、肉は絶対ダメで、チキンも魚さえも与えてはいけないと、スナックではブブがベイビーの時から切らした事の無いボーン系は全くダメと言われた。


それを聞いて、ハズは、


「ブブを強制的にベジタリアンにしちゃうのか~?」


そう言って嘆いた。


初めて、ブブにスペシャル・ダイエットのドッグフードを祈る気持ちで与えた時には、私は、ブブが最後の1粒まで食べるまで緊張して目を離せなかった。


母の願いを感じてくれたのか、ブブが全て食べてくれて、飛び上がって、ハズに聞こえるように叫んだ。


「ハズちゃ~ん、ブブが食べたよ~! 全部、食べたよ~~!」


すぐに、ハズの歩く音が聞こえて、私達の所にやって来て、ハズは、空になったボウルを見て、一瞬、驚いた顔をして、それから、ブブに、


「グ~~ッド・ド~~~ッグ!」


そう言って褒めた。


私も、同じようにブブを褒めて、ハズと顔を見合って喜んだ。


ブブは褒められたのと、私達がハッピーなのを見て嬉しかったらしく、耳を下げて尻尾を振りながら私達の周りを歩いた。


「ブブは、良く成りたいと思っている! 長生きしたいと思っている! 私達の気持ちをわかってくれている!」


そして、それからは、その食事を与えている。


と言っても、私達は、もうちょっとしてから、他の獣医にブブをチェックしてもらって、セコンド・オピニオンを聞こうと思っている。


犬も人間と同じで、セコンド・オピニオンが必要だと思うから。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

2011年02月19日 トラックバック(-) コメント(4)

初めまして
楽しく 読ませて 頂いて います ブブちゃんの事 のせてある記事が 好きで・・・私の姉夫婦は 18年一緒に 暮らしたチロ(オス)を亡くしました6ヶ月位 毎日朝病院に連れていき 夕方迎えに行きの 繰り返しでした 老犬で 手術が 出来ないので その方法を 選んだのです 大変でしょうけれど 少しでも 良くなるよう 日本から お祈りさせて 頂きます

2011年02月19日 ゆうゆう URL 編集

ゆうゆう さん、

初めまして~!

私達も、ゆうゆうさんのお姉様御夫婦のように、ブブにベストだと思われる方法をとろうと思っているの。

ブブを応援してくれて、ありがとう! ブブにも伝えるね!

2011年02月22日 ぴきぴきPicky URL 編集

はじめまして、東海地区在住の耐震技術者です。地震風災害などで協力要員として登録してあるので、今回の地震も現地には行きませんが現地に行く仲間の請け負っていた仕事の穴埋めなど留守番部隊でまず、明日から来週1週間は午後から私もボランティア出勤です。

先週までカールスバッドやニューポートビーチなどOCエリアやコロラド州など3週間滞在した事もあり地震の余波でカリフォルニアまで到達しヨットハーバーに被害があった事が心配になり検索したらこのブログにぶちあたりました。

娘夫婦もお婿さんはホワイトアメリカ人、最近赤ちゃん犬を飼い始め1日に「グッガール!」「グッドーッグ」「ベリーグッガール」「ユーアーミスユニバース!グッガール!」えんえんと何時間も子犬を褒めています(笑)

手作りおやつはカボチャでできていてティディベアの型でぬいてあり、もう1つのおやつは鹿の干し肉のカット。お婿さんは毎日獣医に電話して今日はどうだったと報告、会社に週3日子犬と一緒にフレンドリー出勤、猫可愛がりです。私は子供の頃から子犬を沢山育てていますのでお婿さんと娘があまりに子犬を甘やかすので病弱な犬になってしまうのではと心配になっています。

娘達は同級生どうしで学生結婚しオハイオ州からコロラド州に移りましたが、こちらのブログで異人種国際結婚についてなど勉強させてもらいました。お婿さんのご両親が良い方で人種差別や日本人に偏見をもたないよう日本がどれほど素晴らしい国であるかを知るようなにほんの文化を体験できるような結婚披露宴を開いてくださり日本を身近に感じるようなプログラムの長時間の披露宴で暖かく迎え入れていただいたので、同じアパートの白人のおじさんの記事はショックでしたが、若い頃に訪れたアメリカで同じような事を見た事を思い出しました。

ホワイトアメリカ人のご主人様と愛犬のアメリカ生活というのが娘達と同じだったのでついつい文章に引きこまれました。

今後もきっとたくさんの楽しい事や試練な事もあるかと思いますが優しいハズさんと二人でがんばってくださいね。
楽しみにまた続き読ませていただきます。
ブブちゃんのご健康がずっと続きますように。

2011年03月13日 ペネロープ URL 編集

ペネロープ さん、

はじめまして~!

私は、アメリカに長く住んでみて、表面的には出ない奥深い差別が多いことを知った。そして、多くのアメリカ人達の差別に対する陰湿さと頑固さも知った。

人生いろいろよね・・そう思ってハズと、どうにかやっているわ。ブブの励ましもあることだし。

東日本大震災の被害者達のことを考えたら、私の問題なんてチッポケなものよね。

今は、ただひたすら、その方達と日本の状況が良い方向に向かう事だけを願っているわ。

2011年03月15日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。