人の不幸がわかる犬 アメリカ 犬連れ 国際結婚

人の不幸がわかる犬 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> > 人の不幸がわかる犬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

人の不幸がわかる犬

人間のネガティブな話が続いたので(笑)、犬好きの人達にとっては心温まるニュースをテレビで観たので紹介したいと思う。


アメリカのオハイオ州のとある所の葬儀場には、3ヶ月前にシェルターから保護された3歳のラブラドール犬がいる。


そして、その犬は、そこに表れて家族の死を悲しむ人達の所に行って、前足をその人達の肩に置いたり、顔をその人達の胸に押し付けたりして、一緒に悲しんでくれ慰めてくれるとのことだった。


慰めの言葉は無くても、そうして、優しい態度で接してくれるその犬に、多くの人達が癒されているとのことだった。


そんな状況の中では、静かに優しく寄り添って悲しみを理解してくれるその犬の存在は、どんな慰めの言葉よりも救われるのではないだろうか?


家族の死のために、そこに現れた女性は、悲しみに打ちひしがれ泣いていた時に、その犬のそうした優しさにふれ、救われたと言っていた。


私は、それを聞いて、心にジ~~ンと来て、涙が溢れ出た。


葬儀場のオーナーは、その犬は、今では、そこには無くては成らない存在だと言っていた。


その犬の過去はシェルターにいたこと以外はわからないけれど、シェルターにいたと言うことだけでも、飼い主に捨てられたか迷子になったかのどちらかで、シェルターでも、そこにいた仲間達との別れがあったりしたのもあって、辛い思いをしたと思う。


だからこそ、その犬は余計に人の悲しみも理解できるのではないだろうか?


私は、そんな風に思ったりした。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

2011年02月11日 トラックバック(-) コメント(2)

ほんと、ジ~ンときますね。
犬って本当に愛おしい。
今は亡き愛犬に会いたい。会って背中を撫ぜたいです。

2011年02月12日 みかん URL 編集

みかん さん、

言葉は無くても、わかってくれている・・・私も、時々、ブブに慰められたり励まされているから、この話は目が痛く成っちゃった~(笑)

先立ったワンちゃんは、みかんさんのそばにいて見守ってくれていると思うよ。

2011年02月16日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。