白人優位のセンベイ屋 アメリカ 犬連れ 国際結婚

白人優位のセンベイ屋 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 国際結婚 > 白人優位のセンベイ屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

白人優位のセンベイ屋

アメリカの大型百貨店で差別を受けた事をブログに書いて


本当に、アメリカの差別はディープだなぁ~・・・・


と思ったけれど、それと同時に、


そう言えば、日本でも、差別を受けてショックだったなぁ~・・・・

いや、むしろ、日本にいる日本人から差別を受ける方がハッキリ言って辛いものがあった。


そして、5年位前にハズと一緒に鎌倉に大仏さんを観に行った時の事を想い出した。


大仏さんには何の恨みも無いのだけど(笑)、テレビで大仏さんを観たりすると、いつも想い出したくないのに想い出すことがある。


ハズと一緒に楽しく歩いていて、大仏さんが見えて来た辺りの小さなセンベイ屋に寄った時のことだった。


ハズが、その当時、勤めていた会社の人達に日本でしか買えないお土産を買いたいと言っていたので、アメリカの日系マーケットでは手に入らない鎌倉の手焼きのセンベイはどうかと言ってみた。


ハズは、見て見て、ちょっと変った形や味のしたセンベイなら喜ばれるかもと言って、2人で、そのセンベイ屋に立ち寄った。


とっても小さなセンベイ屋に、30代から40代位の小太りの男性が数人の女性達といて、その男性は、ハズを見ると、満面笑顔で、いらっしゃいませ~だったかハローだったかは憶えていないけれど、ハズに声を掛けた。


私は、それを見て、さすが鎌倉、外国人が多いからフレンドリーなんだなぁ~と思って嬉しかった。


しかしながら、ハズには挨拶をしても、ハズのすぐ横にいる私には挨拶もなく全く無視だったので、少し不思議に思った。


私が、ハズに、


「どう? お土産に良さそうなもの、見つけた~?」


と小声で英語で話しかけると、ハズは、私に、英語で、巨大なセンベイを指差して、


「こんなに大きなセンベイ見たこと無いよ~! これ、買いたいから、彼に、そう言ってもらえる?」


とその男性の方を見ないで頼んで来た。


それで、私が、その男性を見て、その大きなセンベイを指差して、


「このオセンベイ、買いたいのですけど」


と笑顔で言った。


その男性の顔は、それまでハズにしていた笑顔が全く無くなり、急に、とても険しい顔に成り、思いっ切り私を睨んで、声も凄むようにして、


「あんたに訳してもらわなくても、英語わかっているんだよ! 余計なお世話なんだよ!」


と言葉を吐き出すようにして言って、ハズに、思いっ切り笑顔して、その大きなセンベイを手に取って袋に入れた。


私は、ハズが、私から彼に言って欲しいと頼んで来たから、そうしただけなのに、なぜ?


そう思って、ガーーーンとして言葉に詰まった。


ハズは私達のやり取りを見ないで、センベイを見ていたので、そこを出てから、私が、それを言うと、とても驚いていて、


「あいつ、そんなこと、君に言ったのか~? 俺が日本語がわからないことを利用して、そんな風に、君を扱うなんて~~~! なぜ、すぐに言わなかったんだ~? 買わなかったのに~!」


と言った。


私は、涙をこらえながら、


「だって、ハズがあの巨大センベイが欲しいと言ったから・・・・それに、会社の人達も喜ぶと思ったら、我慢しなきゃって思った。 だけど、日本にいる日本人に、あんな風に言われるとは思っていなかったから、ショックだった・・・・」


そう言った。


ハズは、


「あそこに戻って、センベイ返して、アイツと話してやるよ!」


と言ったけれど、


「日本にいて、日本語でなく英語で口論しても仕方ないでしょう?!」


そう言って止めた。


ハズは、


「アイツ、ゲイじゃないか~? 俺に気持ち悪いほどスマイルしてさ~・・・」


気持ち悪そうに、そう言った。


私は、それを聞いて、ちょっと笑って、


「彼のセクシャリティはわからないし、どうでも良いけど・・・白人優位者なんじゃないのかなぁ? だけど、白人と一緒にいる日本人女性をとことん嫌って軽蔑している、そう言うタイプなのだと思うよ。 自分に自信が無くて劣等感を持っているタイプの日本人男に良くあるパターンよ!」


そう言った。


ハズは、それを聞いて、


「なぜ、ここは日本なのに、そして、日本人がほとんどなのに、ホワイト(白人)優位になっちゃうんだ~?」


目を丸くして驚いていた。


私は、


「あなたが、日本に住んだら、よ~~くわかるわよ! ホワイトで、当たり前だけど英語がネェイティブだと言うだけで、かなり特別扱いされるみたいだから!」


そう言ったら、


ハズは、すっかり言葉を失っていた。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2011年02月08日 トラックバック(-) コメント(6)

初めまして。
その言われ方はヒドイですね。
そこまで醜い経験はないですが、少し似たようなことで、彼にすごーく愛想よく話してくれるけど、私は透明人間?!な感じで目を合わせてもらえない、彼と話したいばっかりってことが^^;
でもそれ以上に彼は外国人として差別的な扱いや見られ方も日本で多いので、私は彼に愛想のいい人がいたらとてもうれしいんですけどね。悲しいことにそっちの方が少ないです;;

2011年02月08日 カエデ URL 編集

初めてコメントさせていただきます。

私も同じような経験をしましたよ。旦那と都内で信号待ちをしていたとき、60代くらいの男性から突然「そんなに外人が好きなら日本から出て行け!」と言いがかりをつけられました。
少し変わった人のようでしたので、気にしないように努めましたが、まさか日本でそんなこと言われるなんて思わなかったのでとてもショックでした。
なので、そのときのお気持ちとてもよくわかります。
変わった形の差別ですよね。常識的な人はそんなこと口にしないので気にしないのが一番なのでしょうね。

2011年02月08日 NEKO URL 編集

カエデ さん、

初めまして~!

私も、ハズと一緒に日本滞在で、透明人間になったような気がした事が時々あって驚いた! そう、そう、私と目を全く合わせてくれない・・・でも、それね、日本人にかかわらず、ここにいるアジア系からも良くされる事なのよ。

ハズも、日本で差別的な扱いを受けたことがあった。だけどね、ハズは、その差別は、私がこの国で度々受けている差別から比べたら、ず~~っと少ないから、そんなに気に成らないって、そして、私がハズといるために日本で日本人達から差別や意地悪される方が、ず~~っと頭に来るって言っている。

2011年02月09日 ぴきぴきPicky URL 編集

NEKO さん、

コメント、ありがとう!

「そんなに外人が好きなら日本から出て行け!」は酷いわね~! 向こうが間違っているとわかっていても、私もショックだと思うわ。私の場合、日本でも(と言っても、ハズとは日本に住んだ事が無く滞在しただけ)、ここでも良くあるのは、いやらしい存在のように軽蔑の目で見られたり睨まれたり笑われたり間接的に意地悪されたりが、言われるよりは圧倒的に多い。そして、意地悪や差別の言葉を言って来る人達は、み~んな、なぜだか私に怒っている。

センベイ屋の男性も、英語がわかってハズと話したいのなら、ただニコニコしているだけでなく、積極的に話しかければいいのにって思うけど・・・英語がわかると言っている割には、アメリカ人との接し方を全く知らないようだった。だから、ハズも気持ち悪くなっちゃって、私に頼んで来た。それに、ハズは、彼のワイフである私を無視して来るマナーの無い日本人とは話したくないとも言っている。

2011年02月09日 ぴきぴきPicky URL 編集

1月にパリの空港で酷い差別を受けました。
2名の黒人の保安検査係に意地悪をされて手荷物の大きさに難癖つけられ中々通してもらえずに結局だいぶ荷物を捨てました。
同じ大きさの手荷物の白人はすいすい通してもらえました。自分に対する差別用語も…悔しくて涙がこぼれました。

2011年03月13日 ペネロープ URL 編集

ペネロープ さん、

私も、数年前に、イギリスとオーストラリアとオランダにハズと一緒に行った時に、空港のカラー人種の人達に、わざととも思えるような意地悪を受けた。

パリでは、昔、航空会社のホワイト・フレンチ女性に荷物の事で、みんなの前で荷物を開けるように言われて意地悪されて、私も、捨ててしまわなければ飛行機に乗れないなぁと思ったことがあった。フランス人は何も問題なく通されていた。差別用語にも傷ついた。

他国に行くと、差別は避けられない問題かもね。

2011年03月15日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。