シングル・マザーが最も気をつけなければならないこと アメリカ 犬連れ 国際結婚

シングル・マザーが最も気をつけなければならないこと アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> テレビで観たこと > シングル・マザーが最も気をつけなければならないこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

シングル・マザーが最も気をつけなければならないこと

1週間位前に、4歳のジュリアニと言う男の子が祖母と一緒にいたところ、母親の以前のボーイフレンドに誘拐された。


ローカルニュースも全国放送のCNNも、毎日、それについて放送していたのだけれど、その男、ホゼ・エステバン・ロドリゲスが乗っていたシルバーのトヨタ、カローラが川の中から発見されても、ジュリアニもホゼも見つからなかった。


そして、昨日の朝のニュースで、同じ川で、ジュリアニと同じ服を着た男の子の死体が見つかったと放送された。


もっと詳しく調べなければ、その死体がジュリア二なのかは100%確証できないが、服などが一致していることから、警察もFBIも、ほとんど間違いないとして、捜索をストップした。


そして、ホゼ・エステバン・ロドリゲスを誘拐、幼児殺害の犯人として断定した。


ハズが帰宅してから、


「ジュリアニの死体が見つかったらしいの・・・・やっぱり、母親は別れた男を理解していなかったんだよね」


と私が言うと、ハズはキッと怒った顔をして、


「俺にはわかっていたんだ! あの母親が話すのをテレビで観て、そんなことだろうと思っていた」


なぜ、私達が、そのようにして、ジュリアニの母親の事を悪く言うかと言うと、ジュリアニが彼女の以前の男、ホゼに誘拐されていなくなってから、彼女だけが、ホゼは、一緒に住んでいた時には、それはそれはジュリアニを実の息子のようにして可愛がってくれていて、ジュリアニも彼にとても懐いていたし、大体、ホゼの事は、彼が彼自身のことを知っているよりも、彼女の方が彼の事をよ~~く知っていて、ホゼは、ジュリアニを殺したりしないと自信を持って言っていたからだ。


私は、そう言っている彼女をテレビで観ながら、


本当に、この人、つきあっていた男の事を理解していたのだろうか?

とすれば、なぜ、彼が彼女の母親から彼女の息子を奪い取るようにして誘拐することを予測できなかったのだろうか?



そう思ったからだ。


アメリカは、結婚して離婚する確率が60%と言われるほど離婚率は高い。


それも離婚者のほとんどは子持ちだ。


シングル・マザーもとても多い。


そして、そんな女性達をいろいろな目的で利用する男達も多いと聞いている。


シングル・マザーと言っても、ティーンエジャーも多くいるし、女ざかりの女性達も多いわけだから、いろいろな男性達とつきあったり、再婚を考える女性達は多いと思う。


シングル・マザー狙いの知り合いのアメリカ人男性が言うには、シングル・マザーは、子持ちと言う事でハンディキャップを持っていると言う自覚があり、シングル女性よりも男性に対して要求が少ないから楽なのだそうだ。


自分の子供を可愛がってくれる男性は、彼女達にとっては、まさに良い人と成るかもしれないが、果たして、本当に心からそうしているのかを見極めるのは難しいと思う。


しかしながら、このような残念なニュースを観る度に、


子供を犠牲にするほど、つきあう価値の男ではないのに・・・・なぜ?

母親にとって、子供の命と引き換えに出来るものなど無いはずだ


そう思って、胸が苦しくなる。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2011年02月03日 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。