決断は1つだけ アメリカ 犬連れ 国際結婚

決断は1つだけ アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> > 決断は1つだけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

決断は1つだけ

ブブの尿検査もウルトラサウンド(超音波検査)の結果も出て、結局、ブブの尿漏れは腎臓やその他の臓器とは関係なく、自律神経の乱れみたいなものから来るものだろうと言われた。


しかしながら、ウルトラサウンドでは、腎臓病の初期と判断され、これからは、ペットショップなどで買える市販のドッグフードや手作り食は与えず、獣医のオフィスからしか買えない腎臓病の犬用のドッグフードを与えるように言われた。


尿漏れについては、それに効くと言う薬を毎日1錠づつ呑ませることにした。


それにしても、私達は、ブブが急に尿漏れをするようになったのは何故かと考えて、それが始まったのは、他の獣医のオフィスで狂犬病の注射をさせてからだったことに気が付いた。


狂犬病の注射と尿漏れが関係あるのかどうかと、狂犬病の注射をした獣医のオフィスに電話しても、したのは獣医ではなくテクニシャンだからと言って獣医と話す事は何度かトライしても出来ず、テクニシャンは、注射をしただけだから、その副作用には責任が持てないし、ブブの年から考えても腎臓病や尿漏れに成ったのはおかしいことでは無く偶然のことだったのだろうと言われた。


血液検査と尿検査、そして、ウルトラサウンドをした獣医に、そのことを言うと、何とも言えないけれど、狂犬病の注射で、病気を悪くしたりすることはあることだから、腎臓病も尿もれも、ちょっとだけ始まった頃に狂犬病の注射をしたことによって急激に悪化した可能性があると言われた。


アメリカから日本に犬を連れて行った方ならご存知のことだろうと思うが、


日本に連れて行くためには行く前に2度の狂犬病の注射をさせて抗体検査をしなければならない。


アメリカにいれば、成犬の狂犬病の注射は3年に1度で良い事に成っているが、日本に連れて行くと成ると、インターナショナルのマイクロチップを犬の体内に装着した後、2度の狂犬病の注射をしなければ成らず、全ての手続きを考えると、1度目と2度目の注射の間が1ヶ月でも、日本に入るのは9ヶ月位は必要だと言われている。


ここまで読んで、私が、どうして、アメリカから日本に犬を連れて行くことを書いているのかを不思議に思う方々がいると思う。


なぜなら、私は、ブログで1度も、日本にブブを連れて入国するつもりだなどと書いた事はなかったからだ。


過去のブログを読んだ方なら憶えているかもしれないけれど、ハズと私がマウイに行ったのは、ハズが場所を変えてゆっくり考えたいことがあったからだった。


そして、マウイ滞在最後の日に、ハズは、私に、こう言った。


「来年、みんなで日本に移って住もう! どの位、住むことになるかはわからないけれど、君や自分の将来のことを考えても、ブブの健康状態や年齢から考えても、日本に住むなら、これ以上は遅らせない方がいいように思うんだ」


私は、まさか、ハズが、そんな風に考えているとは思ってもいなかったので、それを聞いた時、驚いた。


しかしながら、いろいろな意味でも、日本に住む事は良い事だと思った。


「ブブは、日本に行って住んだとしても、年齢から言って、その後、アメリカに戻って来るのは命をちぢめる事になると思うから、ブブが生きている間は日本を離れないでいよう」


ハズは、そう言っていた。


マウイからカリフォルニアに帰って来てから、私達は、密かに日本移住の準備を進めていた。


しかしながら、何もかも上手く行くと思っていた時に、ブブの健康状態に異変が現れて・・・・


と、実は、こう言う裏話があったわけだ。


獣医は、狂犬病の注射はもう2度とさせない方がいいと言った。


ブブを出来るだけ長生きさせるためには、食生活とストレスを最低限にするように気をつけることがキーになる。


ケンネルやペットホテルにあずけるのは絶対に避けた方がいいと言う事もネットでわかった。


日本行きについては、ハズと口論する事は全く無かった。


ハズも私も、ブブに出来るだけ長生きして欲しいと思っているからだ。


ブブが行けないなら、私達も行かない、私達の決断に迷いなど無かった。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2011年01月26日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。