アリゾナ銃撃事件の犠牲に成った9歳の少女 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アリゾナ銃撃事件の犠牲に成った9歳の少女 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> テレビで観たこと > アリゾナ銃撃事件の犠牲に成った9歳の少女

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

アリゾナ銃撃事件の犠牲に成った9歳の少女

8日の土曜日にアリゾナ州、トゥーソンで起こった銃撃事件の犯人にとっての最大のターゲットは、同州の民主党下院議員、ガビー・ギフォーズ(40歳)の暗殺だったと聞いたが、


彼女は、弾丸が頭部左部分を通過しても即死と成らず、今も生きていて、担当の医師の話によると、はっきりとは断言できないけれど、この調子でいけば命は取り留めることが出来るだろうとのことだった。


他の医師の話によると、頭を銃で撃たれた場合、90%の人達は助からないそうだから、その意味では、彼女はラッキーだと言えるかもしれない。


しかしながら、彼女と一緒にいた人達の6人は撃たれて即死しており、14人が負傷したそうだ。


亡くなった6人の中に、9歳の少女がいた。


少女は、成績優秀、ベースボールも少年達に混ざっても劣らないくらいに運動神経も優れ、若いながらも、政治に、とても興味を持っていた。


自宅から5分ほどの所にあるSAFEWAY(セーフウェイ)スーパー・マーケットの前に、議員のギフォーズ氏が現れる事を知って、近所に住む大人達と彼女に会いに行った。


そして、1発の弾丸で撃たれ即死した。


彼女の父親は、涙ながらに、


「娘は、世界中を驚かせたワールド・トレードセンターが破壊された2001年9月11日に生まれたんだ。そして、9年後に、誰もが信じられないような災難で死んでしまうとは・・・・結局、大災難の時に生まれ、他の大災難の犠牲に成って死んで行ったんだ」


と言っていた。


母親は、彼女は、9年間の人生を短くとも力一杯生きていたと思うと言った。


裁判所で、犯人の22歳の男に会ったら、何と言いたいかの質問には、


「何も訊くことはない・・・・話してみても、娘は帰って来ないから・・・・」


そう言っていて、私も涙した。


今日は、オバマ大統領から電話があって暖かい言葉をもらったそうだ。


ギフォーズ氏と他2人の民主党議員は、3月に、オバマ大統領の医療保険改革法の成立以来、脅されていたが、ギフォーズ氏は、テレビでも、強気な態度を見せていた。


犯人の男については、これから、どんどん情報が入って来るだろうけれど、ギフォーズ氏が、11月の中間選挙で、ティーパーティが支援していた共和党の候補者と激戦して当選している事から、男も、ティーパーティ支援者ではないかとも言われている。


オバマ大統領は、トゥーソンに、近々、赴く予定だそうだが、この事件は、彼の政策も関係している可能性が強いのと同党の議員や彼女の支援者達が犠牲に成ったとあって、心苦しい思いでいることだろうと察知する。


そして、将来有望な政治家になったかもしれない9歳の少女の死は、2人の娘達の父親でもある彼には、大統領としてよりも父親としてわかるものがあるだろうと思う。


少女を通して、私は、9・11から9年以上が経ち、今は、テロリストよりも、アメリカ中が政治を通して危険な状態に成っている事を感じただけでなく、


アメリカの大悲劇の日に生まれ、アメリカの大悲劇の犠牲に成って死んで行った少女の死を無駄にしないためにも、今後、このような武力で他人の思想を壊そうとするような事件が絶対に起きてはならないと強く思った。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2011年01月11日 トラックバック(0) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。