(2)2歳の女の子がお店の中で性犯罪の被害者に アメリカ 犬連れ 国際結婚

(2)2歳の女の子がお店の中で性犯罪の被害者に アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> テレビで観たこと > (2)2歳の女の子がお店の中で性犯罪の被害者に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

(2)2歳の女の子がお店の中で性犯罪の被害者に

昨夜は、ハズが夜遅くまで仕事をしていたので、ハズより前にベッドに入った私だったが、ハズが来るまで、なかなか寝付けなくて、寝不足してしまった。


そのために、今朝も、なかなか起きられなくて、テレビから聞こえる声で、やっと目が覚めることが出来たのだけど、それは、昨日のブログで書いたニュースについて、もうちょっと詳しいことがわかったからだった。


犯人の男、ラモスは、2003年にヘイワード市で、7歳の女の子を性的虐待して、警察に捕まり、4年だったかの刑務所暮らしを言い渡されたが、なんと1年後に刑務所を出る事が出来た。


シャワーを浴びて出て来たハズに、それを言うと、ハズも、思いっ切り苦い顔をして、頭を横に振った。


「どうして、こうなっちゃうのだろう? 子供に性的虐待を与えた犯罪者達が言い渡された刑期より、ずっと短い期間で刑務所を出て来るケースがとても多いよね?」


そうハズに言うと、ハズは、


「結局、刑務所が多くの犯罪者達で混んでいるから、子供を虐待して捕まったヤツラが、他の囚人達から比べたら安全だと判断されて外に出されちゃうわけだよ」


私は、それを聞いて、


「子供に性的虐待を与えたヤツは、かなり危険な犯罪者よ~! 1度やったら、またやる! それなのに自由にしてしまうなんて!」


頭に血がのぼりながら、そう言った。


今日のニュースでは、事件があった時には2歳の女の子の母親はそこにいなくて、女の子のお祖母ちゃんと叔母が女の子と一緒だったと言うことだった。


お祖母ちゃんが、クリスマス用品コーナーでリボンを買うために30秒から1分ほど、女の子から目を離したら、急に女の子が見えなくなって、どこにいるのかと探すと、


女の子は隣の列の売り場の床に、パンツとオムツを脱がされた状態で寝ていて、男がパンツを脱いで女の子と接触していた。


この後が、ニュースによっては、ちょっと違ったりして、


お祖母ちゃんに見つかったのを知ると、男は逃げ、お祖母ちゃんと叔母が男を追いかけたが追いつかなくて、店の中か外にいた男性に、男を捕まえて欲しいと涙ながらに頼んで、結局、2人の男性が男を捕まえたと言うのと、


お祖母ちゃんが見つけて、悲鳴を上げたりして、女性の1人が、それに気が付き、男に止めるように言ったが止めず、女性は男をアタックして、やっと男は女の子から離れて逃げた。そして、その後は同じ話になった。


その女性が言うには、お店の中には他にも客達がいたのに、誰も知らない振りをして買い物していて女の子を助けようとしなかったそうだ。


この女性が真実を言っているとすれば、全く怖ろしい状況としか言えないと思った。


私は、ハズに、


「お祖母ちゃんが30秒から1分ほど目を離した隙に、そうなってしまったと言っていると言う事だったけれど、そんな短い時間で、そんな風に成るかなぁ~? 本当はもっと長い時間だったのじゃないかなぁ?」


そう言うと、ハズは真剣な顔に成って、


「30秒でも1分でも充分そうなるさ! 考えてみろよ! スリを考えてみろ! 男は女の子を盗むことだけを考えていて、そのチャンスを狙っていた。 そして、今だ!と思って女の子を奪った。 俺は、彼女の言った事に嘘は無いと思うね!」


そう言っていて、そう考えると、子供と一緒にいる人はショッピングなど出来ないのではないだろうかと思った。


私がショッピングに行っても、幼い子供達が1人でヨチヨチ歩いていたのを見て、


あれ~っ? この子のお母さんは? お父さんはどこにいるのだろう?


と思った事はよくある事だ。


そして、私が、心配に成って探すと、母親や父親が私に見られているのも気が付かず品物だけを見ているなんてことは、ほとんど毎度のことだ。


そんな時は、


お店の中に、たくさん人がいるから大丈夫だと思って安心しているのだなぁと思った。


ハズと私もLA(ロサンジェルス)の1ドル(当時は99センツ)ショップに1度だけ行った事があるけれど、みように広くて、危ないような人達も見たし、警備員もいないようだったし、なんだか変な雰囲気だなぁと思ったことがあったので、ハズも、


「1ドル・ショップで、そう言う事が起きたとしても、俺は驚かないね!」


そう言っている。


そう言えば、LAの1ドルショップで働いていたティーンの女の子が客にピストルで撃たれて亡くなったと言う事件も、過去にあった。


ハズが私が起きる前に見たニュースでは、男は、身長150cmあるかないほど男としては背が低くて、いわゆる小柄だそうで、


男が刑務所で、どの位になるかわからないけれど過ごすのはハッキリしているから、他の囚人達から、さんざんいじめられるだろうと言っていた。


ましてや、刑務所では、子供を性的虐待した囚人達は、かなり低い位置に置かれるから、他の囚人達から蔑まれるのもハッキリしている。


クリスマス時期に成ると、スリや盗みや強盗なども増えるそうだが、精神的に不安定に成り、犯罪になるケースも多いそうだ。


ショッピング・モールの駐車場なども注意する必要がある。


ベイエリアでは明るいから大丈夫だと言うのは近年には当てはまらず、女性1人がショッピングしたり出来る時が危なかったりする。


この事件も、平日の午後1時頃、起こったし、数年前のサン・ホゼにあるモールで買い物をして駐車場に行った時に襲われた女性達の事件も、この時期だったと思う。


なるべくなら、明るくても女性1人で行かないか、暗くなっても、信頼の出来る男性と一緒に行くと言うのが賢明かもしれない。


とくに、今年は、アジアの貨幣がドルより高いためにアジア人の客達がモールで高額な物をバンバン買っていると言うニュースもあったことだし、くれぐれも注意するに越した事はなさそうだ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年12月04日 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。