2.恐るべきアメフトの選手達 アメリカ 犬連れ 国際結婚

2.恐るべきアメフトの選手達 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アメリカ人 > 2.恐るべきアメフトの選手達

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

2.恐るべきアメフトの選手達

昨日のブログで、プロのアメフトについて書きながら、ハズに、


「ねぇ、ハズちゃんも、ニューオリンズのセインツのドリュー・ブリーズのこと、好きでしょう?」


と訊いたら、ハズは、ちょっと考えるようにしたが、


「優勝した時に、ベイビーを抱いていたヤツだろう?・・・クォ-ターバックとしても優れているし、気に入っていると言えば、そうだな」


そう言っていた。


今朝のテレビのニュースで、ドリュー・ブリーズが、スポーツ・マガジンのSI(Sports Illustrated)のSportsman of the year(最高のスポーツマン)に選ばれ、カバーに成ったことを知った。


              Drew Brees SI Cover 80


「ハズちゃ~ん、ドリュー・ブリーズが選ばれたの~! 嬉しいなぁ~!」


私は、嬉しくて、はしゃいだ。


ドリュー・ブリーズは、身長183cmで、アメフト選手にしては背が低いので向かないとか言われて、たとえ、輝かしい成績をあげても、入りたいチームに入れなかったりを続けて来たし、


彼が最後に入ったチームは、弱くて有名で優勝なんて夢の夢と思われていたセインツだったけれど、


彼は、チームを強いチームに変え、スーパー・ボウルでの優勝を果たした。


それだけではなく、彼はチャリティやボランティア活動にも貢献している。


それもあって、優れたクォーター・バックとしてだけではなく、尊敬できる魅力あるスポーツマンとしても、SIのカバーを飾る理由があったと思う。


偶然か、他のアメフトの選手達についても話題に成っていて、


ニューイングランドのペイトリオッツのスター・クォーターバックのトム・ブラディは、1年ほど前に、ヴィクトリア・シークレットなどで有名なブラジル人のスーパー・モデルのジゼル・ブンチャンと結婚したけれど、


       tom Brady & Gisele Bundchen


トム・ブラディの頭のヘアーがどんどん少なくなって来ていて、彼に禿げて欲しくないジゼルの薦めで、ヘアーを頭に埋め込むことをしているか、ヘアー・エクステンションをしているとかで、


              Tom Brady


そのために、ブラディのヘアーがロングに成っていると言う事だった。


私も、最近、テレビで、ゲームの後のブラディを観て、


「え~~~っ、どうしちゃったの~? 別人みたいね~! こんなに髪、伸ばしちゃって~! ジゼルは、ロングヘアーが好きなのかなぁ~? それとも、ブラジル風なのか?」


と言っていたのだけれど、はげ対策のためだとは知らなかった。


テレビのトークショー番組のホスト達などは、それについて、彼女がモデルであっても、彼はアメフト選手であり、はげに成るのを気にする方がおかしいのではないか?などと言っている。


そして、早くも、彼女は彼のキャリアにとってプラスに成るだろうか?と疑問に思う人達もいるようだ。


もう1人は、クォ-ターバックではないけれど、シンシナッティのベンガルズのアメフト選手、チャド・オチョシンコで、


なんと、彼は、PETAのために、ヌードに成った。


理由は、多くの人達にミンクの毛皮を買ったり着て欲しくないからだそうだ。


              chad ochocinco & peta


彼は、動物を愛しているからと言っていた。


これを観て、私も思わず、



ふっ、ふーーーーーーーっ!



と大声を出すと、ハズも、テレビを観に来て、


「誰だ? こいつ?」


と訊いて来た。


私が、彼が毛皮反対のためにヌードに成ったと言うと、信じられないと言った顔をした。


「マイケル・ヴィック(昨日の日記に書いた)に対抗しているのかもね? 俺は、ヴィックと違って、動物を愛していて、毛皮にも反対だ!と言いたいのかもね」


そうハズに言ってから、ひそかに心の中で、


これを機会に、もっと多くのアメフト選手達が、ヌードに成ってくれないかなぁ~・・・・


そう思った。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年12月02日 トラックバック(-) コメント(4)

初めまして。
ブログが大変興味深かったので毎日読ませてもらっています。

最近日本のテレビでマイケル・オアーの話を聞きましした。

アメリカでは彼はどのような評価を受けているのでしょうか?

2010年12月02日 しょーちゃん URL 編集

ドリュー・ブリーズの表紙を見て一瞬、若い頃のロビン・ウィリアムズ?
かと思っちゃった~。ちょっと彼に似てるね(髪形が似てるからかな?)

スーパー・モデルの・ブンチャンの結婚相手ってアメフト選手なんですね~。
ダンナさまの髪が可愛そうなことになってますね…(;´Д`A ```
(ゴメンナサイ、失礼ながら ちょっと笑ってしまいました。)

チャド・オチョシンコっていうんですか?
彼の体付き凄いですね!!
変な意味ではなく、ダビデ像を髣髴とさせる芸術的で
人間の体って凄いな~とか変に関心してしまいました。。
毛皮反対は共感出来ますが
野性的な容姿から動物愛護者だというのが意外ですー。
いやいや、人間見た目ではないんですけどね…。。

2010年12月03日 itsuki URL 編集

しょーちゃん さん、

毎日、読んでくれて、ありがとう!

ハズも私もマイケル・オアーと言う人、知らないの。

2010年12月03日 ぴきぴきPicky URL 編集

itsuki さん、

若い頃のロビン・ウィリアムズ~~?
実際には、全く似ていないわよ。

> チャド・オチョシンコっていうんですか?
> 彼の体付き凄いですね!!

アメフト選手の体は、こんな感じが多いと思うよ・・・多分。プロだしね。
それに、動物愛護の人達で、体がガッシリしている人達も多いよ。そのような人達でなければ力の強い犬や大型犬は扱えないからかもね。

2010年12月03日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。