2.あんなオバサンには成りたくない アメリカ 犬連れ 国際結婚

2.あんなオバサンには成りたくない アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アメリカ生活 > 2.あんなオバサンには成りたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

2.あんなオバサンには成りたくない

これも、犬が関係しているのだけど・・・。


そして、同じくLA(ロサンジェルス)でのこと、と言っても場所は変って、サウス・ベイではなくウエスト・ロサンジェルス、UCLAなどからも、そんなに遠くない所にある獣医のオフィスでのことだった。


ブブが、まだ1歳にも成らない頃、肛門から臭い汁を出したりして、その頃、犬のヘルスについて、あまり詳しく知らなかった私は、とにかく獣医に連れて行かねばと思った。


そして、どの獣医に連れて行こうかと考えていて、その頃、偶然、日本のフリーでもらえる雑誌に、アメリカ人獣医の広告があったのを想い出した。


日本人のスタッフがいるから、日本語で、お気軽に!


みたいに書かれていて、それならばと思って、早速、電話をして、そこの日本人スタッフの女性とブブの状態を話して、アポイントメントを取った。


その女性は、電話では、事務的に話すだけだったが、別に気に成らなかった。


オフィスに行ったら、彼女の名前を受付の人に言って呼んで欲しいと言われたので、行った時に言われたように彼女を呼んでもらった。


と言っても、受付のところには、日本人女性は1人だけしかいなかったので、容易に彼女が電話で話した女性だと想像できた。


しかしながら、私が受付のところに行っても、その女性は、一瞬、私を見たけれど、すぐに目をそらして知らないと言った顔をしたので、他にも、日本人女性のスタッフがいるのかと私は思った。


アメリカ人女性の受付の人に、電話で話した女性の名前を言うと、彼女は、私が見た日本人女性を見て呼んだ。


その日本人女性は私を見て面倒くさそうにデスクを立って、私の所に来た。


前日に電話で話したことを言っても、彼女は全く覚えていない風で、電話で話したのと同じ質問をして来た。


私は、ブブの状況を言い、英語で書かれた紙に、いろいろなインフォメーションを書くように言われて書き、それから、暫く、待合室で待っていた。


そして、また、彼女が現れて、個室にブブと一緒に連れて行かれた。


彼女と私とブブだけになると、彼女は、まるで、ブブを心配する私を軽蔑するかのようにして見て、


「まったく、どうしようもないわね! あんたが、しっかりしていないから、こうなっちゃったんでしょう?」 


と言って、怒るようにして言い、部屋を出て行く直前に、私を見て、


「馬鹿な女よね!」


と言って出て行った。


私は、獣医のオフィスで、そんな風にして、ましてや、日本人女性から非難され侮辱されるとは夢にも思っていなかったので、とてもショックだった。


その後、獣医が彼女と一緒に現れて私に質問して来て、私が答えるのと、彼女が彼の言った事を訳しだしたのがほとんど同時だったのもあってか、獣医は、彼女に、


「彼女、英語がわかっているから、君、訳さなくていいよ!」


そう言ったら、


獣医の横にいた彼女は黙って、私を思いっ切り睨み、部屋を出るまで、ずっと睨んでいた。


結局、ブブは、肛門の汁が溜まりに溜まってしまったようで、獣医はブブを他の部屋に連れて行き、それを出してくれたようだった。


薬も出されて、それを与えるように言われた。


待合室で支払いをするのに待っていたら、その日本人女性が周りにいるアメリカ人女性達に私を見ながら何やら言っていた。


そして、アメリカ人女性達はビックリするような顔をして私を睨むようにして見た。


私が、一体、何をしたと言うのだろう?

ブブを治療のために連れて来ただけなのに・・・・


そう思って、ただただ支払いを済ませて、そこを出たかった。


彼女からは歓迎されているようには全く見えなかったのもあって、もう2度と、そこには行きたくないと思った。


そして、それからは、本屋に行って、犬の病気について勉強するようになったし、


『日本人スタッフがいますから、お気軽に、日本語でどうぞ!』


と書かれた広告を見るたびに、


気をつけなければ!


と思うようになった。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年10月29日 トラックバック(-) コメント(4)

そうそう・・・うちの前のワンコも肛門から出すの下手で、時々獣医さんとこに連れていきました。
下手な子っているっぽいですね。。。

『日本人スタッフがいますから、お気軽に、日本語でどうぞ!』

私はこれを出来るだけ避けて生活してますw
ここの日系社会は狭いですから、すぐに輪が出来ちゃうんですよね(*゚‐゚)ぼぉー・・(笑)

2010年10月30日 mika URL 編集

うわあ!もう、どん引きですね!
相手がアメリカンだったら、その人、絶対に訴えられてますよね。若い日本人だったから、訴えられることはないと思ってそんなひどいイジメをしたのかしら、、?心が病んでますね、完全に。もうビックリです、つーか、怖いわ。

2010年10月30日 GoGiants URL 編集

mika さん、

> そうそう・・・うちの前のワンコも肛門から出すの下手で、時々獣医さんとこに連れていきました。
> 下手な子っているっぽいですね。。。

獣医も、そう言っていたわ。全く問題の無い犬もいれば、そうじゃない犬もいるってね。

> ここの日系社会は狭いですから、すぐに輪が出来ちゃうんですよね(*゚‐゚)ぼぉー・・(笑)

やっぱり~?! 

2010年11月02日 ぴきぴきPicky URL 編集

GoGiants さん、

どこのジャイアンツのファンの方かしら~?
ちなみに、SFジャイアンツは、今夜の試合でテキサスに勝ったら優勝よ~!

> 相手がアメリカンだったら、その人、絶対に訴えられてますよね。

アメリカンには、絶対、言わないタイプだと思うわ。それに、たとえ、アメリカンに言ったとしても、口論で終わる可能性はあると思うわよ。言葉のやりとりは録音していたとかの証拠が無いと訴えられないし、いろいろと言い訳も出来ると思うしね。

>若い日本人だったから、訴えられることはないと思ってそんなひどいイジメをしたのかしら、、?心が病んでますね、完全に。

彼女が、アメリカで、どのような人生を送って来たのかはわからないけれど、年齢に関わらず他の日本人女性をバカ扱いして有利に成ろうとする日本人女性を、この女性以外にも見たことがあるのね。結局、そう言う女性達って自分に劣等感を持っているみたいなのよね。

2010年11月02日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。