あんなオバサンには成りたくない アメリカ 犬連れ 国際結婚

あんなオバサンには成りたくない アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アメリカ生活 > あんなオバサンには成りたくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

あんなオバサンには成りたくない

アメリカに長く住むようになって、カラー、人種にかかわらず、いろいろな女性達に出会い見て来ている訳だけど、特に日系で私より年上の女性の場合、考えさせられることが多かったりする。


これは、私の場合、この国で、日系人女性として年を取って行った場合、どんな風に成っちゃうのだろう?と、興味もあるし、怖くもあることだから、余計に、そう思うのかもしれない。


特に、ここで、私に、


こんなオバサンには成りたくない! 

すっごくすれている!

怖い!

イヤだーー!


と思わせるような年上の日系人女性に会ったりすると、日本に、思いっ切り帰りたくなったりする。


その例の1人として、けっこう前に、私がLA(ロサンジェルス)のサウス・ベイに住んでいた時に出会った日系のオバサンについて想い出したので書こうと思う。


そのオバサンは、日系のマーケットのお寿司とかお惣菜が売られているコーナーで働いていた。


私は、そこで、何か買おうかなぁと思って見ていて、ふと顔を上げると、そのオバサンが正面に立っていた。


オバサンの野球帽の中心部には、オバサンの愛犬らしき小型犬の写真がクリアーな写真入れみたいなのに入って、くっ付けられていた。


犬の名前も書かれていたかもしれないが、今となっては定かではない。


動物大好き、犬大好きの私は、それを見て、犬好きのオバサンなのだなぁと思って、ちょっと感動した。


働いている時も、飼っている犬の事を忘れたくない、優しいオバサンなのだ!


そう思ったからだ。


そのオバサンが、他の従業員達と日本人が話す日本語を話していたので、私は日本語で話したくなった。


そして、勇気を奮って、


「カワイイ~! ワンちゃん、かわいいですね~!」


と言った。


オバサンの笑顔を期待して言ったのもあるけれど、犬について話したかった。


しかしながら、


オバサンは、急に暗く意地悪な顔に成り、


「フンッ! あんたに関係ないでしょう! いらないお世話よ!」


と言って、怒るようにして横を向いてしまった。


私は、全く、そうなるとは思ってもいなかったので、ショックで言葉を失った。


そして、


私が言った事は、ここでは、そんなに失礼な事だったのだろうか?


と真剣に考え出した。


その後、家に帰って、ハズが帰宅して、その事を話すと、ハズも、ビックリしていて、


「だけど、どうして、そいつは、犬の写真を他人に見せるようにしているんだ? おかしくないか? 他人に関係ないことなら見せなければいいじゃないか? 変なヤツだ! 気にするな! 君みたいな動物好きで優しい日本人をいじめるために使っているのだろう!」


そう言って励ましてくれた。


私は、そのオバサンが、なぜ、あれほどまでにすれてしまっているのかが気に成った。


自分の生活に満足していないのかもしれない。

人の幸せが喜べない人なのかもしれない。

そして、他人に嫌な思いをさせるのが生きがいになってしまったのかもしれない。

お客様は神様みたいなサービス重視の日本では、この人、働けないだろうなぁ~・・・・


そんなことを考えたりした。


そして、


私も犬好きの日系人の1人としては同じだけれど、


どんなに、


ここで、


辛い事があっても、









あんなオバサンには






成りたくなーーーーーーーい!










そう思った。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年10月28日 トラックバック(-) コメント(4)

大丈夫、ピッキーさんは、あんなオバサンになりませんよ^^
だって、ピッキーさんを愛して理解してくれるハズさんがいて、深い絆で結ばれているブブちゃんがいて幸せなんですもの。
ピッキーさんが会った日本人女性は、精神的に人生が幸せでないから、あのような態度をとったんだと思います。

話変わりますが、昨日から近所のデパートで「北海道うまいもの展」が行われていて、発見しました。モリモトのお菓子たち^^
思わずハズさんとピッキーさんのお菓子争奪戦、ハズさんの「俺はモリモトのお菓子が好きだ~の叫び」を思い出しました。

私もハスカップやミルフィーユ大好きです。国際宅急便で送ってあげられたらいいのだけど・・・。ピッキーさんとハズさの分もこの機会にたくさんたべておきますね、うふっふっ、私ってイヤな女^^
ハズさんにもよろしくお伝えください、イヒッヒッ^^

2010年10月28日 おれんじペコ URL 編集

おれんじペコ さん、

『精神的に人生が幸せでないから』他人に嫌な思いをさせるって言うのが私には理解できないのよね~。そして、怖くなる!e-447

モリモトのお菓子、なつかしい~! しばらく、食べていないから!
私達の分まで食べて、食べてちょうだ~い! (笑)

2010年10月29日 ぴきぴきPicky URL 編集

いつも楽しく拝見しておりますが、文面から察するに、こんなオバさんとは、ほど遠いかたと、お察ししますよ(笑)
外国でくらしていると、自分がその国の代表みたく思って暮らさねばと思うことが時々あります。
そして心に余裕を持って生きたいなと。

2010年10月30日 mika URL 編集

mika さん、

ありがとう! 

ハズも、私があの女性のようには成るわけないと言うけれど、長い間、嫌がらせや辛い事があったりしたら、私だって、どうなっちゃうかわからないって思う時があったりしてね、怖くなるの。姑にいじめられた嫁が姑に成った場合、なぜだか息子の嫁をいじめるケースが多いって聞いたしね。

> 外国でくらしていると、自分がその国の代表みたく思って暮らさねばと思うことが時々あります。

私も、そう思っている! だからこそ、『こんな日本人が、ここにはいるの~? それとも、ここだから~??』と思える日本人に会うとショックを受けちゃったりして・・・

> そして心に余裕を持って生きたいなと。

そうね~、私も、そう思っているつもりなのだけど、気がつくと、八方ふさがりみたいに感じちゃうこともあるのよね。 そして、その度に、強く成らねば!v-91って思うの(笑)

2010年11月02日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。