豆乳鍋でハズが食べたもの アメリカ 犬連れ 国際結婚

豆乳鍋でハズが食べたもの アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 国際結婚 > 豆乳鍋でハズが食べたもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

豆乳鍋でハズが食べたもの

こちらの元旦には、ハズの希望があったにもかかわらず、私達は、お雑煮を食べなかった。

理由は簡単! 私は、お雑煮の作り方を知らないから。

ハズとLA(ロサンジェルス)に住んでいた昔、元旦に1度だけ、リトル・トーキョーにあるホテル・オータニの1階で、お雑煮を食べた事があった。

日本のお雑煮が食べられる~!と期待して行って見たところ、何と、そこのお雑煮は、小さなお椀に透明の澄まし汁と市販の切り餅みたいのが入っているだけで、想像していたお雑煮と全く違ってガッカリした。

私の母親は、お料理大嫌い、不得意と言う人だが、お雑煮だけは、私にとっては美味しいと思えて、元旦には、それが食べたいと思う。

しかしながら、私は、その作り方を伝授されていないから、作り方がわからない。

母親のは、お醤油ベースのスープで、鶏肉やニンジンやゴボウや三つ葉などと大きなお餅が入っていて食べごたえがある。

お雑煮をお椀に入れる前に、母親は、いくつお餅を入れて欲しいかと訊いて来て、充分だろうと思われるお餅の数を言うのだけれど、いつも、おかわりしてしまう。

誰でも、料理が不得手でも、これだけは上手に出来ると言うものがあるのかもしれない。


私も今年の元旦には、お雑煮は食べたかったけれど、作り方を知らないのだからと思って、ハズには悪いけど、こちらの日本のマーケットで売っている市販の大福餅を一緒に食べた。

オセチなんかも、市販の黒豆と大根とニンジンの酢漬けとイクラ以外は、ほとんど無くて、何だか、とっても手抜きの元旦の食事だった。

元旦には包丁を使いたくなかったので、夜はレストランからのテイク・アウトで、またまた手抜き。


2日の夜は、豆乳鍋を初めて作ってみた。

と言っても、私が作ったのは至って簡単なもので、こちらの日本のマーケットから、レトルトの京都の薬師寺の豆乳鍋スープを買って、そこに書いてあったように、スープを煮立たせてから、豚肉のシャブシャブ用を入れて、色が変った辺りで、白菜やネギやシイタケや焼き豆腐などを弱火で煮て出来上がりだった。

ハズはもちろん、私も、それが初めての豆乳鍋だったから、食べるのに不安はあったのだけど、スープを味見してみたら美味しくて、これならハズも私も食べれそうと思った。

豆乳鍋を作る前に、これから、お鍋を作るからとハズに言ったら、


「豆腐は入れないでくれよ~!」


と言われたので、


「お豆腐は絶対に入れるわよ~! あなたは豚肉中心で、私はお豆腐中心に食べればいいでしょう~?!」


そう言って、お豆腐1丁全てを切って入れた。

京都の焼き豆腐とかで、絹ごしとかと違って重くてボリュームがありそうで、全部入れてしまった後で、


あ~~~、半丁だけ入れれば良かった~! 全部、食べられそうにないなぁ・・・・


そう思った。

白っぽいスープに慣れていなかったせいか、出来上がって、ちょっと気持ち悪いなぁと思った。

そして、お鍋ごと、テレビの前に設置したポータブルのテーブルの上に持って行って乗せた。

アピタイザーは、タコの刺身を切って、たっぷりのエクストラ・バージン・オリーブオイルと塩と混ぜたタコのカルパッチョだけ・・・これも、簡単だから・・・・(笑)

大きめのお椀に、豚肉中心に、お野菜なども入れて・・・・そして、実は・・・ハズの嫌いなお豆腐も2切れ位入れて渡した。

ハズはフーフー言いながら、何度も自分でオカワリして食べていた。


「ハズちゃん、お鍋、どう思う~? 美味しい?」


と訊いたら、


「う~~ん、美味しいよ~! 鍋って言うのは魚中心だと思っていたけれど、これは肉中心で、スープも上手い!」


私が今まで作った鍋物は寄せ鍋とかキムチ鍋で、どちらも魚中心にしていたから、鍋と聞いて、ハズがそう思ったのも無理は無いと思った。

私も食べたいだけ食べて、思ったより、お豆腐を食べていないことに気づいて、困ったなぁと思いながら、もうちょっと頑張って、お豆腐だけでも食べようかと思って、お鍋を覗くと、なんと、お豆腐は、ほとんど入っていなかった。

と言う事は・・・・

誰かが食べた事になる・・・


ハズが~~? まさか~~~!


そう思いながら、食べているハズの横顔を見つめて、


「ハズちゃ~ん、もしかして・・・お豆腐、食べた~?」


そう訊くと、ハズは、頭を縦に何度か振った。

私は、驚いて、


「もしかして、豆腐だと気がつかずに食べちゃったとか~?」


そう言ったら、


「豆腐だとわかって食べたんだよ~!」


自信あり気に、そんな風に言葉が帰って来て、


「それで、どう思った~?」


そう訊くと、


「美味しいと思った!」


私は、全く期待していなかったその言葉を聞いて、歓喜が込み上げて来た。


「え~~~っ? もしかして、今まで大嫌いだったお豆腐が好きに成ったとか~?」


ハズは、冷めた顔で、


「そうかもしれないなぁ・・・とにかく、豆腐、美味しかったよ!」



ハズは揚げ出し豆腐は大好きだから、お豆腐が完全に嫌いと言うわけではないとは思っていたけれど、お味噌汁の中に入っているお豆腐なんかは、いつも私のお椀に移動させていたし、寄せ鍋やシャブシャブなどのお豆腐も食べなかったから、豆乳鍋のお豆腐は絶対に食べられないだろうと思っていた。


結局、男は一緒にいる女で食べ物の好みも変っちゃうのじゃないのかなぁ・・・?


そんな事を思わずにはいられなかった。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


2010年01月06日 トラックバック(0) コメント(2)

こんにちは。
南カリフォルニアでも、豆腐苦手のアメリカ人は多いですね。
あの食感がダメだそうですが、料理によっては良く食べているので、
地の味でなければ食べるようです。

お雑煮。正月には必ず作っています。
幸いカリフォルニアでは、材料には不自由しません。
基本的に、おせち料理は簡単です。
Tryされてはいかがでしょうか?
旦那さまの豆腐トライと同じですよ。

2010年01月16日 LaceyBlue URL 編集

> こんにちは。

こんにちは~!

> 南カリフォルニアでも、豆腐苦手のアメリカ人は多いですね。

そうみたいね~!

> あの食感がダメだそうですが、料理によっては良く食べているので、 地の味でなければ食べるようです。

ハズも、冷奴は絶対に食べられないって言っていて、その理由は、やっぱり、あの食感が駄目だって・・・・でも、揚げ出し豆腐や、こうして豆乳鍋に入っている焼き豆腐なら食べれるようになっているから、私も、あきらめてはいけないなぁって思った! 
Never Give Upね!(笑)

> お雑煮。正月には必ず作っています。

凄いわ~!

> 幸いカリフォルニアでは、材料には不自由しません。

そう、そう!材料には不自由しない! だけど、作ろうとしないのは、私の場合、どうせ2人だけなのだし~・・・になって、いいや、作らなくても!になっちゃっている。

> 基本的に、おせち料理は簡単です。

作れる人は、そう言えるわよ~!

>Tryされてはいかがでしょうか?

そうね~・・・1度もTryした事がないわけだから、まずはTryする事から始めるべきかもね!

> 旦那さまの豆腐トライと同じですよ。

そう言われると・・・ちょっと耳が痛いような・・ハズは日本で、おせち料理を食べていて、ボックスに入っていたから、お弁当を食べたって言っているけど、そんなハズに、作って見せて、お弁当じゃなくてオセチだという事を知ってもらうためにもトライする価値あるかもね!

2010年01月16日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。