困った時を利用する人 アメリカ 犬連れ 国際結婚

困った時を利用する人 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> > 困った時を利用する人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

困った時を利用する人

ブブは、私達がカリフォルニアを脱出していた時には、家は脱出したけれども、カリフォルニアを脱出できず、ペット・ホテルに滞在せざるを得なくなった。


ハズは、私達が行く所が車で行けない所だし、飛行機に乗せて連れて行っても、大型犬のために、私達の傍に座る事も出来ないし、荷物扱いされて、行方不明にされちゃったり、最悪の場合は、殺されてしまうかもしれないから、ブブが滞在できる所は、ペット・ホテルしかないと言った。


最近のニュースでも観たけれど、アメリカ国内線で、ペットの紛失と死は、かなり高い確率にある。


ブブは、ディズニーの犬とかではないので人間の言葉を話せないから、ペット・ホテルに滞在中のことを言いたくても私達には言えないけれど、


家にいるのとは全く違うから、かなりストレスを感じたことだろうと思う。


ハズが迎えに行って、ブブが、ハズに会うために連れて来られた時は、ジャンプして大喜びしていたそうだ。


その後、車の中で待っている私に会って、頭をグイグイ、私の体に押し付けて来た。


ペット・ホテルの人は、朝の散歩もしたし朝食も食べさせたからと言う事だったけれど、その後すぐに公園に連れて行ったら、車を降りるなり、すぐに大きい方をして、ちょっと歩いては、またと言う感じで、何度も何度もするので、トイレで苦労していた事がわかった。


ブブは、通常、ある程度の距離を歩かなければ大きい方をしないのだけれど、そこでは、ペット・ホテルの敷地内にある小さな庭みたいなところしか歩かせてくれないので無理もないなぁと思って可哀想に思った。


「したいだけ、しちゃいなさい! 我慢していたんだね~! だけど、もう安心でしょう?!」


そんな感じで、ブブに話しかけると、ブブは私の顔を見て嬉しそうに微笑んだ。


ところが、少しづつであれ、あまりにも回数が多かったので、それを取るためのバッグが無くなってしまった。


車が見えて来たので、もうしないかなぁ?と思ったのだけど・・・、


また、してしまった。


ハズも、バッグを持っていなかったので、私が、


「ここで待っていて! 私が車に行ってバッグを持って来るから!」


そう言った時、グローブをして公園の掃除をしていた男性が、プラスティックのバッグを手にして、私達の近くに来て、


「ヘイ! バッグが欲しいか? これ、やるよ!」


ハズが、


「ヤ~! 助かるよ!」


そう言って、そのバッグを受け取ろうとした時に、ハズも私も、そのバッグの下の方が大きく切れていて、バッグの周りが茶色の液体みたいので汚れているのに気がついたので、


ハズは、


「それ、穴が開いているよ!」


と、その男性に言い、


私は、


「私が車からバッグを持って来るから、そのバッグは使わなくて良いから!OK?!」


そう言って歩き出した。


その男性は、ハズが指摘した切れて穴が開いている所を縛ったけれど、ハズは、


「いいよ! 心配しなくて!」


そう言って断った。


その男性は、私達が嘘をついていると思ったのか、そこをウロウロしていたけれど、私がバッグを持って行って問題物を取ったので、ふてくされた様子でいなくなった。


「信じられな~い! あの人、あなたに、あんなに汚くて、ましてや下の方が大きく破れていて穴が開いたバッグを渡してブブのを取らせようとするなんて~! あの人は、大きなグローブをしていたから、直接、バッグを触る事は無いけれど、あなたが触ったら、どうなっていたかわからないわよね~!」


と私が憤慨しながら言うと、


ハズも苦い顔をして、


「全くだよ! 他人が困っているのを利用して、あんなことをしてくるなんて・・・・」


最近のニュースで、不景気のために、他人に対して怒りをぶつけたり嫉妬したり意地悪する人が増えていると聞いたけれど、ハズも、まさか、こんな事をされるとは思っていなかったらしい。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年09月15日 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。