彼女の立場 アメリカ 犬連れ 国際結婚

彼女の立場 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 国際恋愛 > 彼女の立場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

彼女の立場

『2.血が意味すること』のつづき。


そんな感じで、人種差別すれば、私が大人しく、何も言わず、ひそかに、ハズの影で泣いたりして引き下がるとハズの伯父さんは思ったらしいけれど、


この世の中に生まれて来た以上、誰もが平等に扱われるべきだと信じている私にとっては、むしろ、伯父さんや彼女にチャレンジするパワーがアップした。


それに、外国人は、LA(ロサンジェルス)には多くいるし、


アジア人だって、多くいる、


日本人だって、けっこういる、


そして、


ユダヤの血を持っていない人達だって、かなり多くいると思ったから、


伯父さんは、結局、その人達すべてを差別した事に成るから、その意味では、私は、その人達のためにも戦うべきだと思えた。


それに、彼とは血が繋がっているハズは、伯父さんからの私へのメッセージは全くナンセンスだと笑って、いくら彼の家族であろうが、親戚であろうが、友達であろうが、私を差別扱いする者がいたら、彼が、直接、話すと言っていたから、私には、しっかりと守りが出来たと言って良かった。


それから、彼女から電話があって、また同じように、ハズと別れるように言って来たので、私がハズに、彼女から貰った伯父さんからの私へのメッセージを話したと言ったら、彼女は、とても驚いていた。


そして、ハズの母親が全くユダヤの血が入っていなくても、家族として迎えられたことをハズから聞いたと言ったら、彼女は、それは知らなかったと言い、その後、黙ってしまった。


私は、彼女に、伯父さんへ私からのメッセージを言うように頼んだ。


「今後、私に何か言いたいことがあるなら、直接、伯父さんの方から電話して欲しいの。 あなたとは、私は、もう、これ以上、話す事は無いと思うから!」


彼女は、承諾した。


それを、後で、ハズに言うと、ハズが伯父さんから聞いて知っている限りでは、彼女は、伯父さんから、お金を貰ったり、伯父さんのコネを使って、いろいろと助けてもらっているから、伯父さんに頼まれたら嫌と言えなかったのだろうと言っていた。


それを聞いて、アメリカ人の友達達が私に言っていたことを想い出した。


この国には、ただ食いなど無いのだと。


これは、ただで、ランチやディナーをご馳走して貰っても、それは本当のご馳走ではなくて、その意味の裏には、何か見返りを期待しているのだと言う事だった。


「この国は、平等だ~! 平等でなければ成らない! と叫ぶ理由も、それだよ! あげたら、同じ物でなくても、他の物をもらうべきってね! 君、ギフトを受け取っただろう? だから、俺の欲しい物をくれよ! みたいでさ! 気をつけたほうがいいよ~!」


よく、友達達に、そう言われたものだった。


結局、彼女は、それと同じようにして、伯父さんに上手く使われたわけだ。


しかしながら・・・、


彼女だって、伯父さんに助けてもらったら、お返しをしなければならないことは知っていたはずだ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年08月28日 トラックバック(-) コメント(2)

私も、いろんな場面で「差別」を感じたことがありますが・・・
まず、解らないのが、この「伯父さん」。

甥である、ハズさんのことを心配してるなら、
伯父さんが直接ハズさんに話すべきで、
間に入った彼女とか、
ピッキーさんに「別れるように薦める」のが
理解できません。

アメリカは広く、いろんな人がいるので、日本人を、
まるで発展途上国からの移民みたいに扱う人もいるし、
アメリカ国籍とアメリカ人の財産目当てに乗り込んできた元娼婦、のように扱う人もいますし、
英語が母国語でない=一般教養がないように
扱う人もいますね。

私はあまり気にしない方なので平気で暮らしていますが、一度だけ、
結婚したばかりの頃に、義母から、
「息子の結婚には親族みんな反対だった。」と言われたことがあります。
「日本人で、しかも離婚歴のある、連れ子のいる女性だから、非常識なとんでもない女だと思った。」と。

私も「それなら」と正直に言いました。
「私の親族もこの結婚には反対でしたよ。
でもそれは、彼個人のことではなくて、私がアメリカに行ってしまう、と言う意味で、です。」

差別というなら、日本は島国で、日本人以外を差別する傾向が強いと思いますが、
アメリカでの差別は、「無知」から来ている「固定観念」「偏見」が多いように思いますね。

2010年08月29日 miffy5769 URL 編集

miffy5769さん、

miffy5769さんも、いろいろと差別を受けたのね。

> 甥である、ハズさんのことを心配してるなら、伯父さんが直接ハズさんに話すべきで、

そうでしょう~?! 結局、ハズには悪く思われたくないと言うか嫌われたくないみたいなのよ。そして、私には、直接、意地悪をして来ないで、他人を使ったり、他人のせいにする全くズルイ人なのよ。

> アメリカは広く、いろんな人がいるので、日本人を、 まるで発展途上国からの移民みたいに扱う人もいるし、

けっこう、そう言う人達、多かったりする~! ハズのボスも、その1人!ハズの伯父さんも、そうだと思う。2人とも、大学院を出ているのに、どうして、そう思うのか不思議。

> アメリカ国籍とアメリカ人の財産目当てに乗り込んできた元娼婦、のように扱う人もいますし、

いる、いる~~! 若い子達なんかにも、そう思われたことがよくあった!財産目当てだったら、ハズと結婚しているわけないのだけどね~~(笑)とにかく、悪者扱いしたがる人達は多い。外国人で、特にアジア人と言うのが、そう思われるみたい。

> 英語が母国語でない=一般教養がないように 扱う人もいますね。

私の場合、私のアクセントをちょっと聞いただけで、突然、態度が変ってしまう人達が意外と多い。

> 「息子の結婚には親族みんな反対だった。」と言われたことがあります。

結婚してから言ってくると言うのは、結婚しても、認めていないと言っているのと同じだと思うのね。私も、結婚後に、もっと、ハズの家族が露骨に意地悪して来たりして信じられなかった。これも、いつかは書こうと思っているのだけど。

> 「日本人で、しかも離婚歴のある、連れ子のいる女性だから、非常識なとんでもない女だと思った。」と。

私が思うには、miffy5769さんが、離婚歴が無くても、連れ子がいなくても、きっと、何かしら言って来たと思うの。結局、嫌いだと、欠点だと思うところばかりを探そうとすると思うのね。好きだと、良い所ばかり見つけようとする。ハズの家族も、私に意地悪して来る人達も、決して、私の良い点については言う事は無いもの。

> でもそれは、彼個人のことではなくて、私がアメリカに行ってしまう、と言う意味で、です。」

全く同感! 私の日本の親族もお・な・じ!

> アメリカでの差別は、「無知」から来ている「固定観念」「偏見」が多いように思いますね。

無知、無知、無知、無知な人達が多過ぎる~! だからこそ、無知を正当化する人達がいたりする。

2010年08月30日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。