夜のフィッシャーマンズ・ワーフ アメリカ 犬連れ 国際結婚

夜のフィッシャーマンズ・ワーフ アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アメリカ生活 > 夜のフィッシャーマンズ・ワーフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

夜のフィッシャーマンズ・ワーフ

レストランで食事して、支払いを済ませる時に、ウェイターのお兄さんが、


「See You Tomoroow!(また、明日ね!)」


と言って、ハズと一緒に思わず彼の顔を見つめてクスッと笑ってしまったけれど、


ハズが、


「Who Knows? (そうなるかもな!)」


と言い、私もあいづちするように、


「Who Knows! (そうよね! そうなるかもよ!)」


その後は、夜のフィッシャーマンズ・ワーフをハズと一緒に歩いた。


まだ、ほとんどのレストランやショップが開いていて、多くの人達が歩いていて、その意味では安全に思えた。


カリフォルニアと言ってもサンフランシスコは、夏でも夜は冷え込むからか、こんな可愛い暖かそうな帽子を売るお店の前も通った。


       after peter pan 14-4


ニコニコしたアジア系のおにいさんに、


「この帽子、かわいいね~! 写真、撮ってもいいかな~?」


と訊くと、どうぞ!どうぞ!と言う風に、手を使って、その答を表現してくれた。


そして、そこを通り過ぎて、外でも、シーフードを売るレストランのおじちゃんに、


「レストランで食べて行って~!」


と誘われて、私は、


「ちょうど食べちゃった後で、これ以上、食べられそうもないの~! また、この次の時にでもね!」


と言うと、おじちゃんはニッコリして、


「ありがとう!」


と言った。


フィッシャーマンズ・ワーフは、サンフランシスコを訪れる世界中からの観光客達が必ずと言っていいほど寄る所だから、おじちゃんもフレンドリーなのだなぁ~と思った。


その近くで、ミュージックが聞こえるなぁ~と思いながら歩いていると、


       after peter pan 14-3


いた! いた! おにいさんが、サクソフォーンを演奏していた。


悪くないじゃな~い? 有名に成ればいいな~!


そんなことを思ったりした。


彼の演奏が終わり、ハズと私は、車に戻って、ブブが待つ家路へと向かった。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年08月22日 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。