辞める事に成ったドクター アメリカ 犬連れ 国際結婚

辞める事に成ったドクター アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アメリカ人 > 辞める事に成ったドクター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

辞める事に成ったドクター

以前のブログ『異人種間の結婚についての意見が問題に成っている』で書いたDr.Laura(ドクター・ローラ)は、


昨夜のCNNのLarry King(ラリー・キング)の番組で、今まで長い間、受け持っていたラジオ番組のホストの座を今年いっぱいで下りる事を発表した。


理由は、話の中で、彼女が何度もアフリカン・アメリカンに対するNから始まる差別用語を使ったのと、彼女が話したことに対して理解しようとせず酷く憤慨している多くの人達がいるために、番組を続けるのは危険だと思ったからで、他の仕事は続けていくつもりだと言った。


「あいかわらず、まだ、彼女、謝っていないじゃないか~? Nから始まる言葉を使ったのは間違いだったと翌日にも謝ったけれど、異人種間の結婚についてのコメントについては、全く謝る気が無いらしいなぁ~・・・自分が人種差別者だと認めたくないのか、そう思っていないかのどちらかだろうなぁ~!」


とハズは怒っていた。


私は、


「こう言う人は、自分が、とにかく正しいと思っているから、死んでも変わらないだろうねぇ~! だけど、こう言うことがあって、彼女はアメリカ中に多くの敵を作った事に成る。ラジオを続けるなんて無理だよね~・・・この国では、言論自由の権利があると言っても差別を罰する思想もあるから、言って良い事と悪い事をしっかりと知らなければ、こう言うことに成る。 だけど、辞めると聞いて、喜んでいる人達は多くいるだろうから、その意味では良かったかもね」


ハズも、


「全くだ! やっと辞めてくれる! やっとだよ~!」


結局、彼女は辞めて責任を取る事に成ったわけだが、


私は、彼女が、アフリカン・アメリカン女性に対して、ホワイトが言うアフリカン・アメリカン(ブラック)に対してのジョークをそうとは受け取らず、差別として受け取り気にし過ぎるのが悪いのだと、


そして、


それが出来ないなら、異人種間の結婚などするべきでなかったと言ったのにもかかわらず、その事に関しては謝らない彼女に今でも憤慨している。


「彼女は、アフリカン・アメリカンの人達だけでなく、私みたいに異人種間の結婚をしていて、そのアフリカン・アメリカン女性の経験や気持ちがわかる人達からも嫌われているわよ!」


そう言うと、ハズは何も言わず、私の肩を軽くポン、ポン、ポンと叩いた。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年08月19日 トラックバック(-) コメント(2)

「黒人問題は、黒人ではなく、差別する白人の問題であり、あらゆる差別は、差別をする側に解決するべき問題がある」と、以前にどこかで読んだように思います。このドクターの言動にも非常に問題がありますが、そういう彼女を育て上げて来て、さらに支持してきた周囲の環境にも大いに問題があると思います。今回の事件をきっかけに、少しでも、自分の考えを見つめ直すことになればいいのですが。それにしても、その相談を持ちかけた女性の夫も招待される友人たちも、差別に対する正しい認識も思いやりもない人たちですね。

オバマ大統領の若き日の自伝を読んでいるところです。こういう人が大統領になること、大統領であること自体が、アメリカという国のよい方向への変化、ひいては世界全体の変化につながっていく気がします。いろいろ問題はあるようですが、がんばってもらいたいと思います。

2010年09月13日 なおこ URL 編集

なおこ さん、

> 「黒人問題は、黒人ではなく、差別する白人の問題であり、あらゆる差別は、差別をする側に解決するべき問題がある」

全く同感! 私もね、差別を受けたら、私の問題じゃない!差別する方に問題があるのだから!そう言ったり思ったりするようにしているけれど、される度に、心を鋭いナイフで刺されたような気がする。

>このドクターの言動にも非常に問題がありますが、そういう彼女を育て上げて来て、さらに支持してきた周囲の環境にも大いに問題があると思います。

そうなのよ~~!ハズも言っていたけれど、このような人を支持する人達がアメリカには多くいる事が問題なのだと言っている。

>その相談を持ちかけた女性の夫も招待される友人たちも、差別に対する正しい認識も思いやりもない人たちですね。

その女性がCNNのニュースに出ていたのを観て、この人でも、差別されるのか?と疑問に思うほど、何も落ち度が無いように見える女性だった。

> オバマ大統領の若き日の自伝を読んでいるところです。

彼が生まれてから大統領に成るまでの人生は、同じ環境に無い私でも、共感できるものがあって元気付けられる。

>こういう人が大統領になること、大統領であること自体が、アメリカという国のよい方向への変化、ひいては世界全体の変化につながっていく気がします。いろいろ問題はあるようですが、がんばってもらいたいと思います。

同感! 私は、オバマ大統領を選挙前から支持していて、今も応援している。

2010年09月14日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。