2.頬にパンチ! アメリカ 犬連れ 国際結婚

2.頬にパンチ! アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> > 2.頬にパンチ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

2.頬にパンチ!

私は、ハズと、レストランでの嫌な出来事について車の中で話しているうちに、


「私ばかりが、これでもか、これでもかと何をしても差別を受けて、ここにいると、それが永遠に続くようで耐えられな~い! 今では、LA(ロサンジェルス)が懐かしい~! LAの方が都会でオープンで、人の事を干渉したりしないから、ず~~っといい~! 思いきって、あなたも日本に住めばいいのよ~! ここにいて、良い事があるって言える~?」


そう言って、久々に爆発してしまった。

ハズは、何と言っていいかわからないようで、『君の言うとおりだ』と言っただけで、その後は黙っていた。

家に帰ると、ブブの相変わらずの暖かい出迎えに、気持ちが少し和んだが、

それでも、また、ぶり返してきて気持ちが沈みだした。

ハズは、明日の仕事の準備のために、さっそくコンピューターに向かいだした。

私は、ブログに向かおうと思って、しばらくコンピューターの前に座っていたけれど、そんな気持ちにならなくて、テレビの前に座った。

そして、そのうちにコクリ、コクリとしだして、ハズが来て、大丈夫か~?と訊いて来た声で目が覚めて、寒いからヒーターの温度を上げて欲しいと頼むと、


「俺がベッドで君の体をハグして暖めてあげるよ」


と言って来たので、とても、そんな気持ちにならなくて、トイレに行かせて!と言った。

トイレから帰って来ると、ハズは、また、コンピューターに向かっていた。

私は1人でベッドに寝転がり、ブランケットを体に巻きつけて、ふてくされていた。

それから、少し経って、ハズが、今度はベッドに現れて、暖かくなったか?と訊いて来たので、まだ寒いのと背中を見せながら言うと、私の横向きの背中がわから、私の体を包みこむようにしてハグした。

まだ怒りが悶々としていた私は、



「結局、今日の事は全て、あなたのせいなのよ! 初めっから、そうじゃない? 映画館に行った。 ルームに入る前に、滅多に無い事、あなたがトイレに行きたいから私に席を確保して欲しいと頼んだ。 席は確保したけれど、私がトイレに行く時間は無くなった。 そして、2時間30分近くの映画だったために、私は途中から、トイレに行きたくてしょうがなかったけれど、見逃したくなかったから我慢して行かなかった。 その後、お腹も空いてきたから家に帰ってスナックしようと思ったけれど、あなたが買い物があると言ったから1時間以上も迷って、そのお店に行かなければならなかった。 そのために、早いディナーの時間になって、レストランに行った。 そして、差別扱いを受けて、あなたが私の言う事を聞かず出口を間違ったために、私が、なぜかしら、ウェイターにバカと言われた! 結局、初めから、私にとっては、あなたのためにトラブル続きになったじゃない?」



そんな感じで、とことん嫌な女になって言うと、

ブブが、ベッドに上がって来た。そして、ハズと反対側に座って、私をハズと一緒に囲むようにして、まだ言葉を続けている私の頬をぺロッと舐めて横になった。


そして、前足で、舐めなかった頬の方を一発パンチして来た。


「ブブ~! 止めてよ~!」


そう言ったら、顔を私の胸に埋めて来て目をつぶった。

それを見た時に、

私は、自分のしている事が恥ずかしくなったと言うか、とても小さな事を気にしていたような気持ちになった。


「ブブ~! わかったよ~! もう心配しなくていいよ!」


そう言って、撫ぜ出したら、ハズは、ブブと私の世界には入れないと思ったのか、ベッドからいなくなった。

その後、ブブとハズの枕の上で向き合って、ブブが目を閉じて安心しているようだったので、優しく顔や頭や背中を撫ぜた。

ブブは、気持ち良さそうにしていた。

ブブから頬にパンチをもらったけれど、それは愛のパンチだったような気がして涙が出て来た。


「ハズちゃん、ブブの散歩をしようよ!」


そう言って、コンピューターに向かっているハズの所に行くと、私がヒーターの温度を上げてもらったので、ハズは熱くなって上はTシャツ1枚、下は下着とソックスだけで、はいていたジーンズをどこに置いたのかわからないと言って歩き回っているので、下着をずり下ろすために私は追いかけて、ハズは逃げて、お尻がボロッと出たところで、私が笑いこけていると、ブブは、尻尾を振って寄って来た。

その時のブブの顔は、笑っているように見えた。


「ハズちゃん、私が機嫌が良くなったのは全てブブのお陰なの! ブブに感謝して!」


ブブは、私にとってはペットと言うより、かけがえの無い友達なのだ!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


2010年01月04日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。