ピットブルの事件が起きて、やっと法律が変ろうとしている アメリカ 犬連れ 国際結婚

ピットブルの事件が起きて、やっと法律が変ろうとしている アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> > ピットブルの事件が起きて、やっと法律が変ろうとしている

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ピットブルの事件が起きて、やっと法律が変ろうとしている

昨日のテレビのニュースで、カリフォルニア北部、イースト・ベイのコントラ・コスタ郡で、ピットブル犬を飼うことに対して新しい法律が出来そうだと言う事を知った。


なぜ、急に、こうなったかと言うと、7月24日に載せた過去の記事『子供と犬達が犠牲に成った悲しい事件』がコントラ・コスタ郡のコンコルド市で起きたのが理由だそうだ。


この事件では、飼い主がピットブル達を隠して飼っていて、去勢の手術なども全くさせていなかった。


そのために、ピットブルが仔犬を産み、2匹から5匹に増え、凶暴になり、同じ家で飼っていたペット犬のアキタ犬やチワワ犬、そして、4羽のオウムも、その犬達に殺されてしまい、その後に、飼い主の義理の孫が殺されてしまったことから、ピットブル犬の飼い主には、これを機会に、犬の去勢を命じる事が必要だと言う事になったようだ。


サンフランシスコでも、数年前から、ピットブル犬に対して同じような法律が出来て、ピットブル犬が原因のアタック事件や、アニマル・シェルターに捨てられ殺処分されるピットブル犬達も大幅に減ったそうだ。


私達がLA(ロサンジェルス)からベイエリアに移る頃も、LAでは、資格を持って認められたブリーダー以外は、ペット犬が6ヶ月才に成るまでに去勢させなければならないと言った法律が出来て、私も嬉しかったが、


同じカリフォルニアでも、ベイエリアには、そんな法律は無くて残念に思っていた。


しかしながら、その事件が起きたために、ベイエリアの郡職員達も、やっと腰を上げて動き出したわけだ。


なぜ、もっと早くに?

そうすれば、アキタ犬もチワワ犬も4羽のオウム達も、そして、2歳の男の子も死ななくて良かったかもしれないのに・・・・


そう思うと、苛立ちを感じるし、残念でならない。


このコントラ・コスタ郡の新しい法律は、ピットブル犬だけに適用し、去勢させていないピットブル犬が見つかった場合、郡は飼い主が決まった期間までに去勢させなければ、200ドル以上の罰金を与えられる。


それでも、飼い主がしない場合は、ニュースでは言っていなかったけれど、犬は飼い主から取り上げられることになると思う。


ピットブル犬の場合、世間のピットブル犬に対する嫌悪や差別の目があったり、犬のファイト用に産ませて売ってお金儲けをしている人達もいるから、隠れて飼っている人達が多くいたりするそうだ。


散歩に出ても、周りの人達が怖がったり差別するために、飼い主も散歩するのが嫌になり、家に閉じ込めて、ピットブル犬は特にエネルギーに満ちているから、ストレスが溜まって、外に出た時には興奮してしまったりする。


そう言った事を繰り返して事件に成ったりしているから、周りの人達も、もっとピットブル犬を理解し、飼い主に協力するように成る事も必要だと思う。


私としては、ベイエリアもLAと同じように、ピットブル犬だけでなく、すべてのペット犬の飼い主達に、その法律を適用して欲しかったが、相変わらず、ここは頭が硬い役人達が多いようだ。


なぜ、ピットブル犬だけが?


と言う私と同じように疑問を持つ人達への返答としては、


ピットブル犬は他の犬種より、ずっと力があり、特に去勢していないピットブル犬は、興奮して、その力を使って攻撃的に成りやすく、そのために、被害が大きくなるためだと言う事だった。


ピットブル・レスキュー・グループは、このニュースや新しい法律のために、そして、去勢手術をさせたくないために、隠れてピットブル犬を飼う人達が増えるのではないかと心配している。


私がLAにいた頃だったと思うけど、


サンフランシスコのアパートの廊下で、若い女性が彼女のアパートを出た時に、同じ階の他のアパートに住んでいた大学教授夫妻の飼っていたマスティフの種類の犬2匹だったかに襲われて死亡した事件があった。


同じカリフォルニアでも、LAでは聞いた事も無かったようなニュースだったので、とてもショックだったし、


その飼い主夫妻が、彼らの犬に殺された女性が香水をつけていたからだと、まるで、女性が悪かったかのように発言し、


大学教授であるにもかかわらず、全く常識の無いそのような発言をしたことに対して、私は、もっとショックを受けた。


今まで、何を勉強して来たんだ~?


そう言いたい気持ちで一杯だった。


そして、


この人達が飼い主だったから、犬達も狂ってしまったんだ・・・・


そう思った。


私がLAに移って間もない頃、友達の家族の犬などで、ピットブル犬に会っても、それまで、あまり馴染みの無い犬種だったので、ピットブルとかスタッフィとかと呼ばれているのも知らなかった。


ただ、私が、その犬に会って思ったことは、とても愛情深い犬だと思ったことだった。


傍にいてくれて、話しかけると私の目を見つめた。


昼寝した時も、私の横で寝てくれた。


あの犬には、その時の私の気持ちがわかったのだと思う。


私が、上階のテラスから外を眺めていたら、何となく、誰かが私の背中を見ているような感じがしたので、振り向くと、その犬が心配そうに私を見ていた。


その時から、だいぶ経ってから、その犬がピットブルと言う犬種だったと言う事がわかった。


犬は愛情を与えれば、こちらが与えた以上の愛情を返してくれる。


そして、


私が見た多くのピットブル犬達も、


それと全く同じだ。


ニュースでも、これからは、事件を起こしたピットブル犬よりも、その犬の飼い主をもっと重く罰する法律が出来そうだと言う事で、ハズも、思わず、


「それが、俺が、ずっと願っていた事なんだ!」


そう叫んだ。


私は、ベイエリア全体が、そして、やがては、アメリカ中が、LAのように、資格のあるブリダーの犬以外の全ての犬は生後6ヶ月以内に去勢する義務があると言う法律が出来る事を願っている。


そうすれば、


捨てられたり、殺処分されるペット達が大幅に減る事になる。


そして、命の大切さを、多くの子供達に知ってもらって、次の世代に伝えて欲しいと思う。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年08月12日 トラックバック(-) コメント(1)

Fort FunstonでPittbullの虚勢してない犬の飼い主が、Dog Walkerの犬を刺した事件聞いた?

話はそれちゃうけど、その飼い主のPittbullもね、かなり凶暴なんだわ。。 だから、要注意人物だったの。

刺された犬はもPittbull Mixなんだけど、その犬もまた凶暴。。なにが起こったのかは、そのDog Walker側しか聞いてないから、本当の真相はわからないけど、Newsにもなってた。。

虚勢、避妊手術はほんとう、大切なことよね。 ブリーダー以外はわたしも、するべきだとおもうわ。。 犬や猫の健康のためにも。。でもさ、その虚勢されてないPittbullの飼い主、男性だけど、なんていったとおもう? 虚勢した犬は負け犬と同じだ! ってよ。。 男の人って多いよ。 虚勢をするというと、自分の大切な物が取れられるみたいな、感覚??  

私の犬も何度か、その犬にアタックされそうになって、ほんと彼の姿を見ると、反対方向に犬を連れて行ったもんよ。。

こうやってみると、日本も動物に対する法律はひどいけど、ベイエリアも同じようなもんね。。

2010年08月24日 Gumi Bear URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。