私が、どうしても彼を好きに成れないわけ アメリカ 犬連れ 国際結婚

私が、どうしても彼を好きに成れないわけ アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 国際恋愛 > 私が、どうしても彼を好きに成れないわけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

私が、どうしても彼を好きに成れないわけ

ハズの伯父さんの話が続いて、それらを読んでくれた方達には自然と私が彼の事を好きではないと予想出来たと思うのだけれど・・・・


はっきり言って、


私は、


彼の事を


どう~~~しても~~~~


未だに好きに成れない。


彼が、たとえ、ハズと血の繋がった伯父さんであっても、人間だから、どこか良い所があるだろうと思っても、


私の性格ゆえに、とことん嫌いに成った人は好きに成れないと言うか、


彼を見ると、どうも拒絶反応を起こしてしまう。


いくら国やカルチャーや母国語が違っても、他人が自分の事を好きか嫌いかは誰でも何となくわかるものだと思うから、彼も、私が彼の事を嫌っているのを知っていると思う。


他人を傷つけた人は、時が経てば解決してくれると思っているかもしれない。


しかしながら、


それぞれの人にとっては、


これは許せるけれど、


これは許せないみたいなのがあると思う。


そして、彼は、その私のこれは許せないの範囲にズカスカと入って来たように私は思っている。


昨日の日記にも書いた女性に、ある時、彼女の家でのパーティに呼ばれた。


そして、礼儀程度に、ちょっと顔を出して、私は、そこには長くいなかった。


数日後だったかに、彼女から電話があって、彼女の友人でビヴァリーヒルズに住んでいて弁護士をしている男性が私を見て、私に付き合っている男性がいるかを訊いて来たと言われた。


彼女とは顔見知り程度で、犬のことは話してもプライベートな話はした事が無かったので、彼女も、それについては知らなくて、


どうなのよ~?


みたいな感じで訊いて来た。


私は正直に誰とも恋愛をしていないことを笑いながら言うと、


彼女は私が結婚を前提としてだけ男性と付き合いたいのかと訊いて来た。


その当時、全く、私には結婚願望など無かったし、ボーイフレンドを持つだけでも縛られそうで面倒くさいなぁ~と思っていたので、


「この先、誰と会うかわからないから何とも言えないと思うけど・・・今は全く結婚なんて考えられないし、その内、好きな人が出来て、お互いが良く知り合って結婚したいと思えばするかもしれないけど、それは自然の成り行きでと言うか、結局は縁があってみたいな~・・・・」


そんな感じで、突然の予期せぬ質問に答えた。


彼女は、


「じゃあ、今は結婚する気が無いってことね~?」


と念をおして来たので、私は、


「まぁ、そう言う事かな~? 人生って、時々、何があるかわからなかったりするから何とも言えないけど」


何だかみように、彼女、しつこいなぁ~と思いながらそう言うと、


「わかったわ・・・あなたの事を訊いて来た男性が、あなたが結婚したいのなら彼と、そうでなければ、彼の甥と付き合って欲しいと言っているの・・・・彼はあなたより年上だけど、とってもリッチよ! 彼の甥は若くてグッド・ルッキングだけど、今は、まだ、お金が無いわね」


結婚したいのならリッチな彼と!

結婚したくないのなら、リッチじゃない彼の甥と!


まるで、私には2選択しか無いような感じで言われて来ても、自惚れる気持ちには全くならなかったし、むしろ、私の気持ちを無視されているような感じで納得できなかったので、会った事も無い2人と、それだけの理由で付き合うつもりはないと言って断った。


そして、


彼女の言う


結婚向けの男性は『ハズの伯父』で、


結婚に向かない男性は『ハズ』だった。


・・・・・・・つづく・・・・・・・


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年08月09日 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。