ERへの道 アメリカ 犬連れ 国際結婚

ERへの道 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アメリカ生活 > ERへの道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ERへの道

ワールドカップや、ドイツのタコやシンガポールのインコの予想や、そのためにドイツ人やオランダ人達のちょっと笑える出来事や、LEBRONのアメリカ中を注目させた決断発表や、ベイエリアのバートポリスの事件19ヶ月後の判決などで、


自分達が車に轢かれた話の続きをブログに書くのが後回しになってしまったが、


ワールドカップも終わったし、ドイツのタコのポールは、ワールドカップ予想を引退すると世話係の人から発表があったしで、


興味の無い、あるいは、知りたくない人もいるだろうけれど、


知りたい人もいると思うので、

『2.アメリカで車に轢かれた』の続きを書こうと思う。


・・・・やっと、ポリスも消防隊員達からも自由にされた私達は、ハズの車へと2人で手をつなぎながら歩いた。


歩くと、お尻がけっこう痛くて、腰を抑えながら、ちょっと足を引きずるようにして歩かなければならなかった。


後方で、誰かが、


「彼女、本当に大丈夫なのか~?」


と言っている声が聞こえた。


車の中に入って、すぐに、私は、


「生まれて初めて車に轢かれたよ~! 信じられな~い!」


と言うと、ハズも、


「俺もだ~! 生まれて初めて車に轢かれた~!」


私は、


「あの男、太陽のせいばかりにしていたけれど、私達のすぐ近くに成った時に、速度を一旦ゆるめて、その後に私達にアクセルふかしてぶつかって来て、あなたに当てたのを私は見たわ~!」


と言うと、ハズは、


「俺も見た!」


私は、


「あなたはのエクストラ・ラージのベッドを抱えて歩いていたのよ~! 見えなかったわけないじゃない? だからこそ、なぜ、あの男が、あんな風に私達に車を当てようとしたのかがわからない! それにね、私をコンクリートの上に倒しておきながら、一言も、大丈夫か?とか、救急車を呼ぼうか?などとは言わず、自分のせいじゃなくて太陽のせいにするばかりだったから、事故を見た誰かが、ポリスも救急車も呼んだんだよね~?! あの人、精神的に問題でもあるのだろうか?」


そう言いながら、怒りが込み上げて来た。


ハズは、


「俺も、アイツの言動には驚いたよ! 一言も、悪かったと謝らなかったから! ポリスが、アイツを調べるだろう!・・・・ところで、この後、どうする? どうしたい?」


と訊いて来た。


「消防隊員の人が、あなたが運転できる事だし救急車を使うほどではないけれど、ただの打撲で何も問題が無いと思っていても、すぐにER(緊急病院)に行く事を強く薦めるって言っていたから、ERに行くのじゃないの? ところで、あなたが轢かれて、私にぶつかった感じだから、あなた、本当に大丈夫なの~?」


と私が言うと、ハズは、


「俺は大丈夫だ! だけど、君が行く必要があると思うなら行こう!」


そう言って、ERへ向かった。


ハズはLAにいた独身時代に心臓発作を起こしたと思って救急車を呼んでERに行ったら、実は、そうじゃなくて、ストレスから来た胃痛だったと言う事があって、その後、多額の支払いをする羽目に成ったので、救急車もERも余程の事が無い限り使いたくないと思っていたと思う。


救急車は事故の目撃者が呼んでしまったけれど、消防隊員が、良心的にキャンセルしてくれたし、この事故に対しては、どう考えても、轢いた男が悪いとしか思えなかったので、ERへの支払いも催促する事が出来ると思ったし、


とにかく、私はコンクリートに頭を打ったわけだし、そして、痛みがあるわけだから、何か悪い事が頭の中で起きていたら怖い!


そう思うと、安心するためにも、私はERへ行きたかった。


だから、家に帰ってブブに新しいベッドを見せて喜んでもらおうと思っていたけれど、ERへ向かうことにした。


「ハズちゃん、ところで、ブブのベッドは? ちゃんと、トランクに入れた?」


私が轢かれてコンクリートに仰向けに成った時に、まず最初に考えたのは、


頭が痛い・・・・大丈夫なのかなぁ・・・・


そして、


車道に寝ているのだから、交通の邪魔になるなぁ~・・・早く、どけなきゃ!


その後が、


ブブのベッドは? せっかく買ったのに、盗まれちゃったら、どうしよう?!


だった。


ポリスや救急車や消防車が来ても、気に成って仕方なかったのは、ブブのベッドだった。


「ところで、あなたが車に当てられた時、ベッドはどうなっちゃったの?」


とハズに訊くと、


「後から、どこにベッドがあるかなぁ?と思って見てみたら、けっこう離れた所にあった。 かなり飛んだみたいだなぁ~」


そう言って、ちょっと笑った。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年07月14日 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。