男が女を嫉妬させる アメリカ 犬連れ 国際結婚

男が女を嫉妬させる アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 国際結婚 > 男が女を嫉妬させる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

男が女を嫉妬させる

ユーリーの事は少し前の日記『なんとなく、わかること』を読んでいただければ少しはわかってもらえると思うけど、私にとってはハズの会社だけでなく、ここで生活するのに最大の敵と言って良いほど迷惑な存在なわけで、


ヤツさえいなければ、どんなに楽だろう!


と思ったりする事もあるわけだけど、以前には、ユーリー以外にも、やっかいな人達がいた。


ハズの昔のボスのブラジル人のワイフと韓国から子供の時にドイツに移民したスザンヌもそうだった。


この女性2人が一緒の時に会ったりすると、必ずと言って良いほど、私は嫌な目にあった。


しかしながら、スザンヌは、ハズの会社には2年ほどいて、さんざん私を苦しめた後、またドイツ社に帰って行ったから、その後は、気持ち的にかなり楽になった。


ハズの昔のボスのワイフはスザンヌがアメリカを去ってから、むしろ、私を怖れているかのように見えて、直接、嫌がらせをして来なくなった。


スザンヌは、なぜかしら、あらゆることに対して、私にライバル意識むき出しだった。


そして、会う度に、私を下に見る言葉を言って来て、私を落ちこませようとした。


ユーリーや彼のワイフ、ハズの昔のボスや彼のワイフには奴隷のように従い、ユーリーから『キムチ!』と影で言われていてもニコニコして耐えて、ボスの子供の世話なども言われるままにしていた。


そして、彼女は外国に住むアジア人女性だけど、私とは違うのだと証明したくてたまらないようで、私は、はっきり言って、そんな彼女を見て笑っていた。


彼女がダイエットをして、だんだん痩せて行った時に、ハズが、彼女に、


「そんなにダイエットしたら、今に倒れちゃうぞ!」


と言ったら、目に涙を溜めて、


「ピッキーは私より痩せているじゃない?!」


と言って、口をすべらしてしまったと言う感じで恥ずかしそうに下を向いたそうだ。


ハズは、それを聞いて、とても驚いたそうだ。


私が同じオフィスにいるわけでもないし、パーティなどが無ければ、彼女に会うことは無いのに、私に対抗して痩せようとしていた。


それを聞いて、彼女の私に対する闘争心が怖くなった。


後でわかった事なのだけど、ユーリーが、彼女と私を比べて、同じアジア人でも私は痩せているけど彼女はそうじゃないと言ったそうだ。


正直言って、彼女はダイエットする前は太ってなんかいなかった。


全く普通にしか見えなかった。


私は痩せているわけでもなかったし、服を着ると着やせするタイプなのもあって、スザンヌよりはちょっと痩せているように見えたのかもしれない。


彼女は、全てに掛けて、自分は自分と言うのではなく、私と比べていたようだ。


ハズのボスのワイフからも、


「あなた、私が太っていると思っているでしょう?」


と潤んだ目で言われて、


この人、何、言っているの~?!


と思ったこともあった。


彼の旦那が、彼女と私を比べて、私は痩せていると言ったそうだ。


しかしながら、私は、ハズの昔のボスからもユーリーからも、


「痩せているね~!」


なんて言葉、1度も聞いたことが無い。


ハズが1度、ユーリーから、


「アジア人女性は、みんな痩せている! だから、ピッキーが好きなんだろう?」


と言われた事があって、


「アジア人女性だって太った女性もいるよ! 太った女性は好きなタイプではないけれど、そんな理由でピッキーと結婚したわけじゃないぜ! それに、ピッキーは痩せているとは思えない、普通だよ!」


と言ってやったそうだ。


結局、彼らが、ワイフ達やスザンヌに、そんな事を言って、私に対して嫌悪や敵対心を持たせようとした。


彼らは、彼女達の弱点を知っていたからだと思う。


私に、体重のことを言って来なかった理由は、ダイエットもしないし、痩せているとか太っているとか全く興味が無いように見えたからだと思う。


パーティに行っても、彼女達は、会う度にダイエットの話をしていたのを想い出す。


それにしても、なぜ、彼らは、彼女達に私を嫌うような状況を作ったのだろうか?


それが無くても、彼女達は私を嫌っていたかもしれないけれど、彼らがそんな風に比べるようにして、どうのこうの言わなければ、女性達の関係はもっとスムーズに行ったかもしれない。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年05月17日 トラックバック(-) コメント(4)

やせる必要の無い人がダイエットするのって?になります。私は少し太めですが痩せたいと思わない、少し太めでも健康でありたいと言ったらある男性が女の人は痩せてるのが良いと思っているけど男性はそんなに痩せた人を良いと思っているわけじゃないと。
メタボは避けたいと思っている私です(笑)。

2010年05月17日 Achoooo ! URL 編集

Achoooo ! さん、

体重って個人の問題だから他人がどうのこうの言う事じゃないと思うのよ。
それに、痩せたからって、全てに自信をもてるようになるのかなぁ?って思ったりする。

でも、健康に問題があって体重を落とす必要があるのはするべきだと思う!

2010年05月17日 ぴきぴきPicky URL 編集

ユーリーってヤツは確信犯というか
そうやって回りの人間をコントロールしているんでしょうかね…。

本当に他人に振り回されるほど無駄な時間はないと思います。
彼女たちがそれに気付けばよかったんですけど、
客観的に自分を見る思考がなかったんでしょうか。
自分の本当の敵は自分の中にあるって事に気付けば、彼女達は
少なくとも不幸にならずに済んだのに残念な事ですね。
きっと、どこにいても他人の言葉に振り回される一生を送るんでしょね。

(;´Д`)y─┛~~

2010年05月17日 itsuki★ URL 編集

itsuki★ さん、

> ユーリーってヤツは確信犯というか
> そうやって回りの人間をコントロールしているんでしょうかね…。

そうなのよ~! ホントーに嫌なヤツとしか言えない。
それにしても、彼にコントロールされる人達が何と多いこと! 機嫌をそこねて意地悪されるのを避けたい気持ちはわからないでもないけれど、私には理解できない世界よ。

強い者には逆らわず、弱い立場にいる私なんかには辛い思いをさせようとする彼女達の心理は病んでいると思う。不幸よね~、いつも誰かと比べて自分を見ているなんて~。

2010年05月18日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。