他人の家庭について、うるさいアメリカ アメリカ 犬連れ 国際結婚

他人の家庭について、うるさいアメリカ アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 芸能人の話 > 他人の家庭について、うるさいアメリカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

他人の家庭について、うるさいアメリカ

最近のテレビの芸能ニュ-スやラジオのトーク番組などで、離婚した女優のサンドラ・ブロックの事が、それ以外で話題に成っている。


私が書いた『彼女についての記事』にも書いて雑誌の写真も載せているけれど、


彼女はルイジアナ州出身のブラックの男の子のベイビーを養子にした。


そして、今、ちょっとした論争を起こしている理由は、彼女が離婚してシングル・マザーで養子を育てて行くことではなくて、


ホワイトの彼女がブラックのベイビーを養子にしたことのためによるものであって、間違っている、心配だなどと、他人がガーガー言っている。


彼女が演じたオスカーを取った映画の主人公を真似て、実生活でも、その主人公を演じようとしているとか、

              the blind side

マドンナやアンジェリーナ・ジョリを真似てカラーのベイビーを養子にしたとかと、


彼女の女優以外の顔を知らない人達が、なぜだか、そうしてブーブー言っているわけだ。


彼女は養子をする手続きを4年以上前から始めているわけだし、彼女の離婚とは全く関係ないのに、苦しみと喜びが一緒に来て、喜びをキープする事にした彼女の幸せをその人達は祝福しようとしない。


子供の幸せは、親が、どれだけ、子供のことを思い、愛情を持って育てるかにかかっていると私は思うのだけど、この人達は、母と子のカラーの違いのために、子供が不幸になると思っているからなのと、


彼女のようなホワイト女性がカラーのベイビーを養子、養女にするのが多くなる社会を怖れているのだと思う。


ホワイト・アメリカ人がロシアやルーマニアなどの外国からのホワイトのベイビーや子供を養子にするのは、最近の事件が公にされるまで問題外で、アメリカ人でもカラーであれば、赤い旗が揚げられる。


それって、はっきり言って、差別でしょう?!


サンドラ・ブロックは、特に、ホワイト・アメリカ人達にとっては、アメリカのスイート・ハートみたいな存在だったから、彼女が映画の中だけでなく、現実にもブラックのベイビーを養子にしたことがショックだった人達も、けっこういるらしい。


私がハイチの大地震の時に、ハズに、ハイチからベイビーを養子、あるいは養女にしようと言ったら、


ハズは、



「俺達(ホワイトとアジア人)2人に、ブラックのベイビーじゃ、ベイビーがいじめられるだろう・・・・そんな簡単に言うなよ~!」



と、ちょっと真剣な顔をして言われた。



「ホワイト・アメリカ人の父親と日本人の母親、そして、ハイチ人の血を持つベイビーは、私達がしっかりと愛情を持って育てれば、それはそれは素晴らしい人間に成ると思うの!」



そんな風に理想を持って話す私に、



「まったく~、君ときたら・・・・・・・」



とハズは笑うだけだった。


サンドラ・ブロックはとてもお金持ちだし、4年も待っていたわけだし、私は彼女はベイビーをちゃ~んと立派に育てると思う。


それに、周りから、どうのこうのと言われれば言われるほど、


良い母親である事を証明してやろう


と思うのじゃないかなぁと思う。


それゆえ、もう、ベイビーはルイ・ブロックとして彼女の子供として法的にも認められているのだから、


いい加減に周りも2人の幸せを祝福してあげるべきだと思う。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年05月09日 トラックバック(-) コメント(8)

ようするに、ヒマなだけなんだと思いますよ…ヾ(-_-;)
自分のことだけで精一杯なら、他人なんか構ってられないはずですよね。

他人が気にならないくらい、もっと自分の時間を有効に使えばいいのに
限りある時間を他人に気を向けることばかりに囚われるなんて何てバカなんでしょう。。┐(´ー`)┌

2010年05月10日 itsuki★ URL 編集

ひまなだけで、他人の幸せを壊そうとはしないと思うのね。

何か屈折したものがあるのと、その人達が出来ない事をしている人への妬みみたいのもあるように思う。

2010年05月10日 ぴきぴきPicky URL 編集

 しばらく女優業を休業して育児に専念するときいたのですが、そんな話題もあるんですね。
 日本でも不妊治療をあきらめて施設からお子さんをひきとった方を私は知っています。なかなかできないことだ、真似できないと尊敬しました。

 肌の色、髪、目と色がちがっても自分がいないと大きくなれない小さい命はかけがいのないものだと感じると思う。世界で共通のことだと思うけど。

 我が家でいう親戚の大きなお世話みたいなかんじかしら?「だったら育ててみたら?」といいたくなる。

 貢献ってユニセフやフォスターペアレントに一度でも寄付してもできる。やろうと思えばたくさんやれることあると思うのだけど。古着を途上国に送ったりね。

 なにもしないくせにやったつもりの人おおいわ~

2010年05月10日 みみ URL 編集

>ひまなだけで、他人の幸せを壊そうとはしないと思うのね。

人様の生活を脅かすまでに発展してるですね。
想像してたより重症ですね。

アメリカは外国から憧れの国として恵まれてるように思いますが
実際は病んでいる人々で溢れかえってるんですね…。
何が人々をそうさせるのか。

人間は嫉み妬みの塊だと美輪明宏さんが教え諭してしますが
どこの国でもそうだといえ、アメリカのやり方はあからさまに
人を傷つけるというか、それを何とも思わないように感じます。
(ドラマ、映画を見ると、そんな風に感じました)

日本人はそれを恥や卑怯な行為だと戒めて、
どこかで心にブレーキをかけているように思いますが
それが出来ない人は日本人にしろアメリカ人にしろ
小さい頃から親や周りの大人が教えないと野蛮な人格のまま大きくなるんですね
アメリカは視野の狭い親や大人のせいで、子供の心が健全に育たないんでしょうか。。

世界規模で人間の心が荒んでいると感じてるので
その原因はどこからくるのかいつも不思議に思っています。

2010年05月11日 itsuki★ URL 編集

みみさん、

自分が育てられないからと言って、人もそうだとは限らないし、余計なお世話って感じの人達が多いのよね。

日本は養子縁組は稀だと聞いているけれど、私の知り合いでもしている人がいて、周りがしなくてもいい苦労をしているようなものだとか、血がつながっていないのに親子になるなんて無理だとか言っていたけど、母親は子供を立派に育てて、誰も何も言わなくなった。

良い事でも人と違う事をしようとすると、反対する人達って、結局、臆病で弱い人達なのかもと思ったりする。

2010年05月11日 ぴきぴきPicky URL 編集

itsuki★さん、

アメリカに住んでいる人達にはいろいろな問題があるから、怒っている人達や他人の幸せを喜べない人達が多いように思う。

アメリカが、外国から憧れの国として恵まれてるように思われているとすれば、映画や芸能人などの影響があるとしか思えないのだけど・・・・だけど、この国は病んでいるわよ~、けっこう病んでいる人達が多いわね~。結局、アメリカに住む理想と現実のギャップが大きいからなのじゃないかなと思う。

『人間は嫉み妬みの塊だ』は美輪明宏さんだからこそ言える言葉のような気がする。

私もハズに良く言うには、アメリカの教育ではモラルをしっかりと教えていないからだと、そして、どんなことでも勝者になればそれで良いんだみたいな感じだから、嫉妬も嫌悪も生まれて、他人を尊重しようとしないってね。その点、日本は、itsukiさんが言うように、『それを恥や卑怯な行為だと戒めて、どこかで心にブレーキをかけている』 けど、ここでは、恥だろうが間違っていようが自信を持って怒ってガーガー言えば正しいのだと言論の自由を悪用しているような人達もいたりする。

2010年05月11日 ぴきぴきPicky URL 編集

私はうれしかったな。。このNews聞いて。。彼女もなんらかの理由で子供ができないわけで、ニューオリンズが好きで、そこから引き取ってあげようと前々からの考えで、昨日今日決めて、養子をもらったわけでもないのに。。ぶーぶー言う人は、自分が幸せじゃないだろうね。。 

でもね、私の主人(白人)も養子にするなら、アジア人か白人がいいそうです。。

ピッキーさんとこのご主人と同じように、アジア人と白人の夫婦が黒人を養子にすると、いじめられるって。。

2010年05月11日 Gumi Bear URL 編集

Gumi Bear さん、

そうよね~、他人の幸せを祝福してあげれないのは不幸なことだけど、残念ながら、そう言う人達が多かったりする。

そちらの御主人も、ハズのように、子供がいじめられるって言ったのね・・・・ハズに、養子にするとしたら、どんな子供をと訊いたら、私達カップルのようなホワイトとアジア人の子供がイジメを避けるためにはベストだろうと言っていた。

俳優のヒュー・ジャックマンが言っていたけど、ロサンジェルスの孤児のほとんどは、私達のようなミックス・カップルの子供達だそうよ。

2010年05月12日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。