カリフォルニアのイメージ アメリカ 犬連れ 国際結婚

カリフォルニアのイメージ アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アメリカ人 > カリフォルニアのイメージ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

カリフォルニアのイメージ

クリスマスが近いからなのかどうかはわからないけれど、最近は、冷え込むような寒さで、冷え性で寒さに弱い私には、ちょっと辛いものがある。

もうかれこれ15年以上もカリフォルニアに住んでいても、毎年、冬が来ると、

カリフォルニアの冬って、こんなに寒かった~?

と疑問を抱き、ハズに寒い寒いと言ってしまう。

私がカリフォルニアに住むずっと前に、サンフランシスコに住んでいたアメリカ人の友達がいて、彼女が私に、

多くの日本人達は、カリフォルニアのイメージを青い空に照りつける太陽、ビーチと水着と言った風に、ハワイみたいに年中、暖かいと思っているのだと言っていた。

それは、カリフォルニアを舞台にしたテレビドラマや映画の影響でもあるのだと言っていた。

そして、その例に、彼女の日本人の男友達のことを話してくれた。

ちょうど今ぐらいの寒い時に、その彼は、初めて、カリフォルニアにやって来た。

彼女が彼を飛行場に迎えに行くと、半袖、短パンの彼がいた。

彼女は、冬用のコートを着ていたので、彼の夏みたいな服装にビックリした。

しかしながら、彼は彼女に会えた嬉しさのためか、寒さを気にしていないようだった。

数日経っても、彼は同じような服装をしていて、彼女も心配になってきて、彼に寒くないかと訊ねてみたら、彼は、寒くてたまらないと言ったので、

なぜ、もっと、厚手のものを着ないのかと訊いたら、彼は、そんなものなど持って来ていないと言った。

彼女がわかったことは、彼は、カリフォルニアでは、1年中、夏用の服装で暮らせると思っていたことだった。

それを知って、彼女は大笑いしてしまったが、

サンフランシスコは、夏でも肌寒いことが多いから、半袖させも着ないことが多いことを彼に言った。

結局、彼は、自分用のおみやげとして、厚手のものを買い足して日本に持って帰ったそうだが、彼が帰る頃には鼻をグチュグチュさせていたそうだ。

 
「私のせいじゃないわよ~! 彼が、サンフランシスコの気温を調べないで来ちゃったからなのよ~!」


と彼女は言っていたが、そのせいかどうかはわからないけれど、彼らは、それ以来、会わなくなった。


「ねぇ、彼にとっては悪い想い出みたいになっちゃったのかな~?」


と訊いて来たので、私は、


「彼、そんな事になっちゃって恥ずかしくなったのじゃない? あなたのせいじゃないわよ!」


そう言うと、彼女は安心したように微笑んでいた。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村



2009年12月23日 トラックバック(0) コメント(2)

きっとカリフォルニアのイメージを固定して考えがちなのでしょうね。大きな誤解のひとつにLAを"ロス" なんて勝手に呼んでいて、それがスタンダードだと思っていたりしますしね。
ブレインウォッシュというか。。

天気、気候をチェックしないで海外に行くという時点で間違いかと^^;

こちらは東海岸のほうなので、やっぱりカリフォルニアは太陽が降り注ぐイメージですね。 でもそれと気温は別に考えますけれどもね。

2009年12月24日 ぽちんちのママ URL 編集

> きっとカリフォルニアのイメージを固定して考えがちなのでしょうね。大きな誤解のひとつにLAを"ロス" なんて勝手に呼んでいて、それがスタンダードだと思っていたりしますしね。

日本人はロスじゃなくてLAなんだとわかっていても、ロスと呼びたいと言う人が多いって聞いた。

> 天気、気候をチェックしないで海外に行くという時点で間違いかと^^;

1人じゃなくて友達がいたから、そう言う事になっちゃったのかもね・・・笑い話で終われば良かったけど、彼の場合は、そうならなかった。

> こちらは東海岸のほうなので、やっぱりカリフォルニアは太陽が降り注ぐイメージですね。 でもそれと気温は別に考えますけれどもね。

確かに太陽は降り注いでいる事が多いし雪も降らないけれど、冬はあるものね。

2009年12月24日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。