ダブルためいき アメリカ 犬連れ 国際結婚

ダブルためいき アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アメリカ生活 > ダブルためいき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ダブルためいき

最近は、寒い日もあったためか、特に、朝に弱い私は、ハズが起きる時間に起きられなかったり、冷え込む夜も外に出たくなくて、ハズにブブの散歩を私無しで、してもらうことが多かった。

今朝になって、ハズが起きてシャワーを浴びているのが聞こえて、今日こそは、みんなで一緒に散歩するぞ~・・・と思いながら、ベッドの上で起きられなくて這いずり回っていた。

ハズがシャワーを浴びて、朝食を食べだしたので、まだ、散歩するまでに時間がある・・・・と思って、私は、もうちょっと、もうちょっと・・・・と思いながらシーツに張り付いて起きないでいた。

そして、まもなく、ハズが家の鍵をつかむ音がしたので、


「ハズちゃ~ん、ブブの散歩に出かけるの~~?」


とベッドの上から叫んだら、


「そうだけど~・・・」


「ねぇ~、私も一緒に散歩したいのだけど~? 待ってもらえるかな~~?」


ハズは、ためいきをついた後、気の進まない声で、


「どの位、待てばいいんだ~?」


「どの位なら待てるの~?」


「君が今すぐ起きて、洋服を着て行けるのなら待ってもいいぞ~!」


その後、私は起き出して、ちょっとフラフラしながら、クローゼットに歩いて行った。

その途中で、ハズが下を向いて私の顔を見ないで立っている姿と、ブブがボディ・コーラーを付けてハズを見つめて尻尾を振っていて、私が歩いて来るのを見て、あれ~っ?と驚いている顔を見たので、


「ベイビー・ブー! 今日はマミーも一緒に散歩するから、ちょっとだけ待っていてね~!」


と言うと、クローゼットの入り口まで付いて来て、私が着替えをしているのを確認すると、体を伸ばして座って、


「ク~~~~ン」


とガッカリするようにためいきをつぃた。

ハズとブブにダブルためいきをつかれて、何だか、私が一緒に散歩するのを喜んでいないみたいだなぁ・・・と思った。

と言うより、ハズはなるべく早く会社に行きたいし、ブブはなるべく早く外に出てトイレを済ませたいと言う理由があるからなのはわかっているけれど、ためいきまでつかれると、行くのを止めてベッドに戻ろうかな~・・・と、一瞬、思ったりした。

が、ハズとブブに、一旦、一緒に散歩すると言って待たせているからには、やっぱり、そうすべきだと思って、ブブの心配そうな顔を見ながら、服をまとった。

そして、一緒に出かけると、ブブは相変わらずの散歩大好きになって楽しんでいて、私の言う事にも反応して、ハズも、少しづつ話し出した。

そして、ある道をハズが左に曲がろうとすると、ブブが、足をコンクリートの道に貼り付けるようにして、ハズの顔を見ながら右に曲がりたいとの意思表示をした。


「最近、こいつ、そっちの方に行くと主張するんだ」


そう言って、仕方なくブブの行きたい方に曲がった。

ブブは満足した様子で、その道を足軽やかに歩いた。


「ねぇ、どうして、ブブ、行きたがるの~?」


と、私が訊くと、ハズは、


「良くわからないけど・・・ずっと前に、ここを歩いた時にリスを2匹ほど見て追いかけた事があったんだ・・・・」


それを聞いて、


「多分、そのせいよ!」


しかしながら、今朝はリスを1匹も見ることは無かった。


「それに、ここを一緒に歩いた後に、俺が会社に出かけると、ブブが家で、長く悲しそうに鳴くって君が言っていた」


「あ~~~っ、それ、憶えているわ! 悲痛な声で長い間、鳴くから、どうしちゃったんだろう?って思っていたもの!」


「どうも、俺が思うには・・・・ブブは・・・俺がブブを家に置いてから、会社には行かず、また、ここに戻って来て・・・1人で・・・・」


ハズはそう言って、ブブがリスを追いかける時の真似をしながら、


「こんな風に、カバンも会社に行くのに必要な物も全て捨ててリスを追いかけて楽しんでいると思っていると思うんだ!」


と言って私を笑わせた。


「だけど・・・、今日は君も一緒に歩いているから、俺が会社に行っても1人だけ残されたとは思わないで、悲痛な声で鳴かないかもしれない・・・・」


私は、ブブが悲痛な声で鳴く理由がわかったし、解決策も見つかるかもしれないと思った。

散歩を終えて家に戻って、ハズが会社に出かける時に、ブブは、ハズに元気に大きな声で吠えたけれど、ハズがドアを閉めても、窓に行って外を見ようともしなかったし、すぐに吠えるのを止めた。

悲痛な声で鳴く事は全く無く、私に尻尾を振って近づいて来たので頭や体を撫ぜると嬉しそうにしていた。

ハズは出かける前には、私にハグして、いつになく情熱的にキスをした。

それを見ていたブブは、私達の間に立って、嬉しそうに尻尾を振っていた。

ハズが出かけて、私が朝食を食べている時に、ブブは、嬉しそうに微笑みながら(私には、そう見えた!)座って私を見ていた。


結局は、ハズとブブは、私と一緒に散歩したかったんだ~!


そう思った。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年04月20日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。