獣医に教わった食事療法 アメリカ 犬連れ 国際結婚

獣医に教わった食事療法 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> > 獣医に教わった食事療法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

獣医に教わった食事療法

そう言う状態(前回の日記)が2日間ほど続いて、私達は、ブブを獣医に連れて行った方が良いかも・・・と思うと同時に、もしかしたら、明日には正常なププ(大きい方)をしてくれるかも・・・・とも思えた。

その理由には、ブブは吐く事は無かったし、いつも通り食欲があったし、鼻も濡れいて熱があるように見えなかったし、通常の散歩以外に外に出たがったのは1度だけで、その後は無かったからだ。

しかしながら、いつもと違うなぁ・・・と思えたのは、お腹の辺りが急に太っているように見えたのと、毎回の汚い水みたいな流れるようなリキッド状のププだった。

私はネット・サーフして、が胃腸に問題を起こしたと考えられたら、まずは絶食させて胃腸を休ませるのが良いと言うのをいくつか見て、一食分の食事を与えなかった。

それをハズに言うと、食事を与えないと言うのは良い考えだとは思えない、ただでさえ体力が低下しているのに、そんな事をしたら、体が衰弱してしまうし、悪いものを体から外に押し出すためにも食事は与えた方が良いと思うと言われた。

食事を抜くと、同じようなププではあったが、それに、オナラも加わって、それが、ブブの状態が良い方向に向かっているのか悪い方向に向かっているのかを決定させる要因にはならなかった。

それに、食欲があって食べたがるのに、何も与えなかったために、ブブは、落ち込んでいるようにも見えた。


「やっぱり、獣医に連れて行ったほうがいいかもね~・・・だけど、また、いつものように何も問題がありませんと言われて、200ドル位、取られると思うと、もうちょっと待ってみてもいい気がするし・・・だけど、ブブには一刻も早く良くなって欲しいし・・・・」


そんな風に私が言うと、ハズは全くだと同意しながら、ちょっと沈黙があった後、


獣医に電話して、すぐに連れて行かなければならないのか、それとも、もうちょっと待ってからの方がいいのか訊いてみようと思う。あそこには、今までにもかなりの額の金を使っているから、それぐらいは答えてくれるかもしれない」


そして、そう言ったすぐ後で、


「だけど、受付の女性が、アポイントメントを取らなければ獣医と話す事は出来ません!と言うかもしれないけどなぁ・・・・」


私は、


「とにかく、電話してみなければわからないじゃない? まずは電話してみれば!」


そんな風に話してハズは会社に出かけて行き、その後、電話があって、


「今、マーケットにいるんだ!」


そして、


「パンプキンの缶詰は、確か、家にあったよな?」


そう訊いて来たので、キッチンに行って、そんなものが入っていそうな戸棚を開けてみると、スイートポテトの缶詰はあったけれどパンプキンの缶詰は無かったので、そう言うと、


「そうか~? じゃあ、買わなきゃ駄目だなぁ・・・・」


と言うので、


「ねぇ、どうしちゃったの~? 急にパンプキン・パイでも作って食べたくなっちゃったの~?」


と訊いた。

ハズはゲラゲラ笑い出し、


「今日、獣医と電話で話したんだ! 詳しい事は家に帰ってから話すけど、獣医が、手作りの食事に市販の人間用の胃腸薬を混ぜて3日間ほどブブに食べさせて、それでも、同じような状態が続くようだったら連れて来るようにと言ったんだ。 だから、今、その材料を買っているんだ」


意外な展開に驚きながらも、ハズも私も、まずはすぐに獣医に連れて行かなくても良くなったと思うと嬉しかった。

そして、その後、ハズはマーケットの袋を提げて帰って来た。

さっそくキッチンに行って、袋から、その夜から3日間、ブブの食事になる材料を見せた。


「獣医は、ブブが吐いていなくて食欲もあり、脱水状態になっている風でも無いので、すぐに連れて来なくても良いだろうとの事だった」


そして、ハズと私がディナーを済ませた後、ハズはキッチンに行き、獣医に教えられた食事を作り出した。

       dm 14

調味料などが全く入っていないパンプキン・ピュレーの缶詰とカッテージ・チーズ、ブラウン・ライス(獣医はホワイト・ライスと言ったのだけど家にはブラウン・ライスしかなかったので代用)をボウルに入れて混ぜて、

       dm14-1.jpg

ちなみに、それぞれの分量は獣医は何も言わなかったそうだ。

ブブは大型なので、1カップから2カップが一食分の目安で、こんな感じで、きれいに洗ったブブのボウルに入れて、獣医に指定された胃腸薬を1錠入れるか混ぜる。

       dm 14-3

       dm 14-4

このピンクの錠剤は、ハズが言うにはアメリカで広く知られている『Pepcid AC』(ぺプシド・エイシー)と言われる胃酸を調整する胃腸薬で、

       dm 14-2

いくつか種類があるようだが、ハズが選んだのは水が無くても服用できるもので、ベリーとクリームの味が付いたものだった。

今まで、パンプキンなど食べた事が無いと思われるブブが果たしてそれを食べてくれるかを思うと不安があった。

ハズが2カップほどボウルに入れてブブに与えると、ブブは、最初、『何だ、これ?』と言う風に見つめて、すぐに食べようとしなかったが、少しづつ舐めるようにして口に入れて行った。

それは、食べると言うより、『ちょっと味見してみるか』と言う感じだった。

ハズと私がその近くで、ブブのその姿を手に汗を握るようにしてジーーーッと見つめていたので変に思っているかもしれないと思ったので、


「ハズちゃん、いつものように、無視しようよ! そうすれば、食べるかもしれないから!」


そう言って、2人で、ブブから距離を置いて見た。

ところが、それと同時に、ブブは食べるのを止めて、ボウルの前でお座りしてしまった。


「ブブ~! 食べなよ~! 体に良い物だから安心して食べていいんだよ!」


と言ってみたが、私の顔を見つめるだけだった。

私は、とにかく、少しでも食べさせたいと思って、胃腸薬とその辺りを中心にスプーンですくってブブの口元に持って行くとブブは食べだした。

ほとんどの薬の部分と全体の半分位を食べ終わった後、いくら私が、同じようにしても顔をそらして食べたがらなかったので、次回からは半分の量を与えてみようとハズと話した。

ブブは、いつものように食事の後に食べるボーンを欲しがった。


「ブブ~、ごめんね~! あげたいけど、あなたの状態が良くなるまで、オヤツやボーンはあげられないの~! あなたのためだから、理解してね~!」


と言ったが、ブブ用のスナックやボーンがギッシリ入っている戸棚と私を見つめて、ク~ン、ク~ンと哀しそうに鳴いた。

これを無視しなければならないのが何と言っても辛かった・・・・

急に食事を抜かれたり、今まで見たことも無い食事を与えられたり、食事の後には必ずもらっていた大好きなボーンももらえなくなって、どんなにブブは落ち込んでいることかと思うと本当に辛かった。

わかってもらえないと思っても、ブブの所に行き、顔と顔を見合って、


「全てはブブのためなの。ハズもマミーもブブをとっても愛している。だからこそ、こうしなければならないの・・・こう言っても理解するのは難しいと思うけど、全ては、あなたに早く良くなって欲しいからなの。ブブだって、獣医に行きたくないでしょう?! だから、わかってね!」


そう言って何度も頭や体を撫ぜて、私がそこから歩き出すと、ブブは私を見つめた後、自分のベッドの方に歩き出した。

その時に、ブブは、私の気持ちをわかってくれているような気がした。

動物に話しかけてコミュニケーションを取ろうとしても無駄だと思う人達には理解してもらえないと思うけれど、私は、動物も人間と同じで話さないよりは話した方が理解しあえると思っている。

さて、その翌日の朝からは、その手作りの食事が体に害が無いとわかって安心したのか、お腹が思いっ切り空いていたからなのか、あげた量も薬も全て、きれいに食べた。

ププは、その食事を始めてからすぐの頃は、まだリキッド状態だったけれど、以前よりは硬くなって来ているように見えた。

そして、獣医に言われたように3日間続けて、ブブも喜んで食べるようになり、食後のボーンは相変わらず欲しがったけれど、その度に顔と顔を合わせて理解してねと以前のように話すと、次の食事の後までボーンを欲しがる事は無かった。

今朝、私が寝ている時にハズがブブの散歩をして、帰って来たので、ベッドから、


「ブブのププ、どうだった~~?」


と声を張り上げて訊いたら、ハズが私の所に歩いて来て、


「いつものププに戻ったよ!」


そう言って、嬉しそうに微笑んで、キスをして会社に出かけて行った。

まだ、油断は出来ないけれど、とにかく一安心だと思った。


ブブと同じような問題を持つワンちゃんには、この療法は、試してみる価値があると思うのでお薦めしたい。

のサイズによって食事の量を変えることと3日経っても改善しない場合は、獣医に連れて行くことを忘れずに!

しかしながら、ワンちゃんが、この問題に加えて、吐いたり、食欲が無かったり、脱水状態になるほどの酷い下痢をしている場合は、この療法を無視して、なるべく早く獣医に連れて行かれた方が賢明かと思われる。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


2010年03月31日 トラックバック(0) コメント(6)

こんにちは、初コメです。
うちも犬がいるのですごく分かります!!
普段と違うと心配ですよね。犬って痛いって言わないし、人間より我慢強いから特に飼い主が良く見て察してあげることがすごく重要ですよね。 獣医さんに連れて行けばコストも馬鹿にならないですし、自分の家で試せることがあれば試さない手はないです。私も参考にさせてもらいます!! 
そういえば、日本の実家でも親が飼い犬の便の様子が違った時に、ビオフェルミンをあげてたなー

2010年03月31日 ぺっぱーる URL 編集

え~!?
アメリカでは検診だけでも200ドルもかかるんですか?!
べらぼうに高いですね~(@_@;)

日本では獣医によってまちまちですが、私が行ってる所は再診料が
500円で(初回は1500円)そこに+治療代ですね。
(治療代は血液検査や注射とか薬にと、掛かった分の事です)
何も無ければ、診察料だけで済みます。
良心的な獣医さんは悪化する前に出来るだけ早めに来てもらいたいので
最初に受ける検査は安い料金で抑えてくれます。
結果が出てから飼い主さんの意向と、いくらくらい出費できそうか話し合い、
その子にあった最良の治療を受けさせてくれます。

ブブちゃんの場合、血液検査にレントゲンを受ける必要があると思いますが、
私の行き付けではやっぱり数千円で済みますねぇ・・。

緊急でなければ最初は電話で獣医に相談するのが賢明だと思います。
日本では素人判断は怖いので最初は獣医さんに相談した方がベストだと思います。。(^0^;)
売ってる薬も違いますしね。

何ともあれブブちゃんが回復してよかったです。(*^^*)

2010年03月31日 itsuki★ URL 編集

ぺっぱーるさん、

こんにちは~!。

> 自分の家で試せることがあれば試さない手はないです。私も参考にさせてもらいます!! 

参考になれば良いけど! 

> そういえば、日本の実家でも親が飼い犬の便の様子が違った時に、ビオフェルミンをあげてたなー

ビオフェルミンねぇ~?! こちらの日本のマーケットに売っているかなぁ~? 今回の事でペットも体の具合が悪くなったら私達が口にするものが必要なのだなぁと、つくづく思ったわ。

2010年04月01日 ぴきぴきPicky URL 編集

itsuki★さん、

> え~!? アメリカでは検診だけでも200ドルもかかるんですか?! べらぼうに高いですね~(@_@;)

獣医にもよると思うけれど、オフィスに行って話すだけで100ドルぐらい、そして、それだけでは済む事はなくて『あ~、それなら、ちょっと検査してみましょう』とか、『この薬を試してみてください』とかと、なんだかんだと言われて、最低、200ドルぐらいになってしまう。

> 日本では獣医によってまちまちですが、私が行ってる所は再診料が 500円で(初回は1500円)そこに+治療代ですね。

それなら、カフェに行く感覚で行けちゃうわね~!(笑)うらやましいわ~~!

> 良心的な獣医さんは悪化する前に出来るだけ早めに来てもらいたいので 最初に受ける検査は安い料金で抑えてくれます。

そんな獣医、こちらでは見た事ないなぁ~・・・みんな、お金重視みたいに見えて、本当に動物が好きで獣医に成ったのかなぁ?と思ったりする。今回、ハズが話した獣医は私達のいつもの担当の獣医ではなかったのだけど、電話で適切な指示を与えてくれたから、この次からはその獣医にブブを診てもらいたいなぁと思っている。

> 結果が出てから飼い主さんの意向と、いくらくらい出費できそうか話し合い、その子にあった最良の治療を受けさせてくれます。

いつも、こちらの獣医に行って怖いと思うのは、金額を前もって、はっきりと言ってくれなくて、支払いをするデスクに行くと、〇〇〇ドルですと言われてギョッとする。

> ブブちゃんの場合、血液検査にレントゲンを受ける必要があると思いますが、 私の行き付けではやっぱり数千円で済みますねぇ・・。

なるほど~!
もし、それらをこちらで受けたら、多分300ドル(30000円)か、それ以上に成るように思える。

> 日本では素人判断は怖いので最初は獣医さんに相談した方がベストだと思います。。(^0^;)
売ってる薬も違いますしね。

私も、そう思うわ~。日本の方が良心的な獣医がいそうだし。この療法も、胃腸薬に関しては、日本のどの薬を選ぶべきかわからないし。

> 何ともあれブブちゃんが回復してよかったです。(*^^*)

今のところ、正常にしているわ~! これからは、しばらく、いつもより注意して見守ろうと思っている。

2010年04月01日 ぴきぴきPicky URL 編集

初めまして。ちょくちょくブログを覘かせて頂いています。うちの犬も柔便の時は缶詰のパンプキンとヨーグルトで対処しています。カッテージチーズは初耳ですが、今度試してみますね。ぶぶちゃん、良くなってほっとしました。

2010年04月05日 あいり~ん URL 編集

あいり~んさん、

こちらこそ、初めまして~!

> ちょくちょくブログを覘かせて頂いています。

ありがとぅ!

>うちの犬も柔便の時は缶詰のパンプキンとヨーグルトで対処しています。カッテージチーズは初耳ですが、今度試してみますね。

ヨーグルト、私も試してみたい!

>ぶぶちゃん、良くなってほっとしました。

お蔭様で、今のところ、普通のをするようになって・・・毎回、それを見る度に、ビッグスマイルしている自分に笑っている(笑)

2010年04月06日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。