%で納得させて欲しくない アメリカ 犬連れ 国際結婚

%で納得させて欲しくない アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アメリカの医者 > %で納得させて欲しくない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

%で納得させて欲しくない

とうとう、手術をした医者から電話が掛かって来た。

 
「君の尿検査は異常と出た! すぐに特別な抗生物質を呑んだ方が良い! その薬を買うためには処方箋がいるんだ!」


そうして、息せき切ったように話す医者との会話が始まった。


「あの~・・・・、もしかして、〇〇〇と言う薬ですか~?」


「そうだけど・・・・なぜ、知っているんだ?」


「ハズと一緒にメッセージを先週から何度も残しても、あなたが電話をしてくれないので、週末に病院の緊急担当医に電話をして尿検査の結果を調べてもらったんです。 それで、すぐに、その医者から処方箋を準備してもらって、薬局に行って薬を買って、呑み始めていますけど・・・・」


「あ~~~、それならいいんだ・・・・」


「ところで、原因は何なのでしょう? 私は、今まで1度も膀胱炎に成った事が無いのですけど・・・・」


アメリカでは、手術後、膀胱にカテーテルをした65%の人達が膀胱炎になるんだ・・・膀胱にカテーテルを付けた時にバイキンが入ったか、入院していた部屋の床が清潔でなかったために、尿をためるバッグにバイキンが入ったりするのが主な原因だと言われている」



それを聞いた時、


あ~~っ、やっぱり、病院で感染しちゃったんだなぁ・・・・


と悪い予感が当たってしまった~~と思った。

日頃、ニュースでも、アメリカでは入院して他の病気をもらってしまうケースがとても多いと聞いていたから、ありえるとは思っていたけれど、自分がその1人に成るとは思いたくなかった。

以前のブログにも書いた、ナースのカテーテルのはずし方や、同じ夜の2度の尿のバックアップなどは原因にならないだろうかと訊いてみたら、確かにナースのした事は適切ではなかったが、それによって膀胱炎に成るのは低い確率だと言っていた。

と言う事は、医者も言うように、私が膀胱炎に成ったのは、私の膀胱にカテーテルをつけた人が衛生的ではなかったか、私の入院していた部屋が衛生的でなかったかのどちらかか、両方と言える事に成る。

したがって、これは、病院の過失と言えると私は思うのだが、

医者は、


アメリカ手術をして膀胱にカテーテルを付けた65%の人が膀胱炎になるのだから、あまり心配しない方がいい! 特別な抗生物質をちゃんと呑んでいれば治ると思うから!」



それだけ~~!



日本で入院するような手術をしたことが無いから何とも言えないけれど、日本の病院は、ず~っと衛生的なのではないかと思う。

なぜなら、今まで、日本の病院で他の病気をもらった話など聞いた事が無いからだ。

それに、65%の人達が成るからと言って、だから、成っても気にしなくていいのだと医者が言うと言うのもおかしいような気がしてならない。

病院で膀胱炎をもらって、今まで1ヶ月以上も腹痛に悩まされ、たくさんの痛み止めも消費して、尿検査も薬の費用も私持ちと言う事に私は納得できないし、このための精神的ストレスや費やした時間を考えると、全く馬鹿にしていると思う。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


2010年03月24日 トラックバック(1) コメント(4)

え~、やっぱり病院で感染だったんですかー?!信じられない・・・
私も去年、入院・手術して尿道にカテーテル二度しましたけど、何の問題もなかったし、膀胱炎の話もきいたことなかったです。日本だから?今思えば、ナースは殺菌シートのようなものをよく使ってた記憶があります。
ていうか、病院が衛生に気を配るって常識じゃないんだ・・・
私が入院して驚いたことは、ナースの仕事の見事さです。みんな優しいし、気は利くし、仕事は的確だし、よく働く。日本のナースは世界一かも?! 入院生活はすごく退屈だったけど、退院する時は、ナースさん達ともう会えないと思うと悲しかったです。

アメリカはお金持ちじゃないと、おちおち病気にもなれない感じ・・?
でもオバマさんが有言実行して、変わっていくようで、良い兆しですね。
ピッキーさん、膀胱炎はとんだ災難でしたね。お大事に。

2010年03月24日 みかん URL 編集

 病院で感染しても訴訟にもならないって…。理解できないような?もっと体調がわるく免疫がおちているともっとすごい病ももらっていたんじゃないかと心配になります。

 それにしてもドクターからの返事がおそいような…。
私だとその応対にギャーギャーといいそうです。
 
 お大事にしてくださいね。若い時に膀胱炎になったと会社でいったら、はずかしい病気だからあまりいうなといわれました。私は冷えてトイレを我慢していたことが原因だったのだけど不衛生になるとなるという認識の人が多いといわれました。イヤですね。そんなイメージ。

 ウーロン茶、紅茶など利尿の高い水分をとって排出してくださいね。

2010年03月24日 みみ URL 編集

みかんさん、

> え~、やっぱり病院で感染だったんですかー?!信じられない・・・

そうよね~! 私も、こう言う事はアメリカでは良くある事だと聞いていても、まさか~!って思っていた。

> 私も去年、入院・手術して尿道にカテーテル二度しましたけど、何の問題もなかったし、膀胱炎の話もきいたことなかったです。日本だから?今思えば、ナースは殺菌シートのようなものをよく使ってた記憶があります。

殺菌シート、それ何?って感じよ。日本は衛生面では、とても気をつけているのじゃないかなと思う。

> ていうか、病院が衛生に気を配るって常識じゃないんだ・・・

私も、それが『常識』だと思っていた。

> アメリカはお金持ちじゃないと、おちおち病気にもなれない感じ・・?

入院してしまえば、お金持ちも貧乏人も同じ扱いを受けるって、ハズの親戚の医者達や医療関係者達が言っていた。お金で衛生は買えないと言う事よね。

> でもオバマさんが有言実行して、変わっていくようで、良い兆しですね。

そう、そう! やっと踏み出したって感じだけど、今までよりは良くなるはず! 少なくとも、保険が欲しくても得られなかった人達にとっては! 気をつけていても、怪我をしたり病気に成ったりはするわけだから。

> ピッキーさん、膀胱炎はとんだ災難でしたね。お大事に。

完治したいわ~~~!

2010年03月25日 ぴきぴきPicky URL 編集

みみさん、

>  病院で感染しても訴訟にもならないって…。理解できないような?もっと体調がわるく免疫がおちているともっとすごい病ももらっていたんじゃないかと心配になります。

ハズに、それについて訊いたら、膀胱炎はアメリカでは手術後よくなるケースだと言う事は訴訟するのに難しいし、訴訟して勝ったとしても、それまでに私が負担した金額よりも多くのお金や時間を失うから、このケースは訴訟には向かないと言っていた。だから、誰も、訴訟を起こさないわけで、だからこそ、病院も改善しようとしない・・・酷い話よね。

>  それにしてもドクターからの返事がおそいような…。 私だとその応対にギャーギャーといいそうです。

言っても変るような医者は、ここにはいないわよ~(笑)
 
>  お大事にしてくださいね。若い時に膀胱炎になったと会社でいったら、はずかしい病気だからあまりいうなといわれました。私は冷えてトイレを我慢していたことが原因だったのだけど不衛生になるとなるという認識の人が多いといわれました。イヤですね。そんなイメージ。

え~~~っ、そうなの~~~~? 私も我慢するのが1番の原因だと思っているし、スチュワーデスの友達達なんか、スチュワーデス病と言うほど多いのだと言っていたから、もっと気軽に話せると思っていた。e-451

>  ウーロン茶、紅茶など利尿の高い水分をとって排出してくださいね。

何だか、最近、とても喉が渇くから薬のせいかなぁと思っているの。ウーロン茶も良いのね~! ありがとう!

2010年03月25日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://bubugaitakara.blog109.fc2.com/tb.php/134-c9297878

カリフォルニア州民の4分の1が無保険

   2009年、カリフォルニア州では65歳以下の約4分の1が健康保険に加入していなかったことが、同州立大ロサンジェルス校(UCLA)保健政策センターの調査で分かった、とメディアは報道している。 ロサンジェルス・タイムズによると、成人と未成年の無保険者は、07年...

2010年03月30日 Tomi Craft Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。