AN EDUCATION (2009)(UK) アメリカ 犬連れ 国際結婚

AN EDUCATION (2009)(UK) アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アメリカの映画館で観た映画 > AN EDUCATION (2009)(UK)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

AN EDUCATION (2009)(UK)

アカデミー賞で、ベスト・ピクチャー、ベスト・アクトレス、ベスト・スクリーンプレイにノミネートされた映画『An Education』は、賞の後にハズと一緒に映画館で観た。

              An Education

イギリスの女子高校生と2倍以上も年の離れた男との恋愛映画と聞いた時には、良くある話かと思って興味がわかなかったけれど、彼が彼女をパリに連れて行くと知って、パリが観れるなら映画を観てもいいかなぁと思い出した。

その後、ハズから、知り合いの人が、この映画を観たとかで、メインの女優が凄く良いと言っていたと聞いたり、批評家達の評判が知る限りではどれも良かった事から、アカデミー賞の後になっても観たいと思うようになった。

監督は、Lone Sherfig。


ストーリーは・・・・・・・


1961年のイングランドが舞台で、オーケストラのリハーサルを終えた高校生のジェニー(キャリー・マリガン)は、雨の中、1人で、彼女のチェロを抱えて外に立っていた。

そんな時、そこをクールなスポーツカーで通りかかったチャーミングな年上のユダヤ人男性デーヴィッド(ピーター・サースガード)に声を掛けられ、初めは躊躇しながらも、彼の車に乗って自宅まで送ってもらう。

そして、2人はまた会う約束をし、彼は世間知らずの彼女の両親までも、プレゼントや豊富な話題で喜ばせ、年の差にもかかわらず、彼女とデートすることを許される。

ジェニーは、同年代の男の子達と比べたら、彼が、ず~っと大人で紳士的に見え、彼女の欲しい物を与えてくれる事に快感を覚え、実は彼の思いのままにされて行くことに気付かないでいるが、

徐々に彼のしている事に疑問を感じたりする。

       An Education 50

       an education 50-1

そんな時、彼に兼ねてから念願のパリに連れて行ってもらい、エンゲージもして、何もかもが上手く行くように思うのだったが・・・・・・・


一見、年上男性の巧みなテクニックで、若くて純で恋愛経験がほとんどない女性が騙され利用されるかのように見えるが、この映画の主人公は、結果的には、頭が良くて賢くて、むしろ、精神年齢が、その男性より高いように思えた。

       an education 70


誰でも間違いはする・・・しかしながら、その後に、どのように立ち上がり、どのように生きていくかで人生が大きく変って行く・・・・そんな風に思えたし、どんな経験であっても、それを人生の教育と思えば、視野が、ずっと広がり、もっと賢く成って行ける・・・・・・・特に恋愛に関しては。

キャリー・マリガン演じるジェニーは、そんな女性だ。

ピーター・サースガードは、利用できるものは利用すると言ったモラルに欠けた詐欺師的存在を、とても上手に演じている。

ジェニーの両親が、プレゼントや彼のリッチな雰囲気や話に惹きこまれ、高校生の娘とのエンゲージまでも許してしまう姿は愚かに見えたし、彼が娘より、ずっと年が上でも、金があれば娘も自分達も幸せに成れると彼の思いのままに成っていく姿は人間の弱さを示しているように思えた。

彼女が、両親より賢く、それから先の人生も、ずっと輝かしいものであろうと思えるのが救いだった。

ストーリーとキャスティングが、とても良いと思うし、フェミニストな映画であるのが気に入った。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年03月23日 トラックバック(11) コメント(0)












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://bubugaitakara.blog109.fc2.com/tb.php/133-cf5c8ebf

「17歳の肖像」大人でもない、子供でもない…。

[キャリー・マリガン] ブログ村キーワード  “アカデミー賞・主要3部門(作品賞・主演女優賞・脚色賞)ノミネート”をはじめ、世界で数々の映画賞を受賞した本作。「17歳の肖像」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。1960年代のイギリスを舞台に、多感な少女...

2010年04月21日 シネマ親父の“日々是妄言”

『17歳の肖像』(2009)/イギリス

原題:ANEDUCATION監督:ロネ・シェルフィグ出演:キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、エマ・トンプソン、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク、オリヴィア・ウィリ...

2010年04月27日 NiceOne!!

17歳の肖像

手痛い教育 【Story】 成績優秀で親の願うオックスフォード大学を目指す16歳のジェニー(キャリー・マリガン)はある日、デイヴィッド(ピ...

2010年04月29日 Memoirs_of_dai

『17歳の肖像』 もしや日本にないタイプ?

 前回は、アメリカの貧しい少女が直面した選択肢と、その決断について触れた(「『プレシャス』 貧乏人と金持ちを分けるもの」参照)。  ...

2010年05月07日 映画のブログ

「17歳の肖像」 AN EDUCATION

・ 舞台はビートルズもまだデビューしていない1961年、ロンドン郊外の町トゥイッケナム。 聡明で美貌にも恵まれ、保守的な両親の元オックスフォード大を目指す16歳の少女がふとしたことから35歳の男と知り合いやがて恋に落ちることで知ることとなる「大人」の世界。 普段?...

2010年05月08日 俺の明日はどっちだ

◇『17歳の肖像』◇ ※ネタバレ有

2009年:イギリス映画、ロネ・シェルフィグ監督、キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、エマ・トンプソン、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク、オリヴィア・ウィリアムズ、ドミニク・クーパー出演。

2010年05月08日 ~青いそよ風が吹く街角~

17歳の肖像

女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録を基に、60年代初頭 のロンドンで暮らす16歳の少女の恋と挫折と成長を描いた青春映画。 多感で好奇心旺盛でパリにあこがれる16歳の少女がひょんなことから出会った 30代の男性と恋に落ち、進学するための勉強しかしてこなかった..

2010年05月22日 だらだら無気力ブログ

『17歳の肖像』

<知性>と<音楽>と<ムード>に惹かれて。 思いがけず手に入れた“大人の世界”への招待状。 現れた紳士にいざなわれ、未知なる愉しみに心奪われ。 『17歳の肖像』 AN EDUCATION 2008年/イギリス/100min 監督:ロネ・シェルフィグ 出演:キャリー・マリガ...

2010年05月26日 シネマな時間に考察を。

ある教育~『17歳の肖像』

 AN EDUCATION  1961年、ビートルズ登場以前の英国、ロンドン郊外。女子高生ジェニー(キャ リー・マリガン)は、オックスフォード大を目...

2010年05月26日 真紅のthinkingdays

映画「17歳の肖像」教育と教養の深い深い溝

「17歳の肖像」★★★☆DVD鑑賞 キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク 出演 ロネ・シェルフィグ監督、100分、2010年8月7日公開、2008,フランス、ベルギー、ドイツ,アルシネテラン (原題:AN EDUCATION )  ?...

2010年09月11日 soramove

-

管理人の承認後に表示されます

2011年05月15日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。