2008年プリウスのニュース アメリカ 犬連れ 国際結婚

2008年プリウスのニュース アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> テレビで観たこと > 2008年プリウスのニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

2008年プリウスのニュース

先週のある日のニュースだったと思うけど、またまた、トヨタプリウスの危ないニュースが報道されていた。

それは、カリフォルニア南部のサンディエゴのフリーウェイを、年配の男性が2008年のプリウスを運転していたところ、ブレーキを、何度、踏んでも速度が全く落ちず、反対にアップして80マイルになってしまい、911に電話をして助けを求めたと言うニュースだった。

結局、ハイウェイ・パトロールの車が彼の車のすぐ前を運転し、誘導し、彼のプリウスを止めたと言うことだった。

そのニュースは、少なくとも私が観たニュース全てで報道されていた。


また、プリウスの問題車のニュース~?

いつまで、続くのだろう・・・・


そう思いながら観ていたのだけれど、それと同時に、何となく信じれないものもあった。

そのプリウスを運転していた男性は、ブレーキを踏んでも踏んでも車は速度を落とさず走り続け、それはそれは怖い思いをしたと言っていた。

2日前に、トヨタのエンジニア達などが、そのプリウスの問題追求のために細かく調べたり、テスト・ドライブしたそうだが、全く同じ問題は起こらなかったと発表した。

それから、

その男性が、その話をでっちあげた可能性が強く成って来た。

ハズは、そのニュースを観ながら、大きく頭を縦に振りながら、私を見て、


「俺も、やらせだろうと思っていた・・・機械的に考えて、彼の証言には、おかしい点があったからな・・・・」


そう言って、どうのこうのと、車の機能について言っていたが、


「え~~~~っ、そうなの~~~?」


と、私は、その時はわかったような気がしたが、機械音痴のせいか、すぐに、その内容を忘れてしまった。


「GMにでも、雇われているやつなんだろう! とことん、トヨタの評判を落として、アメリカの自動車業界からトヨタを取り除きたいとでも思っているんだろう!」


ハズは、そんな風に言葉を吐き捨てるようにして言っていた。

昨日の午後のニュースでは、その男性の弁護士だけがテレビに出ていて、彼はトヨタを訴えるつもりはないと発表した。

それを聞いて、ますます、やらせだったのか~・・・と思う気持ちが強くなった。

そして、昨夜のニュースでは、政府側のレポートによると、トヨタのリコール事件を利用して、すでに60件以上の似たようなやらせの事件が発生しているそうだ。

その人達の目的は、マネーか、トヨタをつぶす目的か、あるいは両方だと考えられるけれど、このサンディエゴの男性の事件から、車を使ってのやらせは、そんなに簡単じゃない事を知ってもらいたいと思う。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


2010年03月17日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。