アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚 留学生活5年目に捨て犬のブブに出会い、その後、今の主人のハズに出会い、3年後に結婚、それからは、波乱万丈のアメリカ生活を送っています。ハズとブブとの会話は英語で、ここでは日本語に訳して載せています。

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > 月別アーカイブ 2011年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

スティーブ・ジョブズの言葉

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズが、昨日、亡くなったのは、アメリカでもトップ・ニュースとして、どこの局でも放送された。


ハズも、帰宅してドアを開けて、急ぐようにして私のいる所に来て、とても真剣な顔をして、最初に言った言葉は、


「スティーブ・ジョブズが亡くなった!」


だった。


あれほど成功した人も、そんなにいないと思うけれど、癌には勝てなかった。


しかしながら、医者が予測したより、自分の仕事に情熱を持っていた彼は長く生きたのではないかと思いたい。


シリア人とアメリカ人の間に生まれ、すぐに養子に出され、大学も中退して、あれほどまでに成功したと言うだけでも、なかなか興味深い人物だった。


とってもプライベートな人で、家族を表に出すことをしなかったと言うのも好感が持てた。


そして、彼は、やすらかに、家族が見守る中で亡くなったそうだ。


2005年のスタンフォード大学での卒業生に寄せた彼のメッセージの中に、



「人生は短い。 他人と同じ人生を歩んで時間を無駄にする必要は無いんだ」



と言うようなのがあって、


これだけは、忘れずにシッカリと憶えておこうと思っている。


「他人が、どうのこうの言おうと、邪魔をしようが、自分の人生は自分のもの! 後悔しない人生を送った方が良い!」


ハズに、そう言うと、ハズの目も輝いていた。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

2011年10月07日 トラックバック(-) コメント(10)

犬を犠牲にした女性

テレビのニュース番組で、アメリカ人女性とソファーに大人しく困った顔をして座っている犬が映っていた。


どうしたのだろう?


そう思って、話を聞いてみると、


その女性はコネティカット州に住んでいて、2週間ほど前に彼女の愛犬のボクサー犬が外に脱走して、帰って来た時に、体に3箇所ほど大きくナイフで切られた傷があったとポリスにレポートした。


さっそく、テレビのニュース局が行くと、彼女は、犬の胸にある大きな傷を見せた。


その後、ボクサー犬は、ソファーの上で、彼女にピンクの毛布を体に掛けられ頭を撫ぜられていた。


なんて、酷いことをする人がいるのだろう?


そう思っていると、実は、その酷い事をしたのは、実は彼女だったことがわかったそうで、とても驚いた。


彼女が警察に話したことから、警察は、彼女がしたことだと確定したそうだ。


その決め手となったのは、彼女の話に辻褄があわないところがあったり、彼女が、犬が脱走して、そのように成ったのは、全て、元ボーイフレンドが彼女達から去って行ったからだと彼を責めたりしたためだった。


彼女は、そうすれば、元ボーイフレンドが彼女の元に帰って来ると思ってしたそうだが、


警察は、それを確信した後、直ちに彼女を動物虐待者として逮捕し、ボクサー犬をアニマル・コントロールに保護させた。


人間の言葉が喋れなくて、痛くて酷い目にあっても、ボクサー犬は、彼女に服従している姿を見せていた。


私は、そんな残酷なことを愛犬にした彼女だから、それ以前にも、動物虐待をしたことがあるのではないかと思った。


動物好きの私にとっては信じられない話だが、ハズが帰宅してから、この事を話したら、思いっ切り怒るだろうなぁと思う。


そのようなことをする女性だから、元ボーイフレンドも去って行ったのではないだろうか?


だけど、ボクサー犬を彼女に残して去って欲しくなかった。


ボクサー犬の体の傷は、やがては薄くなり毛が生えて隠れて見えなくなってしまうかもしれないけれど、心の傷は大きく残るだろうと思う。


その犬が、人間への不信感を無くせるような、優しくて思いやりのある人にもらわれて行って欲しいと強く願う。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年10月06日 トラックバック(-) コメント(2)

アメリカの子供達にとっての家族一緒の食事の大切さ

The New York Times Magazineの記事に、アメリカの子供達にとって、家族一緒の食事が、どんなに大切かが書かれていた。


それによると、家族と一緒に食事しているアメリカの子供達は、していない子供達より、


ー 語彙が豊富だ。


ー 学校での行いや成績が良い。


ー 肥満に成る確率が低くなる。


ー ティーンの妊娠率が低くなる。


ー ドラッグ使用の確率が低くなる。


ー 落ち込みが少なくなる。


毎日、家族一緒に食事することは難しいと思うが、少なくとも、週に1度だけでも、家族一緒に食事して、いろいろと話しながら食べる事が、子供達にとっては、かなり大切な事に成るらしい。


と言っても、両親が仲が良くなかったりだと、子供達にとっては、家族一緒の食事は、もっとストレスが多い食事になってしまうかもしれない。


しかしながら、


子供達のために、穏やかな雰囲気の中で、一緒に、ゆっくりと食事をしながら会話をする機会を出来るだけ作ることを親が心がける事によって、


子供達が、よりスムーズに難しいティーン時代を乗り越える事が出来るなら、それに越した事はない。


手料理が1番だろうけれど、忙しくて、お料理する時間が無いのなら、テイク・アウトのフライド・チキンやピザを囲んで一緒に食べながら話すと言う手もあるだろうし、


家族と一緒に食べることの大切さや楽しさを子供達が知ることによって、感情も豊かに成って、他人への思いやりも生まれるのではないかと思ったりする。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年10月05日 トラックバック(-) コメント(2)

スタンフォード大学で増えている事

多くの人達が知るカリフォルニア州パロアルト市にあるスタンフォード大学のポリス・レポートについてのニュースが今日あった。


昨日のブログにも載せたけれど、アメリカの女子大学生達の43%がデート中にレイプされそうになったり、されたりと言う被害を相手の男性達から受けているそうだが、


スタンフォード大学でも、キャンパス内で、そのような被害に遭って、キャンパスのポリスにレポートしている女子学生達が過去3年間で急増しているそうだ。


たとえば、レポートされた性的暴力の被害数は、


2008年では、10件、

2009年では、12件


だったが、


2010年では、21件と大幅に増えている。


その21件の内13件はレイプだった。


なぜ、このようにして、キャンパス内でも女子大生への性的暴力が急増しているかについては、警察は、過去にも、実際には性的暴力は多かったと思われるが、


3年前辺りから、警察にレポートする女性達が増えだしたためだろうと言っていた。


そう言えば、昨日のブログで書いた副大統領のバイデンも同じようなことを言っていた。


デートやボーイフレンドとの交際において、性的暴力が起こっても、以前は、多くの女性達は自分のせいだとか恥ずかしくてレポートしない傾向にあったが、


フェイスブックなどで、悩みを打ち明ける人達が増え、決して、自分のせいではない、そして、同じような被害に遭っている女性達が多くいる事を知り、


心に留めておくよりも、そして、他の犠牲者達を持たないためにも、勇気を持ってレポートする女性が増えているからだそうだ。


このようにして、スタンフォード大学のキャンパス内だけでも、多くの性的暴力が発生していて、キャンパス外でも似たようなことが起こっていることを考えると、ショッキングな事実だが、


多くの被害を受けた女性達が、レポートする傾向にあることは、女性パワーの向上だと思いたい。


そして、これを機会に、多くの男性達にも、女性をリスペクトすることを学んで欲しいと思う。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年10月01日 トラックバック(-) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。