アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚 留学生活5年目に捨て犬のブブに出会い、その後、今の主人のハズに出会い、3年後に結婚、それからは、波乱万丈のアメリカ生活を送っています。ハズとブブとの会話は英語で、ここでは日本語に訳して載せています。

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > 月別アーカイブ 2011年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

居酒屋レストランでの奇妙なコメント

最近、家から、そんなに遠くない日本の居酒屋レストランみたいな所に、ハズと一緒に行った。


オープンしてから2、3年しか経っていないと聞いたし、夜遅くまで開いているし、働いている人達が若めで、モダンな居酒屋らしいし、メニューも和洋いろいろで、


そして、


なぜかしら、


私達のようなミックス・カップル(特に、女性がアジア人、あるいは日本人で、男性がホワイト)が多いとの情報をハズが得た。



「・・・と言う事は、私達のようなミックス・カップルに寛大だってことかしらね~? 働いている人達が若いから、そうなのかなぁ~?」



そんな風に言ったりしていたけれど、


今までも、若い日本人達が働いている所に行って、嫌な思いをしたことがあったので、ハズと目を見合って、



どうかなぁ~?!



と言う感じで、なかなか2人とも行く気がしなかった。


それから、大分、時間が経っているし、ハズは日本の居酒屋が好きだし、



思い切って、試してみようか~?



と言う事になって、行って見た。


ドアを開けて中に入ると、2人の日本人男性達が立って待っていた。


私達も、彼らの横に立って待たなければ成らないことを、すぐに感知して立っていると、カウンターの方に立っている料理人の1人の若めの男性が、ハズと私を見て、





「アメリカ人かよ~~~~!」





と日本語で叫ぶようにして言った。


それを聞いた私は、すぐにハズの顔を見たけれど、日本語のわからないハズは、彼のことを言われたとは思っていないようだった。


座っている客達を見ても、ハズのようないわゆる西洋人は誰もいなかった。


ミックス・カップルも誰もいなかった。


私は、


最初の頃は、ミックス・カップルも多かったかもしれないけれど、

嫌な目にあって来なく成っちゃったのかも・・・・

その可能性、大あり!


そう思った。


アメリカにあるレストランなのに、

アメリカ人が行っちゃいけない?

いやいや、

アジア系アメリカ人達はいたから・・・、

ホワイト・アメリカンが行ってはいけない、


そんな感じの彼の言葉に私は憤慨した。


働いている人達も、ほとんどが日本人、客は全てアジア系、そんな中に、ハズが入ってはいけないようなコメント、


ましてや、私達は、一応、




『お客さん』でしょう~?!





ハズは私と一緒の時はアルコールは飲まないし、お酒を呑んで、日本語でガーガー騒いでいる人達よりも、ず~~~~っと大人しいわけなのに、


お店に入って、すぐに、そのコメント、


全く、閉鎖的としか言えない。


ハズと私が英語で話しているのを見て、ハズが日本語が話せないのをわかって、私にだけ聞こえるように言ったのかも知れない。


まるで、私が間違った事をしているかのように、


そして、


そんな私達にはお店に来て欲しくないと言う事なのだと思う。


ちなみに、日本人女性ウエイトレス達からは、そんな嫌な感じは無かった。


若くても、いまだに意固地で保守的なのは日本人男性達に多かったりする。


他人を干渉するひまがあったら、

もっと国際的に成る努力をして欲しいと思うのだけど!



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

2011年06月30日 トラックバック(-) コメント(0)

ハッキリ言わないと、もっと傷つける

最近、ハズと2人で、こちらにあるラーメン・レストランに行った時の事だった。


私達のすぐ後ろに座っていたカップルも、私達のように、ホワイト男性とアジア人女性のカップルだった。


私達がラーメンを食べながら話していると、彼女のケイタイが鳴って、彼女は何やら話していて、後で、その電話の相手と会うような感じだった。


彼女が話し終えると、男性の方が、彼女に誰と話していたのかを訊いた。


彼女は、友達と話していたのだと言った。


そして、2人のやりとりがあって、私も聞かないようにしようと思って、ハズと話したりしていたのだけれど、急に男性の方の声が大きくなって、


「友達なんかじゃないだろう? 男と話していたんだろう?」


そう言って、私も、他人事ながら思わずギクッとして、いけないと思いながら、彼らをチラッと見た。


男性は、真剣な顔をして、ただひたすら彼女を見つめていた。


彼女は、下向き加減で彼の顔を見ないようにして、


「友達よ・・・・」


とボソッと言った。


男性は、相変わらず大きめのハッキリした声で、


「正直に言えよ! 君が誰かと俺を掛け持ちしている事は知っているんだ。 俺は、そんな関係はイヤなんだ」


そんな感じで言っているのが聞こえて、私も、思わず、ハズを見て、目を大きくして、口ポカーンに成ってしまった。


なんだか、聞いてはいけないことを聞いてしまった感じだなぁ~と思った。


そして、


私は、聞こうとして聞いたのじゃなくて、

アイツが大きな声で言ったから聞こえたんであって、

私が、悪く思うことはないんだ


そのように、言い訳みたいなものを考えたりもしていた。


これは、あくまでも、私の予想だけれども、彼らを見た時に、私には、彼が彼女の好みのタイプの男性とか、彼女が彼に惹かれているようには全く見えなかったので、


むしろ、彼が、彼女に、そのように言っているのを聞いて納得できるような気がした。


その彼は、彼女にとっては、ご飯を御馳走に成ったり金銭的なサポートに成ったり、何か困った時には助けてもらえたり、英会話の勉強になったり、良い男が現れるまでのつなぎとか、ひまつぶしになるけれども、


エッチをしたり、女友達に見せたり、オシャレなレストランとかナイトクラブには行きたくないタイプなのではないだろうかと思ったからだった。


彼は、彼女を、まるで、ふしだらな尻軽女のように、周りにも聞こえるように言っていたけれど、私は、その2人のことは知らないし、


たとえ、彼女が、友達ではなく他の男と話していたとしても、だからと言って、彼女が悪いとは決め付けられないと思った。


彼女だって、その彼に対して、いろいろと不満を持っているかもしれない。


お互いシングルで、会って間もないのに、彼はジェラシーむき出しにしているかもしれないし、食事も、ラーメンぐらいのものしか御馳走しないチープ(ケチ)な男かもしれない。


それに、その彼だって、ただアジア人女性が好きなドスケベかもしれない。


彼女だって、彼と別れたいと思っていても、傷つけるのが怖くて言えないのかもしれない。


しかしながら、

傷つけるのが怖くて言わなかったら、

最終的には、もっと彼を傷つけることになり、

彼は彼女を恨んで呪う可能性がある。


アメリカ人男性には、ハッキリ言った方がお互いのためになる、

私は、そう思っている。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月29日 トラックバック(-) コメント(4)

イヤと言えないアジア人(系)女性

最近のこと、夕方に、ハズと一緒にブブの散歩をしていたら、公園の向かい側の家の前で、20代ぐらいの男女が抱き合っていた。


私達からは、彼らが話し合っているのは聞こえたけれど、何を話しているのかは聞こえなかった。


男の方が何度も何度も彼女を抱きしめる感じで、彼女は、それにまかせながらも、なんとか、そこから離れたいような感じに見えた。


彼女が、何度も、何度も、彼に何か言って、彼から離れようとするのだけれど、彼は、彼女の腕をつかんだり、彼女の体をスッポリと両腕の中に入れてしまったりで、彼女は離れられなかった。


公共の場で、そうしているわけだから、安全だろうと思いながら、


しかしながら、


彼の方が、かなり強引に見えたので、私は心配に成り、離れていても、ジーッと見たりしていた。


そして、彼女が『誰か助けて!』とか、悲鳴をあげたりしたら、警察が、どれくらい役に立つかはわからないけれど、電話しようと思っていた。


彼は、体がガッシリして筋肉質のホワイトで、ミリタリーぽい感じの服装をしていた。


彼女は、アジア人、あるいは、アジア系で痩せ型だった。


彼が、見ていても、しつこいぐらい、彼女を抱きしめて、彼女がのけぞるような感じが、しばらく続いて、彼は彼女の顔を片手で彼の顔に近づけてブチューッとキスをして、


彼女が、もがくようにして、やっと、彼から離れた時に、声が大きくなって、『止めてよ~!』みたいな感じで言っているのがわかった。


それからも、彼女が何とかして彼から離れようとするけれど、彼は、そうさせず、後ろにまとめていた彼女の髪が乱れてほどけて、私も、彼がかなりしつこいと思って心配に成って、


彼女、大丈夫かなぁ~?

このまま行ったら、レイ〇されちゃうかも?

危な~~い!


とまで思って、ハズに、どう思うかを訊いたけれど、ハズは、


「本当にイヤだったら、彼女だって、もっと大きな声を出したり、アイツを叩いたりするのじゃないか?」


そう言って、別に心配していなかった。


私は、その2人を見ていて、彼は全く彼女の言う事や意思を無視して、自分の肉体的な要求だけを満たそうとしているようにしか見えなかったし、


彼女は、イヤだイヤだと言いながら、結局は彼の思いのままにされているようだったから、


たとえ、この2人が恋愛関係に成ったとしても、彼には良くても、彼女は酷い目に遭うかもしれないと思った。


しかしながら、彼女は、彼にだけ、何か言うだけで、何度、同じ事をされても、その繰り返しだったから、私も、何らかのアクションに出る事は出来なかった。


私達が、そこから去る時には、彼は、笑いながら、イヤイヤながら歩く彼女の腕を引っ張って公園のベンチに連れて行き、彼女を座らせ、彼女の首の辺りをマッサージしていた。


彼女は顔を下げて、思いっ切り困った顔をしていた。


どうやって、ここから脱出したらいいのだろう、


そんな風に思っているように見えた。


振り乱した髪をも直させる暇もあたえない強引な彼と、どこで、どうなって、一緒にいるようになってしまったのだろう?


私は、そう思って残念だった。


その時には、すでに暗くなって来ていて、なんだか、彼のプランが予想できるような気がした。


アジア人(系)女性は、大人しくて男性に逆らわない、あるいは逆らえないと思っている男性達は多いと聞いている。


とにかく、しつこくせまれば落とせるみたいな感じで言う男性達も多くいる。


それに、体系的にも、他の人種の女性より小柄なのも弱点となる。


アメリカ人男性の強引さに慣れていなくて、

自分をとても愛してくれているからだと

可笑しな錯覚を起こしている女性達もいたりする。


イヤなことはイヤだと言える女性でなければ、特に、アジア人女性は、この国では利用される傾向にあると言ってよいと思うし、


そんな女性達に同情しない人達も多いのが現実だ。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月28日 トラックバック(-) コメント(0)

ゲイ男性との結婚&離婚

サンフランシスコでゲイ・レズビアン・プライドのパレードが今日あった。


言葉どおり、ゲイでもレズビアンでもプライドを持って生きようみたいなスローガンがあるようで、街には参加者と見物人達が多く集まったらしい。


最近、始まったテレビ・ドラマに『Happily Divorced』(円満離婚)と言うのがあって、主人公の女性が18年間の結婚生活の末、旦那から、実は彼はゲイなのだと告白されるシーンから始まる。


主人公を務めるのは、フラン・ドレシャーと言う女優で、実は、このドラマのストーリーは彼女の実話が基に成っている。


彼女は実生活において、18歳で旦那と会って、21歳で結婚し、18年後に彼からゲイだと告白されて離婚している。


彼女いわく、その18年間の結婚生活での彼との性生活は充実したもので素晴らしく、精神的にも、とても近い関係にあったため、彼にゲイだと言われても、すぐには信じられなかったそうだ。


彼女は物凄くショックを受けたけれども、今は、笑って話せるようになったので、ドラマ化することにしたそうだ。


最近のテレビの人気ドラマは、ゲイのキャラクターがいたり、ゲイ俳優が出演しているものが多くなっているから、その影響もあるのかもしれない。


そのドラマは、ほとんどが事実に近いものに成っているけれど、実際には、離婚した後、別々の所で住むことになり、ドラマでは、この不況のために、彼が他のところに移るお金が無くて、一緒に住んでいる。


そのために、彼女が他の男性を家に連れて来ても、その別れたゲイ旦那がいるわけで、なかなか上手く行かないと言うのが、今までの話となっている。


ハズと一緒に観たら、無理に笑わせようとしていて真実味が無いとかで面白くないと言っていたから、これからは、私だけで観る事になりそうだ。


と言っても、私も、同じような話しばかりで、笑えなくなったら観なくなるだろうと思う。


LA(ロサンジェルス)も、ゲイ男性達が多かったから、会う機会もあったけれど、ほとんどは、女性と結婚して子供が出来てから離婚していた。


なぜ、ゲイなのに女性と結婚して、ましてや、子供まで作っちゃったのかの私の率直な質問に対しては、みんな口を揃えて、


ゲイであることを隠したかった


だった。


しかしながら、子供は作れても、結婚生活を続ける事には無理があったと言っていた。


そして、みんな、離婚して、ゲイとして生きる事に対して、全く後悔していなかった。


自分に正直にプライドを持って生きること、


その点では、私も彼らを理解する事が出来る。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月27日 トラックバック(-) コメント(2)

アジア人女性にも、いろいろ

久し振りに、ヘアー・カットに行って来たのだけれど・・・・


そこは、ヘアー・スタイリストを指名しなければ、手が空いているからなのか、フロント・デスクの人が勝手にアレンジするのかはわからないけれど、ヘアー・スタイリストが現れて、その人がその日の私のヘアー担当になる。


私は、それまで、そこには1度しか行った事が無くて、誰が上手なのかわからなかったから、指名したくても出来ないので、向こうの選択に従っているわけだけど、


前回も今回もアジア人女性のヘアー・スタイリストで、後で、ハズに、


「私がアジア人だから、アジア人女性のヘアー・スタイリストが良いと思うのかなぁ?」


と言ったら、私よりも多くそこに行っているハズは、


「あそこのヘアー・スタイリスト達は、ほとんどがアジア人だよ」


そう言った。


私が見た限りでは、そこには、半分がアジア人、あるいはアジア系だったような気がしたけれど、ハズの見方は違っているらしい。


前回は、中国人女性で、ヘアー以外のことは、ほとんど話さないし訊いて来ない女性で、その点では気に入ったのだけど、ヘアー・カットが気に入らなかったので、指名する気に成らなかった。


今回は、ベトナム人女性のヘアー・スタイリストで、現れてもスマイルも無く、むしろ、だるそうな顔をしたので、ちょっと心配に成った。


若いけれど疲れているように見えたので、質問などもして来ないで、ヘアー・カットだけ素早くしてくれるような気がしたのだけれど、その予想は外れて、


いろいろと私のことについて訊いて来た。


私は結婚指輪をシッカリとしていたのだけど、彼女は、


「結婚しているの?」


と訊いて来た。


私は、そうよと言うと、彼女は、


「あなたの年齢なら、大きな子供がいるのでしょうね~!」


と言ったので、私は、ちょっと笑って、


「子供は、いないの!」


と正直に言った。


彼女は、驚いた顔をして、


「じゃあ、結婚していないんだー!」


と大きな声で言った。


私は、


「結婚しているわよ~~! でも、残念ながら、子供はいないの!」


そう言った。


彼女は、ちょっとの間、キョトーンとして、すぐに理解できないようだったが、やっとわかったのか、首を大きく左右に振りながら、


「子供なんて~! いらないわよ~! もう、うんざりよ~!」


と辛そうに言った。


私が、


「え~~っ、そうなの~? そう言うものなの?」


と訊くと、彼女は、


「うちにもティーンの息子がいるけど、もう手におえなくってさ~! ベトナムに連れて行ったら、もう行きたくないって言っているし・・・・」


ウンザリした顔をして、そう言った。


彼女はベトナムで生まれて育って、アメリカに来て結婚して家庭を持ったけれど、ベトナムの両親はアメリカには来たくない、息子はベトナムに旅行でも行きたくない、そんな感じで、いろいろと大変なようだった。


それにしても、


大きな子供がいるのでしょう?


とかと訊いて来たけれど、私の知っている同年代の日本人女性達で子供を持っている人達には、大きな子供なんていない。


私は、彼女に、


「あなたみたいに、中学生か高校生の年齢で子供を作ったら、大きな子供がいたでしょうね~!」


と言いたかったし、


子供がいないと言ったら、すでに、結婚していると言っているのに、結婚していないじゃないみたいに言って来ることから考えると、


彼女にとっては、結婚が子供の先ではなくて、子供が出来たから結婚する、あるいは、子供がいるから結婚していると言う理論が成り立っているのだと思う。


ここには、ある程度の教育を受けた人でも、


アジア人女性は、みんな同じだ!


とハズの弁護士の伯父さんみたいなことを言う人達が、けっこういたりするから、アジア人と言うだけで、私も、彼女のように見られているのかなぁと思うと、


いやだなぁ~・・・・


そう思った。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月25日 トラックバック(-) コメント(0)

オバマ大統領の知られざる特技

昨日のテレビのニュースで、ホワイトハウスの父の日の光景が映っていて、


バラック・オバマ大統領とミッシェル・オバマ大統領夫人を多くの女性達が囲んでいた。


ミッシェル・オバマ大統領夫人が、そこにいた1人の女性から女の子のベイビーを手渡されて抱いても、ベイビーは泣いていて、その後も、なかなか泣き止まず、


困った夫人は、そのベイビーをオバマ大統領に渡して抱かせると、


なんと!


そのベイビーは、


ピタッ!


とすぐに泣き止んだ。


そこにいた女性達は目を大きく丸くして、





ワオ~~ッ!





と声を出して驚いていた。


オバマ大統領は、いつものあのスマイルで微笑みながら、ベイビーの背中を軽くポンッ、ポンッと叩きながら体を左右に動かすようにしていた。


オバマ大統領は、Baby Whisperer(ベイビーに囁いて、わかってもらえる人)だ!


と、さっそく、ニュースに成っていた。


私は、帰宅したハズに、そのことを話すと、ハズは、



「ベイビーは、落ち着いて守ってくれるような強いパワーを持った人に抱かれると、安心して泣き止むと聞いた!」



と言っていた。


まだ言葉が話せなくても、抱いてもらう人を選べるベイビーのパワーも凄いなぁと思ったけれど、

オバマ大統領には不思議な見えない強いパワーがあるのかもしれないと思ったりした。


アメリカの大統領に成るような人だから、強いパワーがあるのは当たり前かもしれないけれど、

娘が2人いるのもあって、女の子のベイビーの抱き方を良く知っていたのかもしれない。


ますます優しいパパのイメージが強くなった父の日の大統領だった。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月24日 トラックバック(-) コメント(3)

人種差別の証拠写真

先週、サンフランシスコ空港からUS AIRの飛行機の機内で飛ぶのを待っていた20歳の大学生のアフリカン・アメリカン(ブラック)の男性が、US AIRの添乗員とキャプテン・パイロットから、Saggy Pants(サギー・パンツ)について指摘されて、


普通のパンツ(ズボン)のように、ウエストの辺りまで上に上げるように言われ、彼が拒否したら、


警察を呼んで、手錠をかけられ刑務所に連れて行かれたニュースがあった。


航空会社側からは、飛行機に乗るのには、服装に関してルールがあって、彼がはいていたサギー・パンツは、そのルールに反していたため、忠告したところ、彼が逆らって、そうしようとしなかったために、


そして、他の客達の迷惑に成ると思って、警察を呼んで連れて行ってもらうしかなかったと言っていた。


一方、逮捕されてしまった男性の母親は、涙ながらに、息子の彼が、ベスト・フレンドのお葬式に行った後に飛行機に乗らなければならなかったために機嫌がイマイチだったのは認めるけれど、


結局は、その航空会社のキャプテン・パイロットと添乗員は、彼のパンツ(ズボン)よりも、彼の髪(肩にかからないほどの長さのドレッド)と肌の色(ブラック)が気に入らなかったから、そのような行動に出たのだと言っていた。


彼は、パジャマ・パンツをはいていたのは認めるけれど、そんなパンツは、ラップ・ミュージシャンもはいていて飛行機に乗ってもスターだったら許されて自分がダメなのは道理にあわないと言っていた。


そして、キャプテン・パイロットが、彼に、


「君のようなタイプの人間は、ここにはいないんだ!」


そんな感じで言ったそうだ。


インタビュアーが、彼に、今後、US AIRを利用するかを訊いたら、彼は頭をゆっくりとかしげながら、


「多分、利用しないと思うね・・、彼らが俺を好まないようだから・・」


そんな感じで言った。


『君のようなタイプ』って、一体、どんなタイプなんですかー?


と、そのキャプテンに思わず聞き返したくなるような言葉だ。


彼も、お金を払ってチケットを買って乗っている客に向かって、そのようなことをして来る事に関して理解できないと言っていた。


彼は、アメリカン・フットボールでニューメキシコ大学で奨学金を受けている大学生で、大学側は、この事件があっても、彼の奨学金をキャンセルしないそうだ。


ちなみに、サギー・パンツを知らない方のために、ネットで見つけたイラストを載せると、


       saggy pants


このどれもがサギー・パンツに成るわけで、つまりは、下着を出して見せるようにしてパンツ(ズボンやジーンズなど)を下げてはくスタイルのことをサギー・パンツと言う。


ほとんどは左側のスタイルで、右側と中央のを見るのは稀だ。


もちろん、彼は、この写真のように上半身裸ではなかった。


ラップ・ミュージシャンやギャングの服装としても言われているが、そのどちらにも当てはまらないヤング達でもしている。


ハズは、このニュースを帰宅する途中の車の中のラジオで聴いて、帰宅してから、私に、


「どう思う?」


と訊いて来た。


私はテレビのニュースしか観ていなくて、その時は、服装が航空会社のルールに反していたために飛行機からおりてもらったとしか聞いていなくて、


まさか、警察が機内に乗り込んで、他の乗客達の前で、彼に手錠をかけて飛行機から無理矢理おろして、その後、刑務所に入れちゃったとは知らなかったので、


「どうして、彼、パンツを上げなかったのだろう?」


と最初は言ったのだけど、ハズに、


「君は、どっちが悪いと思う? 航空会社か彼か?」


と訊かれて、ほんのちょっと考えて、


「航空会社! サギー・パンツはめずらしくないじゃない? テロリストでもないのに、なぜ、そんなことだけで、彼をおろしちゃうのかがわからない!」


そう言うと、ハズは大きくうなづきながら、


「そうだ! 航空会社の方が間違いなく悪い!」


自信を持って、そう言った。


それから、ハズから、警察、手錠、刑務所のことを聞いて、私も超ビックリして、


「それは完全に、やり過ぎじゃない? 彼はお金を払って乗っている客よ~!」


と言うと、ハズは、


「それにだ! 他の乗客達は誰1人として、彼の服装に関して不満を言った者はいなかった! 結局は、添乗員とキャプテンだけが、彼の服装を許せなかった、あるいは、彼をなんらかの理由で好まなかったと言う事になる!」


そう言った。


そして、昨日の夜、一緒にブブと歩いていたら、


「航空会社の新しい話、聞いたか?」


と訊かれて、ニュースを観ていなかったので、


「知らないけど、何か新しい進展でもあったの?」


と訊いたら、ハズは、


「俺がラジオで聞いた所によると、あの事件の前に、女性のブラとパンティを身に着けて同じ航空会社の飛行機に乗ろうとした男がいたそうなんだ。他の乗客達は、そいつの服装について飛行機会社に不満を言った。しかしながら、飛行機会社側は、乗客の服装で拒否するルールは無いから、そいつには、何も言えないと言ったそうなんだ」


そう言って私を見てニヤリとした。


私は、


「え~~~~っ?! アフリカン・アメリカン(ブラック)男性が拒否された理由はサギー・パンツよ! キャプテンと添乗員は服装に対してのルールがあるからと彼には言った。全く矛盾しているーー!」


そう言うと、ハズは、


「そうだろう~? それも、そのブラとパンティを身に着けた男の話は、最近の事だって言うじゃないか~! これは、航空会社を訴訟にかけて、ガッポリ金をもらえるぞ~! 弁護士は、やる気マンマンのはずだ」


私は、


「そりゃあ、そうでしょう~! ここまで来たら差別としか言えないもの!」


ハズは、またニヤリとして、


「俺は、見ていないけれど、そのブラ、パンティ男の人種は、聞かなくても予想がつくんだ」


そう言ったので、


「ホワイトでしょう~~?!」


ハズは、黙って自信ありげに何度かうなづいた。


私は、


「その男がホワイトとすれば、彼に対しての差別は人種差別と言う事に成る!」


ハズは、


「そうなんだ! パイロットと添乗員は航空会社から間違いなく辞めさせられるだろうなぁ~。そして、航空会社が訴えられる!」


そう言った。


今朝になって、テレビのニュースを観ていたら、例のブラ・パンティの男性の姿の写真が映った。


       us air discrimination


この男性はフロリダのフォートランダデールからUS AIRに、この格好で乗車して、他の乗客達が航空会社に不満をぶつけても、その男性に注意する事が無かった。


ちなみに、写真は、その不満に思った乗客の女性の1人が撮ったもので、実際には目は隠されていなかった。


人種は、ハズと私が予想したとおり、コケージョン、いわゆる、ホワイトだ。


これについて、US AIRは、アフリカン・アメリカン(ブラック)男性の場合は肌が見えていたから注意したのだと言っていたが、他の乗客のビデオには、彼の肌は全く見えていなかった。


ちなみに、ブラ・パンティの男性は、アフリカン・アメリカン(ブラック)男性の事件の6日前に乗車していた。


他にも、カラー人種でUS AIRに乗って差別を受けた人達が名乗り出たら、ますます、US AIRは人種差別の航空会社として名高くなるだろうけれど、


そうでなくても、


これだけの証拠があれば、


すでに、人種差別の航空会社としてマークされるのは充分のように思える。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月23日 トラックバック(-) コメント(0)

過去のブログを読んで気づいた事

ニュースによると、今日が夏の初日だそうで、偶然にも、とても暑い日に成っていて、今年1番の気温に成るだろうと言われていた。


私は、ブブと家の中に閉じこもって、クーラーの涼しい風にあたって昼寝でもしたい気持ちに成っている。


最近のハズは、とっても忙しくて、朝、家を出る前から、コンピューターと睨めっこで、会社関係の人達からも電話が来て、いろいろと話していたり、帰りも遅くなっている。


帰って来ても、コンピューターと睨めっこしていて、私が料理した後も、いつもなら食器を洗ってくれるのに、それも無しで、またコンピューターに戻ってしまう。


家で仕事はしない、忘れたいと言った人なのだけど、それが出来ないぐらい忙しいらしい。


いつもなら、一緒にベッドに入って、オヤスミのキスをして手をつないで寝ているのに、最近では、私がベッドに先に行ってハズを待っている間に眠ってしまって、朝、起きると、ハズがコンピューターと睨めっこしている背中を見たりする。


「あれ~っ、もしかしたら、ハズちゃん、寝なかったの~?」


と訊くと、


「寝たよ!」


と、


「え~~~っ、私、ハズちゃんがベッドに来たの、全然、知らないのだけど・・・・」


そう言うと、ハズは笑いながら、


「君はグッスリ寝ていたからなぁ~!」


と、


「もしかしたら、ハズちゃん、どこかに行っていたのじゃなーい?」


と横目で見ながら言うと、ハズはゲラゲラ笑い出して、


「君の横で寝ていたさー!」


と、


「だけど、オヤスミのキスはしなかったでしょうー? 手もつながなかったでしょー?」


と言うと、


「キスもしたし、手もつないだよー!」


そう言われて、


そうだとしても、寝てしまっていたから、そんなこと訊いても仕方ないよなぁ~・・・・


そう思う。


ハズが真剣な顔をしてコンピューターと睨めっこしている時に、後ろからハズの肩に両手をかけたり、頭を撫ぜたり、頬にキスをしても、ハズは全く怒らず、あきらめてそうさせてくれるけれど、


つまんないなぁ~!


と私は自分勝手に、そう思ったりする。


そして、どこかで、ストレスを感じている。


仕事で忙しくて、そうなっているのだし、


「もうちょっとで、この忙しさから開放されると思うんだ!」


と言ってくれているのだから、落ち込む事もないのだけれど、なんだか、ハズに頼っている。


日本の大学もヨーロッパ留学もアメリカ留学も、1人で行って1人で生活していたのに、今では、ハズにドップリ甘えている。


今日は、他のことについてブログに書こうと思って、過去のブログをチェックする必要があって、そうしていたら、探しているブログは見つからなかったけれど、


『国際結婚』のカテゴリーの中に入れていた2009年12月のブログ『優しさの影にあるもの』と言うタイトルを見て、全く憶えていなくて


何について、書いたのだろう?


と思って読んでみたら、私の手術後のハズの優しさや苦労が書かれていて、


そう言えば、


ハズちゃん、頑張ってくれたなぁ~、

優しかったなぁ~、

大変だっただろうなぁ~、


そんな風に思った。


そして、ハズの優しさや苦労に、あの時は、とても感謝していたのに、元気に成ってしまうと、スッカリ忘れてしまっていた自分に反省した。


今まで、過去の自分のブログを読むなんてことは無かったのだけど、


時々、こうして、過去の自分のブログを読んでみるのも悪くないなぁ、


そう思った。


忘れかけていた大切なことを想い出させてくれるかもしれない。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月22日 トラックバック(-) コメント(2)

父の日に刑務所に行く子供達

今日は、こちらは父の日だったわけで、マーケットに行っても『父の日スペシャル』と書かれて売られているものがあったりした。


私達には子供がいないから、ハズに


「父の日、おめでとう!」


と言うのは、


可笑しいかなぁ?


と思いつつ、


ブブは犬だけど、私達の子供みたいなものだから、ブブの父親として、


やっぱり、そう言った方がいいかなぁ?


と思って、テレビのニュース・キャスターが、


「ハッピー ファーザーズ デェイ!」


と言ったすぐ後で、横にいたハズに、同じように言ったけれど、


全く気付いている風がなかった。


自分に言っていると思っていないのかなぁ~?

人間の子供がいないから、当たり前と言えば、そうだけど・・・・


そんな風に思って、ハズには聞こえたかどうかは問い質さなかった。


昨夜のニュースで、サンフランシスコ北部にあるサン・クエンティン州立刑務所の1日早い父の日が映っていて、囚人を父親に持つ子供達が父親に会うために来ていた。


サン・クエンティン刑務所と言えば、殺人などの重い罪を犯した犯罪者達が集まる所で、そこに滞在するだけでも、かなり厳しいとして知られている。


いわゆる生き地獄のような場所だと聞いているとハズも言っていた。


息子や娘達に会い、涙目に成っている囚人の男性は、自分がそばにいないのに、清く正しく立派に育っている子供達を誇りに思うと言っていた。


彼の6歳ぐらいの娘は、


「父親が亡くなって会えない子供達が一杯いるけれど、私は、こうして、お父さんに会えるから幸せだと思う」


と天使のような顔をして言っていて、私の目から涙が溢れ出た。


父親が刑務所にいたら、その子だって、その子の母親だって、他人から差別も受けるだろうし、とても苦労が多いと思うし、辛い時も多くあると思う。


それなのに、父親が生きていてくれることに、そうして感謝する彼女には、大人の私でも持ち得ない寛大な優しさがあった。


彼女なら大丈夫!

立派な大人に成ってくれる!


そう思えた。


ハズが、私が感動して涙していた時に、ニュースに耳を傾けながら、


「カリフォルニアだけでも、現在、父親か母親が刑務所にいる子供達が約20万人もいるそうだ。と言っても、女より男の方が刑務所にはずっと多いわけだから、父の日に父親が刑務所にいる子供達が、それ近くいるってことだよなぁ~」


そう言っていた。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月20日 トラックバック(-) コメント(0)

子供とペット・アレルギーの関係

子供が欲しがるのでペットを与えたら、子供がアレルギー反応を起こしてペットを飼えなくなったと言った話を聞くたびに、私は、むしろ、そのために捨てられたりするペット達のことを考えて、どうしようもなく悲しい気持ちになる。


数日前のテレビのニュースで、子供のペット・アレルギーについての調査結果について話されていて、それによると、


子供が1歳に成る前までにペットと一緒に暮らしていれば

それ以後に、ペットと暮らし始めるよりも、

40~45%もアレルギー反応を起こす確率が少なく成るそうだ。


生まれて、まだ間もない時期に動物に接する事によって、動物への免疫が出来ると言う事だった。


自分の子供にペット・アレルギーで、将来、悲しませたり苦しませたくなかったら、そして、ペットを捨てる事に成りたくなかったら、子供が1歳前までにペットと一緒に生活させた方が良いと言う事に成る。


子供がペットと一緒に生活する事には、いろいろ利点がある。


動物を可愛がる愛情が生まれ、優しく感情豊かになるし、ペットの生死を前にして、生きる事の尊さを知ることに成るとは、よく言われることだ。


その他にも、子供がペットから学ぶことは、とても多い。

経験者は自信を持って語る!


子供が、あるていど、大きくなってからペットが欲しいと言う人がいるけれど、アレルギーの問題を考えたら、それは、良いプランではないかもしれない。


ベイビーとペット、一緒に育てるのは大変のようだけど、その子の将来のことを考えたら、一緒の方が、ず~~っと良いようだ。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月19日 トラックバック(-) コメント(4)

アメリカの子供達にとっての父の日

日曜日は父の日だ。


今日のテレビのCNNニュースの調査結果によると、アメリカには2つの全く違ったタイプの父親達がいるそうで、一体、どんな2つのタイプなのだろう?と聞いていたら、


結局は、父の日に子供(達)と一緒に過ごす父親と過ごさない父親の2タイプに別れると言う事だった。


1963年には、その日に、子供(達)と一緒に過ごす父親(達)は、89%だったにもかかわらず、去年の2010年には、73%と大幅に少なくなっている。


その理由には、今のアメリカの離婚率が50~60%と高いのと、離婚していなくても、両親が上手く行っていない、そのために、あまり一緒にいないなどがあげられる。


ネット社会で、実際に会わないで、コミュニケーションをしている親子が多くなっているのと、子供(達)の方も、人に会って交流を持ったりするよりも、その方を好んでいるところがあったりする。


しかしながら、親と過ごす事が少なくなれば、充分、愛情を受けられず、その子(達)の将来に影響して暗い影を作ることになるのではないかと心配されている。


父の日に子供(達)と一緒に過ごせない父親(達)は、そのために罪悪感を持つことになり、お金や物質を与えて補おうとする傾向にある。


そして、子供(達)も、それを愛情の代わりと思うようになり、大人に成って父親に成った場合、自分の子供(達)にも充分に愛情を与える事が出来ず、そのように付き合うのではないかと心配されている。


しかしながら、離婚が子供(達)に与える影響の過去の調査結果では、両親が仲が悪くて、いつも喧嘩しているのに、離婚しないで一緒にいるよりは、離婚した方が子供(達)の将来にはずっと有利に、そして、傷つけないで後遺症も少ないと言うことだった。


子供(達)は、愛し合っていない両親が、その子(達)のために一緒にいるのを見たくない、


そして、むしろ、自分のせいで両親が犠牲に成っていると思うと、その子(達)は、長い間、深く罪悪感を持つことになるからだ。


それと同時に、その子(達)は、そんな両親を見て、


結婚とは、こういものなのだ、

愛し合っていなくても、

子供(達)のために一緒にいなければならない、


そんな風に思い、同じような不幸な結婚生活を送る可能性もある。


私の知り合いの10歳のお嬢さんを持って離婚した女性も、


「娘に頼まれたの・・・、仲が悪いのを見るより離婚してもらった方がいいって。離婚しても、自分にとっては、パパはパパ、ママはママで、変る事はないのだからって」


そう言っていた。


離婚しても、子供には愛情を与える事はできると思う。


一緒に住んでいないと、当然ながら、それだけ会うのが少なくなるのが問題になると言う人達もいるだろうけれど、


どちらかが、家にあまりいない状況であれば、すでに離婚しているのと同じようなものかもしれない。


しかしながら、


父の日ぐらいは、父親には子供(達)と一緒に過ごして欲しい、

それが父親を持つ子供(達)の願いなのではないだろうか?


と思ったりする。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月18日 トラックバック(-) コメント(0)

サンフランシスコの発砲事件で、またも歩行者が犠牲に

サンフランシスコの街中(6th&Mission)で、今朝の7時半頃、発砲事件があった。


3人のアジア系(人)達と3人のブラック達が口論していて、アジア系(人)の1人がピストルでブラック達に向かって発砲したところ、ブラック達には当たらず、


近くを歩いていた人の耳の近くに当たってしまい、その人は緊急病院に運ばれ、手術をして重体だそうだ。


聞くところによると、その2つのグループは午前3時半頃、その近くで口論していて、7時半頃、また会って、その事件が起こったと言う事だった。


事件に関係した6人は逃げてしまったらしいが、目撃者達が誰も話して来ないので、警察は、外に取り付けてあったビデオから探そうとしている。


警察は、その6人は2つのグループのギャング達と見ている。


サンフランシスコでは、他のギャング達の街中の発砲事件が半年前位にもあった。


御主人と一緒にホテルに歩いて向かう途中のドイツ人の観光客の女性が流れ弾を受けて亡くなっている。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月17日 トラックバック(-) コメント(0)

日本人主婦から『早く結婚しちゃいなさい!』

ハズと会う前で、LA(ロサンジェルス)で学生していた頃、私は、時々、ラーメンが食べたくなって、その頃、住んでいたアパートから、そんなに遠くないラーメン・レストランに1人で行っていた。


日本で私が食べていた美味しいラーメンとは比べ物に成らなかったが、それでも、そこに行って、オーダーして、好きなところに座って、ラーメンが来るのを待って食べるだけでも、なんとなく落ち着いたりした。


その頃、私はお料理するなんてことはなくて、テイクアウトか外食の生活だった。


日本のラーメン屋みたいに、カウンターやテーブルについて注文して食べてお金を払うのとは違って、入るとキャッシャーでオーダーしてお金を払ってテーブルについて待つシステムだったのでチップを置く必要もなく、楽と言えば楽だった。


アジア系とヒスパニック系が働いていたが、日本人がいるかはしばらくわからなかった。


そんなある日、その当時、そこにいた40代か50代位のメガネをかけた日本人女性が私に日本語で話し掛けて来た。


彼女は、御主人の転勤でLAに来て、その後、御主人は日本の企業を引退して、かねてからの夢だったラーメン・レストランのシェフに成ったのだと教えてくれた。


彼女はラーメン屋の奥さんと言うより、学校の先生みたいな感じだったから、


あ~~~っ、そう言う過去があったからか~~?!


そう思ったりした。


そのうちに、行く度に、話すようになって、彼女は、いつも、私が1人で行っていたためか、こんな質問をして来た。


「ねぇ、ボーイフレンドはいるの?」


私は、正直に、いないと、そして、いないけれど、学校の勉強が忙しいし、欲しいとも思わないと言った。


彼女は、それを聞いて信じられないと言う顔をした。


そして、その後、私がレストランに行くと、彼女の目が以前とは違って鋭く私をチラッと見たりして、何となく、いらついているように見えて、不思議に思ったりした。


そんなある日、彼女は、私がテーブルでオーダーしたラーメンを食べている時に、やって来て、私の向かい側に座り、


「ねぇ、うちのレストランに良く来るUCLAの大学院に行っているインド人男性をあなたに紹介したいの」


そう言って来た。


私は、全く想像もしていなかったことを彼女に言われて、当然ながら、とても驚いた。


彼女は、


「良い人なのよ~! あなたと気が合うと思うの! ねぇ、会って見なさい!」


そこまで聞いて、私は、以前にも、誰とも付き合う気持ちは無いと言ったのに、わかっていないなぁと思って、


「あの~、私、今、誰とも交際するつもりないですから! 男友達なら周りにたくさんいるし」


そうハッキリと言った。


彼女はムッとした顔に成り、


「日本人女性が1人でいるのは良くないわよ! 誰かと付き合ったほうがいい! その方がいい! そして、早く結婚しちゃいなさい! あなたを見ていると、イライラしちゃうのよ!」


そう言って、テーブルを去って行った。


私は、ラーメンを食べながら、ちょっと憂鬱になった。


自分の両親でさえ、『早く結婚しろ!』とは言わないのに、なぜ、ラーメン・レストランの客だけの関係にある私に、そんなことを言って来るのだろうと思ったからだ。


私が1人でいようと、

誰かと交際しようと、

結婚しようが、

私の勝手でしょう?!


そう思ったけれど、彼女は目上の日本人女性だったのもあって、そうは言わなかった。


彼女がそう言って来た理由は、私を見ていると彼女がイライラするわけであって、それは彼女の問題であり、私の問題ではないと思った。


その後、ラーメンを食べたくても、しばらく、そこには行かなかった。


そして、けっこう期間が経ってから、イタリア人の親しい男友達を連れて、そこに行った。


彼女はそこにいて、彼と私を見るや、思いっ切り驚いた顔をした。


そして、すぐに、キッチンにいるラーメン・シェフの夫の所に行った。


彼女が御主人に何を話したのかはわからない。


私には、その当時、男友達達がけっこういて、彼らとは全く恋愛関係に無く、何でも話せて、かつ、良い距離を持てて楽な関係だった。


その中でも、特に親しかった彼を連れて行ったのだけど、彼と2人でラーメンを食べていたテーブルを彼女が通り過ぎる時に私を睨むようにして見て、


「ったく~!」


と言ったのを聞いたので、


これも、彼女をイライラさせるのか~?!


そう思った。


私が1人でいるのを見るのはイライラすると言ったから、男友達を連れて行けば安心してくれるかと思ったけれど、一緒にいるのがグッド・ルッキングなホワイト男性では、もっと彼女をイライラさせてしまうのだろうか?


そんな風にも思った。


彼女は元駐在員の妻だったわけだけど、噂に聞く、駐在員の妻達はプライドが高いとか、いろいろと口うるさいのとは違うと思っていた。


しかしながら、ラーメン・レストランの奥さんに成っても基本的には変らないものなのかもしれない、そう思って残念だった。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月16日 トラックバック(-) コメント(2)

似ていたら隠せない

もと、アーノルド・シュワルツネッガーとマリア・シュライバーの家のメイドで、アーノルドとの間に隠し子を持って騒がれた女性が、Hello Magazine(ハロー マガジン)に話したことがテレビのニュースで語られていた。


それによると・・・、


彼女が息子に、実の父親はアーノルド・シュワルツネッガーだと言うと、息子は、


「クール!(カッコイイ!)」


と言って喜んだそうだ。


隠していたのに、なぜ、隠し子のことが明るみに出たかと言う理由については・・・、


多くの人達が、その隠し子を見る度に、


「アーノルドに似ている~!」


と言っていて、


そんなある日、マリア・シュライバーが、彼女に、


「もしかしたら、あの子、アーノルドとの子供じゃないの?」


と言った感じで訪ねて来たそうだ。


それで、彼女は、隠しても無駄だと思って、涙ながらに、そうだと言ったそうだ。


それを聞いたマリア・シュライバーは、彼女を侮辱したり怒ったりしないで、むしろ同情していたそうだ。


これを聞いて、


さすが、マリア・シュライバー!

やっぱり、違うわ~!


と、私は感心した。


彼女が怒りを感じたのは、メイドではなく夫の方だったのかもしれない。


しかしながら、普通、妻が夫の情事を発見した場合、夫を憎まず、愛人を憎むそうだ。


愛人の女性が夫を誘惑したから・・・、


そんな風に思う場合が多いからだそうだ。


一方、夫が妻の浮気を発見した場合、普通、浮気の相手の男より、自分を侮辱したと思われる妻の方を憎むらしい。


したがって、夫婦のどちらかの不貞を発見し、殺人事件に及ぶ場合、妻は愛人の女性を、夫は妻を殺そうとする傾向にあると聞いた事があった。


彼女は、アーノルドもマリアも良い人達だから、2人が上手く行く事を願っていると言ったそうだが、


これだけ騒ぎが大きくなって、マリアも離婚の弁護士を雇っているわけだし、彼女の願いどおりには行かないような気がする。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月15日 トラックバック(-) コメント(0)

老犬の不安

最近のブブは、クリスマスや新年早々のように、私達が付きっ切りで注意して見ていなければ成らない状態だったのが嘘のように、顔に白い毛が増えたのと歩くペースが遅くなった以外は、それ以前とそんなに変らないほど元気にしている。


子犬の時から、リーシュを強く引っ張って歩いていたが、今では、そんな事も無くなって、むしろ、私達がリーシュを引っ張ってブブを歩かせることが多くなった。


そんな時がやがては訪れるのだろうなぁ、そうなれば楽だろうなぁと思いながら、その時は、ブブが老犬になっていると思うと、苦労しても、なるべく長く引っ張ってもらった方が良いかもと思ったりした。


しかしながら、今は、スローペースになったブブを、


誰にも老いは訪れる、

ただ、犬の老いは人間の数倍も早くにやって来るんだ。


そう思いながら、それを悲しまないで受け入れるようにしている。


ハズは、そんなブブの変化を、ブブが年をとるごとに良く言えば賢くなった、悪く言えばズルクなったと思って、


「遅く歩いたりしているのは演技だよ! まったく~!」


と言って、ブブの老いの変化をしばらく認めようとしなかった。


それが、認めなければならない今は、時々、イライラしたり、渋い顔をしながら、辛抱強く、ブブが歩くのをどうにか待つことができるように成った。


「これから、もっと、もっと歩く速度が、徐々に、徐々に遅くなって行くだろうから、覚悟しておかなきゃね!」


そんな風に私が言うと、ハズは暗い顔をして頭を思いっ切り下げてうなずいている。


私は、ハズが、どんなことがあっても、そして、ブブが、どんな状態に成っても、捨てたりしないのは知っているつもりだけれど、


ブブは、ハズに捨てられるのではないかと言う不安を持っているような気がしている。


その理由に、ブブは、ハズが会社に行く時も、みんなでドライブ中にハズがトイレに行く時も、家の外にゴミを出しに行く時も、とにかく、ちょっとでも、ブブと離れようとすると、かなりドラマティックに鳴いたり吠える。


私が同じような事をしても、ブブは、それと同じ反応は示さない。


ハズは、それに対して、


「君の方がブブと一緒にいる時間が多いから、そのためだろう?! だから、君は絶対にブブから去る事は無いと思っているけれど、俺はその可能性があると思っているのかもしれないなぁ」


と、

私は、


「ブブと私が出会ってから、あなたが現れたから、そのためなのじゃないかなぁ?」


と言っている。


いわゆる、後から来た者の面倒は、ブブが見なければ成らないと思っているのではないかと思ったりするからだ。


私達は犬の心理学者でも無いし、ハッキリした理由は、ブブのみぞ知ることだけど、そして、ブブは私達両方を愛してくれているとは思うけれど、ブブのハズに対する思いは、私に対するのと違うのは間違いないと思う。


そんな最近のこと、ブブがみように遅く歩いたり、歩いて来た道をUターンして戻ってみたりと、ハズにとってはいらつくことが多くあった。


そして、なんとか、家の近くまで来て、とうとう、ハズは耐えられなくなって、ブブのリーシュをはずして1人で歩き出した。


私は、ハズの前を歩いていたので、ハズが私の方に歩いて来るのと、ブブが思いっ切りショックな顔をして立ち止まってハズの後姿を見ているのが見えた。


ハズが私に近くなった時に、


「ハズちゃん、ブブを見てみなよ! なぜ、リーシュをはずしたの~?」


そう言うと、ハズは、ちょっと驚いた顔をしてからブブの方を振り返って見て、


「アイツ、なぜ、立ち止まっているんだ~? 俺を追って走って来ると思ったから、そうしたのに!」


そう言って、ブブの方にUターンして戻って行った。


ハズの言う事は私も充分理解できた。


以前は、ブブが遅く歩いたりすると、私がブブのリーシュを持って、ハズがブブの前を早歩きしたりすると、ブブは、必死にハズに追いつこうとしたものだった。


それが、今回は、リーシュをはずしたせいなのか、どうかはわからないけれど、泣きそうな顔をして、ハズを見ていた。


ハズが近づくにつれて、ブブの顔に安心した様子が見えて来て、ハズが、リーシュをつけると、嬉しそうに一緒に歩き出した。


家に帰って来てから、


「ハズちゃーん、お願いだから、もうあのようなことはしないでー! ブブのあのショッキングな顔をもう2度と見たくないから!」


そう言うと、ハズはちょっと笑いながら何度かうなずいて、ブブの頭や体を撫ぜながら、


「俺がお前を捨てるわけないじゃないかーー?!」


と言っていた。


しかしながら、肉体の衰えを感じているブブにとっては、そのために、捨てられるのではないかと言う不安があるのではないだろうか?


ブブにとっては、リーシュは命綱のような存在なのかも知れない。


それゆえ、外に出る時に、リーシュをつけて私達が一緒に歩く時、ブブは安全を感じているのかもしれない。


7、8歳以上の犬をそれまで一緒にいた家族から引き離す事は、犬にとっては物凄いショックなことで、落ち込んだりする原因に成るとアニマル・レスキューの人から聞いた事がある。


それまでに犬は、家族=命みたいに強い絆が出来てしまっているからだそうだ。


しかしながら、この国でも、年寄りだからと物のようにして捨てられる犬達が多くいる。


それまで、楽しませてくれた犬達に、感謝の気持ちをこめて、老後は家族の愛をタップリ受けて暮らして欲しい。


ブブだけでなく、他の犬達にも!


そう願わずにはいられない。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月14日 トラックバック(-) コメント(6)

マクドナルドの駐車場で暴動

先週の木曜日の夜の9時50分頃、シリコンバレーのサン・ホゼ市のダウンタウンにあるマクドナルドの駐車場で、2つのグループ総勢50人から60人のティーン達が争いあう事件があった。


そして、5人がケガをし、2人がナイフで刺されて病院に運ばれたが、命には別状ないと言う事だった。


警察は、ケガをしたティーンたち以外からも、そうなった経緯を聞きたいが、みんな、その場から逃げ去ってしまったので、ハッキリしたことがわからないでいるようだが、


2つのグループは、ラティーノ(ヒスパニック)とアフリカン・アメリカン(ブラック)だと言う事で、人種差別の争いと見ている。


ハズに、その事を言うと、


「夏休みに入って、どうやって時間を使ったら良いかわからないティーン達なんだろう? きっと! だから、俺は、この国の高校生の夏休みが3ヶ月近くもあることに問題があると思っているんだ」


そう言っていた。


私は、高校生の夏休みが、そんなに長いと思っていなかったので、それを聞いて驚いた。


学期が始まって、そんなに学ばないで、すぐに夏休みになって、3ヶ月も休むから、その前に勉強したことを忘れて、また次の学期が始まると言うスケジュールに大きな問題があると、ハズは言っていた。


「3ヶ月もの休みの間、みんな、どうしているの? バイトしたりするの?」


そう訊くと、バイトする学生達は多く、そのまま、バイトの方がお金も入るし、学校に戻る気持ちも無くなって中退してしまうティーン達もいるそうだ。


そう言えば、この国の高校中退者は確かに多い。


しかしながら、高校中退で仕事を持って、現実と向き合って生活して行くことは厳しいものだと後でわかったりして、中退した事を後悔する人達は多いようだ。


それに、ティーン女子の妊娠も世界1と言われているぐらいで、それゆえ、ティーン・ママも多いわけで、それは、高校の授業時間が短いために、ティーン達がセック〇する機会が増えるためだと過去に聞いたけれど、


それに加えて3ヶ月も休みがあったら、もっと、そうなる確率が増えて、そのために、高校中退しなければならなくなったりするのだろうと思った。


それにしても、いろいろな人種がいるこの国で、それぞれの人種がかたまって他の人種を嫌い、そのために起こる事件を知る度に、悲しくなる。


ましてや、それが、この事件のように、ティーンだったりすると、


この子達の親達も人種差別者なのだろうか?


とか、


親は、自分の子供達に、人種差別は、無知なことで、してはいけないことだと教えていないのだろうか?


と疑問を持ったりする。


しかしながら、


同人種で、いつもかたまって一緒にいる親達を見ると、子供達もそうなっても仕方が無いなぁと思ったりする。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月13日 トラックバック(-) コメント(0)

言葉はいらない、驚くべきタッチのパワー

昨夜のニュース番組で観たことなのだけど、


今、行われているプロのバスケットボールのチャンピオンシップのゲームを例にあげて、同チームのバスケットボール・プレイヤー達がお互いにゲンコツとゲンコツをくっ付けあったり、


勝った時にハグしたりするのは、チームの成績にも大いに反映するのだと、バークレー大学の研究リサーチを基にして言われていた。


それによると、プレイヤー達のボデイ・タッチが多ければ多いほど、彼らはお互いを信頼して、かつ励みに成り、勝つ確率も高くなると言うことだった。


このタッチのパワーはバスケットボール・ゲーム以外の社会生活にも言える事で、


たとえば・・・、


男性が外に立って、アンケート調査目的で、それに強力してもらうために、そこを歩く人達に頼む場合、その人達の肩や腕に軽く触れて頼むのと触れないで頼むのとでは前者の方が圧倒的に人は立ち止まり強力してくれるそうだ。


ドクターも、患者の手や肩に触れるドクターは、触れないドクターより、患者に、ずっと人気があるそうだ。


ウェイトレスも、客の肩などに手を置いたりして触れるウェイトレスは、触れないウェイトレスよりチップを多く貰えるそうだ。


カレッジのクラスを過去に取った時に、そう言えば女性の教授が言っていた。


ボーイフレンドや夫を離したくなかったら、とにかく、体のどこでもいいから頻繁に触るようにするのが1番だと。


しかしながら、愛が冷めて嫌いに成ったら触りたくもないわけで、そうなれば、別れも早く来ると言っていた。


私は、それを聞いた時、


本当に、そうかなぁ~?

人によりけりじゃないかなぁ~?


と思った。


なぜなら、日本人カップルは、アメリカ人カップルと比べると、タッチがずっと少ないように思えるけれど、日本の離婚率はアメリカのより、ずーーっと低いからだ。


もしかしたら、日本人カッップル達は、人が見ていない所では思いっ切り触りあっているのかもしれない。


ハズと私も人前でも、2人に成ってもベタベタはしないけれど、


ハグはしたい時にはするし、夜、一緒に隣り合わせに寝る時は、今でも、必ず手をつないで寝る。


これは、一緒に住みだした頃から変っていない習慣みたいなものだ。


眠ってしまえば、どちらからともなく手を離してしまうようで、朝、目覚めた時に手をつないでいることはないけれど、


もしかしたら、私達が今まで続いているのは、あのタッチがあるからかなぁと思ったりする。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月11日 トラックバック(-) コメント(0)

その後のジジイ

タイトルを『ジジイのその後』にしようか『その後のジジイ』にしようか迷ったのだけど、ジジイより、その後の出来事の方が大切に思えて、結局、後者を取る事にした。


このジジイは、私の過去のブログ『若いアジア人女性が好きなオジサン』に載せたあのオジサンのことだ。


オジサンからジジイに変ったのは、多分、私の中で、彼を嫌う度が高くなったからだと思う。


バレンタイン・デェイのちょっと前までは、毎週末、あれほど、いろいろな若いアジア系(人)女性達がジジイのアパートに来ていたのに、


バレンタイン・デェイの後から、つい最近まで、彼女達も、他のアジア系(人)女性も、1人も見る事が無くなった。


若いアジア系(人)女性達が多く来ていた時には、ジジイはなぜだか自信ありげにハズを見て微笑んでいたりしていたが、ジジイの私に対する態度はそれ以前とは変らなかった。


それがだ、


最近、ハズと一緒に歩いていた時に、反対方向から私達の方に向かって歩いて来たジジイは、ハズとは目を合わせないようにしたが、


私を見て、それまで1度もした事の無い微笑を浮かべ、まるで知人にでも言うようにカジュアルに、


「ハイ!」


と声を掛けて来た。


私は、それに対して、微笑み返さなかった。


そして、プイ!っと顔をそむけて聞こえなかったふりをして歩き続けた。


ジジイが遠くに成った辺りで、ハズに、その事を話し、



「きっもち悪い~~! 今まで、私が微笑みながら礼儀正しく挨拶しても、怒るようにして睨んで、顔をそむけて何も言わなかったり、私が1人でいた時には、汚い言葉を私の背中にはいたりしたのに、何あれ? 急に親しげに声をかけて来て! 私が、何度も意地悪される前にしたようにスマイルして、ハイ!と言葉を返すとでも思ったのだろうか?!」



そう言った。


そして、その後も、また同じような状況で、ジジイが私だけに『ハイ!』と声を掛けて来た。


その時の『ハイ!』は、以前の『ハイ!』より声も大きかった。


ジジイは、以前は、彼の声が小さくて私に聞こえなかったために、私が何も言い返さなかったと思ったのかもしれない。


私は、以前のも、その時のも、ハッキリ聞こえていた。


そして、ジジイが大きくハッキリした声で言っても、私は、強い態度でハッキリと無視した。


その時のジジイの顔には驚きが見えた。


それまで、さんざん私を嫌な気持ちにさせたジジイに、私がされたのと似た事をしただけだ。


それなのに、ジジイは少なからずやショックを受けていた。



自分がされたら嫌な事を他人にするな!!



私は、ジジイに、そう伝えたかった。


過去を振り返って考えてみると・・・・、


ジジイが不安を見せ始めたのは、ハズが私からジジイの差別扱いを聞いてから、ジジイに私がされるのと同じ事をしだしたあたりからだった。


私は、こう言う差別者達をこの国で、けっこう見ていて、そのような人達は、私がアジア人のためか大人しくしていて、ハズに、そんなことがあっても我慢して言わなかったり、


言ったとしても、ハズに無視されるか、ハズが私のために怒ったりしないと思っているようだ。


しかしながら、ハズは私の言う事を信じてくれて、何らかの形で反撃してくれるので驚くらしい。


ハズは言う、



「妻である君を侮辱するのは、俺を侮辱するのと同じことだ!」



と。


そして、私が1人で、


差別されたーー!


と言ったところで、そのような人達は、


私が外国人だから、アジア人だから、英語がネイティブじゃないから誤解したんだ!


そのようにして逃げる事が出来る。


ところがだ、


彼らと同じスキン・カラーのアメリカ人のハズが、


私が差別を受けた!


と思う時には、彼らには逃げ道は無くなる。


それに、人種差別者に限って、そう指摘されると、


「人種差別者なんかじゃない! アジア系(人)の友達がいる(た)! アジア系(人)のガールフレンドがいる(た)!」


こんな感じで言って来る。


ハズは、それに関して、


「友達って、どのくらい親しい友達なんだろう? 実際には友達じゃないのじゃないのか? ガールフレンドやワイフがアジア系(人)でも、アジア系(人)女性に対して人種差別者じゃないとは全く言えない!」


と言う。


私も、アメリカ人男性達で、アジア系(人)女性を下に見れて優越感を感じれるから好きだと言う差別者達がいるのを知っている。


ジジイが若いアジア系(人)女性と一緒にいる時に自信ありげにハズに微笑んだのは、


若いアジア系(人)女性にもてるんだ


と言いたかったことの他に、


アジア系(人)女性が嫌いじゃない、差別もしていない


と言うのを見せたかったのもあるのではないかと思う。


短期間、そのような女性達と付き合って、ジジイがアジア系(人)女性について学んだことは何だったのだろう?


差別扱いしたり意地悪しても、ジジイがナイスになるまで待って、その時が来たら、過去の辛かったことは忘れて両手を上げてバンザイして喜ぶ、私がそれほどまでにシンプルな女とでも思ったのだろうか??



ジジイが、


今までの事は悪かった・・・・


そんな感じで理由も言って謝って来ない限り、彼と私、そして、彼と私達の友好的な付き合いは全く無いと言って良い。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月10日 トラックバック(-) コメント(1)

人と犬の出会い、交通事故、車椅子

人と犬の出会いや生活にも、それぞれのエピソードがあるものだけど・・・、


昨日のニュースで、犬がらみの驚く窃盗事件があって、

それによって、また1つ、私の知る人と犬とのエピソードが加えられた。


場所は、マサチューセッツ州のウエスト・ロックスベリーだったと思うけれど、

そこで63歳の飼い主と幸せに暮らしていた12歳のベルジャン・マリノア犬のラッキーは、後ろ足、両足が使えないので、去年の夏から、犬用の車椅子を使っていた。


       lucky wheelchair


最近の日曜日、ラッキーが外で遊んで家に入る時に、いつものように飼い主の男性は、車椅子をラッキーから外し、玄関の外側に置いた。


そして、また一緒に外に出かけようと思った時には、ラッキーの車椅子はそこから消えていた。


盗まれたとしか思えなかったので、男性は、すぐに窃盗事件として警察に電話した。


男性が、その盗まれたラッキー用の車椅子を買った時は、400~500ドル払ったそうだ。

その金額は、収入のあまりない彼にとっては、とても大きな買い物だったが、今も、新しい車椅子を買える状態ではない。


そして、そのために、ラッキーは、動けない状態に成ってしまった。


そのニュースを知った犬の車椅子などを売る会社の1つは、すぐに、緊急用の車椅子をラッキーに無料で使ってもらい、その後、ラッキー専用の車椅子を作って寄付した。


それにしても、誰が、何の目的で、ラッキーの車椅子を盗んだのだろうか?


しかしながら、ラッキーは、また、外に出かけたりプレイしたり出来るようになって本当に良かった。


ラッキーと飼い主の男性の話はこれで終わりのようだが、2人(1人と1匹)の間には、もっと興味深い歴史があった。


ラッキーの飼い主の男性は、同州のボストンのホームレスの家庭に生まれ、育ち、アーミーに入隊するまで、貧しい生活を強いられた。


その後、コロンビアで人道支援活動の仕事をしていた時に、車に轢かれて道路の真ん中で動けないで横たわっているラッキーに会った。


それが、彼とラッキーの初めての出会いだった。


近くにいた地元の男性(多分、ラッキーのその時の飼い主)が、轢かれたラッキーを処分する人が来るから、そのままにしておけばいいと言ったのに逆らって、彼は、ラッキーを獣医の所に連れて行って助けて欲しいと懇願した。


多くの獣医達はラッキーは助からないと言って診てくれなかったが、1人だけ、やっと診てくれる獣医に会い、診てもらうが、その時は、ラッキーは多くの血を失っていて助かる希望はほとんど無かった。


ところが、奇跡的に、ラッキーは助かった。


その後、彼は、ラッキーの以前の飼い主に会って話をしたところ、ラッキーは癌になり助かった過去があり、その彼の前の飼い主から虐待されていたことを知った。


ラッキーと彼は、彼の仕事の関係で、一緒にガテマラやメキシコにも行って住み、

そこで、ラッキーは多くの不幸な子供達に会い、笑いと喜びを起こさせた。


その時までは、ラッキーは、交通事故の後遺症のために、足を引きずりながら、どうにか歩いたり走ったりしていた。


彼のラッキーに対する願いは、


生きてさえいてくれれば、それでいいんだ!


だった。


そして、一緒に、アメリカに来て住んで、ラッキーの両方の後ろ足は全く動かなくなり、去年の夏から、ラッキーは犬用の車椅子を使い出したそうだ。


彼は、不幸な過去を持つラッキーに自分の過去の人生を照らし合わせたのかもしれない。


そして、飼い主に虐待されても、癌になっても、車に轢かれても、生きたい気持ちで一杯のラッキーに、彼は励まされただろうと思う。


彼は、ラッキーの事を、『自分の人生の光』だと言っていて、


私も、ブブの事をそう思っているので、思わず目が潤んだ。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月09日 トラックバック(-) コメント(1)

セック〇&政治

数日前に、46歳のデモクラット(民主党)の議員のアンソニー・ウィナーが、下着の下でモッコリと大きくなった彼のプライベートの写真を、Twitterでシアトルの女性に送って来たと彼女が公表して、大きく問題に成っていた。


その時は、ウィナーは、彼の名前が男性のプライベートの俗語と同じウィナーのために、誰かが、そのような悪戯をしたのであって、彼は、そんな写真を送ったことはないと言っていた。


しかしながら、その写真は、彼の体の写真なのかをしつこく訊かれると、ハッキリとは答えられず、彼が撮った写真を誰かが編集して送ったのかもしれないと言ったりしていて、ハズとも、


あやしいねぇ~?!


と言っていた。


そして、昨日のブレーキング・ニュースで、


彼、本人が、涙ながらに、彼が自分で撮って送ったと認める会見をした。


彼は、1年ほど前に結婚しているが、結婚前と結婚後あわせて計6名の女性達とネットで知り合って、彼の顔や裸の胸の写真などを送っていたことを認めた。


そんな女性達の中には元ポルノ女優もいたし、他の26歳の女性は、彼と何度かお互いの写真を送りあったが、会った事は1度も無いと言っていた。


彼が送った写真の1枚の胸部の写真を見て、私が、


「彼、なかなか良い胸しているじゃない?」


と言うと、ハズはウンザリした顔をして、


「鍛えたに決まっているよ! そのためにな! 一生懸命、鍛えたんだろうよ!」


そう言った。


私が、


「そう言えば、あなた、私にあなたの裸の胸の写真とか送ってきたこと無いわね~?」


と言うと、ハズはニヤーッとしながら、


「送るわけないよ! そんなことするの、俺のスタイルじゃないもの!」


と言った。


なぜ送ったかに関しては、彼にも、なぜ、そのような事をしたのかがわからないと言っていて、ハズに、それを言うと、


「知っているに決まっているよ! 知らないで送るわけないだろう! ヤツは知っている!」


と自信満々に言いながら大きく頷いていた。


今日、得た情報によると、性的強壮剤バイアグラを服用していたからかもしれないと彼が言っているとか・・・。


彼は、そのような写真を女性達に見てもらいたくて送ったのだろうけれど、実際には彼女達とは会った事が無く、肉体関係も無い事から、妻以外とはセック〇していないと強調して議員の座を降りる気は全く無いそうだ。


しかしながら、彼が後で認めたとしても、嘘を付いたこと、ワイフを傷つけたこと、議員としての名前を利用して、女性達と知り合ったこと、そして、いくら肉体関係を持たなかったと言っても、そのような性的プレイを楽しんでいたことなども考えて、国民達の彼に対する政治家としての不信感は高まっている。


一時は、健康保険に対して情熱的に話して目立ち、ファンを多く持った彼だったが、このスキャンダルで、その人気も下降線を辿るだろう。


ちなみに、彼の次の野望はニューヨーク市長になることだそうだ。


ハズは、






「あそこの写真を撮って送る暇があったら、仕事しろ! 全く、なんのために政治家に成ったんだー?」






と呆れて叫ぶように言って、私は、笑うしかなかった。


ハズは、笑い転げている私を見て、


「そうだろう~? 君も、そう思うだろう?」


と言ったので、私は笑いを堪えながら、


「アメリカ人よ~! どうして、こんなに、アメリカの政治家のセック〇スキャンダルが多いんだろう?」


高級娼婦と遊んだり、メイドと寝たり、他国に愛人を持ったり、インターンにエッチさせたり、私は、






またか~~?

お前もか~~~~?







この国の政治家のスキャンダルを知る度に、そう言いたくなる。


ハズは、頭を振りながら、テレビに向かって、






「仕事してくれよ~! 今の問題だらけのアメリカで、そんなことをしている暇はないだろう~?! たのむよ~!」






と、また叫んで、私を笑わせた。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月08日 トラックバック(-) コメント(0)

Four Seasons ホテルの周り

Four Seasons ホテルと言えば、チェーンのホテルの中でも、特にラグジャリーなホテルとイメージを持っている人が多いと思う。


ハズの昔の同僚の日本人女性などは、Four Seasons以外は泊まらないと言うほど、他のホテルを見下していた。


そのFour Seasonsホテルが、シリコンバレーのEast Palo Alto(イースト パロ アルト)にある。


IKEAがその近くにあるから、私達も、その辺りには行った事があるのだけれど、


周りの住宅を見ると、なんだか寂れた感じと言うか・・・、高そうな家も車も見ない。


その中に、Four Seasonsホテルがデーンと建っていて、ちょっと不思議に思って、そう言うと、ハズが、


「俺も聞いたけど、この辺りはかなり危ないらしい。だから、俺も、この辺りに長居はしたくないんだ」


そう言って、車を走らせた。


昨日のニュースで、その辺りで、ギャングが間違って全く他のギャングと関係のない乗用車に乗っていたヤング・ファミリーを銃撃して、3ヶ月の男の子のベイビーを殺してしまった事件があった。


ベイビーの母親は自分の体を使って、ベイビーの体をカバーしたが助ける事が出来なかったそうだ。


彼女も撃たれて怪我をして、上手く歩けないでいる。


警察に捕まった犯人達は16歳と17歳のティーンの男子達で、1人が、以前に、他のギャング達から痛めつけられたため、そのリベンジに、そうしたそうだが、


全く関係がなくて罪の無い家族を銃撃し、3ヶ月のベイビーを殺してしまったと言うのは許しがたい。


パロ アルトは、スタンフォード大学もあることから、リッチで環境が良いと言われる反面、時には、強盗など信じられない事件もあったりするし、


イースト パロ アルトは環境面で評判が良くないみたいだし、特に、Four Seasonsホテルの周りはギャングが多くて危険だと言われている。


テレビのニュースでも、Four Seasonsホテルと周りの住宅街の様子を見せながら、それらのギャップが話されていた。


それにしても、ギャングがらみの事件で、ひとまちがいで殺されてしまったり、ケガをする人達が何と多いことか?!


私には関係ないから!


では安全は保障されない。


危ないところには近づかない、これしかないかもしれないけれど、ビジネスや旅行で来て、そこのFour Seasonsホテルに泊まる人は、そんな危険な場所だとは知らないかもしれない、それを考えると、


怖いなぁ~ 


と思う。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月08日 トラックバック(-) コメント(0)

ネット・ショッピングで買う母乳

週末は、夜遅くまで、ハズと一緒にテレビを観たりしていたので、今朝は遅めに起きて、いつもの週日の朝のように、テレビのニュースを紅茶を飲みながら観ていたら、


ネット・ショッピングで買う母乳について知った。


知らない他人の女性の母乳をネットでオーダーして、自分のベイビーに与えるらしいけれど、多くのドクター達からは危険信号が出されていて、


その理由は、母乳は血液から作られているわけであるから、他人の血液を通してヘルペスやエイズの原因と成るHIVバイルスをうつされる可能性があるからだそうだ。


ベイビーにとっては、母乳に勝るものは無いと強く言われていても、そのような病気が移るリスクを考えたら、もう1度、母親達は良く考えてみる必要があるように思う。


それにしても、母乳がネットで買えるとは思っていなかったので、ちょっと驚いたけれど、今は、ネット・ショッピングで買えない物など無いのかも知れない。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月07日 トラックバック(-) コメント(0)

破壊的カップル+アルファ

みなさま、週末は、どのように、お過ごしですか?


日本にいる方には、お過ごしでしたか? かな?


ここから、いつものように、カジュアル語に変って・・・(なぜなら、ブログには、そうしようと、ずっと前から決めた事なので・・・・あしからず!)


サンフランシスコ、ベイエリアは、雨が降ったり、お日様が現れたり、そして、また、曇ったりと、いつになく、ぐずついたお天気で、週末は、サンフランシスコに行って、美味しい飲茶でもハズとしたいと思っていた私のプランはお預けになってしまった。


それならば、近所で過ごしましょうと言う事になって、食料品マーケットに行って買い物した。


オーガニックのアプリコットが美味しそうに見えたので、思わず食べたくなって、私が、良さそうなのを1つづつピックしていると、何かが私のお尻の辺りに触れたような気がして、その気に成る方を見ると同時に、





ガシャーーーーーーーーーン!





と何かが割れるような大きな音がした。


なんだ~~~~? 何が起こったんだ~~~~?


そう思って、注意深く見てみると、床に、粉々に成ったガラスの破片と黄色っぽい液体が流れていた。


なぜ、こんな物が?


そう思うと同時に、そこで働いている男性が来て、私を見ずに、そこだけ見て、誰かの名前を呼んで、何か言っていた。


それから、間も無く、ヒスパニックのおじさんみたいな人がほうきなどのクリーニング用の物を持って来て、

その時までに、私が立っていた近くに、グラスの入れ物に入ったレモネードがたくさん並べられてあって、それに私のお尻があたって、下に落として割れた事がわかった。


わざとでなくても、私のお尻があたってそうなったのだから、私の責任だと思い、一生懸命、そこをクリーニングしているおじさんに、


「ごめんなさ~~い!」


と言った。


しかしながら、そのオジサンは私を全く見ず、そのオジサンを呼んだ、そこで働いている男性も私を全く見ず、後から来たそこで働いている男性に、


「やっぱり、ここに置くのは良くないなぁ~・・・」


と言っていた。


私が、


そう言えば、私がアプリコットをピックしていた時は、私の周りに、けっこう人がいたよなぁ~・・・


そう思いながら、


あの割れるような音がした途端、急に、みんな、サーーッと素早くいなくなったなぁ~・・・・


と気がついて、周りを見渡すと、思ったより、多くの人達が、私をジーーーーーッと思いっ切り冷たい目で見ていた。


そこの客のほとんどは、ホワイトが圧倒的に多いのだけど、私をジーーーーーーーッと思いっ切り冷たい目で見ていた人達は、みーーんな、ホワイトだった。


私は、ほんのちょっと、


もしかしたら、割ったのは、私だけでなかったかもしれない、


そう思った。


私は、その音を聞いても、逃げる気持ちには全く成れなかった。


そして、そこは、商品がけっこう高めで知られているし、たとえ、私が、わざとしたことではなくても、私が割ったとしたら、私が支払うべきなのだろうなぁと思った。


しかしながら、働いている人達が私がそこにしばらくいても、全く無視してくれたお蔭で、私は、彼らは、私に責任は無いと言いたいのだなぁと思った。


そんな時、ハズが、プラスティック・バッグに入れた野菜を私の所に持って来た。


割れた音を聞いたかと訊くと、ハズは、野菜選びに集中していたせいか、気がつかなかったと言った。


そして、


「ピッキーちゃーんは、トラブル・メイカーだからなぁ~」


そう言って笑った。


「何、言ってんのよ~! あなたの方がトラブル・メイカーじゃない?!」


私は、そう言って、顔をクシャーッとさせて意地悪な顔をハズにした。


「ピッキーちゃん、俺と一緒に歩かなきゃダメじゃないか~?!」


そう言われて、


勝手に言えばいいわよ!


そんな気持ちで、ハズの横を歩いた。


それから、いろいろカートに入れて、ジュースのある所に行って、ハズが、4本入りのフルーツ・ジュースをピックして、カートの下側に置いた。


そして、カートを押して歩き出すと、





ガシャ、ガシャ、ガシャーーーーーーン!





と物凄い割れるような音がして、私が見てみると、ちょっと前に買ったばかりのガラスの入れ物に入った4本入りのジュースが全て粉々になって割れていた。


その近くにいた、そこで働いている女性がすぐに私達の所にやって来て、ハズとその残骸を見て、笑顔で、


「今、クリーニングする人を呼ぶから!」


そう言って、ハズは、


「そうしてもらうと助かるよ!」


とサラーッと言うだけだった。


そして、呼ばれて来た人は、私が起こした残骸をクリーニングしたのと同じオジサンだった。


私は、そのオジサンに、私達ペアーが、トラブル・メイカーだと思われたくなかったので、ハズに、小声で、


「早く、行こうよ~!」


と言った。


夫婦そろって、同じマーケットで問題を起こしてしまって、ハッキリ言って、私はとても恥ずかしかった。


しかしながら、ハズは、堂々として、


「わざとしたわけじゃないじゃないか~?!」


そう言って笑った。


「そりゃあそうだけど、結果的には物を壊してしまって、お店の損害になったわけでしょう~?!」


そう言うと、ハズは、


「損害になんか成っていないさ! もっと安く出来るのに、高めに値段をつけて売っているに決まっているさ! 気にするな! 向こうは全く気にしていない!」


それにしても、不思議だったのは、ハズが起こした被害は音も含めて私のより大きかったのだけど、だ~~れも、ハズの周りから逃げる人もいなかったし、ハズをジーーーーーッと冷たい目で見る人もいなかった。


私は、それに対して、絶対に差別だ!と言うと、ハズに、


「全くだよな! 弱いヤツラなんだよ! 見かけで他人を判断しようとする。 だけど、俺は、そいつらとは違うのだから、そんなヤツラのことは気にするな!」


そう言われて、私は、


「だけど、働いている人達は、そんな人達と一緒に成って私を苦しめようとはしなかった。それが、たとえ、お店のポリシーだったとしても、そうしてくれたのは嬉しかったから、また、ここに来て買い物しようと思った」


スマイルしながら、そう言うと、ハズも、ニヤーーッとした。


キャッシャーに行って支払いを済ませて、ドアの近くに行くと、クリーニングのオジサンが、ハズと私が残した残骸をきれいに取るために使った同じクリーニング器具を持って、


「エクスキューズ・ミー!」


と言いながら、私達の横を急ぐようにして去って行った。


ハズが、それを見て、


「なぁ~? 他にも俺達みたいのがいるのさ! だから、気にする事はないんだよ!」


そう言ってスマイルした。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月05日 トラックバック(-) コメント(2)

キュートなアジア系女性、看護学生、白のホンダ、駐車場、行方不明

サンフランシスコ、ベイエリアは、アジア系移民達、そして、その子孫達なども多いことから、旅行とか仕事で滞在している人達以外でも、多くのアジア系が生活しているわけだけど、


それもあってか、ニュースなどにも、加害者、被害者にかかわらず、アジア系が関連しているニュースを観る事がけっこうあったりして驚く事がある。


1週間前にも、看護学生の26歳のベトナム系アメリカ人女性が、ヘイワード市のカイザーパーマネンテ病院でのクラスに通っていて、休憩時間に、ケイタイとキーだけを持って駐車場に停めた車に戻ったきり、行方不明になった。


駐車場のセキュリティ・カメラには、彼女が乗っていた白のホンダの乗用車が駐車場から出て行くところは映っていたが、運転しているのが誰なのかは映っていなかった。


そして、数日後に、そこからそんなに遠くないところで、彼女の車が置き去りにされているのが見つかった。


しかしながら、彼女は、今も見つかっていない。


不思議な事に、数ヶ月前だったかにも、フェアフィ-ルド市のチェーンの本屋、バーンズ&ノーブルのカフェで勉強していた看護学生で、同じ位の年齢のベトナム系女性が、駐車場に車を残したまま行方不明になり、数日経って、そこから遠くない所の道路の端に死体で横たわっているのが見つかった。


その彼女の車も、白のホンダの乗用車だった。


彼女が年上の既婚男性と不倫関係にあったため、その男性が彼女を殺したと疑われたが、アリバイがあったので、容疑者リストからは消された。


しかしながら、まだ犯人は捕まっていない。


そして、驚く事に、この2人の女性達には、他にも共通点があって、なんとラスト・ネームが同じLEだった。


2人とも、小柄でキュートなタイプの女性達で、移民の子供達で、家族に何も言わないでいなくなるようなことはそれまでに無かったとのことだった。


病院やチェーンの大きな本屋の駐車場で、そのような事件が起こるとは多くの人は思っていなかったと思う。


それを、犯人、あるいは犯人達は利用したに違いない。


ハッキリしているのは、犯人、あるいは犯人達は、車や金銭目当てでなかったと言う事だ。


クリスマス時期などは、ショッピング・モールの駐車場などで、金銭目当ての引ったくりや強盗事件が起こりやすいと聞いているけれど、このようなタイプの事件は聞いたことが無いし気味が悪い。


この2人と共通点があるような女性は、1人で駐車場に行く時は気をつけた方が良いと思う。


行方不明の女性が生きて見つかる事を願っているけれど、1週間経っても警察に何もヒントが無いと言うのは、かなり難しい状況に成っている。


彼女の従姉妹は、FBIに動いてもらうと言っていた。


この後、他にも被害者が出るかもしれないし、この事件を利用してコピーしようとする犯罪者も出て来る可能性もある。


早く、犯人を捕まえて欲しい、そして、裁いて欲しい、そんな気持ちで一杯だ。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月04日 トラックバック(-) コメント(0)

自転車男と彼の息子

最近、ハズが出張していたり、仕事で忙しかったりで、私は、1人で、ブブの散歩をしなければならないことが多かった。


こんな時は、過去の日記にも書いたように、いわゆる他人からの妨害が多かったりするので、私の神経は数倍も張り詰める。


そして、出かける前にも、


行くぞ~!

気持ちをシッカリ持って!

強い態度で歩くんだ!


そんな感じで、前日、歩いた所となるべく違う所を歩くようにしている。


同じところを歩いて、いつものご近所さん達に会って、挨拶しあったりしたいけれど、そんな生活は求めても無いし、その代わりに、いやらしい笑みを浮かべたり意地悪な目をして、近づいて来る人達を避けるためには、それしかないと思うからだ。


そして、実際に、この方法は、ストレス減少に役立っている。


ところがだ、最近、どこを歩いても、必ずと言って良いほど、大きなサングラスで目をガードして自転車に乗って現れて、私をジーーッと見る男がいた。


見られても、別に何か言って来るわけでもないし、私は気にしないようにしていた。


しかしながら、週日の早い午後などにも会ったりしたので、


仕事をしていないのかなぁ~?

コンピューター関係の人なのかなぁ~?


などと思ったりしていた。


目をサングラスでシッカリ隠していたから、人種に関しては何とも言えなかったけれど、肌の色からアジア系かヒスパニック系だなぁと思った。


外に出ると、


あれっ? また、会った?!


そんな感じで思うことが多くて、私も、


なぜ、急に、こんなに会うのかなぁ~?


と、ちょっと不思議に思っていた。


週末に成り、ハズとブブと外に出て歩き出すと、その男が、いつものように自転車に乗っていて、いつになく、その男の後ろには6~8才位の息子らしい男の子がその子の自転車に乗って彼の後ろを走っていた。


そして、その男は私を以前と同じようにジーーッと睨むようにして見ながら、私達が歩く後ろを走って来た。


ブブが地面を嗅いだりするのに立ち止まって、リーシュをつかんでいたハズも立ち止まり、私は、ハズの車へと歩いて、後ろを向くと、


その自転車父子はハズとブブがいるところを通り過ぎて、私のいるところに近づいて来た。


私は、ハズとブブを待っていたので、ただ、そちらの方を見ていた。


その男が、ただ私だけを見て来るような感じだったので、ちょっと変な気がしたけれど、ハズとブブは彼らの後方にいたので、私は、ただひたすらハズとブブだけを見るようにしていた。


その男が近づくにつれて、何やら厳しい顔をして、その男の子に何か言っていて、その男の子も私を見るようにして、


まるで、私の事を男の子に言っているみたいだけど・・・、

でも、まさか~・・・、

あの人、私のことを知らないと思うし、

私も、あの人、知らないし・・・・


そんな感じで思ってチラッチラッと見ていると、2人がとても近くになって、その男が、私に、呪いの言葉を言って、息子に、


「行くぞ~!」


と怒鳴るようにして、急いで、そこから去ろうとした。


しかしながら、男の子がうろたえて、自転車がふらついた。


父親が、私に、そんな酷い言葉を言って、私が、驚いた顔をしていたので、その子は、私が反撃するかと思って怖くなったのかもしれない。


その男は、イライラした様子で、男の子の自転車のハンドルをつかんで誘導するようにして急いで去って行った。


それから、ハズとブブがやっと私の所にたどり着いて、みんなで一緒に車に乗り込んで、私は、そのちょっと前に起こった出来事をハズに話そうかどうかを迷ったが、せっかくの家族の週末を、その男のために台無しにされたくないと思い、後で言う事にした。


そんなことが起きたとは全く知らないハズは車を走らせて、偶然、その父子の横を走る事になった。


男の子は私達に気がついて、動揺して、また自転車がふらつき始めた。


父親は、


「行くぞ~!」


と、また男の子に怒鳴った。


私は、そんな2人を見て、


一体、この親子、週末に、何をしているのだろう?


そう思った。


そして、男の子が可哀想になった。


父親に連れられて、父親の言う悪い女を一緒に見に行き、父親が彼女に呪いの言葉を吐いて、一緒に逃げる。


その男の子だって、そんな事に付き合いたいわけが無い。


その男が、なぜ、そんなにも私を嫌い、嫌な気持ちにさせたいのかはわからないけれど、あの怒ったような顔からは、幸せには全く見えなかった。


1人で自転車に乗っていた時は、何も言って来なくて、


言いたい時は、息子を連れて来る。


そして、呪った後は、2人で逃げる。


私が、子供であるその男の子の前で、その男に向かって悪い言葉を言えないのを、その男は知っていたはずだ。


子供を、そのような目的で使うのだけは止めて欲しいと思う。


その男が女性卑下者なのは間違いないから、ワイフがいたとして、彼女や息子を虐待していなければ良いけれどと思った。


そして、息子が大人に成って、父親のように行動する傾向にあるのは良く知られていることだけれど、あの男の子には、父親が愚かなことを早く知って、父親のように成らないで欲しいと願うばかりだ。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月03日 トラックバック(-) コメント(0)

夫の嘘

最近、ハズが仕事で遅かったり、帰って来ても、コンピューターと睨めっこして仕事していて、夫婦の会話が少なくなっていたので、週末に、


とにかく、話そう!


と私が提案して、ハズの家族のことや会社の人達のことなどを話した。


それら2つの事に関しては、話しても、いつも結局は同じような結論に成るのだけれど、そうであっても、言葉に出して、やはり、これしかないよねみたいに確認するような感じになると、少なくとも、私は、また気持ちを強く持って気にしないで、その状況の中で生活していく励みみたいになる。


ハズとは、結婚した頃から、2人の間には秘密があってはならない、なんでも正直に言い合おうと言っているのだけど、時々、私は、ハズが、本当に思っていることを口に出さないで、それは、たとえ、私が聞いたら傷つくことだからと思って、そうしていると言え、そんな風に感じる事があって、


「ねぇ~、何か隠しているでしょう~? あなたの心の中で閉じ込めていて、私に話していないことがあるでしょう~?!」


そんな風に訊くと、ハズは決まって、


「何も隠している事なんか無いよ~! 全て話している!」


そう言う。


私が、


「なぜだかわからないけれど、そんな気がして成らないのよ~! 会社の人達の事? 家族の事? それとも、あなた個人のこと?」


そんな感じで、訊き初めて、その1つ1つのトピックについて、さらに詳しく質問して行くと、不思議と、これだ!これだったんだ~!と思うことがある。


それで、私は、会社の人達についてハズが話していたことに、実は、嘘があったことを知った。


その嘘は、私を騙そうとしてとかでは無く、言えば私をもっと傷つけると思ってついた嘘だったのだけど、たとえ、そうであっても、いつも真実を知りたいと言っている私に、なぜ、正直に言わなかったのだろうかと、ハズに対して、ちょっと落胆した。


ハズの会社の同僚達の間では、ここ数年の間、ベイビー・ブームで、あの人も、この人もと言う感じで、ベイビー達が増え続けている。


そして、そんな子持ちの人達は、ハズに、


「いつ、子供を持つつもりなんだ~?」


と言った質問を頻繁にして来たり、プレッシャーをかけて来るそうだ。


特に、移民のボスや同僚達は、夫婦であれば子供は持つものと思っている人達が多いせいもあるのか、ハズも、とことんウンザリしているそうだ。


そして、そんな人達は、私達に、なぜ子供がいないのかについて、いろいろ勘繰って、面白可笑しく噂していたりして、仕事だけしたいハズにとっては、全くイライラするものらしい。


私が、みんながみんな、そうなのかと訊くと、ドイツ人の同僚達は子持ちもシングルも含めて、そんな質問をして来た事が無いそうだ。


私は、ドイツは教育レベルも高いし、仕事は仕事、個人は個人と言った感じがあるからだと思った。


ハズも、


「子供を持つとか持たないとか、それは全くプライベートなことじゃないか~? それなのに、なぜ、あいつらがいろいろと言って来るのかがわからないよ。子供がいないと結婚の証明に成らないみたいな感じでさ。そのてん、ドイツ人同僚達には助かるよ!」


そう言っていた。


結婚しても子供を産むかどうか、そして、子供を持つかどうかは、全くの個人の問題なのに、そうして、周りが、


作れ~! 

持て~!


と言って来るのは全くおかしなことだと思うけれど、このような社会状況だからこそ、子供を持ってから離婚する人達が、この国には多いのでないかと、


そして、うるさくハズに子供を作れと言って来る人達は、子供無しでは結婚生活を続けられないような夫婦生活を送っているのではないかと思ったりする。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月02日 トラックバック(-) コメント(2)

愛の無いセック〇

最近、私と同じように、アメリカ南部出身の年下男性と国際結婚している日本人女性のブログを、なぜだか虫の知らせみたいなものを感じて、ず~~~~っと長い間、訪問していなかったのだけど訪問してみた。


そして、わかったのは、彼らが離婚すると言う事で、とうとう、そうなってしまったかと思うと同時に、


なぜ、今?


そう思った。


数年前までの彼女のブログを読んで、


なぜ、こんな男と離婚しようとしないのだろうか?

子供のためとは言え・・・、


そんな風に思うことが大半だったけれど、彼女から離婚を申し出ることは無さそうだなぁと思っていた。


ハズも南部出身と言う事で、過去に、彼女のブログから知る彼らの結婚生活を話した事があって、ハズは、


「日本人達に、南部男は、みんなそいつみたいに女性卑下で自分勝手だと思われたくないね!」


とか、


「そんなヤツ、本当にいるのか? 彼女が話を作っているのじゃないか~?」


と言うほど、彼のことを嫌っていた。


彼女が彼に出会ってから、彼がブロンドでグッド・ルッキングでと言う事を強調していたから、ルックスだけに惑わされて利用されて不幸に成らなければ良いけれどとは思っていた。


最近、読んだブログでは、やはり、彼から離婚しようと言われて、彼女も受け入れたと知って、彼がそう言わない限り、彼らは結婚生活を続けていたのだろうなぁと思った。


夫婦には、夫婦しかわからないことがあるから、私が、とやかく言うことではないし、たとえ旦那の方が悪人に見えても、彼女は我慢していたとは言え、彼を受け入れていたのだから、どちらが悪いと言うのも避けようと思うけれど、離婚の原因の中で、特に1つ、残念に思えることがあった。


それは、彼らのセック〇についてで、彼女が彼に、彼女とのセック〇が良くなかったのかを訊いて、彼が良かったけれど、時々、拒否されたことに大きく傷ついたと言う事だったのだけど、


彼は、彼女が疲れていても、病気でも、する気分じゃなくても、彼がしたい時に出来ないと、頭に来るそんなタイプの男だった。


そして、どんな理由であれ、彼女は彼に体を与えなければならないと思っていた。


私は、


それじゃあ、彼女は、まるで、彼のセック〇奴隷みたいなものじゃない?!


と思った。


愛していれば、お互いの気持ちを尊重しようとするだろうし、相手が嫌がるのに無理矢理しようとするのは、この国では、家庭内性的暴力として訴える事も出来る。


しかしながら、アジア人女性は男性に従順で、それを裁判沙汰にすることは滅多に無いと思っているアメリカ人男性は多い。


拒否されて傷ついた?!


自分の性的欲望をコントロールする理性が無くて、妻を責める全くの女性卑下の自分勝手な男!


それに、相手がしたくないのにして、楽しいのだろうか?


まるで、妻の体だけを性的欲求のゴミ箱のように使っているみたい。


子供もいるのに、セック〇が思うように行かなくなると愛が冷める・・・、

いや、本当に彼らは愛し合っていたのだろうか?


セック〇が少なくても、何かの理由で無くても、それ以外で、夫婦が繋がっている、そして、愛し合っていることは充分可能だと思う私は、ナイーブだろうか?



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月01日 トラックバック(-) コメント(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。