アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚 留学生活5年目に捨て犬のブブに出会い、その後、今の主人のハズに出会い、3年後に結婚、それからは、波乱万丈のアメリカ生活を送っています。ハズとブブとの会話は英語で、ここでは日本語に訳して載せています。

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > 月別アーカイブ 2010年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

In Love We Trust (2008)(China)

最近、ハズと一緒に観たDVDで、気に入ったのがあった。

『In Love We Trust』と言う中国の映画で、

監督はWang Xiaoshuai

              In Love We Trust

現代の中国が舞台で、そこに住む仲の良いカップルには、妻の前夫との間にできた娘がいる。

娘も義理の父親にとても懐いていて、父親も実の娘のように彼女を可愛がっている。

幸せな日々を過ごしていたその家族に、娘が白血病で長く生きられないと医者から告知される。

そして、少しでも長生きさせたければ、両親が同じである血のつながった兄弟、姉妹の幹細胞(Stem Cell)の移植が必要だと言われる。

しかしながら、その娘の母親は前夫と離婚しているし、彼女の前夫は新しい妻と生活を始めていたので、別れた2人の間に子供を作る事は無理な状況だったが、

母親の娘をどんな事をしてまでも助けたい気持ちは強くなるばかりだった。

そして、たとえ、彼女が前夫との間に子供を作ったとしても、確実に娘を助けれると言う保証があるわけではなく、少しでも長生きさせるのに役立つだろうというものだった。

もし、前夫との間に子供を作ったら、彼女は娘とその子を共に育てることになり、中国の1家庭2人までの法律から言って、新しい夫との間には子供を持てないと言う厳しい現実が待っていた。

娘を助けるために、そうまでして、それだけの理由で、彼女が前夫との間に子供を作るべきなのか、

前夫が承諾したとしたら、前夫と彼の新しい妻との生活はどうなるのか、

娘の義理の父親も、たとえ娘を助けたいとしても、妻が前夫に会い子供を作るためにベッドを共にする事に耐えられるだろうか、

そして、

たとえ、そうして必死に成って娘のためにしたとしても、果たして娘をどのくらい助けられるのか、

そんな事を思いながら、観る事になった。


母親の気持ちはわからないではない、

しかしながら、

それまでして前夫とベッドを共にして子供を作ろうとしたり、

彼女の夫が、いつも彼女の言うとおりに黙って

彼女の言うままにさせようとする気持ちが理解できない


とハズは言った。

私は、彼女の夫がそうしていても苦しんでいて我慢しているのが感じられたし、彼女と娘を愛し、彼女の性格を良く知っているから、そうさせたのだと思ったので、ハズが理解できないのはカルチャーの違いのためもあるのかもしれないと思った。

子供がいない私には考え付かないことだけれど、私が彼女の立場だったら、同じような事をするのは到底無理だと思う。

しかしながら、彼女の気持ちがわからないわけではない。


笑える場面が無く同じトーンが続く映画だが、4人の男女のそれぞれの状況と心の苦しさが、とても上手に描かれていて、派手な映画では無いのに、少しも退屈しないで興味深く観る事が出来た。

ハズはストーリーに関して、


「結局、全ては子供のため・・・・アジアの映画はそう言うのが多いなぁ・・・」


私は、


「確かに、そうかもしれないけど・・・・結局は、夫婦が、どのくらい愛し合い、信頼しあっているかが試される時って感じじゃない?・・・」


そう言うと、ハズは、微笑んで、私の目を見つめて何も言わなかった。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2010年01月31日 トラックバック(0) コメント(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。