アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚 留学生活5年目に捨て犬のブブに出会い、その後、今の主人のハズに出会い、3年後に結婚、それからは、波乱万丈のアメリカ生活を送っています。ハズとブブとの会話は英語で、ここでは日本語に訳して載せています。

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > 月別アーカイブ 2010年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

一緒にいて良かったこと

昨日も、その前日も、そして、今日も、ちょっとした短い地震があり、昨日のが、その中で1番長く、揺れもあって、ブブは、背中の毛を逆立てて低い声で吠えていた。

地震が収まっても心配だったのか、普段なら寝ているのに、コンピューターの前に座っている私を見つめたり、私にお尻を向けて立って、何だか外敵から私を守っているようだった。

休暇の後、ハズが会社に行くようになってから、ブブを1人(1匹)にしたら、可哀想かな~?と思って、なるべく出かけないで、コンピューターに向かっている事が多くて、昨日こそは出かけなければと思っていたのだけれど、地震になっちゃって、余計に出かけられなくなった。

ただでさえ、揺れに弱いブブには私は責任を感じている。

と言うのは、ブブが産まれてから6ヶ月ほどの子の時に、2人(1人と1匹)で車で遠出して、タイヤが高速道路でパンクして、夜遅かったので、開いている所も無くて、しばらく車を走らせなければならなくて、そのために、車が酷い音を立てて揺れた。

ブブは、どうしてそうなったのかがわからないために、ひどくおびえて、運転している私の足元に行って震えていた。

それ以来、道路が良く舗装されていなくて、そのために車が揺れたり奇妙な音をたてるだけで、今でも、ひどく怖がるようになってしまった。

そして、そう言う事があると、決まって、ハズではなく、私の所に来て抱き付いて来たり、私の足元に行って座ろうとする。

それを見る度に、子供の時に受けたショックが原因なのだなぁと思い、ブブに申し訳なく思う。

そもそも、あの時は、計画無しに、2人(1人と1匹)で、当ても無く車を走らせてカリフォルニアをちょっと出てみよう!なんて感じで、車の点検もしないで出かけたからだった。

あの時は、ケイタイも持っていなかったし、ハズにも、まだ会っていなかった。

昨日も、ブブは、地震の揺れのために私を守ろうとし、それでいて、私に守って欲しい風であったので、体全体を抱きしめて、


「マミーを守ろうとしているの~? そうでしょう? ありがとう! 心配しないで! マミーがブブを守ってあげるから! 私達は、今まで、ずっと、お互いを守りあって来たよね~? これからも、マミーを守ってね~! マミーもブブを守るから!」


そう言うと、ブブは安心したかのようで、自分のベッドに歩いて行った。

私は、コンピューターの前に戻り、それから30分後おき位に、そ~っと立って歩いて、ブブをチェックしてみると、安心した顔で寝ていた。

ハズが休暇で、今回は旅行もしなかった私達は、ブブを見る度に、それで良かったのだと思った。

日本や外国旅行に出かけると、その間、ブブはペットホテルで過ごさなければならなくて、決まって帰って来ると、全身の毛が、かたくなっていて、それだけストレスを受けた事がわかるからだ。

今まで、クリスマスやお正月を日本でハズと一緒に数回、過ごしたけれど、今回のクリスマスやお正月は、ず~~っと家にいたから、ブブは、とってもリラックスしていて幸せそうだった。

なるべく私達と一緒にいる事・・・・それが、ブブにとって幸せになるなら、私達は、そうするように、なるべく努力しなければならないと思う。

これって・・・今年の抱負かな?!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2010年01月09日 トラックバック(0) コメント(0)

ブブの近況

クリスマスとお正月の2週間以上の休暇を終えて、ハズは月曜日から仕事に行っているわけだが・・・・

ハズが1番に心配していたのはブブの事だった。


「ブブは、俺が会社に、もう行かなくていい・・そして、家にいて、ドライブして公園に連れて行ってくれるから嬉しいと思っていると思うんだ・・だけど、俺が、また、毎朝、出かけるようになったら、ガッカリするだろうなぁ~?」


私は、ハズの目を見ながら、そうよ~!と言う感じで、頭を何度か上下に振った。


「だから~、会社を辞めて、家で出来る仕事を始めればいいのよ~! そうすれば、私も、あなたと一緒にランチが食べられるし、ブブも安心するし・・・・」


ハズは、また、始まった~!と言う感じでゲラゲラ笑い出した。

私は、そんなハズを見て、


この人、会社を辞めて自分でビジネスを始めるなんて、出来ないのじゃないかな~?


と思ったりする。

夫婦のことは置いといて・・・(笑)

ブブの話にもどして~・・・・


結局、月曜の朝は、それまで遅くに起きていた私には早起きなど出来なくて、ハズとブブに散歩に出かけてもらった。

帰って来てから、ハズがブブの全身をベイビー・ワイプスとタオルで拭いて、私が寝ているベッドに来て、行ってくるよ!と言いに来て、私が真っ先に訊いた事は、


「ブブ、ウ〇コした~?」


それに答えて、ハズは、残念そうに、『しなかった~!』

そして、ハズがドアに向かうと、ブブは、ハズの後に付きながら、激しく吠え出した。


あ~~~、怒っている~! ブブが怒っている~~!!


と思いながら、私は枕に顔を埋めて目をつぶって寝た振りをしていた。

ハズがドアをロックして出かけた後も、しばらく、ドアに向かって吠えているらしかったが、それから、私の寝ているベッドの下に来て、私に吠え出した。


「ねぇ、あなた、知っていたのでしょう? ハズが今日、出かけるって事! なぜ、ハズは私と散歩したのに、私を家に置いて出かけちゃったの~?」


と言っているようで、私も毎回のことながら、どうやってブブをなだめようかと思いながら、結局、


「ベッドに上がっておいでよ! そうすれば、気持ちが落ち着くから!」


ブブは、それを聞いて、さっそくジャンプして、私の足元の方に猫みたいに丸くなって寝だした。

私は、その後、置きだして、いつもと変らない生活をしていたのだけど、ブブは、朝ごはんも食べないで、水も飲むこと無く、ず~~っと、ハズが帰宅するまで、ベッドで寝ていた。

ハズが帰って来た時は、喜び勇んでベッドから飛び跳ねるようにしてハズの前に来て、それはそれは嬉しそうに、尻尾やお尻をクネクネ動かしていた。


「ブブ~、元気そうじゃないか~?!」


とハズが笑顔で私に言って来て、


「あなたが朝、出かけた時から、あなたが帰って来るまで、ベッドで、悲しそうな顔をして寝ていたのよ~!」


と言ったら、ハズも、そうだろうと思ったよ~!と言っていた。

ブブは、今年で11歳に成る。

は、人間より、ず~~っと平均寿命が短いから、なおさら、飼い主達と一緒にいる時間を多くしたいのではないだろうかと思ったりする。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


2010年01月09日 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。