アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚 留学生活5年目に捨て犬のブブに出会い、その後、今の主人のハズに出会い、3年後に結婚、それからは、波乱万丈のアメリカ生活を送っています。ハズとブブとの会話は英語で、ここでは日本語に訳して載せています。

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > 月別アーカイブ 2009年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

Richard  & Mayumi Go To Jail

10月末頃のバルーン事件で有名に成ったコロラド州に住むリチャードとマユミ・ヒーニのアメリカ人と日本人の国際結婚カップルの事件の裁判の結果が、今日、判事によって言い渡された。

2人とも、バルーン事件は、お金を稼ぐためのやらせだった事は、あの事件があって間も無く認めたが、例の無い事件だったため、いろいろと刑罰について囁かれていた。

判決が、いつ言い渡されるかも、私は知らなかったが、今朝、起きて、ちょうどその真っ只中の状況が映し出され、思ったより早くに判決が出るのだと知った。

判決は、

リチャード・ヒーニが90日の刑務所暮らしと4年間の執行猶予、

マユミ・ヒーニが20日間の刑務所暮らしと4年間の執行猶予だった。

当時、逮捕された時に、マユミ・ヒーニが日本国籍のために、逮捕と決まれば国外追放になり日本に帰されて、彼女の3人の子供達にも会えなくなるのではないか・・・・

とも囁かれていたが、それは無さそうだ。

彼らが手をつないで現れた事からも、噂されていた離婚は無いかもしれないが、これから先の2人の関係が、この事件を機にどうなるかを推測する事は出来ない。

この執行猶予とはどう言う意味なのかとハズに訊いたら、2人とも刑務所を出た後の4年間は、国外はもちろんのこと、他の州にも、あるいは他の郡さえにも行く事が出来ないと言う事だと言っていた。

それはそれで彼らにとっては辛いものがあるだろうと思う。

あれほどまでに、コロラド州どころか、アメリカ内を騒がせたわけだから、今後、嫌がらせなどを受けたり、

特に、3人の子供達は、まだ親から独立できる年齢ではないから、学校などで、イジメに会う可能性が大いにあると言われている。

そんな不安がよぎらないでもないが、これからは、リチャードとマユミ・ヒーニが、どれだけ責任を持って子供達を守って行くかにかかっているだろうと思われる。



この事件を知らない人達のために、事件があった当時に過去ブログで書いた記事を参考までに載せると・・・・

<RichardとMayumiの国際結婚>

私達がフロリダにいた時に、毎朝、起きてから出かけるまでにホテルの部屋のテレビをつけると、必ず話題になっていたものに、

Baloon Boy(バルーン・ボーイ)』のニュースがあった。

私も、初めて、それについて観た時には、何が何だかわからない状態だったのだけれど、チャンネルを変えて何度も観ているうちに、内容がはっきりして来た。

そして、その事件に関係した夫婦が、私達のようにホワイト・アメリカ人の夫と日本人妻で、アメリカで、国際結婚し暮らしているという事から、身近に感じられた。

私は、今、現在、残念ながらアメリカ人夫と日本人妻と言った国際結婚カップルとの交流は全く無いから、こうして、ニュースやブログなどで知るそう言ったカップルについては、確かに興味がある。

さて、知らない人達のためにも、事件の内容を大まかに書くと、

1週間位前に、巨大バルーン(風船)の製作者で所持者であるコロラド州在住のRichard Heene(リチャード・ヒーニ)から、

彼の3人息子の内の1番下の6歳の息子、Falcon(ファルコン)が、その巨大バルーンの中に入っているのを知らず、空に飛ばしてしまったとテレビ局に電話があった。

その後、彼の妻であり、その男の子の母親であるMayumi Heene(マユミ・ヒーニ)から警察に息子を助けて欲しいと電話があり、

コロラド州の警察もテレビ局もミリタリーも、その子を助けるために、バルーンを2時間ほど追う事になった。

その経費は、なんと2ミリオン・ドルだとか・・・・

そして、やっと、バルーンが地面に降りた時に、中を確認してみたら、その男の子はいなかった。


それじゃあ、その男の子は、どこに???????


と誰もが思い始め、捜索を始めたかどうかは知らないけれど、

その2時間後に、

その子の父親のリチャード・ヒーニが、息子は家の屋根裏に隠れていたと発表した。
       
その後、リチャードと以前に一緒に仕事をした人達などから、あれは、ヤラセだったと思うと、次から次へと意見が飛びかった。

そんな時に、家族全員が一緒に自宅にいる時の、テレビでのその男の子への質問、


なぜ、屋根裏に隠れていたのか?


に対して、その男の子、Falcon(ファルコン)は、


ショーのためにした


と発言した。

その後は、父親のリチャードが、その子に代わって、ベラベラベラとテレビの彼の息子に対する質問が息子を混乱させたとかと言ったが、

その子は吐いてしまったりして、誰もが不信に思い出した。

そして、それを機会に、警察は、それについて真剣に調査し始めた。

そして、それから間もなくヤラセだったと、ほとんど確信した所で、彼らの家のコンピューターなどを没収し、リチャードとマユミを別々にして警察署で尋問しだした。

ここまで行くと、誰もが、やっぱりヤラセだったのかと思いだした。

そして、リチャードとマユミが、どこで、どのようにして出会ったかから警察も調べだし、

彼らはハリウッドの俳優養成所で知り合い、

その後、私は観た事がないけれど、Wife Swap(ワイフ・スワップ)と言うリアリティ・ショーに夫婦で2度も出演して、お金を稼いだ事が判明した。

その後、リチャードが、リアリティ・ショーの製作者に、彼のバルーンを使ってのリアリティ・ショーを提案してみたが却下され、

その後に、この事件が起きた。

それゆえ、この事件は、いわゆるリアリティ・ショーのプロモーションとして使われたと思われている。

昨日のニュースで、

マユミが、警察に、全てはヤラセだった、子供達全員に演技するように言った事を認めた。

リチャードとマユミは、今は、別々に弁護士を持っている事から、場合によっては、親権をめぐっての夫婦同士の戦いに成る事も予想される。

2人とも刑務所に入る事に成ったら、両方とも親権を失う事になるとも言われている。

ハズは、彼らが今まで犯罪歴が無さそうな事から、良い弁護士さえ見つければ、刑務所行きは無いだろうと自信を持って言っている。

しかしながら、

夫婦が元のさやに収まるとは思っていない。


<2.リチャードとマユミの国際結婚>

結局、『バルーン・ボーイ』の事件がヤラセだった事がわかり始めると、リチャードとマユミの結婚生活はどんな風だったかにまで興味が広まったようだった。

そして、

自己制作したバルーンを使って、テレビのリアリティ・ショーにしたかったリチャードの、

あるいは、

リチャードとマユミが子供達を使ってまでも、バルーンを宣伝したかった理由は何だったのだろうか?

と、みんなが興味を持ち始めた。

『Wife Swap(ワイフ・スワップ)』と言うテレビのリアリティ・ショーに彼らは2人で出演して、お金を稼いだものの、その後は、特別に、お金が入って来る事は無かったので、

自分達の生活のために、大きな賭けをしたのではないかとか、

リチャードが、彼の知人達の話によると、かなりの目立ちたがりやで、有名になる願望が物凄く強かったからだとか、

その両方のためだろうとか、

いろいろと、リチャードについて話され出した。

そして、

彼が『ワイフ・スワップ』に出演した時に、とても怒りっぽくて、突然、物を投げたりして怒りを爆発させた面を見せた事からも、

実際に、家庭でも、自分中心で、妻や子供達に対して精神的にせよ肉体的にせよ、その両方にせよ、暴力的で虐待者だったのではないだろうかとも言われだした。

警察のレポートからも、

5,6ヶ月前に、彼の家で、激しい怒鳴りあいが聞こえたために、近所に住む人が警察に通報して、警察が彼らの家を訪ねてみると、

マユミの目の辺りが痣になっていた事も公表された。

その時、彼女は、それは、彼女がコンタクト・レンズをつけていなかったために転んで作った痣だと言って、夫の暴力を否定した。

それが、今になって、彼女は夫の暴力を隠すために事実を言わなかったのではないだろうかと疑問が持たれている。

今、現在、リチャードとマユミは別々に弁護士を持っているため、

リチャードが彼女を、あるいは、彼女と息子達をコントロールし虐待していて、

そのために、バルーン事件も、むしろ脅されてやった事だとかとマユミが言ったとしたら、

リチャードの立場は圧倒的に弱くなり、彼は親権を失い、彼女が親権を得る確率は高くなる。

しかしながら、

マユミが、事件をヤラセだと知っていながら、警察に電話して嘘を演技した事に関しては、リチャードの共犯者として扱われる可能性は強い。

リチャードの知人達も近所に住む人達も、今のところ、誰1人として彼の事を良く言わないのは、私は、むしろ、残念に感じた。

今後は、もっと彼らの結婚生活について、いろいろと報道されると思うと、同じアメリカで国際結婚生活をしている者として、複雑な気持ちに成る。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

2009年12月24日 トラックバック(0) コメント(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。