アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚 留学生活5年目に捨て犬のブブに出会い、その後、今の主人のハズに出会い、3年後に結婚、それからは、波乱万丈のアメリカ生活を送っています。ハズとブブとの会話は英語で、ここでは日本語に訳して載せています。

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > 月別アーカイブ 2009年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

少年や男性が必要とするヘルプ・ライン

今日は、いつになく雨が降っている。

この雨は日曜日まで続くらしい。

最近、急に、とても寒くなって来たと思ったら・・・雨か~~・・・・

カリフォルニアのドライバーは、雨の日のドライブに慣れていない人が多かったりするから、危なくて仕方がない。

だから、ハズにも、くれぐれも気をつけてドライブするように言った。

ハズは、雨どころか台風が来る南部で生まれて育っているから、全然、平気だと言っているけれど、危ないドライバーが多くいるから、そんなドライバーに近づかないで欲しいと思う。


「車間距離を充分おいてね~!」


そう言うと、わかった、わかったと言っているけれど、普段の彼のドライブを観ていると、車間距離が近過ぎて、ヒヤ~~ッとすることが度々あるから、雨の日になると、何度も何度も「車間距離を・・・・!」と言ってしまう。


さて、ハズが帰宅してから、一緒に買い物に出かけた時に、車の中でラジオを聴いていたら、

ベイエリアには、女性がレイプされた時のためのヘロプ・ラインがあって、

レイプされた事を公に出来なかったり、

それによって体は回復しても、長い間、精神的に苦しんでいる女性達が

電話をしてカウンセリングを受けられるように成っているらしいのだが、


最近、ベイエリアでは、少年が男性に、あるいは、男性が男性にレイプされるケースが多くなっていて、その場合、恥ずかしかったり、誰にも言えなかったりで、かなり深刻な問題になっているそうだ。

そう言ったレイプの犠牲者達になった男性達のために、男性のためのヘロプ・ラインが必要に成って来ている。

そして、少年や男性が、そう言った事について話せるのは男性と言う事になり、ヘロプ・ラインの男性ボランティアを募集している。

サンフランシスコは、ゲイが多くて有名だけれど、サンフランシスコ及び近郊で、そう言った問題が急増しているの知ってショックだった。


ハズに、男性が男性にレイプされた場合、他人には言いたくないと思うのだろうかと訊いたら、

酷い屈辱だろうと言っていた。


レイプ犠牲者になった女性達で、ヘロプ・ラインによって自殺を考えずに生きて行こうと思った人達も多いと聞いている。

男性の犠牲者達も、そのラインによって、救われる日が1日も早く来る事を願いたい。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

2009年12月12日 トラックバック(0) コメント(4)

優しさの影にあるもの

手術で悪い所を切ってしまえば、それで済むと思っていたけれど、私の病気が、そんなに簡単なものではないと、最近つくづく思い知らされて、今まで、大きな病気などした事の無いハズも私も、私の病気にウンザリしているわけだが、

私は、たとえ、病気に邪魔される生活でも、家でゴロゴロして文句を言っていればいいけれど、ハズは、仕事があるし、家事も今までより多くして、ブブの世話も任されることが多くなっているから、私より、違う意味で、もっとストレスを感じているかもしれない。

医者が与える治療薬のために、手術後から、ず~っと週末は、私は寝たきりみたいになっているから、ハズもストレスを解消できる場所が無いと言っていい。

私は私で、強気が完全に弱気になって、ハズと一緒でなければ出かけるのも不安になる。

これは、肉体的と言うより、精神的だと思うけれど、

考えてみたら、動物は、怪我をしたり、病気になると、なるべく他者から隠れようとするから、そう考えると、今の私の状態が理解できるような気がする。

・・・・そして、自分の事を人間としてではなく動物として考える自分を可笑しく思う。

昨日は、医者が私の状態をチェックしたいからと言うので行って、ハズに待合室で待っていてもらって、治療が終わったので、待合室に行って、ハズを見たら、

なんだかとっても暗い顔をしていて、かなり疲れているのだなぁと感じた。

私の前では、そんな顔を見せないのに・・・・

そう思うと、私の病気が与える影響は私だけでなく、ハズをも、こんなにも苦しめているのだと思った。


私は、今回、こうして、病気に成ったことによって、過去を振り返り、

ハズと結婚してから、いろいろな問題が、次々と、これでもか、これでもか~と押し寄せて来たような気がして、

ただ愛し合っていると言うだけでした私達の結婚は、果たして・・・・

などと、ほんのちょっと頭をかすったけれど・・・


考えてみたら、ハズだって、私と結婚をしたために、今のところ、病気はしていないけれど、家族の断絶とか、他にもいろいろな問題に直面しなければ成らなくなったとも言える。

悪い事があると、思わず、今までに経験した他の悪い事なども考えて、それらを積み上げて、そして、悪い事ばかりあったように思うけれど、

ハズと出会ってからの10年以上の間、楽しかった事も山ほどあったわけだ。


私が、ガーガー、不平を言うと、ブブは、ビックリして、私のところに飛んで来て、前足を使ったり、キスをしたりして、まあ~まあ~!落ち着いて~!みたいな感じで接して来て、それでも、私のガーガーが止まらないと、ハズを見て、助けを求めて、

それを見たハズが、ブブに、優しく、


「心配しなくていいんだ! マミーは、ちょっとストレスを感じているだけだから・・・・」


と言ってブブを安心させていて、

なんだか私が、とってもビッチーになっているような気持ちになるわけだけど、

それと同時に、


私、何、言っているのだろう?


と思って、恥ずかしくなったりする。

それなのに、ハズは、黙って受け止めてくれて、わかる、わかるよと理解してくれる。

昨夜は、ディナーの後に、私は疲れてベッドに行って、ハズが背中を優しくマッサージしてくれているうちに、私は服を着たまま眠ってしまった。

ハズが、ブブの散歩に行くからと言って、ちょっと目が覚めたけど、起きられなくて、そのまま寝ていて、ハズが帰って来てからも起きられなくて、

午前3時近くにハズが、


「ピッキーちゃん、もう3時近くだよ~・・歯を磨かなければ駄目だよ~!」


と言って目を覚ますと、ハズが私の横で肘を突いて私を見下ろすようにしていて、私を何とか起こすために、それまで、寝ないでいたのがわかった。

私が起きるまでの間、何度もキスしてくれたり、後ろからハグしてくれたりしていたのは知っていたけれど、私は、それまで起きられなかった。


ハズちゃん、今日は特に朝早くに起きなければならないのに・・・今まで寝ないで・・・・


そう思って起きて、歯を磨きながら、


ハズがいつになく、とっても優しくて・・・

しかしながら、

その影に苦悩が見えて・・・・


このまま、甘えてばかりではいけないと思った。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2009年12月12日 トラックバック(0) コメント(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。