アメリカのテレビで観た映画 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカのテレビで観た映画 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > アメリカのテレビで観た映画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

EASY RIDER (1969)(USA)

最近、と言ってもワールドカップやNBAファイナルズが始まる前だったけれど、偶然、テレビで、5月末に亡くなったデニス・ホッパーが1969年に監督し、脚本とキャストにも加担した

『EASY RIDER』(日本名はイージー ライダー)がテレビで始まる所に出くわした。


              EasyRider.jpg              


私は、この映画をしっかりと最初から最後まで観たことが無かったし、映画史上にも残る作品だと前々から聞いていたし、それに、故デニス・ホッパーに、


オジチャン、個性的な俳優だったよね~?! 

死んでも忘れないよ~! 

この機会に、オジチャンの有名な映画、観るからね!


そんな風に心の中で話して、疲れて、ちょっと眠かったけれど、観る事にした。


ハズは、この映画をビデオだと思うけど観た事があって、前々から、


「あの映画は、ルイジアナ住民をとても悪く描いているから好きじゃない」


と、ルイジアナを愛するハズは嫌な顔をして言っていたけれど、私がデニス・ホッパーの作品に敬服を示したいのと彼を忘れないために観ると言ったら、そうだなぁ・・・と賛同して、隣に座って観出した。


1960年代の個人の自由を主張する西海岸に住む2人の男(ピーター・フォンダ&デニス・ホッパー)はメキシコからコカインをロサンジェルスに密輸して大金を得る。


そして、その大金をハーレー・ダビットソンのタンク内に隠し、年に1度のマルディグラが行われるニューオリンズを目指して旅に出る。


途中で、それぞれの生活を楽しんでいる農民達やヒッピー達とも時を過ごしたり、ひょんな事から、留置場に入れられてしまったりする。


       easy rider 70-1


その時に、酔っ払いの弁護士ジョージ(ジャック・ニコルソン)に会い、留置場から出してもらい、一緒に、ニューオリンズへ行く事に成る。


ルイジアナ州に入り、小さな町のレストランに入って3人が食事をしようとして、テーブルを囲んで座っていると、若い女の子達は、彼らがモダンでクールに見えて、興味しんしんだが、


地元の男性達や警察達は自由に振る舞っている彼らに対して嫌悪を示し、差別的な言葉を発して話し、


       easy rider 77


彼らは、何も食べずに、そこを出る。


そんな差別を受けるとは思っていなかった2人に、ジョージ(ジャック・ニコルソン)は、こんな風に言う。



「アメリカと言う国は、いつも、自由の国だ!とか、自由が欲しい! 自由が必要だ~!と叫んだりしているけれど、実際には、自由に行動する事を怖れ、自由に行動しているヤツを見るのが嫌なんだ! そして、そんなヤツに嫌悪し嫉妬するんだよ・・・」



その台詞を聞いた時、


ハズも私も、一瞬、顔を見合ってしまった。


そして、ハズは、


「今も、ほとんど、そうじゃないか~?」


そう言ったので、私は、


「結局、この国は、そんなに変っていないってことよね~?!」


その夜、彼らは、その町の男達から襲撃を受ける。


そして、彼らは、自由を求める彼らに対してのアメリカの拒絶と現実を、いやおうなしに知ることに成る。


ハズは、映画が終わって、すぐに、


「結局、この映画は戦争反対を意味しているんだ!」


そう言った。


この映画の怖いシーンは、レストランでの差別シーンと最後の銃撃シーンだと思うけれど、どちらのシーンも、ルイジアナ州のその町の住民達が演じているそうで、余計に怖くなる。


とにかく、どちらにしても、恐ろしいほど真実味に溢れていたから。


1969年のカンヌ映画祭では、この映画は高く評価され、賞も受けていて、ジャック・ニコルソンは、アカデミーで、ベスト・サポーティング・アクターにノミネートされたそうだ。


脚本はフォンダとホッパーも加担し、フォンダがプロデュースし、ホッパーが監督し、2人でメインで出演していると言うのも、2人のこの映画に対する情熱が感じられる。


ヒッピー・ヴィレッジのシーンに出ている子供達の1人は、ピーター・フォンダの娘のブリジット・フォンダで、彼女の初の映画出演だったそうだ。


1960年代のカリフォルニアのヒッピーとドラッグ・カルチャーが主張した戦争反対と自由が、他州では嫌悪となる。


この国では、


知らなければ、傷をおう・・・・


いや、傷だけ無く、


命さえ落とす事になる。


そんな怖いメッセージがあるように思った。



デニス・ホッパーは、意外と多才な人で、私も、ヨーロッパのいくつかの都市で、彼の写真作品を観た事があるけれど、なかなかのものだったので、いつも感嘆していた。


彼の出た映画を全て観た訳ではないけれど、彼が出ている映画で私が好きなのには、


デーヴィッド・リンチの『BLUE VELVET』と、


       Dennis-Hopper-BlueVelvet.jpg


トニー・スコットの『TRUE ROMACE』


              True_romance.jpg


がある。


ホッパーが亡くなる数ヶ月前に、ハリウッド・フェームに選ばれて、ジャック・ニコルソンと現れた時に、癌の末期だと聞いて、痩せ細って車椅子に乗っている彼を見て、長く生きられないのを予想したけれど、


それでも、ホッパーは、渋く、かっこよかった。


       easy rider 50


天国で、足が自由に成って、こんな風にハーレイを飛ばしているのじゃないかな~?


そんな風に思えて成らない。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2010年06月23日 トラックバック(0) コメント(0)

『A Place In The Sun』(陽のあたる場所)(1951)(USA)を夫婦で観て

最近、ハズと一緒に、テレビで、1951年のアメリカの白黒のクラシック・フィルム『A Place In The Sun』(陽のあたる場所)をベッドに寝転がりながら観た。

監督はジョージ・スティーブスで、彼は、この映画でオスカーを手にした。

モンゴメリー・クリフト演じる貧乏青年が、同じ工場で働くシェリー・ウィンタース演じる同じく貧乏な女性に手を出し、妊娠させてから、エリザベス・テイラー演じるお金持ちのお嬢さんと恋に落ちて悩み、

       a place 57

           (モンゴメリー・クリフトエリザベス・テイラー

貧乏な女性をお腹にいるベイビーと一緒に殺害する計画を立てるが・・・・・・・

          a place 50

           (モンゴメリー・クリフトシェリー・ウィンタース

そんな貧乏人の男性の愛と野望と良心の葛藤みたいのが描かれているのと、エンディングが納得の行くものであるのとで、昔の映画であっても、私は、何度、観ても、感動できる映画の1つだ。

ハズは、映画館で観ているわけではないのと、私が、白黒の昔の映画であるのに黙って観ているので、邪魔をしたくなるのか、映画のキャラクター達の言い方を真似して笑ったりするので、私が、


「ハズちゃ~ん! せっかく良い映画を観ているのだから邪魔しないでよ~!」


と言わざる終えなくなる。

映画の中で、モンゴメリー・クリフトシェリー・ウィンタースが泳げないのを知っていて、殺すために、誰もいない湖に行こうと誘うシーンがあるのだけれど、その時に、ハズが、


「ピッキーちゃ~ん! 誰もいない美しい湖を知っているのだけれど、週末にでも、一緒に行かないか~い?」


と、気味の悪い顔を作って私に訊いて来た。

私は、幼い時に溺れかけたことがあって、それ以来、泳がないし泳ぎたいとも思わない。

ハズは、それを知っているから、わざと、そうして訊いて来るのだ。

シェリー・ウィンタース演じる女性が、利用されても、男性を信じて、思いのままに成って行く姿を観ながら、ハズと私は、


「かわいそうだね~・・・良い女性なのに・・・・」


と言って同情した。

ハズが、


「なぜ、こいつ(モンゴメリー・クリフト)は、働き出してすぐに、身近の女性に手を出しちゃったんだ~? もうちょっと待てば、全てが上手く行っただろうに~・・・バカな男だよな~・・・・」


と言ったので、私は、


「初めて母親から離れて1人に成って、全てが新しくて、不安や孤独感があったりしたのじゃないのかな? それに、若いし・・・・あなただって、LA(ロサンジェルス)に行って仕事を始めたばかりの時は、まずは彼女が欲しいと思って、いろいろと声を掛けていたって言っていたじゃない?」


そう言うと、ハズは、


「そんな事ないよ~・・・・」


と言いながら、顔をベッドに埋めて、私を笑わせた。

エリザベス・テイラーは、子役から映画界に入って、この映画が初めての大人の女性の役だったそうだ。

輝くような美しさで、彼女が現れただけで、画面が一気に明るくなるような、そんなオーラが出ていたねぇとハズと話した。

ちなみに、数日前の芸能ニュースで、彼女は30歳以上年下のジャネット・ジャクソンのマネージャーの男性と結婚したそうだ。

彼女は、過去に、何度かの結婚と離婚を繰り返していて、最後の離婚をした時には、もう絶対に、結婚はしないと言っていたが、今回も、愛しているから結婚する事にしたと言っていて、さすが大女優!そんな風に思った。

彼女の年齢や30歳以上の年の差のある男性を選んだこと以外に、周りが彼女の結婚に驚いたのは、彼がアフリカン・アメリカン(ブラック)だったと言う事もある。

しかしながら、いくつになっても、恋が出来て、何をも障害に思わない彼女は、女優以外にも、特別な女性であるような気がする。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年04月19日 トラックバック(0) コメント(-)

Temple Grandin (HBO Film)(2010)(USA)

昨日の日記の中でも書いたテンプル・グランディン女史のHBO映画をテレビで、週末、偶然、観るチャンスを得て、ハズと一緒に最後まで観たわけだが・・・・

本当に良い映画だった、

観て良かった~!

と、今も、そう思う。

テンプル・グランディン女史は、ずっと前に1度、ニュース番組で観た事があって、彼女の人並みはずれた頭の良さと才能、そして、人間の大きさと個性の豊かさに圧倒され、今まで見た事も会ったことも無い女性として驚き、深く敬服した事は憶えていた。

              CDTG 66

映画が始まって、大好きな女優の1人、Claire Danes(クレア・デーン)が演じると知って、意外な配役だったので、正直言って、


彼女に、テンプル・グランディン、出来るのかなぁ・・・・?


と、思ったぐらいだった。





クレアちゃん、見事にテンプル・グランディンに成りきって、熱演、力演、好演、演、演、演・・・・!

彼女が本当のテンプル・グランディンに、映画が始まって間も無く見えて来て、全く違和感が感じられないほどだった。


クレアちゃん、今まで、きれい役が多かったけれど、こんな役も出来るのね~~!!

来年は、オスカーにもノミネートされるほどの映画の役が付くかも?!


と思うほど、クレア・デーンは、まさしく、役者としての新境地を開いたようだった。


監督は、Mick Jacksonで、

ストーリーは、自閉症を持つ動物学者、畜産学者、心理学者、そして作家でもある実在の女性、テンプル・グランディンがモデルで、

1940年代後半から1950年代のテンプル・グランディン(クララ・デーン)の子供時代は、その当時、ほとんど知られていなかった自閉症のために、他の子供達から離され、特別な施設で勉強をしなければ成らなかった。

       CDTG70-1.jpg

そして、高校で、彼女の才能を理解し、暖かく見守る科学の先生(David Strathairn:デヴィッド・ストラザーン)と出会い、大学に行く事を薦められる。

他人と協調することが出来ず、個性が強いために変人扱いされ、友達もいなかった彼女にとっては、彼女を理解しない人間達との交流は辛いものでしかなく、伯母(Catherine O’Hara:キャスリーン・オハラ)の牧場で牛や馬と一緒にいる方が、ずっと落ち着き平和で心地良かった。

              CDTG80.jpg

それと同時に、彼女は、牛や馬達と特別な繋がりを感じ、牛達がと殺される時に受ける強いストレスを理解し、何とかして、そのストレスを和らげられないだろうかと模索する。

そして、大学に行き、変人扱いされ苦しみながら、彼女は、その研究に打ち込んで行く。


映画の中では、彼女がどのように物事を見て感じるかが描写されていて、とても興味深いのと同時に、彼女の事をもっと良く理解するのに、とても役立つ。

彼女の母親役に知的で綺麗でステキなJulia Ormond(ジュリア・オーモンド)が演じていて、自閉症の娘を持ち、苦しみながらも、誇りに思っている母親を熱演している。


クレア・デーンは、すでに記したように、今までで最高の演技を見せているように思った。

それは、多分、彼女も、テンプル・グランディンのように、とても頭が良く知的だから演じられたのだと思う。


彼女の良き理解者の科学の先生を演じたデヴィッド・ストラザーンは、こう言う役が、とても合っていると私は思うし、彼が、この役を演じてくれて嬉しかった。


HBOフィルムだから、映画館では観る事は出来ないと思うが、アメリカでは、リピートされて、まだ観ていない人達にとっても観る機会はあると思うし、

日本でも、ケーブル・テレビのチャンネルで観られると思う。

本当に良いストーリーだし、キャスツも最高だし、とても良く出来た映画だと思うので、私からは、絶対、お薦め!


映画を観終わって数日経っても、ハズと私のテンプル・グランディンに対しての感動は冷める事は無い。


頭が、人並みはずれて良いから、動物の気持ちまでも理解できる、そして、自閉症と向き合い、あらゆる差別に合いながら、自分が情熱を持てる事に打ち込み、やがては世間に認められ尊敬されるようになる。


彼女は、

自閉症の人達にとっても、

女性達にとっても、

動物を愛する人達にとっても、

夢を追いかけている人達にとっても、

そして、

それ以外の全ての人達にとっても、

尊敬に値する人物だと思う。

       CDTG70.jpg

       (左がテンプル・グランディン、右がテンプル・グランディンを演じたクレア・デーン


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2010年02月11日 トラックバック(0) コメント(0)

SHUTTER (シャッター)(2008)(USA)

お正月早々、昼間にテレビを付けたら、ちょうど、『Shutter』(シャッター)が始まるところだった。

映画のインフォを見てみたら、2008年のアメリカ映画でアメリカ人カップルがハネムーンと仕事を兼ねて日本に行って、女性の幽霊に取り付かれる・・・みたいな事が書かれていて、ホラー映画は、あまり興味が無いけれど、日本の映像が観れるのはいいと思って、観出した。

ハズに、


「ねぇ、日本が舞台なんだって~!」


と叫んだら、ハズもテレビの前に来て、私の横に座って観出した。

日本の方は、この映画のことを知っているのだろうけど、私は、ホラー映画は滅多に観ないのもあって知らなかった。

監督は、Masayuki Ochiai

       shutter movie photo

ジョシュア・ジャクソン演じるベンとレイチェル・テイラー演じるジェーンは、アメリカで結婚式を挙げて、ハネムーンとベンのファッション誌のカメラマンとしての仕事を兼ねて、一緒に日本に飛び立つ。

そして、夜にジェーンの運転でコテージに向かう途中で、道の中央に立っている女性(Megumi Okina)を避けられなくて轢いてしまう。

すぐに、その場所へ戻ってみるが、そこには女性の死体らしきものは全く無かった。

コテージで夜を明かし、翌朝、コテージの外で写真を撮って見て見ると、写真に白い光の線みたいのが入っていて、ジェーンは奇妙に思う。

その後、ベンの仕事場である東京に移るが、ジェーンが車で轢いた女性がポッ、ポッと現れだし、ジェーンは怖れると同時に、心霊写真の謎について調査し始める。

そして、その女性の幽霊はジェーンだけでなく、ベンやベンのアメリカ人の仲間のカメラマン達の所にも現れ出す。

それを奇妙に思うジェーンだったが、実はベンが1人で東京で仕事をしていた時に、日本人通訳の女性と関係していて、彼は彼女を愛していなかったが、彼女が一方的に彼に夢中になり、ストーカーのようになり、その後、彼女が行方不明に成っている事を過去の事だとベンから聞かされるが・・・・


私は、心霊写真、怖いなぁ~と思ったけれど、ハズは全然、怖くないみたいだった。

映画の途中で、私が、


「アメリカ人の男達が、絶対に、彼女が幽霊になって現れるのに関係しているのは間違いないわね~!」


と言ったら、ハズも、


「そうでもなければ、幽霊に成って出て来ることはないだろう!」


と同意していた。

ベンと幽霊と成る前の通訳の女性の付き合っている頃のシーンは、小柄で純な(ベンは無知と言っていたが)日本人女性の通訳をベンが遊んで、女性の方が夢中に成ったのが良くわかったが、

最初から手を出して遊んだベンが悪いと、ハズも私も思った。

それと同時に、彼女が通訳であるのなら、多くのアメリカ人や外国人男性達と会う機会が多かったはずなのに、なぜ、アメリカ人男の心理を読めず遊ばれちゃったのかも不思議だった。


「こう言う映画を観ると、アメリカ人男は日本人女性の敵みたいに見えるから、日本人女性達はアメリカ人男性達に気をつけるかもね~!・・・そして、日本人男性達は、ヒッヒッヒッと微笑むかも~?!」


と私が言ったら、ハズは笑っていた。

そのシーンの中で日本人通訳の女性がベンの肩や首のあたりに後ろから抱きついているのを観て、私なんか嫌がるハズに、日に何度も、そうして楽しんでいるから、ちょっと恥ずかしくなった。

生きている頃も、ベン一筋で、幽霊に成ってからも、ベン一筋の日本人彼女を観て、


「ねぇ、これをアメリカ人男性達が見たら、日本人女性って、怖いほど、しつこいなぁって思って、気をつけるようになるかしらね~?」


とハズに言ったら、笑いながら、


「そうかもな~・・・国を変えても、付いて来られるのだから逃げようがないものな~・・・・」


悪いヤツには罰を与えねば・・・・

私は、そう思うタイプなので、ラストは、あれで良かったのではと思う。


それにしても、アメリカって、お正月早々、どうして、こんなホラー映画をテレビで観せるのだろう?


私は、その意味でも、カルチャーの違いを感じた。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


2010年01月06日 トラックバック(0) コメント(0)

Isn't She Great (2000)(USA)

テレビをつけたら、ちょうどIsn't She Greatと言う映画が始まるところだったので観出したら、結局、最後まで観てしまった。

2000年の映画だから、劇場公開になった時には、私はすでにアメリカで生活していたはずだが、この映画については観た事も聞いた事も無くて全く記憶に無かった。
              
              IsntSheGreat.jpg

主演がBette Midler(ベット・ミドラー)とNathan Lane(ネーサン・レーン)だったので大人の恋愛ドラマかと思って観出したのだけれど、観るうちに、ただそれだけでは無い事がわかり、その点でも興味深かった。

映画は、実在したアメリカの女流ベストセラー作家として1963年から1974年まで活躍していたJacqueline Suzann(ジャクリーヌ・スザンヌ)のキャリアと人生をドラマ化しているが、

彼女について、ほとんど知らない私にとっては、実在した彼女とベット・ミドラーが演じた彼女を比べることは出来ない。

ベット・ミドラー演じるジャクリーヌ・スザンヌは、若い時に、女優を志すが、ブロンドでもなく、グラマーでもなく、毒舌なために、なかなか役につけないで悩んでいた。

妻子のいる年の離れた先輩男優と情事を続け、やがては、彼が離婚し、彼女と結婚する事を期待して待っていたが、妻にわかり次第、彼は彼女に一方的に別れを告げ去って行ってしまう。

そんな彼女をNathan Lane(ネーサン・レーン)演じるエージェントのIrving Mansfield(アーヴィング・マンスフィ-ルド)が、密かに長い間、片思いしていて、彼女が1人で不運に落ち込んでいる時に、愛を告白し、やがては結婚する。

結局、マンスフィールドによって、彼女も、少しづつ役をもらったり、テレビのコマーシャルに出たりするが、それは、彼女にとって成功とは言えなかった。

とにかく、何かで成功して世間に認めて欲しいと希望する彼女の願いを叶えるために、マンスフィ-ルドは、彼女に彼女の経験を基に本を書くことを勧める。

彼女は、2冊目の本『Valley Of The Dolls』で、ベストセラー作家となる。

そして、それは、後に映画にもなった。

彼女の書く本に関しては、当時は、スキャンダラスな文章と言われたりもしたが、それまでにない斬新なストーリーが圧倒的に女性達の読者の人気を得た。

家庭的にも夫の暖かい愛にも恵まれ、自閉症の息子が施設に滞在している以外は、何も悩みなどないように見える彼女だったが、

作家としての頂点で、乳癌を告知される。

彼女の夫、マンスフィ-ルドと本のエディター以外は、その事を知らず、彼女は死ぬまで書き続ける。


映画の中では、たとえ仲の良い夫婦であっても、彼女の成功のためにギクシャクしたり、乳癌を隠しながら、人前では強く明るく元気一杯に振る舞う彼女がいるが、

全体的には、暗さをなるべく見せないようにしている。

その意味で、彼女の病気よりも、彼女の成功と幸せに、ずっと光を当てた映画とも言えると思う。

それもあって、誰も真剣に泣くシーンなどは無い。


良く言えば、お涙ちょうだい的なシーンは無い。

悪く言えば・・・・演じるキャラクター達の苦悩をしみじみと感じたい人には、現実味がなく軽く観えてしまうと思う。


映画館で観たかった~と言う映画ではなく、午後のテレビで観た映画だから、それなりに楽しめたのと、実在の女流作家、ジャクリーヌ・スザンヌについて、大まかに知ることが出来たのは良かった。


そして、私には、彼女の生き方で1番に学んだ事は、病気をして、それが、たとえ死につながるものであっても、黙って、それだけのために、時間を費やしてはいけない、

死を怖れることなく、生きている間に、人生を思いっ切り楽しみ、燃焼して、後悔の無い人生にするべきだと・・・。

泣いても笑っても、確実に時は刻まれて行くのだから!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村



2009年12月17日 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。