ラジオで聴いた事 アメリカ 犬連れ 国際結婚

ラジオで聴いた事 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > ラジオで聴いた事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

アーノルド・シュワルツネッガーのスキャンダルで個人の結婚生活を話すアメリカ人達

2日ほど前にドライブしていて車の中でラジオを聴いていたら、カリフォルニアで、今1番話題に成っている俳優で、前カリフォルニア州知事でもあったアーノルド・シュワルツネッガーの浮気と隠し子発覚について、一般アメリカ人既婚者達が、ああでもない、こうでもないと、自分達の結婚生活の話も交えて話していた。


運転している間だけだったから、私は途中から聴いて最後まで聴く事は無かったけれど、それでも、いくつか面白い話を聴いた。


ラジオだから、顔を出さなくても良くて、名前もファースト・ネームだけで良いし、その名前さえ本当の名前でなくても良いとあって、気軽に電話して来て話す人達が多くいた。


女性の1人は、結婚して6人の母親だそうだが、彼女の夫がセック〇好きで、毎晩、したがるそうで、彼女は子供達の世話で、とても疲れているのだけれど、浮気されたくないために、夫の要求を受け入れているのだと言うと、


ラジオ・キャスターが、


『そりゃあ、そうでしょう! そうでなければ、6人も作れないもの!』


と言うと、彼女は、マリアが妻として、夫のアーノルドの肉体的要求を受け入れなかったから、彼が浮気したのだとマリアを責めていて、私は思わず首をかしげた。


後で、ハズに、その彼女の話をすると、ハズも、


「それは違うだろう~! そんなシンプルな理由で、ああなったとは思えないなぁ~」


と首を傾げていた。


それに、彼女が意思に逆らってしたくもないのに、夫とはいえ男性の肉体的要求を受け入れるのが妻として当然のことと言った、まるでセック〇奴隷みたいな態度に、ハッキリ言って私は憤慨した。


しかしながら、その後で、他の女性が、夫が浮気をするのを妻のせいにするのは全くおかしなことで、彼女の場合、夫がするべきゴミ捨てなどをしなかった場合、セック〇しなかったりするけれど、夫は浮気したことなどないと言って、


なんだ~、私と似ている人がいるじゃない?


そう思えて、車の中で1人で笑った。


ハズがゴミ捨てしないからエッチはお預けなどと言うパターンは私達には無いけれど、ハズの思いのままになんて、私がなるわけないことをハズもよーーーく知っていると思うからだ。


50代初めの男性の1人は、みんな、男は浮気するものだと言うけれど、彼は結婚してから浮気などしたことがなくて妻を愛しているのに、


彼の妻が彼よりずっと年上の男性とすでに2度も浮気していて、全く理解できないのだと話していた。


そして、彼は顔も良いし、スタイルも20代の時から変らない、いわゆるグッド・ルッキングなのに、妻が、よぼよぼの年上男性、いわゆるジジイと浮気するのがわからないと何度も言っていた。


ラジオ・キャスターが、なぜ、彼は、そんな妻と離婚をしないのかと訊くと、彼は、妻を愛しているからだと言い、キャスターが、


『君の妻は、君と離婚したいから、そうして浮気しているのかもしれないよ・・・』


そう言っても、彼は、それを否定し、自分がグッド・ルッキングなのに、離婚する理由など無いと思うと言った。


そこまで聞いて、この男性はナルシスト的な所があって、結局、妻を愛していると言いながら、実は、自分の見かけに酔っているような薄っぺらな子供っぽい所があるから、妻が、夫より精神的に大人に見える年配の男性と浮気するのではないだろうかと思った。


それに、彼が言うには、あまりエッチもしないそうで、それも、彼が浮気しないのと、彼女が浮気するのと関係があるようにも思えた。


彼は、結婚生活にとって彼の見かけがとても大切だと思っているようだったけれど、現実的に考えると、それだけでは結婚は長続きしないと思う。


他の男性も、彼は浮気したことがないけれど、妻がハワイ旅行のために他の男性と寝て、しかしながら、子供3人の面倒をみてもらわなければならないから離婚できないと愚痴っていた。


それに対しては私はちょっと驚いたので、後で、その彼の話をハズにすると、


「俺だったら、そんなことがあったら、即、離婚だ!」


と言っていた。


私が、どうして、彼は、そんな妻と、いくら、子供達のためと言え、離婚しないのだろうかと言うと、


ハズはちょっと考えるようにして、


「多分、金が無いのだろう・・・離婚すると、妻に全部もっていかれると思っているからだろう! そんなヤツ、この国には、けっこういるからな」


そう言った。


離婚となると、常に、金銭問題が大きくからんで来るこの国だから、そんな人がいるのかもしれない。


しかしながら、愛しあっていない両親がそのために一緒にいるのを子供達は見たくないのではないだろうか?


私は、ふと、そんなことを考えた。


そう言えば、その他の男性達で、アーノルドより隠し子の母親を尻軽女として責める人達が意外と多かった。


その1番の理由は、彼女がアーノルドと肉体関係を持ち、その子を妊娠した時は、彼女は他の男性と結婚していて、すでに3人の子持ちだったからだ。


そして、既婚男性の浮気は許せても、既婚女性の浮気は許せない男性達が多いと言うことだった。


それに、彼女が魅力的な女性でなかったために、彼女の方がアーノルドを思いっ切り誘惑しなかったら、そんなことは起きなかったに違いないと思う人達が多かったのもあるようだ。


アーノルドのスキャンダルを通して、自分達の結婚生活をあらためて考えた人達が多かったようだった。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

2011年05月23日 トラックバック(-) コメント(0)

ペットの肥満は動物虐待の罪になる

数日前に、ハズとブブと一緒にラジオを聴きながらドライブしていていたら、

ペットと飼い主をめぐる興味深いニュースがあって、ハズと盛り上がってしまった。

イギリスで、5歳になるペットのボーダーコリー犬が理想体重の2倍の体重になり肥満で歩けないほどになって、その犬の飼い主は、動物虐待の罪で罰せられた。

オフィサーが、その犬の飼い主である62歳に成る男性のフラット(アパート)を訪問して見たところ、フラットの中の床には、犬の便が一杯、転がっていて、彼が、その犬を外に出して散歩させていないのが明らかだった。

オフィサーが、彼に、犬のダイエットを真剣に考え、獣医の所に行ってアドバイスを受け、伸び放題の犬の爪を短くし、散歩に連れて行くことを約束させたが、

その後、同じフラットに住む住人から彼と犬についての電話があり、また訪問してみると、同じ状態で、犬は、もっと太っていた。

飼い主の男性は、犬が太った事に関しては、インフルエンザにかかったからとか、彼も彼を訪ねる友達達も、犬が可愛くてしょうがなくて、スナックをたくさんあげたからだとかと言っていたが、

この先、彼は飼い主として見込みは無く、彼が犬を、それほどまでに太らせた原因は、全く犬の事を考えない世話の放棄として、動物虐待の罪で法的に罰することを決定し、

犬は、彼から取り上げられ、動物愛護のトレーナーによって適切な方法で世話をしてもらって、10kgの減量に成功した。


そして、アメリカでは、これも、偶然ながらボーダーコリーの雑種犬のストーリーで、

1年ほど前、ウィスコンスン州の非常に寒い夜に、飼い主に外に出されたまま放棄され、歩道にいた11歳に成るその犬を見た数人の人達からアニマル・コントロールかSPCAに助けてあげて欲しいと電話があり、

オフィサーが行って見た所、犬は凍っていて動けないでいた。

普通のボーダーコリーの3倍もの大きさに太っていたその犬は、脂肪が他の犬と比べて多かったために生き延びる事が出来たが、

飼い主の59歳になる女性を犬をそれほどまでに太らせた事と寒い夜に犬を外に置きっ放しにした行為は真に残酷な行為だったとして動物虐待の罪で罰し、その犬を彼女から取り上げ保護する事にした。

そのニュースを聞いた何百人もの人達が、1番遠い所ではスペインからも、その犬を飼いたいと要望があったが、今は、同じ州に住む女性と彼女の家族と共に第2の人生(犬生?)を送っている。

1年前には53kg近くあった体重も、今では35kgほどになり、18kgの減量に成功している。

その理由は、バランスの取れた食事と充分な散歩と・・・・家族から与えられる愛のためだと思う。

              jiffy frozen dog

まだ、標準体重に近づけるために減量は続けなければならないそうだが、

1年ほど前までは不健康で不幸せだった犬が、今では健康になり、愛され元気に幸せにしていると言うニュースはハズと私の雨で沈みがちな気持ちを明るくしてくれた。

Never Too Late !(決して、遅くない!)

私も努力して、健康を目指すぞ~!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


2010年01月27日 トラックバック(0) コメント(0)

少年や男性が必要とするヘルプ・ライン

今日は、いつになく雨が降っている。

この雨は日曜日まで続くらしい。

最近、急に、とても寒くなって来たと思ったら・・・雨か~~・・・・

カリフォルニアのドライバーは、雨の日のドライブに慣れていない人が多かったりするから、危なくて仕方がない。

だから、ハズにも、くれぐれも気をつけてドライブするように言った。

ハズは、雨どころか台風が来る南部で生まれて育っているから、全然、平気だと言っているけれど、危ないドライバーが多くいるから、そんなドライバーに近づかないで欲しいと思う。


「車間距離を充分おいてね~!」


そう言うと、わかった、わかったと言っているけれど、普段の彼のドライブを観ていると、車間距離が近過ぎて、ヒヤ~~ッとすることが度々あるから、雨の日になると、何度も何度も「車間距離を・・・・!」と言ってしまう。


さて、ハズが帰宅してから、一緒に買い物に出かけた時に、車の中でラジオを聴いていたら、

ベイエリアには、女性がレイプされた時のためのヘロプ・ラインがあって、

レイプされた事を公に出来なかったり、

それによって体は回復しても、長い間、精神的に苦しんでいる女性達が

電話をしてカウンセリングを受けられるように成っているらしいのだが、


最近、ベイエリアでは、少年が男性に、あるいは、男性が男性にレイプされるケースが多くなっていて、その場合、恥ずかしかったり、誰にも言えなかったりで、かなり深刻な問題になっているそうだ。

そう言ったレイプの犠牲者達になった男性達のために、男性のためのヘロプ・ラインが必要に成って来ている。

そして、少年や男性が、そう言った事について話せるのは男性と言う事になり、ヘロプ・ラインの男性ボランティアを募集している。

サンフランシスコは、ゲイが多くて有名だけれど、サンフランシスコ及び近郊で、そう言った問題が急増しているの知ってショックだった。


ハズに、男性が男性にレイプされた場合、他人には言いたくないと思うのだろうかと訊いたら、

酷い屈辱だろうと言っていた。


レイプ犠牲者になった女性達で、ヘロプ・ラインによって自殺を考えずに生きて行こうと思った人達も多いと聞いている。

男性の犠牲者達も、そのラインによって、救われる日が1日も早く来る事を願いたい。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村



2009年12月12日 トラックバック(0) コメント(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。