国際結婚 アメリカ 犬連れ 国際結婚

国際結婚 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > 国際結婚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

そこでは食べたくない?

シリコン・バレーのサン・ホゼ市のヌード・カフェが問題に成った事は載せたけど、


ハズと、それについて話していて、私が、


「子供も入れるカフェだからアルコールは出していないようよ。だけど、コーヒー一杯でベトナム人あるいはベトナム系の若い女性のほとんどか全ヌードの下着姿を観れるのだから、もっといろいろオーダーしたくなるのじゃないかなぁ。長居するために!」


そう言うと、ハズは苦笑いしていた。


「食べ物もあると思うの。ベトナム・ヌードルのフォーとかチャージオとか、そう言ったものも客達はオーダーしているのかもね」


と笑いながら言うと、


ハズは、渋い顔をしてから、


「・・・俺だったら、そんな所で、食べたくないなぁ~」


と言って、いや~な顔に成った。


「え~~っ? そう~~? どうして~? 女性のヌードを観てお腹すいたりしないの~?」


そう聞くと、


「そんなところで出される物に何が入っているのかと考えただけでも食べる気に成らないね!」


「そう言うものかなぁ~? 性欲と食欲とは比例するとかって聞いたけど」


そう言うと、ハズは、顔をクチャーッとさせて、本当に嫌そうに、


「あそこの毛とかが入っていそうじゃないか! 飲み物もオーダーしたくない。 コーヒーに毛がとか・・・・俺、吐きそう」


「客は女性の毛をも観に行っているわけだから、コーヒーに毛が入っていても嬉しいのじゃない?」


ハズは、そこまで聞いて、


「いいか~! この話はこれで終わりだ! いいな~!」


そう叫んだ。


女性のヌードを観ながら食べる気に成らない、

そう言うものなのかなぁ~?!



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

2011年09月15日 トラックバック(-) コメント(2)

近くにいたいけど話したくない

週末に、ハズと一緒に日本食料品を売るジャパニーズ・マーケットに行った。


その日の目的は、いつものように食料品を買う他に、そこのフードコートでランチを食べる事だった。


ブブの散歩をしてから着替えをしないで、そこに行ったので、私の服装は全くカジュアルで、バッグも持たず、20年ぐらい前に買ったトラベルやアウトドア用の小さなポーチみたいのを首に提げていた。


お腹が空いていたので、食べてからショッピングしましょうと言う事に成って、お互いに何を食べるか決めてから、ハズがオーダーしてお金を払っている時に、私は、テーブルについた。


テーブルが長く続いて置かれていたところしか開いていなかったので、なるべく両側にいる人達から距離がとれる所に私は座っていた。


ハズは、オーダーしたからと言って私の向かい側に座った。


払った所で待たなくていいの?と聞いたら、ナンバーを呼ぶから大丈夫だろうと言った。


そして、なにやら2人で話していたわけだけど、ハズの後ろ側にホワイト男性が立っていて、みように真剣な顔をして私を見ていた。


私は、知っている人かなぁ?と思って見つめると、その男性は、目をそらして、ウロウロ歩き出して他のテーブルを見たりしていた。


誰かと待ち合わせでもしているのかも。。。。。


そう思って、またハズを見て話し出すと、また、その男性が同じようにして私を見ていた。


フードコートにいた人達を見回すと、誰も、ハズと私のような異人種カップルはいなかったので、もしかしたら、それが彼に興味を持たせた理由だったのかもと思った。


私達のナンバーが呼ばれなくて、どんどん上のナンバーが呼ばれて行ったので、ハズは、受け取る所に立って行った。


ハズがいなくなっても、その男性は、私を無表情で見ていた。


もしかして、この人、変質者?

早く、ハズ、戻って来てくれないかなぁ~


そんな風に落ち着かないでいると、間も無く、ハズが私達のオーダーした物をテーブルに運んで来た。


その男性は、ハズと私が食べる物を首を上下左右に動かしながら、とっても興味ありげに見ていた。


私達が食べだしても見ていて、急にいなくなったと思ったら、その男性は、私の隣に座ろうとしたが、ハズと目が合って、結局、私の隣の隣の椅子に座った。


そして、彼の娘らしい幼い賢そうな少女に彼の正面に座るように言い、彼のワイフらしい女性に、その娘とハズの中間、ハズの隣に座るように言った。


その時は、他にも、空いているテーブルがけっこうあったので、ハズも私も、ちょっと驚いた。


ハズは、彼のワイフをチラッと見て、彼女は、座るのを躊躇った。


しかしながら、娘も彼の方も座っているし、その場で何も言いたくないようだった。


彼女は、日本人のようだった。


彼と彼女は、それぞれ別々の所からオーダーした物を持って来て、そこで食べ始めた。


彼は、娘とは話していたけれど、ワイフとは話さなかった。


彼女は、私が彼女を見ても、私とは決して目を合わさず、テーブルに置かれた私のポーチだけをしばらく見つめていた。


そして、急に立って、黙って、その彼と私の間に彼女の大きなバッグを投げるようにして置いた。


ハズと私も、それまで一緒に話していたけれど、あまりにも彼らが近くにいるので、何となく話し辛くなった。


それゆえ、ただ食べ終わる事に専念し、そこを早めに去った。


そこで買い物を済ませた後、ハズが、


「家族だけで座れるテーブルもいくつか空いていたし、他の大きなテーブルも空いていたのに、よりによって、俺達のすぐ隣に座ると言うのはどう言うことだ?」


と言ったので、


「彼女は座りたくなかったと思うの。私と目を決して合わそうとしなかったから」


そう言うと、ハズは、


「俺とも話したくないみたいだった」


「彼は、あの前に私達をとことん観察していたから、彼が決めた席と言う事よね。だけど、理由はハッキリとはわからない。ただ、考えられるのは、子供がいる以外は私達と同じ状況だったから、最初は、私達と話がしたいからなのかと思ったけど」


それを聞いて、ハズは、


「男も女も、全然、そう言う風には見えなかった!」


「同じ感じの状況のカップルが2組一緒にいるように見えた方が安全と思ったとか。客のほとんどはアジア人かアジア系だから」


そう言うと、ハズは、首を傾げるだけだった。


私が彼女を見たのは、彼女と話すと言うより、日本風の目で微笑むみたいな挨拶がしたかったからだった。


だけど、彼女も私と同じで、そうしても、他の国際カップルの日本人女性達から睨まれたりして嫌な思いをしたのかもしれない。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年09月14日 トラックバック(-) コメント(0)

スイカで仲直り

3連休も、後もう少しで終わろうとしている。


土日以外に月曜もお休みなんて、3日も続けてお休みで嬉しいなぁ~!


と金曜日にはウキウキしていた私だったが、


この3連休はハズとはずーっと一緒にいたけれど、遠出もしなかったし、特別なことは何1つしなかった。


いつものように、と言っても、場所は違っても、ブブの散歩をし、テレビを観て、家で食事した。


土曜の夜は、ハズに夕食をお願いしたら、35ドルも出してワイルド・アラスカン・サーモンを買って来て、ネットで見つけたレシピーを見て、料理していたが、


チリ・ペッパーがたくさんかかっていて、表面がこげたわけではなくてもスパイスの関係で黒くなったものを出されて、私は、ちょっと不機嫌に成った。


せっかく、素材の良いものを買ったのに~!


そう思ったからだ。


ワイルド・アラスカン・サーモンのピンク色が食欲をそそるのに、黒くされちゃって、かわいそう~!


そして、


素材が良いのに、スパイスでそのナチュラルな美味しさを隠してしまった~!


プラス、


35ドルも出したのに~!


そう思ったからだった。


これなら、塩とコショーとレモンだけでも、充分、美味しいのに~!


なんだか、サーモンを信じないで侮辱したみたいな気持ちになって、ハズに頭に来た。


ちょっと眠くて疲れていたから、確かに、私も、機嫌の良い時ではなかったのもあって、その不満を思いっ切り顔に出してしまった。


ハズは、


「悪くないだろう~? サーモン? どう思う?」


そうさっそく聞いて来て、私は、ハズの顔を見ないで、


「OK~って感じ! ところで、この黒いのは、こげているって事~?」


ぶっきらぼうに、そう聞くと、


「こげてなんかいないよ! それはスパイスさ!」


そこまで聞いたら、私は、もっと詳細を聞きたくなって、


「どんなスパイス?」


「チリ・ペッパーとオレガノと・・・・・・・」


「チリ・ペッパーの味は言われなくてもわかるけど、他のは全く味がしないわね~!」


そんな感じで、やり取りして行くうちに、私は、思っていることを隠せず不満げに話すと、ハズは大きな声で、


「わかったよ~! 君が、この料理が好きじゃないことが!」


そう叫んだ。


私は、なぜ、好まなかったかを話すと、ハズは鼻をすすり始めた。


見ると、泣いてはいなかったが、悲しそうな顔をして下を向きながら、残ったサーモンを食べていた。


私は、


「正直に言っただけで、あなたを責めているわけじゃないのだから、そう感情的に成らないで欲しいの」


ハズは、


「君を満足させるのは、とても難しい事なんだ・・・」


私は、私の食べ終わったお皿を持って、キッチンに行った。


その後、30分ほど、2人の間に沈黙があったが、ハズが、


「スイカが半分、残っているけど、食べたいか~?」


と聞いて来て、私は、


「お腹一杯で食べれそうもないけど~・・・・」


と言ったけど、ちょっと考え直して、


「その半分を、ここに持って来ればいいじゃない? そして、一緒に食べたいだけ食べようよ~!」


そう言うと、ハズは半分になったスイカとスプーンを2つ持って来た。


一緒に、それぞれのスプーンでスイカを掘りながら食べて、私が、


「う~~ん、美味しい~!」


と言うと、ハズは嬉しそうに微笑んだ。


その夜は、その後も、何も無かったように穏やかだった。


日曜は、土曜のサーモンについての言い争いについて話して、それ以上、それについては話さない事にした。


今夜は、ハズが、また、お料理に挑戦。


気を取り直しての挑戦で、今も、お料理中。


ディナーがミッドナイトになる可能性ありだけど、今夜は、私も文句を言わないつもりでいる。


なぜなら、スイカはもう無くなってしまったから!



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年09月06日 トラックバック(-) コメント(4)

2.ジャップ!と言った人

昨夜、ハズと2人で別々のコンピューターを目の前にして、ハズは仕事関係の事を、私は、ブログをチェックしていたら、ハズが私の方を向いて、


「へい!今日はブログに記事を載せたのか?」


と聞いて来た。


私は、ブログの内容を言いたくないなぁと思いながら、ちょっとためらってから、


「・・・・載せたけど・・・」


そう言うと、


「何について載せたんだー?」


と聞かれた。


私は、


最近、私がブログに何を書こうが聞いて来るなんて事は無かったのに、

なぜ、今夜に限って・・・・


そう思いながら、


ブログ、読んでみたら?


と言いたくなったが、そう言っても、日本語がほとんどわからないハズに言っても無理だし、それは意地悪だなぁと思って、


嘘を言っちゃおうかなぁと思ったけれど、


嘘は言いたくない、

言いたくても言えないなぁ~・・・・


と思って、言う事にした。


「日本人男性にジャップ!と言われたこと!」


そう言うと、ハズは目を真ん丸にして驚いていて、


「バナナを買うために行ったところで~・・・あなたは気がつかなったし、私も言わなかったけど」


そう言って、事の成り行きを話した。


その間、ハズの目が、私を見つめながら、どんどん悲しそうな目になって行って、


だから、言いたくなかったんだ~・・・

やっぱり、言わなければよかったかも・・・・

でも、ここまで話しちゃ、全部話さなければならないなぁ~


そんな風に思いながら、全て話した。


ハズは、一瞬、下を向いて辛そうな顔になった。


「日本人に言われたことは初めてでショックだったけど、そう言うヤツもいるってことなのよね~。あんなヤツのためにイヤな思いをするなんて冗談じゃない!って思ったの。だから、わざわざ、あなたに言う事でもないって思ったのよ。ブログに書けるし。でも、こう言う時に限って、聞いてくるのだもの。私が嘘をつけないって知っているでしょう?!」


そう言って、ちょっと微笑むと、


ハズも微笑んだ。


「だけど、不思議だったわよ~! 私は、あの後、お金を払って出ようと言ったのに、あなたが冷凍食品を買いたいとか言い出して、その売り場に行くと、アイツがいて、そこまでだったら、アイツが日本人だとはわからなかったのに、日本人の妻と子供が現れて、みんなで日本語を話し出して日本人だとわかったでしょう? それで、あなたが選んだキャッシャーに、アイツと家族がいて・・・、キャッシャーはたくさんあったのに、あなたは、よりによって、アイツが並んでいたキャッシャーを選んだ。可笑しいよね~! 何も知らないあなたが、事件の真相を明かす鍵になったみたいな感じで」


そう言って、ちょっと笑うと、ハズも、静かに笑い出した。


「どんな男だった?」


そう聞いて来たので、


「地味で冴えな~い感じの男! 国際的な感じには全く見えなくて、いつも勉強ばかりしていましたって感じ。私の日本の小学校の先生みたいだった」


そう言うと、ハズは、


そうだと思った!


とでも言っている風に、大きく何度も頷いた。


「私に意地悪して来るタイプの男、あなたも、よ~~く知っているでしょう?!」


そう言うと、私の目をシッカリ見つめて頷いて、何かを言おうとしたので、


「わかっているー! そう言うヤツは、弱くて臆病者でルーザーだって言いたいのでしょう~?」


そう言うと、


ハズは、大きくスマイルして頷いた。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年09月03日 トラックバック(-) コメント(9)

ジャップ!と言った人

バナナを数日、食べていなくて食べたくなったので、ハズと出かけた時に、よく行く大型食料品マーケットに寄ってもらった。


そこで欲しい物は、バナナぐらいしか無かったので、私は、


「ハズちゃん、私、車の中で待っているよ! どうせバナナだけだし!」


と言ったら、ハズは、


「一緒に行こうよ~! 他にも欲しくなる物があるかもしれないし、行って見なければわからないじゃないか?!」


そう言って、私は、重いお尻を上げて一緒に行く事に成った。


中に入ると、あれも、これもと2人とも欲しくなって、私は、


だから、一緒に入るべきじゃなかったんだよね~・・・・


そんな風に思って、ちょっと後悔した。


そして、まだ、目的のバナナを買い物籠に入れていなかったことを思い出し、


「ねぇ~、肝心のバナナ、まだ入れていないね~? とにかく、バナナのあるところに行こうよ! 全く、私達って、いつも、こんな感じなんだよね~?!」


そう言って笑うと、ハズも笑った。


いつものバナナのあるところに行くと、ほとんどバナナが無くなっていた。


そして、あるのは、美味しくなさそうに黒く傷んだ捥ぎ取られたバナナが乱雑に置かれているだけだった。


私は、ため息をついて、ハズに、


「バナナのために、ここに寄ったのに、バナナ以外の物を買って行かなければ成らないなんて~! だから、言ったでしょう~? バナナだけ買って来て! 私は車の中で待っているからって!」


そんな風に言っていると、近くにいる人が、私を見ながら、


「ジャップ!」


と言ったのが聞こえた。


すぐに、その人を見ると、その人は、目をそらして、買い物籠を手に提げて、私達の横を小走りに歩いて行った。


ハズは、私に、なにやら話していたけれど、私は、その人を目で追って見ていて気がついたのは、


30代か40代位のワイシャツにジャケット姿の アジア人? か アジア系? だった。


しかしながら、日系アメリカ人が、この屈辱的な差別用語を言うとは思えなかったし、日本人も日本人に対して言うのはおかしいので、中国人か韓国人あたりのアジア人、あるいはアジア系なのかなと思った。


それにしても、私は、長いアメリカ生活で、何度か、ホワイト人種から、そのような言葉を吐かれたことはあったが、アジア人、あるいはアジア系から言われたことは無かったので、ハッキリ言って驚いた。


私がハズに向かって話している時に、面と向かってではなく、私の後ろ横から言うなんて、臆病者に決まっている、


1人で買い物籠を提げて買い物しているぐらいだから、もてない独身男の差別者なのかもなぁ~、


そんな風に思った。


気を取り直して、バナナと、そいつのことを忘れて、買い物を終わりにしてブブの顔を見て元気を取り戻したいと思って、ハズに、キャッシャーの所に行こうと言うと、ハズは、ハッと思い出したように、冷凍食品で欲しい物があると言い出して、その売り場に行くことに成った。


そして、そこに行くと、


なんと、私に『ジャップ!』と言った男がいて、冷凍食品を見ていた。


その人は、私達のすぐ後方にいて、冷凍食品を目の前にして見ていたので私達に気付いたかはわからないけれど、私は、後ろをチラッチラッと見ながら観察しだした。


それから間も無く、買い物籠を提げたおとなしそうなアジア人女性と子供が現れて、その男性も、その2人に気付いて話し出した。


私は、彼らの会話に耳を傾けて聞き出した。


そして、私は、驚いた。


と言うより、


ハッキリ言って、


ショックだった。


なぜなら、


彼らは、みんなで、アクセントの無い日本語を話していたからだ。






え~~~~っ、

日本人の家族~~~~~~~~~?!




????????????????????????





あの私に『ジャップ!』と言った男性は、日本人だったのか~~~~?!


なぜ、日本人なのに、日本人である私に向かって『ジャップ!』と言ったのだろうか?


彼にとっては、


アメリカ人男性と一緒にいる日本人女性はジャップと言う事に成るのだろうか?


彼が、彼の日本人妻に向かって『ジャップ!』と言うとは思えないから!


アメリカでアメリカ人達にジャップと言われて、誰か、日本人に、同じようにして言っていやな思いをさせたいとでも思ったのだろうか?


だけど、日本人男性として、女性に、そうして言うなんて恥ずかしいと思わないのだろうか?


思わないだろうねぇ~?! 私に言ったのだから!


結局、彼は臆病者なんだろうねぇ~。


ハズが欲しい冷凍食品を籠の中に入れて、選んだキャッシャーに行って並ぶと、なんと、その家族が私達の前にいて、彼がお金を払っていた。


彼は、ハッキリ言って、冴えない垢抜けない、そんな感じだった。


私は、彼の妻を見ながら、


虐待されていなければ良いけれど


と、


そして、


彼の息子を見ながら、


父親のように成らなければいいけれど、


そう思った。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年09月02日 トラックバック(-) コメント(2)

2.個人のメール・アドレスを持たない日本人主婦

昨日のブログに書いた昔のお友達のことから、私は、私が知っている昔の彼女のことをいろいろと考えて見た。


彼女は、几帳面な性格で、約束も守るタイプだったし、イヤなことはイヤだと言う他人に流されない、むしろ頑固なタイプだったし、


ボーイフレンドが出来た時も、彼に夢中には成っていても、友達付き合いも忘れないタイプだった。


まぁ~、あれから、ずいぶん経ってしまっているのに、私は、日本にいなくて外国生活の方が長くなってしまったからか、日本の思い出がつい最近のことのように思えるけれど、


彼女にとっては、私と違う長い年月を感じているのかもしれない。


それゆえ、私が昔のような口調で話しかけたのに、彼女は、本当は、もしかしたら驚いたのかもしれない。


彼女の御主人は、会った事の無い私について彼女から聞いて、どのように思っているのかは謎だが、


外国生活が長くて、それも1つの国だけではなく、いくつかの国に住んだ経験があり、アメリカ人男性と結婚してアメリカに住んでいて、子供を持っていない日本人女性の私を、


実のところ、2人は、どのように考えているのだろうか?


彼女は、今の私の生活に対して凄い驚きを感じてはいないと思う。


私達の共通点と言えば、日本人女性で、同じ年代で、既婚者で、昔の友達と言う事ぐらいだけど、私は、それでも、いろいろと話せることが多くあると思っていた。


しかしながら、彼女がそう思っているとは限らない。


それに、多分、彼女の御主人が知らないで私が知っているのは、彼女の前夫の事だと思うけど、だいぶ昔のことだから、それは気にする必要が無いと思っていた。


私がアメリカに留学する前は、周りの人達から、とにかく気をつけるように、しつこいぐらい言われた。


そして、誰もが口を揃えて言った事は、


「アメリカにいる日本人達に気を付けてね! 落ちぶれた日本人達が多くいて、他の日本人の足を引っ張るって聞いたから!」


「アメリカにいる日本人達は、アメリカ人達より、ずっと怖いよ~!」


「長く住んでもアメリカに馴染めない日本人達が日本人同士でグループを作って、そうじゃない日本人をいじめるって聞いた」


「アメリカに住んだら、英語が上手くしゃべれると思ったのに、そうならなくて、結局、アメリカにいても日本人社会の中にいる人達がほとんどだって!」


「アメリカで長く暮らして行ける人なんて、良い人でいれるわけがない」


「日本人は、アメリカでは騙されやすいよ」


などと、さんざん、アメリカに住んだ事のある人達と無い人達、両方から言われた。


今は、私も、アメリカに長く住んでいる日本人の1人になってしまった。


私は、日本人との交流が、むしろ悲しいほど皆無だが、私の生活を知らない日本にいる人達は、まずは警戒の目で私を見たとしてもおかしくは無いように思える。


そう言えば、過去に、もう1人の幼馴染と連絡が取れた時も、彼女の最初の手紙と一緒に、御主人だけが写っている写真が送られて来たことがあるから、


日本では、これが普通の事なのかもしれない。


しかしながら、私が、同じ状況に成ったら、ハズと私が写っている写真を送っても、ハズだけが写っている写真を送る事は絶対に無いと思う。


これも、絶対にありえないけど、ハズが、どうしてもハズだけの写真を送って欲しいと頼んだら、手紙に、そのように書いて送ると思う。


私は、彼女に迷惑をかけたことは無いと思うし、特に、金銭面で迷惑をかけた事が無いし、何か汚い目的があって連絡を取ったわけではないと彼女はわかっていると思うけど、


長い間、連絡を取っていなかった、ましてや、私は日本ではなくアメリカにいると言うのが、彼女にとってか、彼女の家族にとって、危険信号と成っているのかもしれない。


ハズには、


「あなたがアメリカ人だから警戒しているのかも?!」(責任逃れ)


と言ったけど、ハズは、


それはないだろう~!


ってな顔して笑うだけだった。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年08月31日 トラックバック(-) コメント(8)

個人のメール・アドレスを持たない日本人主婦

なぜ、このようなタイトルにしたかと言うと・・・、


最近、幼馴染の女友達からメールをもらって、ちょっと考えてしまう出来事があったからだ。


彼女には、ず~~っと会っていないのだけど、数年前に、ひょんなことから、彼女の消息を知って、手紙を書いて送ったら、間も無く、彼女から手紙が送られて来て、


その手紙には、彼女が再婚して2人の子供達を授かって・・・・みたいな事が書かれていて、特に、御主人の紹介が、なぜだか多かった。


そして、御主人だけが写っている写真が入っていて、ハッキリ言って、


なんだか、御主人中心の手紙みたい、

別に、彼女が誰と再婚しようと、私には、どうでもいいことなのだけど・・・・、


そう思って、私は奇妙に感じた。


なぜなら、私が、彼女と、そうしてコンタクトを取ろうとしたのは、彼女が心身ともに元気でいるかを知りたかったし、


昔のように、女2人で手紙でもメールでも電話でもオシャベリ出来たら楽しいだろうなぁと思ったからだった。


それで、その後、私のイーメール・アドレスを手紙に書いて、


メール・アドレス、教えてくれる?

その方が、もっと早くに連絡がとれるし!


みたいな感じで送ったら、


その後、しばらくたって、彼女から私のイーメール・アドレスにメールが送られて来たのだけど、


なんと、そのメール・アドレスの名前は名字が同じ男の人の名前で、結局、御主人のメール・アドレスを使って送って来たのがわかった。


私は、メールの返事に、


ビックリした~!

あなたのメール・アドレスでなきゃ、何となくメールを送るのに躊躇しちゃうのよね~。


みたいなことを書いた。


その後、彼女から、私のために、彼女自身のメール・アドレスを作ったからと送られて来て、私達は、いくつかメールを交わした。


そして、それから、間も無く、私がメールを送っても、彼女からの返事が、突然、全く送られて来なくなった。


しばらくは、私は、彼女も忙しいのだろうなぁ~と思ったりした。


しかしながら、半年経っても、1年経っても、全く手紙もメールも送られてこなかったので、ちょっと心配に成った。


そして、私が日本に行くチャンスがあって、彼女に連絡しようかどうか迷ったけれど、結局、私の予定の状況で会えそうも無かったので、日本を出る前に、彼女からもらった家の電話番号に電話した。


しかしながら、誰も出なかったので、


会うチャンスが無かったけど、いつか会えることを願っているわ~!

元気でね~!


みたいなメッセージを残した。


それから、彼女から、私のケイタイに返事のメッセージが残されていて、彼女も同じようなことを言っていて元気そうなのがわかった。


アメリカに帰って来てから、いくつかメッセージが、そのケイタイに入っていて、彼女かな?と思って番号を見て見たけれど、私が知っている彼女の番号ではなくて、


メッセージは、どれも、私が聞いたことの無い男の人の声が少しだけ入っているだけだった。


私が彼女に電話したケイタイの番号は、ほんの少数の人しか知らなかったので、その人達の1人かなと思ったけれど、誰も、その声に一致する人はいなかった。


なぜ、突然、彼女の家にメッセージをケイタイで残して、

彼女が、そのケイタイに電話して来てメッセージを残した後に、

今まで無かったような事が起きたのだろうか?


そう不思議に思った。


それで、そのケイタイに電話を掛けて来て、番号と声を残した男性に電話をする気には成れなかったので、彼女に彼女からの電話のメッセージを受け取ったからと知らせるために、彼女にメールを送ろうとしたのだけど、


なんと、拒否されて送る事が出来なかった。


彼女は私のメール・アドレスを知っていて、送ろうと思えば送れる、

だけど、私は、彼女にメールを送れない、

私が何が何でも送りたいのなら、彼女の御主人のメール・アドレスに送らなければならないのか?


そう思うと、送る気に成れなくて、彼女が私と本当にコンタクトを取りたかったら、手紙にせよ、メールにせよ、電話にせよ、連絡して来るだろうと思って待つことにした。


しかしながら・・・、


何も連絡が無くて、私は、


彼女にも、いろいろと事情があるのかもしれない、

迷惑かもしれないから、私から連絡するのは止めよう・・・・


そんな風に思って、残念だけど、それが彼女の家族や彼女にとってはいいのかもしれないと思った。


それが、


なでしこJAPANがワールドカップでチャンピオンに成って、私は、日本人の誰かと思いっ切り話したくなって、


この時ぐらい、良いだろう!


そう軽く考えて、彼女に電話した。


彼女はとてもビックリしていたけれど、ず~~っと会っていなくても昔の友達のように話す事が出来た。


そして、それから、1時間後だったかに、また知らない人の番号から電話があって、私は出なかったのだけど、男の人の声でわけのわからないメッセージが入っていた。


どうして、私が彼女に電話すると、すぐ後で、知らない男の人から電話があるのだろう?


また、そう思って、以前より、彼女の御主人を疑った。


しかしながら、そうだとは決め付けられないなぁと思った。


その電話の時に、彼女に、メールが拒否されたことを言うと、彼女は、私が彼女からのメールを全て受け取っているかを訊いて来て、


そう訊かれても、彼女が私あてにいつ送ったかを憶えていなければ、それについてはわからないけれどと言った。


そして、


また良かったら、メール、送ってね!


そう言って電話を終わらせた。


彼女は、


送る! 送る!


そう言っていた。


ところが、メールも手紙も全く送られて来る事は無く、私が、


またか~?!

最後のチャンスだと思ったけれど、これもダメみたい!


そう思っていた最近、彼女からメールが送られ来た。


アドレスは、彼女のでは無くて、またまた御主人のだった。


内容も、電話で話したことがリピートされていて、書き方も急いでいたのか事務的な感じで、彼女らしさが感じられなかった。


ハズに、


「ねぇ~、私が、日本の幼馴染に電話したの憶えているでしょう?」


そんな感じで話し出して、彼女の御主人のメール・アドレスから、また彼女からメールをもらったところまでの詳細を話して、


「ねぇ~、どう思う? 彼女の御主人、彼女と私が2人だけで連絡を取り合うのがイヤなのかなぁ~?」


と訊くと、ハズは首をかしげて、


「俺は日本人じゃないし、カルチャーの違いもあるから何とも言えないなぁ~」


そう言って、私は、


「日本人とか、アメリカ人とか、そう言うことを忘れて、あなたの意見で答えてくれない?」


と頼むと、ハズは、


「コンピューターが家に1つしか無いからか~?」


と訊いて来て、私は、


「そうかもしれないけれど、今の世の中、誰でも個人のメール・アドレスを持っていると思ったのよ!」


そう言うと、ハズは、


「そうだよなぁ~・・・、多分、彼女の夫は彼女をコントールしなければ気がすまないヤツなんだろう!」


私は、


「そうでしょう~? 私も、そう思ったのよ~! 彼女、虐待されていなければいいけれど」


そう言ったが、彼女のことを考えたら、私が下手に動くと危ないなぁと思った。


それとも、日本の主婦さんたちって、個人のメール・アドレスが無い方が多いのかなぁ~?


そうだとすれば、私の考え過ぎと言う事に成るけれど。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年08月30日 トラックバック(-) コメント(2)

英語のメニューのあるレストラン

数年前に、ハズと2人で北海道の函館に旅行した時の事だった。


ハズは、その時も、今も、日本語のレベルがそんなに変っていないのだけど、日本にあるレストランに行って必ず聞くことは、日本語で、


「エイゴノ メニューワ アリマスカ?」


だ。


函館の運河の近くにあった海鮮料理を出すレストランの前を歩いたら、年配の感じの良い女性と若い女性がメニューを持って出て来て、私に、


「英語のメニューもあるけど、どうですか~?」


と聞いて来た。


私は、


だからと言って、すぐ入ったら、英語のメニューがあるレストランしか入れないみたいになるかなぁ~?


と思って、メニューを見せて頂いたことにお礼を言って、行く所があるので、また後でみたいな感じで、そこを去った。


ハズは、英語のメニューを見て、ましてや好きなシーフードをオーダー出来るとあって嬉しそうだった。


ところが、その夜は、函館ラーメンを食べようと、その近くにあるラーメン・レストランに向かっていたので、そこには、翌日のランチに行こうかと言う事に成った。


行ったラーメン・レストランはモダンな感じのラーメン屋と言う感じで、若い人達が多く働いていて、みんな笑顔で、私達を迎え入れてくれた。


お客さん達も、ハズをジロジロ見ることは無く、それぞれが、それぞれのテーブルで会話と食事をを楽しんでいる感じだった。


函館ラーメンと言えば『塩』と聞いたので、塩ラーメンを頼んだのだけど、とっても美味しくて、ハズと目を見合って頷き合った。


ちなみに、ハズは、今でも、


「函館で食べたラーメンは、美味しかったなぁ~!」


と、函館の話に成ると言っている。


翌日、英語のメニューがあるレストランで、ランチを食べようと言う事に成って、お昼の時間に行って見た。


シフトが違うためか、前夜にいた年配の女性も若い女性もいないようで、働いている人達は男性達がほとんどだった。


ドアの所で、2人だと言うと、両側にカップルが座っているテーブルに連れて行かれた。


そして、座ると、メニューを渡されて見出すと、ハズが、


「ピッキーちゃん、これ、英語のメニューじゃない。英語のメニューが欲しい」


そう言った。


私は、


「あなた、私といるから、日本語が話せると思ったのよ、きっと!」


そう言って笑った。


ハズは、手を上げて、ウェイターに合図すると、やって来たので、いつものように、


「エイゴノ メニュー アリマスカ?」


と言ったが、ウェイターが顔をしかめて理解していないように見えたので、ハズが繰り返し同じ言葉を言った。


が、それでも、無言だったので、私が、


「英語のメニュー、彼に見せて頂けますか?」


と言うと、とても面倒くさそうにして嫌な顔をしたので、私は、


「英語のメニュー、ありますよね?」


そう言うと、彼は、面白くない顔をして黙っていなくなった。


ハズが、私の顔をジーッと心配そうに見たので、私は、


「昨日、英語のメニュー見たよね? 持って来てくれると思うよ」


そう言った。


ウェイターは、なかなか戻って来なかったので、私はメニューを見ながら、これがいいのじゃない?みたいな感じでハズに話していた。


それから、他のウェイターが来て、オーダーを取ろうとしたので、私は、英語のメニューを待っている事を伝えた。


それを聞いて、その彼は、いなくなって、間も無く、英語のメニューを持って来た。


ハズは、嬉しそうにメニューを見て、欲しい物を指差して、言葉に出してオーダーした。


私もオーダーして、待っている間、いつものように、2人で英語でオシャベリしていた。


私の右横にいるカップルは、2人で、なにやら話していた。


私の左側のカップルは、食事が来る前も後も全く無言だった。


私達のオーダーした物がテーブルに運ばれて来て、ハズが、それを見て、


「ホタテが入っていない。ホタテが入ったのをオーダーしたのに」


そう言った。


お料理している男性やウェイターを見ると、冷たい目で見ていたので、文句を言ったら、もっと酷い事をされるかもしれないと思い我慢した。


そして、私は違う物をオーダーしたけれど、ホタテが入っていたので、半分の量のホタテをハズのドンブリの上に置いた。


視線を感じたので、周りを見回すと、料理している男性とウェイター達が怒ったような目で見ていた。


あ~あ~、また差別のレストランか~・・・・


私は、そんな風に思ったが、


こんなことで、私達が嫌な思いをする必要は無いよなぁ~、

もう来なければいいのだから、

それにしても、昨夜は、外国人にフレンドリーなレストランに見えたのだけどなぁ~、


そう思って後悔しながら食べていた。


私達は食べながら話して笑ったりしていて、食べ終わったので、お勘定の紙が来るのを待っていて、その間も、ずっと2人で話したり笑ったりしていた。


突然、私の左側に座っていたカップルの男性の方が、


「うっるせいな~! うるせーんだよ!」


と怒ったようにして言った。


私が彼の方を見ると、私だけを睨んでいた。


彼の向かい側に座っている女性は、下を向いて何も言わず困った顔をしていた。


私は、


私達だって、好きで、この人達の横に座ったわけじゃないのに、

自分達が全く話さないから、私達の話すのを聞いていただけじゃない?


そう思って腹が立ったが、


ここで喧嘩しても、私達には不利になるからと思って何も言わなかった。


その男性だって、ハズが日本語を話していたら、そんな風には言えなかったはずだ。


私達は大声で話していたわけではない。


私達が英語で話していたのが、その男性にとってはイライラするもので、意味がわからないから、余計に雑音に聞こえたのではないだろうか?


そう思った。


全く、お店の人達からも、客からも歓迎されていない、


つくづく、そう感じた。


お金を払って出る時も、


『ありがとうございました~!』


の言葉も無かった。


日本って、お金を払うお客様は神様みたいな国じゃなかった~?


そんな風に思って、そこで、お金を使ったことを思いっ切り後悔した。


そして、悲しかった。


歩きながら、ハズに、


「英語のメニューがあるから、私達にフレンドリーかと思ったけど、全く反対で意地悪だった。行かなければ良かった。だまされた感じがする」


そう言うと、ハズは、


「言葉はわからなくても、目つきや態度で、歓迎されていないことがわかったよ」


と言っていた。


私は、思わず、


「あなたが日本語を話さないから、こう言うことに成っちゃうのよ~!」 


と怒りをぶつけてしまったが、ハズのせつなそうな顔を見て、


悪いのは、ハズじゃない!

差別するアイツラの方だ!


そう思って、謝った。


そして、


「それにしても、日本人カップルって、一緒にご飯を食べる時、あんなに話さないでいられるのね~。それとも、あの人達だけかしら?」


そう言って笑った。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年08月18日 トラックバック(-) コメント(0)

キス

先週、いつものように、CNNニュースを流しながら聞いていたら、カップル(夫婦)のキスについての調査の結果が話題に成っていて、


なんでも、18%の夫婦は、ほとんどキスをしないと言う事だった。


特に、結婚生活が15年以上になると、経済的な問題とか浮気とか、あるいは子育てで忙しいとかで、いろいろと夫婦の間の親密さを薄くするような出来事が多くなるのが、キスをしなくなる原因だろうと言われていた。


82%の夫婦は日に3回以上はキスをするそうだが、


その40%は、キス1回につき、5秒以内と言うことだった。


さっそく、私は、私達のキス状況について考えてみた。


確かに、日に3度以上はキスをしているけれど、長さは、5秒以上かどうかは定かではなかった。


ハズが帰宅して、夜に成って、一緒にベッドに入って、


さぁ、寝ましょう~!


と言う事になって、いつものようにキスをして、私は、頭の中で、


1、2、3、4・・・・


と数えていて、


「ダメ~! 4秒じゃイヤなの~! 5秒以上、してちょうだい!」


そう言うと、ハズは眠かったからなのか、私が、なぜ、そのようなことを、突然、言い出すのかについては何も聞かず、


「オォケ~!」


と言って、顔を、また近づけて来て、14秒位の長いキスをした。


5秒以上になって、私が、顔を離そうとしても、少し笑いながら、そうさせなかった。


キスが終わって、私は、


「ニュースによると、5秒以上、キスをしないカップルが多いらしいの。それにね、専門家の話によると、キスを多くするか、長くするかで、夫婦が、うまく行っているかどうかがわかるって言うの。まぁ、納得できると言えば、そうよね」


そんな感じで話して、ハズを見ると、シッカリ目をつぶって寝入っていた。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年08月16日 トラックバック(-) コメント(2)

メール・オーダー・ブライド

数日前のテレビ番組で、ロシア人のメール・オーダー・ブライドの女性が、けっこう年上のアメリカ人の旦那が、彼女をお手伝いのようにして使うと不満を述べていた。


メール・オーダー・ブライドは、日本にもいると思うけれど、国際結婚のサイトみたいのを通して知り合うらしい。


アメリカでは、アジア人女性やロシア人女性が、その対象に成るらしいけれど、そのほとんどの女性達は、アメリカ人男性と結婚して、アメリカに住み、家庭を持ちたいと思って登録するらしい。


そのようなサイトを利用して、アジア人女性やロシア人女性と結婚したいと思うアメリカ人男性達のほとんどは、彼女達より、けっこう年上で、すでに1度か、それ以上の離婚体験者達だそうだ。


テレビに出ていたのはロシア人女性と結婚した、あるいは、結婚したい年配のアメリカ人男性達で、その理由として、


ー 自分より、ずっと若くて美しいロシア人女性と結婚できるから

ー アメリカ人女性達は、金銭目当てで欲張りだけど、ロシア人女性達は不満を言わないから


と言うのがメインの理由だった。


確かに、テレビに出ていたアメリカ人男性達は、見かけも態度も魅力が全く感じられない、いわゆる、女性にもてないタイプだったので、


アメリカ人女性は、誰も相手にしないタイプだろうなぁと思った。


日本でも、日本人男性と結婚したロシア人女性が増えていると聞いたけれど、


この事は、私のブログにも時々出て来たハズのロシア人の同僚のユーリーも知っていて、その事実のために、かなり日本人男性達を嫌っている。


私が、ハズと結婚しているから、日本人男性を嫌いだと決め付けて、


日本人男は、

スケベだ~!

金で、女を買う

ブロンドがたまらく好きだ

女性をリスペクトしない


などと思いっ切り言っている。


ロシア人女性が日本人男性と結婚するのは、日本人男性側に問題があるのだと言っている感じなのだけど、結婚とは男女の合意で成立するわけだから、日本人男性達だけを責めるのはおかしいと思う。


結局、彼にとっては、ロシア人女性が日本人男性と結婚するのがイヤでイヤでたまらない、生理的に受け入れたくないみたいな感情なのだと思う。


それに対して、私は、むしろ、彼が、ロシア人女性をリスペクトしていないのを感じる。


ロシア人女性達が、どこの国の誰と結婚しようが、あなたに関係ないことでしょう?!


そう言いたくなる。


これと似たようなことは、ここには多くある。


いわゆる、自分のスキン・カラーと同じカラーの女性が、他のカラーの男性と一緒にいるのが嫌いな男性達は、けっこう多い。


ちなみに、ネットを通して、他国の異性と知り合うことが容易になったが、いろいろと問題も増えているそうだ。


お金目当てでないと言っていても、結局は、結婚してから、アメリカ人男性にお金をたくさん使わせてから離婚したり、


ロシアに呼ばれてアメリカ人男性が女性に会いに行くと、何者かに銃を突きつけられ、お金を取られてしまったとか、


前例のように、アメリカ人男性と結婚したロシア人女性が家政婦のようにして使われたり、


アメリカ人男性から家庭内暴力を受けたりとか、


両方側に、いろいろと問題があったりするそうだ。


メールで、お互いの事をわかったつもりでも、やはり、一緒に住んでみると、いろいろと見えてくるのは当たり前の事だと思う。


人、それぞれの違う出会いがあって、それで幸せに成るならいいけれど、自分の求める結婚生活と違うなら、我慢しないで、話し合いが必要だと思う。


それが出来ない相手なら、一緒にいる意味が無いと思う。


そして、外国に来て、家族も知り合いもいない場合は、不利な立場に成ることを頭に入れて置くのが賢明だと思う。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年08月15日 トラックバック(-) コメント(0)

ず~っと会っていないお友達

数ヶ月前に、ヨーロッパに住んでいる日本人のお友達から手紙が届いた。


お互い、長い間、何の連絡もしていなくて、私も、時々、彼女の事を思い出しながら、


元気かなぁ~?
どうしているかなぁ~?
元気だろうなぁ~!


そんな感じで思ったりしていた。


最近の彼女の手紙には、彼女も私の事を思い出したりしていたこと、そして、子供の成長と御主人のことが書かれていて、


子供を持ってから、御主人が子供にメロメロな反面、とても頑固になってしまって、夫婦の間に口喧嘩が多くなったけれど、なんとかやっているみたいな事が書かれていた。


彼女はハズに会った事は無いけれど、私がハズと結婚したことは知っている。


しかしながら、彼女の手紙には、全くハズについてはふれられていなくて、まるで、私が、1人でいるのを想像しているかのようだった。


結婚生活は難しいみたいなことも書かれていて、私の近況を知りたいとの事だった。


彼女の御主人は日本人だけれど、2人とも外国に住んでいるわけだし、彼女も外国人男性とつきあったことがあるから、私達の国際結婚を理解できないわけでもないと思うのだけど、


過去にも、彼女に、


私達には、子供も持ち家も無いけれど、幸せよ!


みたいな風に連絡したら、その後、かなり長い間、彼女から連絡が無かった。


そのために、私は、いろいろと考えたりもした。


彼女の御主人がハズと私の関係を好んでいないのか?

とか、

彼女が、ハズと私の関係は長続きしないと思っているのか?

とかと・・・・。


それからだいぶ経った後、彼女から、彼女と御主人と子供が写っている写真が送られて来て、


それならば、私も、ハズと一緒に写っている写真を送らなければと思って送ると、


また、暫く、な~んにも連絡が無かった。


写真、送らなければ良かったかな?


と、一瞬、思ったりしたけれど、お友達だから、写真ぐらいは見せても良いのでは・・・


そう思ってしたことだった。


だいぶ経ってから、手紙が来た時には、写真のことについては何も触れていなかった。


彼女は、今の御主人と結婚する前に、とある国の男性と国際恋愛関係にあり、全てを捨てても一緒に成りたいと言っていたこともあったのだけど、


国を隔てての遠距離恋愛だったし、性格も、求める生活も違ったのもあって、やっぱり、良く考えたら、外国人男性と結婚しても上手く行かないと思って別れたすぐ後に、


いつも近くにいて、彼女に思いを寄せていた今の御主人と結婚した。


そして、愛するより愛される方が幸せに成れるからと言っていた。


彼女と私の生活がとても違ったとしても、彼女とは、ずっと、お友達でいるだろうなぁと思っていたけれど、なんだか、どんどん遠のいて行きそうで、淋しい。


彼女にも、私に言えないことが、けっこうあるのじゃないかなぁと思う。


メールや手紙や電話じゃなくて、会わなければ言えない事ってあると思うしね。


それとも、ただ単に、忙しいのかも・・・・


いつか、会った時に、


そう言う事だったの~?!

考えすぎちゃった~!


なんて笑いながら言えればいいけど。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年08月12日 トラックバック(-) コメント(0)

帰って来たら、机が無くなっていた

なでしこジャパンがワールドカップで優勝して、もうしばらく経つけれど、ハズに、会社の人達の反応はどうかと訊いてみた。


ハズは、


「あの時期は、俺は他の会社に行く事が多かったから、会社の同僚達には、ほとんど会わなかったんだ。最近、彼らに会ったけど、時間が経っているせいか、ワールドカップの話は全く無かったね」


そう言っていた。


日本で大地震があっても、ハズのワイフ(私)が日本人でも、なんにも言って来なかったそうだから、そんな感じだろうとは思っていたけれど、


日本の事が話題に成ると、特に感情的に成る2人がいるので、私は、ちょっと、心配だった。


あの日本の大地震と津波があったすぐ後ぐらいに、ハズは、数日間、他州へ出張した。


そして、帰って来て、会社に行くと、


なんと、ハズの机が無くなっていたそうだ。


ビックリしたハズは、その部屋で、机を並べる昔のボスと同僚のユーリーに訊くと、2人は、ハズの机は、そのボスの秘書が欲しいと言ったから与える事にしたと言ったそうだ。


ハズは、机の上の物や引き出しに入った物はどうなったのだと訊くと、彼らは、全て移したから無くなったわけではないと言った。


ハズは、それまで、2つの机を与えられていて、もう1つの机は、違う階の部屋にあった。


昔のボスより、もっと上の地位にある上司から、ハズは、仕事の関係で2つの部署に関わっているために、2つの部屋に、それぞれ机を持つことを許可されていた。


アジア系アメリカ人の同僚のJは、ハズに、


「サンティアゴとユーリーに、君の机の物を全て他の机に移すように言われたけれど、俺はイヤだって、ハッキリ断ったんだ。そうしたら、あいつらが2人で移していたよ」


そう言ったそうだ。


ハズが驚いたのは、知らない間に、机が無くなっていたり、机の中の物が移されていたことよりも、その間、昔のボスともユーリーとも、そして、ボスの秘書とも電話で話していたのに、彼らが、全く、それについて言わなかったことのようだった。


それについて、昔のボスに訊くと、仕事の話をしていたから言うのを忘れたと言ったそうだ。


日本の大地震や津波があって、なぜかしら、ハズに冷たい態度を示していた2人だったが、そこまで、して来るとは、ハズも思っていなかったようだった。


私は、


なぜ、この時に?

日本が大変な時に?

私が辛い思いをしている時に?


そう思えて悲しかったが、


あの2人なら、やりそうなことだなぁ


とも思った。


ハズに、


「それで、あなた、大丈夫なの~?」


と訊くと、ニヤーッと大きなスマイルを私に見せて、


「言ってやったよ! 俺が、上の方に、この事を言ったら、ちょっとした問題に成るだろうなぁってな!」


私は、


「上の人に言うつもり?」


と訊くと、ハズは、


「言ってもいいけど、言ったら、アイツラ、辞めさせられるかもしれない。そう言ってやった。いわゆる警告だよな。俺は、もうちょっと様子を見るつもりだ。あいつらがまた似たようなことをした時には、この問題は、もっと大きくなって、アイツラに打撃を与える事になるからな」


そう言った。


ハズちゃん、意外と強いなぁ~、

それとも、

これがアメリカ的と言う事なのだろうか?!


そう思って、ハッキリ言って、私は感心した。


ハズは、そうして、強気に言ったけれど、目が深刻で悲しそうに光っていたし、正直言って、ショックだったと言っていた。


私は、彼らが、私に意地悪する時に、いつも、他人を使ったり、私の影で、コソコソして来たのは、よ~く知っていたつもりだけど、まさか、ハズに、これほどまでに、ましてや、日本が大変な時に、して来るとは思っていなかったので驚いた。


彼らが、Jを使おうとしたのも、アジア系のJがすると、その行為は人種差別とは言われないと思ったのもあるようだった。


過去に、アジア系のスザンヌを使って、私に多くの嫌がらせをさせたのと、同じようなものだ。


しかしながら、Jは馬鹿ではないし、以前に、彼が心臓発作だと思って救急車を呼ぼうとした時に、ハズが、彼の状態を聞いて、強度の胸焼けだと言って、救急車を呼ばないで大金をセーブすることが出来たと言う、彼にとっては命と金の恩人のハズに、そのような常識が無くて間違ったことはしたくなかったようだった。


ハズは、


「サンティアゴもユーリーも、自分達が移したとは認めないけれど、俺は、Jの言ったことを信じるね!」


そう言っていた。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年08月09日 トラックバック(-) コメント(1)

ウェディング フォト

ブログをしていなかった時は、ぼんやりと、自分の人生について1人で考えたりしていたわけだけど、


ハズとは、毎日、顔を見合わせるわけで、その時は、なるべく2人のいつもながらの生活をするように心がけた。


が、


私は、作り顔が出来ないので、そして、したくないので、なるべく正直に、自分の気持ちを態度や言葉で表していた。


それは、たとえば、


ハズがコンピューターに向かって仕事している時に、私はベッドに行って、仰向けになって天井を見ていて、ハズが休憩に私の所に来ると、


私は、チラッとハズを見て、そして、また天井を見て、


「私、最近、ブログしていないの・・・・、なんだか、する気になれないの・・・・」


訊かれてもいないのに、そう言ったりした。


ハズは、なぜ、私がブログをしないのかについては全く訊ねず、ちょっと渋い顔をして、下向きになりながらベッドに上がって来て、私の横に仰向けに寝て目をつぶっていた。


そして、全く関係の無い話をし出した。


仕事を終えて、帰宅してから、私に、


「へい! 今日は何をしたんだ~?」


と訊いて来た時には、私は、


「・・な~んにも・・・な~~んにもしないで、いろいろ考えていた」


そう答えることが多かった。


そんな感じで数日が過ぎて、何の気なしに、コンピューターの前にいたハズの所に行くと、ハズが微笑みながらスクリーンを見ていた。


何を見ているのだろう?


と思って、私もスクリーンを見ると、


それは、私達のウェディング・フォトだった。


私は、それを見て、可笑しくなって笑って、


「ハズちゃん、どうして、こんなの、見ているの~?」


と訊くと、写真の整理をしていたら、出て来たんだみたいなことを言っていた。


ハズは、ウェディング・フォトを、家の中に飾るのはイヤだと言っていた。


2人が住む家で、2人とも結婚した事を知っているのに、まるで、いつも思い出さなければならないかのように写真を飾るのはおかしい、むしろ、大切に、どこかにしまっておくべきだと言うのがハズの意見だった。


私は、結婚とは、ウェディングより、その後の長い生活の方がずっと大切だと思っていたし、写真を見るたびに、くすぐったく成りそうだなぁと思っていたので、むしろ、ハズのその言葉を聞いて安心した。


そして、何年も、写真を見ることは無かった。


それゆえ、ハズが、ウェディング フォトを見て微笑んでいたのは意外だった。


私は、写真に写っているハズを見て、


「ハズちゃん、かっわいい~~!」


と言って、


そう言えば、ハズ、かわいかったなぁ~・・・・(今でも、かわいさは、まだ残っているけど 笑)


と思い出した。


ハズは、ひたすら、2人だけが写っている他のウェディング フォトを見て、何も言わず微笑んでいた。


私は、ハズから、ちょっと離れて、ハズの後姿を見ながら、


最近、私が、なんとなく違う行動をとったり、1人で、なにやら考えているのを見て、ハズなりに不安を感じているのではないだろうか?


そう思った。


確かに、


もし、ハズと結婚していなかったら?


と考えたのは事実だった。


翌日の夜、


コンピューターに向かっているハズの所に行っても、もうウェディング フォトを見てはいなかったけれど、


ハズの横から抱きついて頬擦りしてキスした。


ハズは、私の目を見て微笑んだ。


その顔には、不安は見えなかった。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年08月06日 トラックバック(-) コメント(0)

『ババァ』、『不細工』、『キチガイ』

いつも、私のブログを訪問してくれている方は、ご存知のことだと思うけれど、


最近は、それまで毎日のように更新していたブログをお休みして、自分なりに、いろいろ考えたり、他の事に神経を集中させたりして、


自分でも、ブログに戻る日が来るのだろうか?などと思ったりしていた。


昨夜も、ブログを更新する気に全くなれず、Googleで、『アメリカ犬連れ』とタイプして検索しただけで、私のブログ『アメリカ 犬連れ 国際結婚』の過去の記事が出て来たりしたのだけど、


トップから4,5番あたりのところに、[離婚報告]国際結婚した私2[ハーグ条約]があって、


なぜ、私のブログが『離婚報告』とか『ハーグ条約』と関係があるのかと不思議に思った。


だって、私は離婚したこともないし、していないし、する予定もない、


それに、国際結婚していても、子供がいないからハーグ条約とは全く関連性がない。


『国際結婚した私』については、確かに、国際結婚しているから、そうとも言えるけれど、その後に『2』と付くのが理解できない。


それで、すぐ寝ようと思っていたけれど、とにかく何が書かれているのか見てみなければ眠れないかもと思って、さっそく見てみた。


そこには、私のブログに対するコメントが書かれていて、


『アメリカ 犬連れ 国際結婚 のババァをどうにかしてくれ 見てくれの不細工を人種偏見でしか受け取れないキチガイ』


そりゃあ、予想外のコメントだったので確かに驚いた。


私は、今まで、私の年齢について書いた事もないし、私の写真を載せた事も無い。


と言う事は、この方は、私のブログから、私が『ババァ』で『不細工』で『キチガイ』なのだと思っていると言う事に成る。


それとも、私のブログを読む人達に、私がそうなのだと思わせたいのかもしれない。


あるいは、この方が、自分の年齢や容姿や精神状態に意識過剰に成っていて、自分の事を『ババァ』で『不細工』で『キチガイ』と思っているから、自分ではなく私がそうなのだと書いて多くの人達に思わせたいのかもしれない。


さて、この方の他のアメリカ人男性と国際結婚している、あるいは、していた日本人女性のブロガー達に対するコメントも読んだのだけど、


特に、最近、離婚した『国際結婚した私』のブロガーの香子(ブログ名)さんについては、これでもか、これでもか~と思うほど、憎しみをこめたコメントをたくさん残していた。


ところが、香子さんが離婚して、そのブログを止めると書いたからなのか、突然、『応援しましょう』みたいなことが書かれていて、


これには、私も、もっと驚いた。


それと同時に、私のブログを『国際結婚した私』と載せていて、


この方は、私をも香子さんの次ぐらいに嫌っているのかもしれない、


そんな風にも思った。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年08月04日 トラックバック(-) コメント(10)

U.S.-JAPAN それぞれの国を応援するワールドカップ

昨日は、思いっ切り神経はりつめて、ワールドカップ女子サッカーのアメリカと日本の決勝戦をハズと一緒に観たわけだけど、


当たり前かもしれないけれど、いくら夫婦と言っても、


ハズは、アメリカチームを

私は日本チーム『なでしこジャパン』を応援した。


ゲームの前に、私はハズに、


「お互いの国に敬意を持ってゲーム観戦しましょうね~!」


と言った。


ハズは、笑いながらうなずいた。


ゲームが始まろうとした時に、私は、ハズに片手を差し出して、


「どちらが勝っても、恨みっこなし! シッカリ観戦しましょうね!」


と言ったら、ハズも彼の片手を出して、うなずいて、一緒に握手した。


アメリカチームが得点を入れると、ハズは大きな声を出して喜んだ。

私は、思いっ切り静かだった。


日本チームが得点を入れると、私は飛び上がって、両手を上げて叫んだ。

ハズは、思いっ切り静かだった。


PK戦で、アメリカチームの1番最初の選手がゴールを決められなくて、


日本チームの選手がゴールを決めて、


ハズは、


「アッア~~~~・・・・」


と、これはまずいなぁみたいな声を出した。


私は、アメリカチームのゴールキーパーのホープ・ソロは、世界でもトップクラスのゴールキーパーだと、そして、日本チームのゴールキーパーは背も低いし、今年のワールドカップの出場国のゴールキーパーの中では1番弱いとアメリカのサッカー解説者達が言っていたのを聞いたのもあって、


正直言って、PK戦になったら、日本は勝てないと思っていた。


それゆえ、PK戦の時には、観たくないけれど観なければならないと言う感じで、両手で顔をカバーして、まるで、ムンクの叫びに出て来る人に自分が成っているような気がした。


              ムンクの叫び


しかしながら、


アメリカチームの2番目の選手が、思いっ切りネットの上にキックして、私は、思わず、横にいたハズの顔を見つめてニヤリとしてしまった。


まずかったかなぁ~と思ったけれど、

ハズも、信じられないと言う顔をして、私に微笑み返して、


「何、考えているの~? こいつ?」


みたいな感じで言った。


ウァンバックは、予想したとおり、ゴールを決めたけれど、他の選手はダメで、


アメリカチームのスウェーデン人の女性コーチの横顔がアップで映って、

ハズが、


「彼女は知っているぜ! アメリカが負けるのを」


そう言った。


そして、日本チームの選手がホープ・ソロの威嚇のポーズや物凄いプレッシャーにもかかわらず、ゴールを決めて、日本チーム『なでしこJAPAN』が優勝!!!!


ゲームが終わるまで泣かないぞと心に誓っていたので、


もう泣いて、いいんだよ!


そう心の中でつぶやくと、涙が溢れ出て来た。


日本女性達が、ましてや、体力を勝負とするワールドカップ・サッカーで世界1に成った!


ハズは、


「日本が勝ったね~!」


とか言って、私とハグしようとしたけれど、私は、すぐには、そんな気には成れなかった。


そして、横に座って私の顔を優しく見上げていたブブに抱きついた。


「日本チームが勝ったんだよ~! 日本人女性は強いんだよ~! ブブも、それは知っているよね~!」


そんな風に言って、撫ぜたりキスをした。


日本チームがトロフィーをもらった後、私は、また、ハズに片手を差し伸べて、


「良いゲームだったね~! U.S.良くやったよ!」


そう言うと、ハズはニヤニヤしながら、


「ありがとう! 正直、言って信じられないよ・・・・日本が勝ったのは! 日本は今まで1度もアメリカに勝ったことが無かったんだぜ~!」


私も、


「日本に優勝して欲しいとは思っていたけれど、ウァンバックやアレックス・モーガンがいるアメリカがとても強いのを知っていたし、このゲームでは、アメリカもボールを多くキープしていたから、危ないと思った。だけど、日本チームの決して動揺せず諦めない姿勢はアメリカチームを脅威したと思う」


そう言った。


ゲームが終わって、ホープ・ソロは、日本チームの優勝を、神だけが知るみたいな特別なパワーが作用して、U.S.が何度、ゴールを決めようと思っても決まらなかったり、U.S.がゴールを決めても、日本が、ゴールを決めてPK戦まで追いやったのだみたいな事を言っていたけれど、


確かに、ゲームには、ラック(運)みたいなものもあると思うけれど、


私は、日本チームが勝ったのは、それだけでなく、むしろ、彼女達の実力と精神力の強さの方が勝っていたからだと思っている。


それゆえ、私は、





「日本チームが勝ったのは信じられる!」





そうハズに言った。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年07月19日 トラックバック(-) コメント(0)

いつか痛い目にあうだろうと思っていた

図書館では会わなくなったのに、日本食料品マーケットや、マーケットの駐車場で、あの男に会うようになり、私は、1人で外に出るのが怖く成った。


出かけて行こうと決心しても、


あの男に会ったのは何曜日の何時ごろだったかなぁ~?


と考えて、同じ曜日や時間は避けようと思ったりしているうちに疲れて、


やっぱり、今日は出かけるの、止めよう!


そんな感じであきらめることが多くなった。


そして、


自由が一杯あるように言われているこの国で、こんなに自由を束縛されるとは思ってもいなかった・・・・


そう思ってイラついた。


ハズと私の間には何も問題が無いのに、

どうして、

壊そうとして来るヤツがいるのか?

それとも、

幸せそうに見えるから、壊したいのだろうか?

なぜなら、

あの男は、幸せな結婚生活を送っていないから?


そう思うと、思いっ切り腹が立った。


あの男が結婚しているのか別居しているのか離婚しているのかは知らないけれど、私にとってはどうでもいい事だ。


それなのに、なぜ、ハズと私の間に入って来て、まるで、あの男の方が私にふさわしいような態度をして来るのだろうか?


アジア系(人)女性なら、たくさんいるし、ホワイト男性なら、お腹がちょっと出ていても付き合いたい、あるいは、浮気したい女性がいるのではないだろうかと思う。


私は、あの男が日本語を話したいのだと思って、いちお、最初は、親切にしたけれど、それを、あの男が利用したのに嫌悪を持った。


そして、これでもか、これでもかと言う感じで、あの男を見る度に、吐きそうになった。


こうなったら、とことん、図書館とマーケットを避けねばと思って、長い間、そうしていた。


つい最近、ハズが、その近くに用事があったので車で一緒に行って、私は、車の中でハズを待っていた。


その時に、男が腕にギブスをして松葉杖を使って片足を浮かせるようにして、近くの車に痛そうに歩いて来るのが見えた。


私は、その男の顔を見て驚いた。


図書館でも日本食料品マーケットでも、いやらしいスマイルをして私に近づいて来た、あの男だったからだ。


男は、車のドアを開けて、松葉杖を放り投げるようにして入れて、とっても痛そうな顔をして車に乗り込んでいた。


一体、どのようにして、ケガをしたのだろうか?


私は一瞬、考えた。


そして、


もしかしたら、また日本人女性の人妻を狙って、女性の旦那に痛い目に遭わされたとか?


あるいは、女性にエッチなアクションをかけて、


何、するのよ~! 止めろー! このドスケベ!


みたいな感じで、反対にアタックされたとか・・・・?


しかしながら、ヤツは体が大きめだから、女性が格闘技がかなり出来るとかなら、そうなりそうだけど、そうでない限り、無理だろうなぁと思った。


あるいは、悪い仲間に入っていて、なかなか日本人女性を騙せないので、上の方の人から罰を受けたとか・・・・、


そんな風に、いろいろと考えてみたが、


結局は、どんな理由にせよ、


やっぱり、男は、バチがあたったのではないだろうか?


日本的かもしれないけれど、そのように思った。


他人の幸せを壊そうとしちゃ、いけないよね。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年07月16日 トラックバック(-) コメント(0)

お留守番のプレゼント

今日は、昨日よりも暑かった。


ブブの朝の散歩をハズと一緒にして、家に帰って、ブブに食事を与えて、ハズと私は久し振りに2人だけで出かけた。


ブブは、私達が出かける前に水を多めに飲んで、一緒に出かける準備をしていて、それを見ながら、ハズは、


「ブブ、一緒に出かけるつもりでいるなぁ~。あんなに水を飲んで」


と言って、ちょっと笑った。


私は、そんなブブを見て、連れて行きたい気持ちで一杯なのに、連れて行けない事を残念に思った。


どこでも、ブブと一緒に入れるなら連れて行くけれど、そうでない場合は、ブブを車の中で待たせる事になる。


しかしながら、思いっ切り暑い今日みたいな日は、そんな事をさせたら、ブブを虐待行為しているのと同じぐらい苦しめる事になる。


意外と知られていないことだけど、車の中の温度は窓をいくらか開けていたとしても、急激に超高温になり、特に、自分で窓やドアを開けたり出来ないベイビーやペット達には死活問題にかかわる。


現に、アメリカでは、多くのベイビーやペット達が、これが原因で死んでいる。


だから、ブブが私達と一緒に行きたくても、連れていけなくて私が辛く成っても、連れて行くわけにはいかない。


「ブブにとっては、こうする事が1番なの! わかってね! なるべく早く帰って来るようにするから! それに、たまには、1人(1匹)で伸び伸びするのもいいかもよ!」


そうブブに言って、オヤツをあげて、ハズと出かけた。


車に乗ってから、ハズと一緒に、


「ブブ、行く準備までして、お水をたくさん飲んだのにね~」

「一緒に出かけたかったみたいだよね~、こんなに暑くても」

「私達が公園に行って、リスを見つけて走って追いかけていると思っているね~!」


そんな風に言い合った。


用事を済ませて、夕方遅くに家に帰ると、寝ているだろうと思っていたブブが、ドアを開けると、そこにいた。


それは、それは、嬉しそうに吠え立てて、体をクネクネさせながら、私の胸元に顔をうずめて来た。


そして、安心したためか、お水をたくさん飲みだした。


その後、私を見つめて吠えたので、私はハズに、


「ハズちゃ~ん、ブブが、今まで待っていたのだから、今度は自分の番だと言っているの」


そう言った。


そして、私達は、一緒に外に出て歩いた。


ブブは、幸せそうに見えたので、なんだかホッとした。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年07月04日 トラックバック(-) コメント(0)

結婚生活の『愛している』&『恋している』

アメリカでアメリカ人男性と国際結婚していて、男性から離婚したいと言われた日本人女性のブログの中で、彼が、彼女に言った言葉が使われていて、


それは、こんな感じだった。



I Still Love You (俺は今でも君を愛している)

However (しかしながら)

I Don’t Have A Feeling For You (君に対しての感情が全く無いんだ)



彼女は、『君に対しての感情が全く無いんだ』を『君に恋していないんだ』と訳していたので、

ハズに、どうかを訊いてみたところ、


ハズは、


「それ、おかしくないか? 愛していると言っておきながら、彼女に対して感情が全く無いなんて言うのは! 感情が無ければ愛することも出来ないはずだ! 俺は、そいつが彼女を今も愛しているとは思えないね!」


きびしい顔をして、そう言った。


私も、そう思ったけれど、


「だけど、感情が無いと言うのを、恋していないと言うことも出来ないわけじゃないじゃない?」


そう言うと、ハズは、首をかしげながら、ちょっと考えるようにして、


「そうかもしれないけれど・・・、なんだかハッキリしない言い方だな」


そう言った。


私は、


「I Still Love You,But I’m Not In Love With You (俺は今でも君を愛している、だけど、君に恋してはいないんだ) なら、ハッキリしているよね?」


と訊いたら、ハズも同意していた。


ハズが同意したなら、私には、ハズに、もっと訊きたいことがあった。


「結婚に、愛していると恋しているは両方とも必要だと思う? 恋が愛に変って結婚するのじゃない?」


そう訊くと、ハズはコンピューターとにらめっこしていたのを止めて、彼の背中に両手を掛けて後ろに立っている私の顔を見上げるようにして、


「愛しているは、守ってあげたいとか、そんな感情があったりして幅広い意味を持つけれど、恋しているは、相手に魅力を感じてドキッとしたりトキメキみたいなものを感じたりすることじゃないか?」


私が、


「違いはわかっているつもりよ。 だけど、結婚生活にも、そんなトキメキが必要だと思う?」


と訊くと、


ハズはニヤリと微笑んで、


「そりゃあ、必要だろうなぁ~」


と言った。


私は、ハズの前でも、オナラをしたりしているわけだけど、

そして、それは、ハズも、私の前でしているからであるけれど、

それによって、恋が冷めちゃうなんてこともあるかなぁと、ちょっと不安に成ったけれど、


ハズが言うには、そんなことよりも、相手の良いところを見た時などに、


この女性が、俺が選んだ女性なのだ!


みたいに、女性を特別に思える瞬間が胸キュンに成る時らしい。


そして、もちろん、それぞれの男性によっても、胸キュンの理由は違うわけだ。


しかしながら、


男性が女性の見かけだけに惹かれて結婚した場合は、その胸キュンは長くは続かないと思う。


いくら綺麗な女性でも、毎日、見ていれば、それほど特別に思わなくなるだろうし、他にも綺麗な女性達は世界中に山ほどいる。


女性の若さに惹かれた場合は、続かないのはハッキリしている。


その点では、私なんかは、見かけや若さで恋してもらったとは思えないから楽と言えば楽だけど、


この世に、果たして、永遠のものなどあるのだろうか?


そんな風に思ったりもする。


「ねぇ~、これからは、愛している?じゃなくて、恋している?って訊いた方がいいみたいね!」


ハズに、そう言うと、


「そんなこと、訊いても仕方ないだろう? 言葉だけに過ぎないのだから!」


そう、面倒くさそうに言われた。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年07月01日 トラックバック(-) コメント(0)

過去のブログを読んで気づいた事

ニュースによると、今日が夏の初日だそうで、偶然にも、とても暑い日に成っていて、今年1番の気温に成るだろうと言われていた。


私は、ブブと家の中に閉じこもって、クーラーの涼しい風にあたって昼寝でもしたい気持ちに成っている。


最近のハズは、とっても忙しくて、朝、家を出る前から、コンピューターと睨めっこで、会社関係の人達からも電話が来て、いろいろと話していたり、帰りも遅くなっている。


帰って来ても、コンピューターと睨めっこしていて、私が料理した後も、いつもなら食器を洗ってくれるのに、それも無しで、またコンピューターに戻ってしまう。


家で仕事はしない、忘れたいと言った人なのだけど、それが出来ないぐらい忙しいらしい。


いつもなら、一緒にベッドに入って、オヤスミのキスをして手をつないで寝ているのに、最近では、私がベッドに先に行ってハズを待っている間に眠ってしまって、朝、起きると、ハズがコンピューターと睨めっこしている背中を見たりする。


「あれ~っ、もしかしたら、ハズちゃん、寝なかったの~?」


と訊くと、


「寝たよ!」


と、


「え~~~っ、私、ハズちゃんがベッドに来たの、全然、知らないのだけど・・・・」


そう言うと、ハズは笑いながら、


「君はグッスリ寝ていたからなぁ~!」


と、


「もしかしたら、ハズちゃん、どこかに行っていたのじゃなーい?」


と横目で見ながら言うと、ハズはゲラゲラ笑い出して、


「君の横で寝ていたさー!」


と、


「だけど、オヤスミのキスはしなかったでしょうー? 手もつながなかったでしょー?」


と言うと、


「キスもしたし、手もつないだよー!」


そう言われて、


そうだとしても、寝てしまっていたから、そんなこと訊いても仕方ないよなぁ~・・・・


そう思う。


ハズが真剣な顔をしてコンピューターと睨めっこしている時に、後ろからハズの肩に両手をかけたり、頭を撫ぜたり、頬にキスをしても、ハズは全く怒らず、あきらめてそうさせてくれるけれど、


つまんないなぁ~!


と私は自分勝手に、そう思ったりする。


そして、どこかで、ストレスを感じている。


仕事で忙しくて、そうなっているのだし、


「もうちょっとで、この忙しさから開放されると思うんだ!」


と言ってくれているのだから、落ち込む事もないのだけれど、なんだか、ハズに頼っている。


日本の大学もヨーロッパ留学もアメリカ留学も、1人で行って1人で生活していたのに、今では、ハズにドップリ甘えている。


今日は、他のことについてブログに書こうと思って、過去のブログをチェックする必要があって、そうしていたら、探しているブログは見つからなかったけれど、


『国際結婚』のカテゴリーの中に入れていた2009年12月のブログ『優しさの影にあるもの』と言うタイトルを見て、全く憶えていなくて


何について、書いたのだろう?


と思って読んでみたら、私の手術後のハズの優しさや苦労が書かれていて、


そう言えば、


ハズちゃん、頑張ってくれたなぁ~、

優しかったなぁ~、

大変だっただろうなぁ~、


そんな風に思った。


そして、ハズの優しさや苦労に、あの時は、とても感謝していたのに、元気に成ってしまうと、スッカリ忘れてしまっていた自分に反省した。


今まで、過去の自分のブログを読むなんてことは無かったのだけど、


時々、こうして、過去の自分のブログを読んでみるのも悪くないなぁ、


そう思った。


忘れかけていた大切なことを想い出させてくれるかもしれない。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月22日 トラックバック(-) コメント(2)

自転車男と彼の息子

最近、ハズが出張していたり、仕事で忙しかったりで、私は、1人で、ブブの散歩をしなければならないことが多かった。


こんな時は、過去の日記にも書いたように、いわゆる他人からの妨害が多かったりするので、私の神経は数倍も張り詰める。


そして、出かける前にも、


行くぞ~!

気持ちをシッカリ持って!

強い態度で歩くんだ!


そんな感じで、前日、歩いた所となるべく違う所を歩くようにしている。


同じところを歩いて、いつものご近所さん達に会って、挨拶しあったりしたいけれど、そんな生活は求めても無いし、その代わりに、いやらしい笑みを浮かべたり意地悪な目をして、近づいて来る人達を避けるためには、それしかないと思うからだ。


そして、実際に、この方法は、ストレス減少に役立っている。


ところがだ、最近、どこを歩いても、必ずと言って良いほど、大きなサングラスで目をガードして自転車に乗って現れて、私をジーーッと見る男がいた。


見られても、別に何か言って来るわけでもないし、私は気にしないようにしていた。


しかしながら、週日の早い午後などにも会ったりしたので、


仕事をしていないのかなぁ~?

コンピューター関係の人なのかなぁ~?


などと思ったりしていた。


目をサングラスでシッカリ隠していたから、人種に関しては何とも言えなかったけれど、肌の色からアジア系かヒスパニック系だなぁと思った。


外に出ると、


あれっ? また、会った?!


そんな感じで思うことが多くて、私も、


なぜ、急に、こんなに会うのかなぁ~?


と、ちょっと不思議に思っていた。


週末に成り、ハズとブブと外に出て歩き出すと、その男が、いつものように自転車に乗っていて、いつになく、その男の後ろには6~8才位の息子らしい男の子がその子の自転車に乗って彼の後ろを走っていた。


そして、その男は私を以前と同じようにジーーッと睨むようにして見ながら、私達が歩く後ろを走って来た。


ブブが地面を嗅いだりするのに立ち止まって、リーシュをつかんでいたハズも立ち止まり、私は、ハズの車へと歩いて、後ろを向くと、


その自転車父子はハズとブブがいるところを通り過ぎて、私のいるところに近づいて来た。


私は、ハズとブブを待っていたので、ただ、そちらの方を見ていた。


その男が、ただ私だけを見て来るような感じだったので、ちょっと変な気がしたけれど、ハズとブブは彼らの後方にいたので、私は、ただひたすらハズとブブだけを見るようにしていた。


その男が近づくにつれて、何やら厳しい顔をして、その男の子に何か言っていて、その男の子も私を見るようにして、


まるで、私の事を男の子に言っているみたいだけど・・・、

でも、まさか~・・・、

あの人、私のことを知らないと思うし、

私も、あの人、知らないし・・・・


そんな感じで思ってチラッチラッと見ていると、2人がとても近くになって、その男が、私に、呪いの言葉を言って、息子に、


「行くぞ~!」


と怒鳴るようにして、急いで、そこから去ろうとした。


しかしながら、男の子がうろたえて、自転車がふらついた。


父親が、私に、そんな酷い言葉を言って、私が、驚いた顔をしていたので、その子は、私が反撃するかと思って怖くなったのかもしれない。


その男は、イライラした様子で、男の子の自転車のハンドルをつかんで誘導するようにして急いで去って行った。


それから、ハズとブブがやっと私の所にたどり着いて、みんなで一緒に車に乗り込んで、私は、そのちょっと前に起こった出来事をハズに話そうかどうかを迷ったが、せっかくの家族の週末を、その男のために台無しにされたくないと思い、後で言う事にした。


そんなことが起きたとは全く知らないハズは車を走らせて、偶然、その父子の横を走る事になった。


男の子は私達に気がついて、動揺して、また自転車がふらつき始めた。


父親は、


「行くぞ~!」


と、また男の子に怒鳴った。


私は、そんな2人を見て、


一体、この親子、週末に、何をしているのだろう?


そう思った。


そして、男の子が可哀想になった。


父親に連れられて、父親の言う悪い女を一緒に見に行き、父親が彼女に呪いの言葉を吐いて、一緒に逃げる。


その男の子だって、そんな事に付き合いたいわけが無い。


その男が、なぜ、そんなにも私を嫌い、嫌な気持ちにさせたいのかはわからないけれど、あの怒ったような顔からは、幸せには全く見えなかった。


1人で自転車に乗っていた時は、何も言って来なくて、


言いたい時は、息子を連れて来る。


そして、呪った後は、2人で逃げる。


私が、子供であるその男の子の前で、その男に向かって悪い言葉を言えないのを、その男は知っていたはずだ。


子供を、そのような目的で使うのだけは止めて欲しいと思う。


その男が女性卑下者なのは間違いないから、ワイフがいたとして、彼女や息子を虐待していなければ良いけれどと思った。


そして、息子が大人に成って、父親のように行動する傾向にあるのは良く知られていることだけれど、あの男の子には、父親が愚かなことを早く知って、父親のように成らないで欲しいと願うばかりだ。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月03日 トラックバック(-) コメント(0)

夫の嘘

最近、ハズが仕事で遅かったり、帰って来ても、コンピューターと睨めっこして仕事していて、夫婦の会話が少なくなっていたので、週末に、


とにかく、話そう!


と私が提案して、ハズの家族のことや会社の人達のことなどを話した。


それら2つの事に関しては、話しても、いつも結局は同じような結論に成るのだけれど、そうであっても、言葉に出して、やはり、これしかないよねみたいに確認するような感じになると、少なくとも、私は、また気持ちを強く持って気にしないで、その状況の中で生活していく励みみたいになる。


ハズとは、結婚した頃から、2人の間には秘密があってはならない、なんでも正直に言い合おうと言っているのだけど、時々、私は、ハズが、本当に思っていることを口に出さないで、それは、たとえ、私が聞いたら傷つくことだからと思って、そうしていると言え、そんな風に感じる事があって、


「ねぇ~、何か隠しているでしょう~? あなたの心の中で閉じ込めていて、私に話していないことがあるでしょう~?!」


そんな風に訊くと、ハズは決まって、


「何も隠している事なんか無いよ~! 全て話している!」


そう言う。


私が、


「なぜだかわからないけれど、そんな気がして成らないのよ~! 会社の人達の事? 家族の事? それとも、あなた個人のこと?」


そんな感じで、訊き初めて、その1つ1つのトピックについて、さらに詳しく質問して行くと、不思議と、これだ!これだったんだ~!と思うことがある。


それで、私は、会社の人達についてハズが話していたことに、実は、嘘があったことを知った。


その嘘は、私を騙そうとしてとかでは無く、言えば私をもっと傷つけると思ってついた嘘だったのだけど、たとえ、そうであっても、いつも真実を知りたいと言っている私に、なぜ、正直に言わなかったのだろうかと、ハズに対して、ちょっと落胆した。


ハズの会社の同僚達の間では、ここ数年の間、ベイビー・ブームで、あの人も、この人もと言う感じで、ベイビー達が増え続けている。


そして、そんな子持ちの人達は、ハズに、


「いつ、子供を持つつもりなんだ~?」


と言った質問を頻繁にして来たり、プレッシャーをかけて来るそうだ。


特に、移民のボスや同僚達は、夫婦であれば子供は持つものと思っている人達が多いせいもあるのか、ハズも、とことんウンザリしているそうだ。


そして、そんな人達は、私達に、なぜ子供がいないのかについて、いろいろ勘繰って、面白可笑しく噂していたりして、仕事だけしたいハズにとっては、全くイライラするものらしい。


私が、みんながみんな、そうなのかと訊くと、ドイツ人の同僚達は子持ちもシングルも含めて、そんな質問をして来た事が無いそうだ。


私は、ドイツは教育レベルも高いし、仕事は仕事、個人は個人と言った感じがあるからだと思った。


ハズも、


「子供を持つとか持たないとか、それは全くプライベートなことじゃないか~? それなのに、なぜ、あいつらがいろいろと言って来るのかがわからないよ。子供がいないと結婚の証明に成らないみたいな感じでさ。そのてん、ドイツ人同僚達には助かるよ!」


そう言っていた。


結婚しても子供を産むかどうか、そして、子供を持つかどうかは、全くの個人の問題なのに、そうして、周りが、


作れ~! 

持て~!


と言って来るのは全くおかしなことだと思うけれど、このような社会状況だからこそ、子供を持ってから離婚する人達が、この国には多いのでないかと、


そして、うるさくハズに子供を作れと言って来る人達は、子供無しでは結婚生活を続けられないような夫婦生活を送っているのではないかと思ったりする。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月02日 トラックバック(-) コメント(2)

愛の無いセック〇

最近、私と同じように、アメリカ南部出身の年下男性と国際結婚している日本人女性のブログを、なぜだか虫の知らせみたいなものを感じて、ず~~~~っと長い間、訪問していなかったのだけど訪問してみた。


そして、わかったのは、彼らが離婚すると言う事で、とうとう、そうなってしまったかと思うと同時に、


なぜ、今?


そう思った。


数年前までの彼女のブログを読んで、


なぜ、こんな男と離婚しようとしないのだろうか?

子供のためとは言え・・・、


そんな風に思うことが大半だったけれど、彼女から離婚を申し出ることは無さそうだなぁと思っていた。


ハズも南部出身と言う事で、過去に、彼女のブログから知る彼らの結婚生活を話した事があって、ハズは、


「日本人達に、南部男は、みんなそいつみたいに女性卑下で自分勝手だと思われたくないね!」


とか、


「そんなヤツ、本当にいるのか? 彼女が話を作っているのじゃないか~?」


と言うほど、彼のことを嫌っていた。


彼女が彼に出会ってから、彼がブロンドでグッド・ルッキングでと言う事を強調していたから、ルックスだけに惑わされて利用されて不幸に成らなければ良いけれどとは思っていた。


最近、読んだブログでは、やはり、彼から離婚しようと言われて、彼女も受け入れたと知って、彼がそう言わない限り、彼らは結婚生活を続けていたのだろうなぁと思った。


夫婦には、夫婦しかわからないことがあるから、私が、とやかく言うことではないし、たとえ旦那の方が悪人に見えても、彼女は我慢していたとは言え、彼を受け入れていたのだから、どちらが悪いと言うのも避けようと思うけれど、離婚の原因の中で、特に1つ、残念に思えることがあった。


それは、彼らのセック〇についてで、彼女が彼に、彼女とのセック〇が良くなかったのかを訊いて、彼が良かったけれど、時々、拒否されたことに大きく傷ついたと言う事だったのだけど、


彼は、彼女が疲れていても、病気でも、する気分じゃなくても、彼がしたい時に出来ないと、頭に来るそんなタイプの男だった。


そして、どんな理由であれ、彼女は彼に体を与えなければならないと思っていた。


私は、


それじゃあ、彼女は、まるで、彼のセック〇奴隷みたいなものじゃない?!


と思った。


愛していれば、お互いの気持ちを尊重しようとするだろうし、相手が嫌がるのに無理矢理しようとするのは、この国では、家庭内性的暴力として訴える事も出来る。


しかしながら、アジア人女性は男性に従順で、それを裁判沙汰にすることは滅多に無いと思っているアメリカ人男性は多い。


拒否されて傷ついた?!


自分の性的欲望をコントロールする理性が無くて、妻を責める全くの女性卑下の自分勝手な男!


それに、相手がしたくないのにして、楽しいのだろうか?


まるで、妻の体だけを性的欲求のゴミ箱のように使っているみたい。


子供もいるのに、セック〇が思うように行かなくなると愛が冷める・・・、

いや、本当に彼らは愛し合っていたのだろうか?


セック〇が少なくても、何かの理由で無くても、それ以外で、夫婦が繋がっている、そして、愛し合っていることは充分可能だと思う私は、ナイーブだろうか?



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年06月01日 トラックバック(-) コメント(4)

ひさびさのアメリカ南部で気付いた事

最近、ハズが、アメリカ南部の長期出張から帰って来た。


会社関係の南部の人達と毎日、仕事して、ハズが1人で行っていた事もあり、夕食なども、その人達と一緒に食べる事がほとんどだったそうだ。


ハズは、行ってみたいレストランなどをマークしていたのだけれど、観光客などが行かない、地元人達だけが良く行くレストランなどに連れて行ってもらって、それはそれなりに面白かったそうだ。


私は、


「1人で食べるより、みんなと話しながら食べたほうがいいじゃない? そのメンバーで夕食する事なんか、ちょっと無いことだし!」


そう言うと、ハズは、


「食べたいものがあったんだけど・・・、地元の雰囲気みたいのも感じれたし、それはそれなりに良かったよ」


そんな風に言っていた。


「ねぇ~、そのメンバー達って、みんな南部男達? みんな、ホワイトでしょう?」


そう訊くと、そうだよと笑いながら言っていた。


なぜ、私がそう言ったかというと、ハズの仕事関係の人達はホワイト男性達が圧倒的に多いのを知っていたからだ。


「その連れて行ってもらったレストランなんかも、客達は、やっぱり、みんなホワイト?」


そう笑いながら訊くと、ハズは、急に黙って考えるようにしてから、


「そんな事は無かったよ!・・・・そう言えばさ、驚いた事に、俺が子供の時なんかと違って、レストランには、異人種間のカップル達がけっこういた」


ハズは南部生まれの南部育ちで、今回、出張で行った所は南部でも他の州で住んだ事は無いけれど、子供の時に家族旅行とかで行ったことがあるそうだ。


その時には、異人種間のカップルなどは全く見る事は無かったそうだ。


異人種間カップルと言っても、男性がアフリカン・アメリカン(ブラック)で女性がホワイト・アメリカンと言ったカップルが1番多くて、その次が男性がアフリカン・アメリカンで女性がヒスパニック(ラティーナ)アメリカンと言ったカップル達だったそうだ。


私は、


「ブラック男性とホワイト女性、オバマ(大統領)の両親のパターンじゃない? やっぱり、オバマが異人種間カップルを助けることになったかも?!」


そう言って笑った。


ハズと私のようにホワイトとアジア人のカップルは全く見る事は無く、カリフォルニアと比べると当たり前と言えばそうだけど、アジア人、アジア系がず~っと少なく、アジア系はアジア系同士でいるのを見るだけだったそうだ。


「と言う事は、私達がそこにいたら目立っちゃうってことかなぁ?」


私がそう訊くと、ハズは頭を横に傾げてニヤ~ッと微笑みながら、


「目立つだろうなぁ~・・・、間違いなく、目立っちゃうだろうなぁ~」


目を丸くしながら、そう言っていた。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年05月28日 トラックバック(-) コメント(0)

3.アーノルドとマリアのまさかの離婚

ハズが帰宅して、私のブログ・ポイントをチェックして、


「どうして、こんなに少ないんだ~? 何について書いた?」


と訊いて来た。


私が、アーノルドとマリアのことについて2日つづけて載せたのだと言うと、ハズは、


「それでだ~!」


とニヤニヤしながらうなづいた。


「今日のニュースで、シュワちゃん(アーノルド)がマリアとも言っているのだけど、自分達は別れた今でも愛し合っているって言ってたの」


そう言うと、ハズは、思いっきり冷めた顔をして、


「当たり前じゃないか~! そう言うのは!」


と言ったので、


なぜ、そう言ったのかを訊くと、


「子供達のためだよ~! 両親が愛し合っていないことを知ることは、子供達にとっては辛い事だから聞きたくないだろう?」


私は、


そう言うものなのかなぁ~・・・・


と考えた。


ハズは、


「愛し合っていないから別れるのに決まっているじゃないか~? 愛し合っているなら、別れたりしないはずだ」


私は、


「愛し合っていても、お互いの人生を考えたら、別れた方が良い場合もあるのじゃないかなぁ?」


そう言った。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年05月12日 トラックバック(-) コメント(2)

2.ウイリアム王子の指輪の話

昨日、ハズが帰宅してから、ブログに載せた『マクドナルドは50000人の従業員を採用する』の話を始めると、ハズは、


「知っているよ~! だけど、今日は50000人じゃなくて、2000人ほどと聞いた。そうして、徐々に採用して、最終的には50000人、採用するつもりなんだろう」


しかしながら、オハイオ州のマクドナルドの面接に来た2人が車に轢かれたことはハズは知らなかった。


「死んだのか?」


と訊くだけだったので、救急車で運ばれて行ったけど命には別状なかったみたいだと言うと無関心な顔に成った。


「それだけ、仕事が欲しくて、面接の列に並ぶのに急いで轢かれてしまったという事なのよ。就職難、失業率が高いから、そうなっちゃうわけで、今のこの国の現実を見たような気がしたの」


私が、そう言っても、ハズは知らん振りと言った感じで何も言わなかった。


「ねえ、『ウイリアム王子のウェディング・リングの話』は聞いた~?」


と訊くと、ちょっとウンザリするような顔をして、


「聞いてないけど、別に聞きたくも無いね~! どうして、みんな、イギリスのロイヤル・ファミリーの事に興味しんしんに成っちゃうんだ~?」


と言ったので、


「別に興味があるわけじゃないけど、ケイトがウェディング・リングをするのに、ウイリアムがしないと決めたと言ったから、話題に成っているのよ~!」


ハズは、


「指輪の話の後は、結婚式の話だろう~? 俺がゲイだったら、そう言った話に興味を持つだろうけれど、悪いけど、そうじゃないから、全く興味をもてないんだよ。わかってくれよ~」


声を大きめにして、そう言った。


私も、その声のレベルに合わせた大きめの声で、


「ただ、聞いて欲しかっただけなのよ~! ここに、そんなことでも気軽に話せる女友達でもいたら、あなたになんか話していないわよ~! それに、今日も歩いていて差別を受けたから、気持ちが落ち込んでいて、それを解消するためにも、こうして話したかったのよ~!」


そう言うと、ハズは、ちょっと笑いながら、私を見て、


「わかったよ~! 君の気持ちもわかる。 リングがどうしたんだ~?」


そう訊いて来たので、こうこうこうでと話すと、


「どうして、ウイリアムは指輪をしないんだよ~?」


と訊いて来た。


それは、ウイリアム本人も周りの人も誰も言わないのだと言うと、


「ロイヤル・ファミリーのメンバーなのに、ロイヤル(忠実)であることを見せたくないのか~?! たかが指輪じゃないか? 何も苦労が無くて働かなくてもいいから、何か、そうやって問題を作って話題に成りたいんじゃないのか~? 他人に誤解されたり、いろいろ勘繰られて騒がれるよりは、指輪をした方が、ずっと楽になると思うけどなぁ~」


そう言った。


私は、


ハズが、いつもシッカリとマリッジ・リングをしているのは、

どうのこうのと私に言われなくて済むからなのも理由の1つなのかな・・・・


そう思ったりした。


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリックして頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

こちらも1つ!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2011年04月21日 トラックバック(-) コメント(0)

カフェで会った国際結婚カップル

週末は良いお天気で、ハズと、


「あのカフェに行ってブランチでもしようか?」


と意気投合して、さっそく、たま~に行くカフェに行ってみた。


行くと必ず会った、そこで働いている人達はいなくて、新顔なのか、私達がしばらく行っていない間に、その人達はすでにいたのかわからないけれど、そんな感じで、ちょっと変化があって、ハズとも、


そう言えば、私達、ここに、しばらく来ていなかったものね~?!


とうなずき合った。


ブランチ・メニューは変った風はなかったが、

そんなに大きくないお店の中を見回すと、2組の異人種間カップルがテーブル席にいた。


私達が、以前、そこに行っていた時は、異人種間カップルを見ることなどなかったので、ちょっとだけ驚いた。


2組とも、私達のように、男性がホワイトで、女性がアジア系、あるいはアジア人だった。


私達と違ったのは、1組は子供が2人いて家族みんなで一緒にテーブルを囲んでいたが、もう1組は、ベイビー・チェアーにベイビーを座らせたり、女性がベイビーを抱いたりして座っていた。


ハズがカウンターでオーダーしている時に、私が空いているテーブル席につくと、子供2人のうちの男の子のほうが、私を興味深い顔をして見つめていた。


その顔が、とっても優しかったので、私は、その子に、ちょっとだけ微笑んだ。


その子の家族は、ほとんど会話をしないで静かに食べて、ハズがテーブルに来て間も無く、カフェを出て行った。


ハズと私が、相変わらず、どうたら、こうたら話していて、オーダーした食べ物が来て食べていると、ベイビー連れの異人種間カップルが私を見ていることに気がついた。


男性の方が、しきりに彼のワイフ、そして、ベイビーの母親と思われる女性に何か言っていた。


彼のその感じは、私を批判したりとか笑うとか、そんな感じは全く無かったので、あまり気に成らなかったが、


私を見ながら、何を彼女に言っているのだろう?

ちょっと興味、あるなぁ~・・・・


そんな風に思った。


その後、時々、チラッチラッと彼らを見ても、彼が私を見て、彼女に、まだ同じように言っていて、彼女はと言えば、私をだるそうに見ながら困った顔をしていた。


私は、小声で、ハズに、


「ねぇ~、ミックス・カップルの彼女、日本人なのかな~? なんだか、ハズバンドの方が彼女に私の所に行って話すように言っているみたいなのだけど・・・」


そう言うと、ハズは、彼らをチラッと見てから私を見て、ちょっと微笑んで食べ物に目を移した。


私は私で、


なんだろう? なんだろう?

来てくれないかなぁ~、話したいなぁ~、

あれっ、でも、彼女、話したくないみたい・・・・


そんな風に思ったりしていた。


私達が食事を終えて、ハズがケーキをオーダーするためにカウンターに行くと、男性は、彼女に、それまでより、強く言い出して、


「・・・彼女と話すべきだ! 行って話すべきだ! 行けよ!」


そう言っているのが私の耳にも聞こえた。


そして、むしろ、彼は、そうしない彼女に怒っているかのようにも見えた時、彼女はベイビーを抱いて、ゆっくりと立って私がいるテーブルの方に歩き出した。


彼は、私に近づいて来る彼女の背中を見ながら、ちょっと微笑んでいるように見えたが、彼女は、全く私と目を合わせず近づいて来て、顔も体も私の正面からは横向きに立って1分ほど壁を見つめて、また、彼の方に向き直って歩いて行った。


彼女が席に着くと、彼は、ちょっと怒った風にして、彼女に何か言っていた。


彼は、彼女に、私と話して欲しい。


だけど・・・・、


彼女は、私と話したくない。


それは仕方のないことだと思った。


ハズがお皿に乗ったケーキを持って来たけれど、彼らの平和のためにも、私達はカフェを出るべきだと思い、


「これ、ボックスに入れてもらって! 家で食べよう!」


そう言うと、


ハズは、ちょっと驚いていたけれど、


私が、軽くウインクすると、何も言わず、テーブルに持って来たばかりのお皿に乗ったケーキを持ってカウンターに戻って行った。


ケーキが入ったボックスを持って、外に出て歩き出してから、なぜ、出ようと行ったかを説明すると、ハズは笑いながら、


「そんなことだろうと思ったよ!」


そう言った。


私は、



「彼女の気持ちも、わからないわけじゃないわよね~・・・彼女も日本人かも知れないし、異人種間カップルとして私と共通点はあっても、私はベイビーや子供がいるわけではないし・・・、彼女だって、知らない他人の私と何を話せばいいかって思ったかもしれないし、あるいは、見た感じで話したいと思う相手じゃなかったかもしれないし・・・ハズバンドの方は、かなり乗り気だったみたいだけど・・・それに、彼女に、しつこく私と話せと言うなら、なぜ、彼は、あなたと話そうとしなかったのかしら?」



そう言うと、ハズは、


「俺とは、別に話したくないからだろう! 俺も、アイツと話したいとも思わなかった」


そう言ったので、


「じゃあ、彼が私に、日本人なの~?とかって話してくればよかったのじゃない? そして、彼女を紹介して、彼女と私が話し出す・・・ちょっと待って! 彼女は私と話したくないみたいだった・・・じゃあ、ダメだ!」


ハズは、それを聞いて、笑いながら、


「フロリダのホテルで朝食を食べていた時と同じだよ!」


そう言ったが、私が、


「フロリダで、ホテルで朝食した時のこと? 何かあった~?」


そう訊くと、


「ほら~~~~っ、俺達が朝食ビュッフェで食事していて、その後に、俺達みたいな異人種間カップルが現れて、君が立って食べ物を皿に乗せていた時に、男の方が女の方に、君に似た人がいるよ!話してみろよ!とすすめていたじゃないか?」


そう言ったので、私は、やっと想い出して、


「あぁ~~~っ、あった!あった!そんなこと~! 彼女は私を見たけど話しかけて来なかった。 だけどさ、彼女、アジア人ってだけで、全く私に似ていなかった~!」


ハズは、すぐに、


「ほんのちょっとも似ていなかった! 結局、ホワイト男と一緒にいるアジア人女同士と言う事で、彼女に君と話すように言ったんだよな~、ったく~! ホワイト男と一緒にいても、人それぞれ違うのになぁ~」


そう言った。


その男性は、顔を隠すようにして食べていて、ハズとも決して目を合わせようとしなかったから、彼がハズと話したくないのは明らかだった。


そう言えば、


私達より若い異人種間カップルで、男性の方が日本人女性の方に、私と話すように言ったら、その女性の方がアクセントたっぷりの英語で、私に聞こえるように、


「いやだ~! オールドじゃな~い?」


と言った事があった。


見ると、彼女は、若いと言うこと以外に、なんの取り柄も無い女性に見えた。


私だって、こんなバカと友達に成りたくないわよ!


そう思った。


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリックして頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2011年04月13日 トラックバック(-) コメント(0)

ボディ・イメージに執着する人に多いとハズは言う

昨日のブログで、ティーンの少女がイジメられた証言から、自分の経験談に成ってしまったけれど、私が他人から嫌がらせを受けて、ハズに話すと、決まってと言っていいほどハズが訊いて来ることがある。


それは、女性の場合、


「太っていたか?」


で、男性の場合、


「鍛えている体じゃなかっただろう?」


だ。


そう訊かれて考えてみると、私の場合、確かに、嫌がらせをして来る女性は私より太っていたり、体が大きかったりで、男性は、お腹が出ていたり、あるいは、痩せて貧弱な体をしている場合が圧倒的に多かったりする。


たま~に、拒食症かと思われるほど痩せこけた知らない女性が、私を見ただけで、イライラしながら怒っていたこともある。


ハズは、いつも、うなづきながら、


「ほらな! やっぱり、俺が思ったとおりだ。 君に意地悪して来るヤツラは、みんな、自分のボディに劣等感を持っているヤツラばかりさ!」


私が、


「ほとんどが、明らかに私より太っている人達だけど、痩せこけた女性達はどうなっちゃうわけ?」


そう訊くと、ハズは、


「多分、拒食症かなんかで、痩せていても、まだ自分で太っていると思ってイライラしているのだと思うぞ」


そんな風に言っている。


私が、ハズの母親と会って間もない頃、会う度に、私に言った言葉があった。


「あなた、ちゃんと食べている?」


そして、彼女が映っている家族のビデオを観ると、彼女は決まって、


「あ~~~、私、太っている~~」


で、ハズも、彼女に、


「マ~ム、どうして、いつも、ビデオを観る度に、自分の事を太っているって言うんだよ? 太ってなんかいないじゃないか~!」


そう言って、後で、私に、


「彼女が映っているどのビデオを観ても、太っている~って気にするんだよ、彼女。」


そう言っていた。


私が見たハズの母親は、背が高くて、均整がとれていて、美人で、そして、太ってもいない、むしろ、見かけに関しては悪い所など1つも無いようなそんな女性だった。


しかしながら、ハズが言うには、彼女は、ハズの弟達を産んだ後、ちょっと太ったこともあり、体質的には、気をゆるめたら太る体質だと言って、いつも体重を気にしていると言う事だった。


彼女の妹、ハズの叔母さんに会った時、彼女が私を見て、まず最初に言った事は、


「お姉さんが、あなたに嫉妬する理由がわかったわ~」


だった。


私が、何について言っているのかがわからないでいると、


「お姉さんが、あなたのような体系になることは絶対無理だもの」


そう言った。


過去のブログで書いたハズの昔のボスのワイフ、ハズの同僚のユーリーや彼のワイフなども、ボディ・イメージに執着していた。


ハズの昔のボスのワイフは、会う度に、自分や旦那の事を太っていないのに、太っていると言って気にしていた。


ユーリーは、ハズに、


「アジア人は、みんな痩せているものなぁ~、だから、アジア人が好きなんだろう?」


とバカとしか言えない質問をして来たりした。


そして、自分のワイフを、


「彼女は、昔、太っていたから、太りたくなくてベジタリアンに成ったのさ」


と言って笑っていた。


しかしながら、実は、ユーリーは高校生の時まで、肥満児で、周りから、いじめられていたことが後でわかった。


ハズは、


「だからだよ! ユーリーが君に意地悪するのは! 今は太っていなくても、常に、ボディ・イメージに苦しんでいる」


そう言っていた。


ハズに思いを寄せていた同僚のスザンヌは、ダイエットを始めて、どんどん痩せて行き、ハズが


「へい! そんなにダイエットして痩せて、病気に成ったら、どうするんだ?」


そう言うと、目に涙を溜めて、


「ピッキーは、もっと痩せているじゃない?」


と言った後、ハッとした顔をして下を向いたそうだ。


ハズは、それを見て、


なぜ、彼女のダイエットがピッキーと関係しているのか?

それでか・・・・彼女がピッキーに意地悪して来るのは・・・


そう思ったと私に言っていた。


肥満大国と言われるこの国で、ボディ・イメージを通して、ネガティブなエネルギーが発散されているのかもしれない。


ハズは、ボディ・イメージに執着し過ぎて、自分に自信が持てない人は魅力が無いと言っている。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2011年04月07日 トラックバック(-) コメント(2)

一緒にいると似てしまう

ハズは、今日、滅多に無い事、会社に行かなかった。


出張から帰って来て、しばらく、咳をゴホゴホ、鼻をグチュグチュさせていたのだけれど、悪くなるばかりで、今朝、起きると、


「今日は、家で仕事をする。電話とコンピューターで対応すればいいことばかりだから」


そんな感じに言った。


体の具合が悪いのもあって、いつもより、ず~っと無口になるハズを見て、私は、気に成って、


「ハズちゃん、大丈夫~? 生きている~?」


と声をかけると、ハズは機嫌悪そうな声で、


「NO--!」


と答えた。


私が、いつにないハズの応答に、ちょっと驚きながら、


「あらっ、そうなの~? 訊かない方が良かったわね~? 具合が悪いのに、わざわざ答えなければならないのは辛いわよね」


そう言うと、ハズは、同じように不機嫌な声で、


「そうだ、そう言う事だ! もう訊くな!」


と言った。


それを聞いて、私は可笑しくなった。


私が具合が悪い時は、いつも思いっ切り不機嫌になって無口になって、ハズが心配して訊いて来ると、


「具合が悪いの、知っているでしょう~? 話したくないのよ~!」


そんな風に答えるのが普通だ。


しかしながら、ハズは、いつも、具合が悪くても、


「うん、大丈夫だよ! もうちょっとで良くなるさ!」


そんな風に言っていた。


その度に、私から、


「無理しなくていいのよ~! こんな時でも、良い子ちゃんでいようとしている! 具合が悪い時は、思いっ切り、ふてくされてもいいのよ~!」


と言われていた。


それなのに、今回は、まるで、私のように言っている。


私は、笑いながら、


「ハズちゃん、こんな風に言ったこと無かったよねぇ~? なんだか、私に似て来ちゃっているみたいじゃない? そんなぶっきらぼうな話し方をして!」


そう言うと、ハズは、また、機嫌悪そうに、


「俺が具合、悪いの知っているだろう~?!」


そう言って、また、私を笑わせた。


夜に成って、


「やっぱり、家にいたのが良かったみたいだなぁ。良くなってきているみたいだよ」


そう言ったので、


「今日は、良い子ちゃんぶらないで、正直に自分を表現していたから、きっと、そのせいよ!」


そう笑いながら言うと、ハズは照れ隠しに私に抱きついて来た。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2011年04月01日 トラックバック(-) コメント(0)

寄り添うだけでいい

1週間ほど、ず~っと雨続きだったけれど、やっとお日様が見えて来た感じで、明日からの1週間は、もう雨が降らないだろうと天気予報で言われていた。


ハズは風邪をひいたみたいだと言って、家でゴロゴロしていた。


出張に行くと、必ずと言っていいほど、喉が痛いとか鼻がムズムズするとか言い出すから、ちょっと環境が変ったりするとアレルギーみたいなものが出て来るのかもしれない。


いつも一緒にいると、ハズがたった一泊二日位の出張でも、


このまま、帰って来なかったら、どうしよう?


そんなことを、ちょっとだけ考える一瞬がある。


今日のニュースでは、また福島の近くで震度6以上の地震があって津波警報が出ていると聞いて、気持ちが暗くなった。


そして、ベッドに寝転がっていると、ハズがやって来て、


「大丈夫か~? 疲れたのか~?」


と訊いたので、


「なんだか罪を感じるの。日本にいる人達が苦しんでいるのに、私は、ここにいて、のほほ~んと生活している」


そう言うと、ハズは、


「そう思っても仕方ないじゃないか~? 君が楽しんでも楽しまなくても事態は変らないのだから!」


そう言った。


そして、それからは何も言わず、横になっている私の体を後ろから両手で包み込むようにして抱きしめてくれた。


ハズの体の暖かさが伝わって来て、


今は何もいらない、

これだけで、充分、幸せを感じれるから


そう思った。


JWordクリック募金


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2011年03月28日 トラックバック(-) コメント(2)

2人の間にもスパイス

昨夜は、ハズが出張の関係で夜遅くに帰って来た。


いつもなら、私が空港に迎えに行くのだけれど、雨が降っていたし、夜遅いのと、タクシーを使っても会社が払ってくれるのならと、私は迎えに行かなかった。


ハズは、私が迎えに行かないと電話で言うと、ガッカリした声になったけれど、


「君が気が進まないのなら、わかったよ」


そう言った。


私はベッドで、半分、寝ていたのだけれど、ブブが吠えたので起きてドアまで行くと、ハズが立っていた。


「おっかえりなさ~~い!」


と言って正面からハズの首に両手をまわして飛びついた。


ハズは、なぜだか、長い間、離れ離れになっていたかのように、私の体を強く抱きしめて、いつになく熱いキスをした。


たった1日出張だったのに、こんな風になったのは何故だろう?


そんな風に思って考えてみた。


いつもなら、私が空港に車を運転して迎えに行って、ハズを乗せて帰って来るわけだけど、その時は、公共の場で多くの人達がいることから、軽くハグする事はあっても、ブチューッとしたキスはしない。


家に帰って来たら、あらためてキスしようとも思えない。


それが、今回は、ハズが家の中に入ってからだったのと、ブブは見てても、その他には誰もいなかったのもあったのが、私達を感情だけで行動させたのだろうと思う。


ハズはハズで、


たとえ、夜遅くて雨が降っていても、

いつもなら、私が迎えに来てくれるのに・・・・


と、なんとなく不安に成ったと思うし、


私は私で、


ハズのわかっていると言いながら

ガッカリしたような声のトーンが気に成った。


そのために、お互いの顔を見た時に、言葉よりも感情が先に立ち行動に出たのだと思う。


いつもと、ちょっと違った事をしてみるのも、悪くないなぁ~・・・・


そんな風に思った。


お料理にスパイスが必要なのと同じで、

2人の間にも、時には、ちょっとだけスパイスが必要かもしれない。



JWordクリック募金


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

2011年03月27日 トラックバック(-) コメント(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。