Sex and Coffee : San Jose市に急増する問題 アメリカ 犬連れ 国際結婚

Sex and Coffee : San Jose市に急増する問題 アメリカ 犬連れ 国際結婚

アメリカ 犬連れ 国際結婚
アメリカ 犬連れ 国際結婚 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アメリカ生活 > Sex and Coffee : San Jose市に急増する問題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

Sex and Coffee : San Jose市に急増する問題

先週、ハズが家に帰って来る途中の車の中のラジオで、シリコン・バレーのSan Jose(サン・ホゼ)市でのビックリすることを聞いたとかと言って、私が何なのかをさっそく聞くと、


なんでも、サン・ホゼ市のポリスがラジオで言うには、


サン・ホゼ市の売春が、最近、急増していて、それは、オークランド市の売春をはるかに上回る状態で、ポリスもコントロール出来ない状態に成っているそうだ。


それを聞いて、私は、


「え~~~~っ? オークランドよりも増えているーーーー?! それ、物凄く最悪の状態じゃない?!」


と、非常に驚いた。


オークランド市の売春問題の酷さは、さんざんテレビのニュースで知っていたから、それ以上に増えているとすれば、想像を絶すると思ったからだ。


サン・ホゼのポリスが、なぜ、売春をコントロール出来ないかについては、不景気のため、多くのポリスが辞めさせられたからだとかで、


それについては、ハズも頭を傾げていた。


「いくらポリスの数が少なくなっても、売春を取り締まる事ぐらい、できるのじゃないか? なんだか言い訳みたいだよな。 売春を問題として捉えていない感じがする。もっとポリスを増やさなければ、サン・ホゼで売春が多くなるとアピールしたい感じもあるような・・・・」


そして、今日、観たニュースで、サン・ホゼ市でまたビックリするようなニュースがあった。


サン・ホゼ市はアメリカで1番ベトナム人、あるいはベトナム系の人達が多く住んでいるそうだが、最近、特に、トップレス、あるいは全てヌードのベトナム人(系)女性達がウェイトレスのCoffee Shop、いわゆるカフェが急増しているそうだ。


カフェだからアルコールは出していないようで、子供も入っても問題が無いはずなのだが、20代前半のベトナム人あるいはベトナム系のウェイトレス達がランジェリー姿で、トップレスや上や下も見せている状態で、時々、テーブルに上がって踊ったりすると言うものだ。


表からは、ただのベトナミーズ・カフェだが、中に入ると、そんな感じで、たまたま偶然に入った男性が、ビックリして、それについてネットに載せたり、テレビ局に知らせたことから、何人かのジャーナリスト達が、そこに行って見たところ、その彼が言った通りで、非常に驚いて、サン・ホゼ・ポリスにレポートした。


コーヒーやエスプレッソ・ドリンクのカプチーノなどを飲みながら、ウェイトレスのヌードを楽しんでいるのは、ほとんどが男性客達だそうだ。


サン・ホゼ・ポリスは、それについて、知っていたけれど、殺人事件などのもっと凶悪な事件がサン・ホゼで多くなり、それに反して、ポリスの数が少ないと言う状況の中では、急増しているヌード・カフェにまで手が回らないと言う事だった。


そして、そのレポートされた特定のカフェに関しては、オーナーやウェイトレス達にだけ、今後、そこで、そのようなことをしない事を注意したにとどまったそうだ。


カフェから出て来た野球帽をかぶったラテン系の男性に、ニュースのレポーターがインタビューすると、彼は、そこの常連だそうで、女性のヌードをカフェで観れるし、女性達も、不景気で、お金のためにやっているわけだから、悪くないと思うと言っていた。


ちなみに、サン・ホゼ・ポリスにも、夫が、そこのカフェに通うのに怒りを持った妻達が、何とかして欲しいと苦情の電話をかけていたそうだ。


ハズが帰宅してから、そのニュースのことを言って、


「あなた、最近、遅いけど、ベトナミーズ・カフェに行っているのじゃな~い?」


と思わず聞いてしまった。


「行ってないよ~! なぜ、そんなこと、いきなり言うんだ?」


と聞いたので、その話をし出したら、途中で、


「カフェって、スターバックスみたいなカフェでか~? バーじゃないのか?」


私が、


「名前もカフェだし、出すものもカフェ・メニューだって! コーヒーを飲んで、若いベトナミーズ女性のウェイトレスのトップレスやオール・ヌードを楽しめるそうよ!」


ハズは笑って、


「そんな所があるのか~? サン・ホゼにー?! ニックと俺に、チェックしに行って欲しいか~?」


私は、ハズのおでこをパシーッと平手で叩いて、


「行って欲しくなんかないわよ~! それより、2人で行ったこと、あるんじゃないの~?」


そう笑いながら叫んだ。


ハズは、


「行ったことなんかないよ~! そんな所があるなんて思ってもいなかった!」


そして、


「思い出したけど・・・、ラジオで聞いたサン・ホゼ市で売春が急増しているって話、そこも売春と関係しているのじゃないか?」


そう言ったので、


「私も同じ事を考えていた! だって、20代前半のベトナミーズの女性達がコーヒー一杯のためにトップレスやオール・ヌードに成ったり、客の前で踊るとは思えないもの」


ちなみに、ベトナム系アメリカ人の市の議員によると、カフェで、そのような行為はベトナムのトラディションみたいなもので、今も、根強く残っていて、3年ほど前から、サン・ホゼ市で増え始めたと言う事だった。


サン・ホゼに住むベトナム人、あるいはベトナム系でも、そのようなカフェの存在に反対するのは40%ほどだそうだ。


しかしながら、ここは、アメリカ!


アメリカの法律に従うべきだと思うけれど。


そして、サン・ホゼ・ポリスが、なぜ、無視しようとするのかも疑問だ。



クリックするだけで、あなたに代わって募金してくれます。
あなたにはお金が全くかかりません。

JWordクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


ランキングに参加しています! 
お帰りの前に、クリック(X3)して頂けると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

2011年09月10日 トラックバック(-) コメント(4)

こんにちは。
ちょっとなんだか嫌です。実はうちの旦那の実家がサンノゼで、今あたしたちはベガスにいますが、10月にサンノゼではないんですが、近くに戻る予定なのです。
ポリスがたくさん解雇されて、治安が悪くなったというのは聞いてましたけど。。。
たしかにサンノゼ、べトナミーズに占拠されたかんがありますもんね。
その上、今旦那は所用で実家に帰ってる。。
なんか友達とつるんですでにいってなけりゃいいけど、、、
ちょっと、旦那にこのこと聞いてみようかと思ったw 旬な情報ありがとーーー

2011年09月13日 ごん URL 編集

ごん さん、

こんにちは~!

> ちょっとなんだか嫌です。実はうちの旦那の実家がサンノゼで、今あたしたちはベガスにいますが、10月にサンノゼではないんですが、近くに戻る予定なのです。

ベイエリアは全体的に治安が悪くなっているから、気をつけてね!

ところで、日本人達の間では、サンノゼと言われているけれど、ハズも周りのアメリカ人達も、サンホゼと言うの。どうしてなのだろうって、いつも思う。

> ポリスがたくさん解雇されて、治安が悪くなったというのは聞いてましたけど。。。

そうポリスは主張している。

> ちょっと、旦那にこのこと聞いてみようかと思ったw 旬な情報ありがとーーー

聞いたら、そんな所、あるのか~?と言って興味もっちゃうかもよ~!(笑)

2011年09月15日 ぴきぴきPicky URL 編集

サンノゼとサンホゼの違いはなんでしょうね? うちの旦那もアメリカ人ですけど、両方言ってます。なんででしょ?

そして! 聞いてみました、旦那にw

そしたら、そんなのずーっと前からだって。ポリスに金払って、暗黙の了解だって。。今やってる摘発なんて、単なるパフォーマンスなんじゃ? 
もう40年以上もサンノゼに住んでる旦那がいってるから、しかもオフィサーに友達もいるから、たぶんそうなんじゃないかかしら。。。

2011年09月18日 ごん URL 編集

ごん さん、

> そしたら、そんなのずーっと前からだって。ポリスに金払って、暗黙の了解だって。。今やってる摘発なんて、単なるパフォーマンスなんじゃ? 

実際には警告するだけみたい。その警告も、ハッキリしないしね。今後、もっと増え続ける可能性ありかもね。不幸なアジア人女性が増えなければいいけれどと思うけど。

2011年09月20日 ぴきぴきPicky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。